ニュース ペース インパレス 爆 サイ。 2005

アンライバルド2006年産

ニュース ペース インパレス 爆 サイ

5人の奏でる音楽、十字架を成す巨大LEDスクリーンに映し出される美しい映像、物語性を感じさせる照明とが三位一体となった圧巻のステージを繰り広げた。 「毎年ここに帰って来てる。 僕らのライヴハウス、さいたまスーパーアリーナ」(RYUICHI/Vo)と初日MCで呼び掛けたように、クリスマス近辺に同会場でライヴを行うのは恒例。 しかし、年始にRYUICHIが肺腺癌の切除手術を経て生還、2019年の今回は特別な意味を帯びていた。 讃美歌と共にライヴが幕開けると、アリーナの左右天井から小さな円盤状のミラーが降下、上下に浮遊して光の柱を出現させた。 電子的に描き出された教会、あるいは神殿のような荘厳なステージで、LUNA SEAの漆黒のクリスマス・ミサはスタート。 「ROSIER」「I for You」「STORM」といった代表曲群を惜しみなく連打しつつ、グラミー賞5度受賞のキャリアを誇るスティーヴ・リリーホワイトとの共同プロデュースに挑んだ10作目のオリジナル・アルバム『CROSS』収録曲も披露。 初日と2日目では曲の3 分の1を入れ替える意欲的なセットリストで、初日は四半世紀前に遡る初期曲「FALLOUT」から「G. 」へと繋げる予測不可能かつダークなオープニングで観客をどよめかせた。 2日目は、SUGIZO(G)が音楽監督を務める『機動戦士ガンダム』40周年プロジェクトのうち、LUNA SEAの記念すべきコラボレーション第一作目「宇宙の詩〜Higher and Higer〜」でスタート、果てしなく広がり続ける宇宙そのもののような神秘的な音像で会場を包み込んでいく。 また、J(B)がベースソロの見せ場から「メリークリスマス」と呟き、そのまま「JESUS」のタイトルコールへと繋げると割れんばかりの大歓声。 既存曲もセットリスト内の置きどころや見せ方を変え、新鮮な喜びをファンに与えていく。 活動休止)しましたけど、LUNA SEAという実家に帰ってきました」(初日)と語るRYUICHIには大きな拍手が送られた。 それぞれのスキルは年を経るごとに磨き上げられ、5人で音を鳴らした時に生まれるグルーヴ感は代替不可能。 変化熟成した奥深い表現を聴かせつつ、メンバー全員がまるで初ライヴにはしゃぐバンド・キッズのような笑顔を随所で見せていく。 かつてLUNA SEAのライヴでは無言を貫いていたことが信じられないほどに、INORAN(G)は両日熱く語り、オーディエンスを率先して煽っていた。 中盤の真矢(Dr)によるドラムソロでは、5月の結成記念日に開催された日本武道館公演に引き続き、能の囃子方とのコラボレーションに息を呑んだ。 鼓や笛の音と呼吸を合わせ、内蔵された和太鼓の音色を打ち鳴らし、日本古来の伝統と最新テクノロジーとの融合でオーディエンスを魅了した。 本公演は2017年に続き、全メンバーの楽器に水素燃料電池による電力を使用。 環境に配慮するだけでなく、一音一音を際立たせるクリアなサウンドを実現した。 この世界初の試みはLUNA SEAを起点に、去る11月に行われたU2来日公演にも波及している。 更に今回、SUGIZOは自前の燃料電池車(及び周辺機器)による電力を提供。 出演者が自力で電力をまかなうライヴもまた、世界初である。 バンドとしての音楽性を究めるだけでなく、音楽の技術革新や社会貢献の旗手となることによっても、レジェンドの名にふさわしい姿を示していた。 両日ともに中盤に置かれた「THE BEYOND」は『CROSS』の軸を成す曲で、『機動戦士ガンダム』40周年に寄せて書き下ろした壮大なバラード。 初日、この曲直前のMCで「まだ学びたい」とRYUICHIは語ったが、30周年は彼らにとって到達点ではなく進化の途中。 癌手術からの復帰、かつ10月にはポリープ除去手術も経たRYUICHIの歌声は、温存どころか艶と伸びを増幅。 共に寄り添って歌うようなハートフルな真矢のドラミング、SUGIZOの冴え渡るメロディアスなフレーズ、INORANの爪弾くクリアトーン、力強くオールを漕ぐような揺るぎないJのベースライン。 