イワンコフ 能力。 ONE PIECEの登場人物一覧

【ワンピース】クロコダイルの正体は「女」だった!?イワンコフとの秘密を考察!!

イワンコフ 能力

これもまた有名な話ですが、 七武海にはモデルとなる存在がいます。 それが「ロマンシングサガ2」というゲームに登場する「七英雄」というキャラ達です。 一応参考までに七英雄の特徴を紹介しましょう。 ロックブーケ(ハンコック):七英雄の女戦士。 相手を魅了させ、意のままに従える。 1人の男性に異常に執着する。 ボクオーン(ドフラミンゴ):マリオネットのように敵を糸で操る。 巨大な戦艦を所有。 スービエ(ジンベエ):海での戦闘を得意とする。 鮫の姿のギャロンという部下がいる(アーロン) ダンターグ(くま):肉体を強化改造した暴君。 クジンシー(モリア):ゾンビを支配し、魂を盗む力を持つ。 ノエル(ミホーク):最強の剣士。 紳士的で冷静な性格。 ワグナス(クロコダイル):国の支配をもくろみ、史上最強最悪の兵器が書き記された古代の碑文を探す。 最後の「ワグナス」というキャラクターがクロコダイルの元ネタだと言われています。 確かに説明を読むとぴったり。 実はこのワグナスも 「見た目は女性であるが実は男性」で、「同化の法」というものを使って 「性別を超越して女性的な姿をしている」という設定なのです。 クロコダイルもその逆パターンで実は女性なのではないでしょうか。 なぜ男性になったのか。 クロコダイルは七武海という肩書きを持ちながら 「強さ」というものに相当な執着心を持っています。 アラバスタでのクロコダイルの発言の中にも、 「負け犬は正義を語れねぇ!ここはそういう海だぜ!!!」 「この海のレベルを知れば知る程に、そんな夢は見れなくなるのさ!! お前みたいなルーキーなんざこの海には五万といるんだぜ。 この俺に、勝てるか!!どうかだ!!」 というように、ルフィに対してひたすら「強さ」を語るクロコダイル。 そして戦争編、マリンフォードの頂上決戦でクロコダイルは 「白ひげに敗れた銀メダリスト」だったということがわかります。 そう、ルフィへの言葉は 過去の自分へのメッセージだったのかもしれません。 かつて女だったクロコダイルは白ひげに敗れ、さらなる強さを欲したのでしょう。 それでイワンコフの力を借りて「弱い」女のカラダを捨て 「強い」男の体を手に入れた、というのが僕の予想です。 扉絵シリーズではクロコダイルの「夢」が 海賊王だったということがわかりました。 彼もかつてはONE PIECEの夢を追いかけた一人。 しかし道半ばで夢に破れて、バロックワークスや古代兵器のような自分以外の 「強さ」に頼るようになってしまった。 もう自身を鍛錬することをやめてしまったのです。 しかし、ルフィに敗れた今のクロコダイルは違います。 仲間を連れ、「かつての夢」を追い「新世界」へと足を踏み入れるのです。 一度夢破れた男(女)が若い世代の姿を見て再び、夢へと歩み始める。 胸熱ってもんですよ。 これは。 おわりに.

次の

【ワンピース】クロコダイルの正体は「女」だった!?イワンコフとの秘密を考察!!

イワンコフ 能力

コラソンは享年26歳(77巻P58)、生きていれば39歳……とされている。 13年前(84巻P42)がロシナンテが撃たれる事件。 おとなになってからも、見た目と違って優しいのがロシナンテ。 天竜人の男は、人間の女に性的に興味があり、妻にしようとするシーンがある。 要するに、子供も作れ作中にハーフがいるという話だ。 ロシナンテがハーフの筆頭候補といえる。 コラソン(CORAZON)はスペイン語で「ハート、心」。 だが、ココロがホーミングを夫にすることは無理だ。 リンリン自体が、りんごりんごというハート型の果物。 リンゴの意味なので、ココロにこだわらず、リンリン自体がハート。 なお、ココロとリンリンは姉妹だと考察。 魚人の血なので、どんな子供が生まれても自然。 姉妹でも姿は異なる。 ココロとリンリンの体の大きさが同じなら、見た目は大して違わないと言える。

次の

【ワンピース】ホルホルの実の強さ&イワンコフの技考察、または覚醒の有無について!