シンプルだが美しく、どこを切り取ってもLUNA SEAでしかありえない、記名性の塊のような歌と演奏に胸を打たれた。 2日目は「THE BEYOND」の後、機材トラブルにより演奏の中断を余儀なくされたのだが、待ち時間を活かしてメンバーはトークイベントさながらの会話を始め、会場を沸かせた。 SLAVE(ファンの呼称)やスタッフへの感謝に始まり、真矢によるJの物真似で爆笑を巻き起こすなど、通常のライヴではあり得ない展開をJは「神回だよね(笑)」と表現。 SUGIZOは、自身の機材故障のためギターを持たない初のメンバー紹介をすることになり、エアギターのアクションで「ギャイーン!」と咆哮。 「アコースティックでやろう!」とINORANが提案するなど、ハプニングを楽しさに転じようとしていた5人の姿は、結果的に、30周年の今だからこその揺るぎない絆を感じさせる貴重な時間となった。 ディレイ機能を喪失したままライヴを続行するという判断の下(アンコールで復旧)、直後に披露した「BLACK AND BLUE」は、SUGIZOがとある映画にインスパイアされ、忘れてはならないインディー・ロックのアティテュードを胸に生み出された曲。 満足の行かない環境下でも全身で、永遠の青春を謳歌するようにロックする5人とオーディエンスとの一体感は、完璧なパフォーマンスに勝るとも劣らない意味があった。 幾度もウェーヴを繰り返すうちにメンバーが再登場。 MCのメンバー紹介では、「無事生還してくれた我らのヴォーカリスト」(初日)とSUGIZOから紹介を受けると、「やっぱり音楽が好きなので、もうちょっと生きたいなと思って」(初日)とRYUICHI。 「そんなSUGIZOが一番病気で倒れる(笑)」とINORAN、そのツッコミを受けてJ、真矢も笑顔。 バンドの良好な空気感を伝える場面だった。 ライヴを締め括るのは「WISH」が定番だが、初日はその後に「MOTHER」を披露して意表を突き、深い余韻を残した。 また、2日目は『CROSS』の1曲目を飾る「LUCA」で締め括り、2020年2月にスタートするアルバムを引っ提げての全国ホールツアーへの助走とした。 誰一人欠けても今のLUNA SEAは無い」(2日目)と語った真矢。 「メンバーが命に関わる病気を生還してきたことが、これだけバンドの絆を強くするんだな、と。 俺たちは一人欠けても自分たちの人生を歩めないぐらい、すごく強い運命的な繋がりを持っているんだなと痛感した」(2日目)とSUGIZO。 「どこまで行けるか分からない。 だけどLUNA SEAはずっと登っていこうとするから」(2日目)とRYUICHI。 INORANは「最後の曲『LUCA』から、俺らのまた新たな旅立ちが生まれた。 お前ら、一緒に旅しようぜ!」と叫んだ。 「この熱をツアーに連れていこうぜ! 今日来られなかった奴にもよろしく伝えてくれ!」と、いつもその場にいないファンへの言葉も忘れないJ。 30周年にして、新たな扉を次々と果敢に明けていく稀代のロックバンドLUNA SEAは、彼らを愛するすべての人の想いを受け止めながら、更なる前進を続けていく。 FALLOUT 02. ROSIER 04. DESIRE 05. IN MY DREAM (WITH SHIVER) 06. 宇宙(そら)の詩(うた)〜Higher and Higher〜 07. 悲壮美 09. absorb 10. vu 12. THE BEYOND 13. Hold You Down 14. STORM 15. SHINE 16. TONIGHT [ENCORE] 01. HOLY KNIGHT 02. White Christmas 〜 I for You 03. TONIGHT 04. WISH 05. 宇宙(そら)の詩(うた)〜Higher and Higher〜 02. The End of The Dream 03. ROSIER 04. DESIRE 05. IN MY DREAM (WITH SHIVER) 06. Sweetest Coma Again 07. 悲壮美 09. 闇火 10. JESUS 12. THE BEYOND 13. BLACK AND BLUE 14. STORM 15. SHINE 16. BELIEVE [ENCORE] 01. HOLY KNIGHT 02. White Christmas 〜 I for You 03. TONIGHT 04. WISH 05. また、本公演は当日にご本人様確認(認証)がございます。 lunasea-slave. LUCA 02. Closer 04. anagram 08. Pulse 10. 静寂 11. universal-music. 今年もまたベスト・アルバムを選ぶ時期でもあり、1年を振り返ることが多いのですが、ここでは「女性ヴォーカル」括りで印象に残った楽曲を挙げていきたいと思います。 そのきっかけになったは4人組ガールズ・ロックバンド、東京初期衝動との出会いが個人的に大きく、2019年最大の衝撃と言っても過言ではありません。 世間的な知名度はまだ低いかもしれませんが、現場(ライヴハウス)の熱狂度は半端じゃなく、2020年は間違いなく大飛躍するバンドのひとつになると思います。 なので、これからの要注目アーティストというニュアンスもこの選出には込められています。 今作のレコ発ファイナルにあたる下北沢シェルター(12月18日)は当日券も出ない完売状態で、とんでもない盛り上がりを記録。 1曲目から椎名ちゃんはダイブを決め、観客から野次が飛んでくれば、チェッ!と舌打ちしたりと、行動も演奏もその辺のパンクバンドなんて裸足で逃げ出すかっこ良さ! 演奏も18年結成とは思えぬ上手さで(特にリズム隊)、椎名ちゃんはセクシーな歌い回しからドスの効いたスクリームまで表現力豊かな声色で聴かせる。 MCはほぼなく、一曲一曲叩き付けるようなライヴだったが、終演後に椎名ちゃんは観客ひとりひとりと握手するために出口で待っていたのだ。 そのツンデレっぷりにもやられました。 今作は彼女の歌声の魅力を存分に味わえる一枚で、鍵盤、打ち込み、ストリングスなど楽曲ごとにアプローチを切り替え、今やりたいことを全部詰め込んだようなバラエティーに富む作風に仕上がっている。 特にこの曲は彼女のルーツにある歌謡曲テイストを感じさせる、柔らかなメロディーラインが印象的な珠玉のバラード。 サビの広がり具合を含め、王道のアレンジに挑戦しており、彼女の魅力が遺憾なく発揮されてます。 冬に聴いてもマッチすると思いますが、オールシーズン通用する普遍的な良さを楽曲から感じます。 バンドからファンに向けて、クリスマスプレゼント的な意味をカバーを配信限定でリリースした。 誰もが知るマライア・キャリーの名曲を取り上げており、オリジナルに忠実にあまりヒネらずに挑んでいるが、Dizzy色を濃厚に感じさせるパンクサウンドに見事昇華している。 今の季節にぴったりとも言えるし、ライヴに行きたくてウズウズしている人にとってもサプライズカバーと言えるだろう。 しかもつい最近、94年発表の原曲が25年の月日を経て、今年全米シングルチャート初の1位を獲得した。 Dizzy、持ってます。 ユニークなバンド編成の通り、出てくるサウンドも彼女たちならではの独創的な楽曲ばかり。 基本シンプルな演奏で隙間を活かしたアプローチを取っており、聴き手の想像力や妄想力を掻き立てる曲調は2度3度と聴くうちに中毒症状を誘います。 今年はアメリカのオースティンで開催された大型フェス『SXSW(サウスバイサウスウェスト)』に出演して話題を呼びました。 この曲は今年8月に出た2ndEP『エモーション-モーション』からの楽曲で、打ち込み風のリズムで始まり、ツインヴォーカルの掛け合いや遊び心にあふれたアレンジも耳を引き、童心に返ってしまう歌詞のセンスも抜群です。 今年9月に出たデジタルリミテッド・シングル曲はFAITHらしいパンキッシュさとスケール感のある演奏が溶け合い、高揚感あふれる歌とメロディーも実にキャッチーな一曲。 楽曲は全て英語詞を貫いているものの、彼女の歌声は言語を飛び越えたポピュリティーを放っているので、より多くの人に聴いてほしいバンドです。 TEXT:荒金良介 荒金良介 プロフィール:99年からフリーの音楽ライターとして執筆開始。 