イワンコフ 能力

更に、参謀総長にはルフィの義兄である サボもいます! 何かとルフィをはじめ、麦わら一味と馴染みのある革命軍。 今回はその革命軍の中でも、 軍隊長について注目してみたいと思います! 革命軍には5つの軍があり、 東西南北各軍、そしてグランドライン軍に分かれています。 それぞれの軍隊長はこちら! 軍名 軍隊長名 東軍 ベロ・ベティ 西軍 モーリー 南軍 リンドバーグ 北軍 カラス G(グランドライン)軍 エンポリオ・イワンコフ G軍の イワンコフが麦わらの一味にとっても一番馴染みのある人物でしょうか。 軍隊長の中で唯一の女性…いえ、イワンコフを含め2名いる内の1人です! 悪魔の実、 コブコブの実の能力者で、 周囲の人間の闘争心を掻き立てることのできる人物でもあります。 同時に 筋肉を増量させ、力もアップさせられるようですね! 即席反乱軍なようなものを作ることのできるベロ・ベティですが、能力的に周囲にいる人間に左右されるのがデメリットのように思えます。 もし周囲に子どもや女性しかいなければ、能力を最大限発揮することは難しそうです。 本編では クールシューターという武器で敵の武器を凍らせたこともあったりと、攻撃だけでなく相手の戦力を奪うことも可能な様子。 黒い何かを羽織っていて、それを分裂させるとカラスになるという不思議な能力を持った人物。 そして、その カラスを操ることができるんですよね。 浮遊することもできれば、飛んで移動したり、カラスを使って誰かを運んだりすることもできるので、空中戦も得意そうです。 本人も鳥のカラスの姿になることもできるあたり、敵に気付かれずに近づくことも容易なのではないでしょうか!? 操ったカラスで情報伝達もしているので、革命軍の諜報にもかなり役立っているでしょう。 重要情報を簡単に手に入れたりできそうなあたりも、カラスの強みかもしれません! 【2位】モーリー(西軍) モーリー「ねぇ!ちょっと男子~!」 モーリー「どこ見てんのよ~」 モーリー「男子さいて~」 現実だったら暮らすの女子とかが 言いそうな台詞をこんなオカマに言わせるなんて尾田さんは天才なのかもしれないw — いつき luffy030852 そして、西軍 モーリーも軍隊長の中でかなり強いと予想されます。 何故なら、彼は 巨人族だから! 身体の大きさはもちろん、力の強さも常人のはるか上を行きます。 更に、モーリーは オシオシの実の能力者! インペルダウンのLevel5. 5ニューカマーランドの空間は、モーリーの能力によって作られたものです! 様々なものを一切壊すことなく押しのけることのできるこの能力。 革命軍の活動拠点を地面の中に作ったりと、非常に便利な能力です。 モーリー自身は 巨大な銛を武器としています。 くまの能力によりカマバッカ王国に飛ばされていた 2年前のサンジはこてんぱんにされていました。 ホルホルの実の能力者であり、ホルモンを注入することで、 肉体強化も自在なんですよね! 非常に高いレベルでのホルモン治療も可能で、ルフィがマゼランの猛毒から回復できたのはイワンコフのおかげでした。 サポート役としても非常に強力ですが、 本人の戦闘力も非常に高いのです! イワンコフのウィンクは 砲弾やくまの大きな身体を弾き飛ばせるほど! 更に、 黄猿の攻撃を相殺したりと、その強さは目を張るものがあります。 他の軍隊長も本編での活躍が少なく、実態が分かっていないところはあります。 更に、 イワンコフに関しては、海軍大将の黄猿の攻撃を打ち消すほどの実力者! イワンコフは王下七武海以上の実力を持っていそうですね! 他の軍隊長の強さの程は明確ではありませんが、それぞれ軍を率いているあたり、強さはドラゴンのお墨付きなのでしょう! 革命軍幹部は弱いのか? 幹部全員が既に明らかになっているわけではありませんが、 革命軍幹部が弱いと話題になったことも! とはいえ、前述のとおり、革命軍軍隊長たちは、それぞれの持つ能力、特技を生かして活動に貢献しているように思えます。 軍隊長だけでなく、幹部たちもそれぞれの持ち味を生かした強さを持っているはずです! 世界政府が革命軍を危険視しているのは、ドラゴンやサボの存在だけではないでしょう。

次の