愛読していた漫画『ジョジョの奇妙な冒険』(登場人物に洋楽アーティスト名が使用されていたため)をきっかけに、いきなりレッド・ツェッペリンの音源を全作品揃える。 それからハード・ロック/ヘヴィ・メタルにどっぷり浸かり、その後は洋邦問わずラウド、ミクスチャー、パンクなど、激しめの音楽を中心に仕事をしてます。 趣味は偏ってますが(笑)、わりと何でも聴きます。 また、「NIPPONNO ONNAWO UTAU BEST2」の購入者特典も同時に発表された。 特典の有無の詳細は各店舗までお問い合わせ下さい。 6 〜Release Tour 2019〜』 2019. 今年も7月からアメリカを皮切りにヨーロッパ、アジアをめぐり、8度目のツアーを開催し、12月21日にはワールドツアーの日本公演FINALを地元大阪、Zepp Osaka Baysideで迎えた。 ワールドツアー最終公演は、本人が登場する前から場内は熱気に包まれていた。 背景の縦型映像と照らし合わせてのレーザー光線の演出による「Stars」でMIYAVIが登場すると、一気に場内はヒートアップ。 MIYAVIの解き放つ音色に合わせながら、色鮮やかなレーザー光線を多用し、近未来の背景と重なり、MIYAVIの世界観をさらに進化させたライブとなり、会場全体を盛り上げている。 その後、「Flashback」「In Crowd」「Bumps In The Night」とテンポの良い曲を披露し、ギターの音に反応する観客とコミュニケーションするかのように、ギターをかき鳴らし、冒頭から会場を大いに沸かせた。 そして、7月に三浦大知とKREVAとともにテレビ朝日系列「MUSIC STATION」で披露した「Rain Dance」をソロでパフォーマンス。 持ち前のギターのソロをしっかりと場内に響き渡らせた。 冒頭のMCでは「大阪!!ワールドツアーFINALです!!!!と見せかけて、ブラジル、メキシコ、ハワイと来年ライブがあるので、今日が最後じゃ無いんだけど、ジャパンファイナルということで、熱く締めくくりましょう!!」と観客を盛り上げ、前日に訪れた京都で、自身が20年前に京都駅前のバスターミナルからバスに乗り、上京した時のことを想い出し語りつつ、さらに2020年からLDHへ移籍することにも触れ、「これからも世界をロックする姿勢・意識は変わらない。 子ども達の未来に向けて、自分の役割、信じる道、一点に集中して進みつづけたい」と、今までと同様であることの思いを、観客に熱く語っていた。 そして、アルバム『NO SLEEP TILL TOKYO』に収録された「No Sleep Till Tokyo」と盛り上げつつ、途中、音響トラブルが発生したにもかかわらず、長年共にしてきた相棒のドラマーのBOBOがMCで語り、ファンとの時間を楽しみつつ大切に過ごしていた。 音響トラブル修復後、「Samurai45」「Tears On Fire」「Other Side」を立て続けに披露し、「ソロアルバムとしては3年ぶりで、これまで、特に海外ではギタリストとしてギターで勝負してきましたが、今回は自分の声も含めて、MIYAVIの作品を応援してくれるみんなに届けたいという思いで作りました。 大切に聴いて欲しいと思います。 」と語った。 その後、2011年の東日本大震災直後に作った「Guard You」をアコースティック調の音色でしっとりと披露し、観客を魅了。 「応援してくれる皆さんのサポートのおかげで、僕たちは世界中を自由に飛び、駆け巡ることができます。 僕は前だけを、未来だけを見て、活動してきたつもりだし、これからも今までと同じように変わらずに変わりつづけて、みんなにも新しい景色、音、未来を感じてもらえるように、一歩一歩、進んでいきたいと思います。 」と感謝の意を語り、みんなに捧げるように「君に願いを」をアコースティックでしっとりと披露。 さらに、「What A Wonderful World」「Under The Same Sky」「Ha! 」「Strong」「Firebird」「Raise Me Up」「Day 1」とテンポの良い曲で場内を大いに盛り上げた。 アンコール前には、自身二人の娘がステージに登場し、父親としての顔を垣間見せてくれた。 この夏から日本に移住をしたことにも触れ「今、世界がアジア、そして日本を見ています。 MIYAVI としては、今後も変わらず、世界基準で活動しますので、みなさんも世界基準のサポートを、よろしくお願いします!!」と語った。 UNHCR活動も報告した上で「Hands to Hold」を披露。 観客のみんなが手と手を繋ぎ会場を一体感に包み込んだ。 」を披露し、MIYAVIの解き放つグルーヴに身を寄せて、場内は大いに盛り上がり日本FINAL公演は幕を閉じた。 【セットリスト】 1. Stars 2. Flashback 3. In Crowd 4. Bumps In the Night 5. Rain Dance 6. No Sleep Till Tokyo 7. Samurai 45 8. Tears On Fire 9. Other Side 10. Guard You 11. 君に願いを 12. What a Wonderful World 13. Under The Same Sky 14. Strong 16. Firebird 17. Raise Me Up 18. Day 1 <アンコール> 1. Hands To Hold 2. Long Nights 3. The Others 4. n viva 〜Pastel Shades Christmas〜』を開催した。 年末に大阪、年が明けて1月に東京を回る今回のアリーナツアーは、東西で全く異なる演出のライブとなることが予告されており、全5公演のチケットは即日完売。 サンタが空を飛ぶクリスマス仕様のオーバーチュアに続き、1曲目のイントロでオルゴールの音色が流れたとたん、スタンドてっぺんの立見席までペンライトで埋め尽くされた場内は歓喜の渦に!紗幕が飛ぶと鮮やかなカラースーツに身を包んだメンバーが現れ、パステルカラーのネオンに輝く巨大ステージの前で披露したのは「Fantasy Love Train〜君の元までつながるRail〜」だ。 しかし「Pastel Shades Christmas、ほな、いきまっせ!」というリーダー・リョウガの号令からは、特効の火薬を合図に爆アゲ曲「バッタマン」を早くも投下。 ドラマの主題歌にもなった最新シングル「Revival Love」をシンクロ率の高いジャンプで魅せ、「皆さん、ただいま!今年も来れて嬉しいです」と、昨年に続き今年も大阪城ホールで年末ライブができることに喜びを表したのは大阪出身のボーカル・タカシ。 ちなみに今回の大阪公演の衣装はすべてカイがプロデュースしており、「1着目はパステルのジャケットにしました。 メンバーみんなカッコいいんで、このあともカッコいい超特急の姿を見てください」とアピールしてくれた。 そして黒ベースのスポーティーな2着目に早着替えして、投げキスとユーキの見事なアクロバットで8号車を悩殺した「Kiss Me Baby」に「We Can Do It! 」がセクシーに続くと、なんとステージが2階スタンド席の高さにまで持ち上がり、そのままアリーナ客席の頭上を通って後方へと移動! 向きを変えて挑発的な視線と刺激的なアクションを投げかけながら、どんどん近づいてくる5人に、8号車からは割れんばかりの大歓声が鳴り響く。 さらにカイ、リョウガ、タクヤ、ユーキのダンサー陣が、ダンストラックに乗せてイリュージョンのようなパフォーマンスを披露。 そして黒から白へと衣替えし、ジャズアレンジされた「Whiteout」からは、魅せて聴かせるブロックがスタート。 「DJ Dominator」「Hey Hey Hey」といったソウル〜ファンクな大人びた楽曲も余裕の表情でノリ良くこなし、白黒つかないパステルカラーな感情を繊細なグラデーションで、かつ伸びやかに表現するタカシのボーカルも、着実に引き出しが増やされている。 そんな彼だからこそ、雪が舞う紗幕を背に叶わぬ恋情を真っ直ぐに歌い上げる「Snow break」の破壊力はすさまじく、リョウガとユーキ、カイとタクヤによるドラマティックなペアダンスでも切ないエモーションが爆発。 結局ダイナミックな演出や舞台セットも、すべてはメンバー自身の着実な進化があるからこそ活きるものなのだ。 ゴールドの華やかなスタイルに着替えたメンバーがせり上がり、ステージのネオンも赤と緑にきらめいて、「サンタが街にやってくる」から誰もが知るクリスマス曲をハッピーにメドレーしてゆく。 しかし「Carol of the Bells」になると、スモークの中に現れたカイとリョウガが巧みな動きでマリオネットのように怪しく蠢き、ポップアップで飛び出したタクヤとユーキも加わって、ダークファンタジーな世界観を構築。 「Happy Holiday」では回るミラーボールの光を受けて、ダンサー陣がステッキを手にオシャレな空気を振りまいたり、満天の星空と化した天井の下でタカシが「きよしこの夜」を日本語と英語で清らかに歌唱したりと、さまざまな角度からクリスマスの情景を表現してくれる。 「We wish you a Merry Christmas」でも、カラーボールが噴出するアリーナをムービングステージで移動する華やかなショーパフォーマンスを繰り広げ、5人で「メリークリスマス!」と声を合わせてニッコリ。 そこに連なった超特急の「Billion Beats」も、ピュアな響きが聖なるクリスマスソングとマッチして、この2日間だけの特別なメニューで特別な時間を堪能させてくれた。 MCでは初日のライブ後にタカシが放ったという「ライブはデートだからな」という名言も紹介されたが、そんな言葉が漏れたのも納得の親密さが超特急と8号車の間にはある。 ラストスパートは、8号車との一体感を高めるひと時に。 タクヤが「皆さん、コール叫んでください!」と前置いた「Drawイッパツ!」では、ジャケットを脱ぎ捨ててユーキ作の躍動的な振りを踊るメンバーに、8号車から大音量のコールが贈られる。 加えて「みんなに会いに行くよ!」(カイ)とトロッコに乗って、「Burn! 」で2階スタンド席の真ん中をぐるりと周回。 カラーボールを放りながら8号車とバッテンダンスを勢いよく繰り出し、タカシのボーカルを支えるべく盛んに声を出して8号車を先導するカイの煽りも頼もしい。 そして「ラスト、いくぜ!」とリョウガが告げると、鉄板曲「超えてアバンチュール」がクリスマスカラーの銀テープと共に本編を締めくくる。 ベルの音でアンコールの幕開けを飾ったのは、この大阪公演のテーマソングでもある「Sweet Bell」。 負けじとダンサーたちも頭の先から爪先まで神経の行き届いた動きで目を奪い、その相乗効果が超特急の強いところなのだと改めて思い知らされる。 そして、その原動力が8号車の声援であることを「fanfare」の大コーラスが証明。 「みんなの声、もっと聴かせてほしい!2020年に向かって、最高のファンファーレを響かせようぜ!」と懇願するユーキに熱い声が返り、最後は「腹から声出せ!」とカイが煽った「超特急です!!!!!!!! 」で再びムービングステージに乗り大移動して、想いの丈を今日一番のアグレッシヴなパフォーマンスで表してゆく。 アンコールのMCで「超特急の今、そして成長していく姿というものを感じられるセットリストにしたかった」と総合演出を手掛けたユーキは語っていたが、それを実現できたからこその熱狂だったに違いなく、「今年1年超特急を応援できて良かったな、来年も一緒に走っていきたいなと思っていただけたら」というタクヤの想いも届いたに違いない。 12月25日の結成日には、昨年と同じくユニバーサル・スタジオ・ジャパンで結成8周年記念ライブを行う超特急。 年明け早々の1月3 〜5日には、この『BULLET TRAIN ARENA TOUR 2019-2020 Revoluci? n viva』の東京公演を代々木競技場 第一体育館にて3 デイズで開催し、その後も男性限定ライブにファンクラブツアーと、次々予定が決まっている。 2日目最後のMCでは「皆さんの想いを背負って2019年を走り切ることができましたし、2020年も突っ走っていきたいです」(カイ)、「またこの景色を今度は6人で見たいし、新しい超特急も見せたい」(タカシ)という言葉もあった。 その根本には「魂を燃やすような最高のライブができているのも、超特急を愛してくださってる方々の応援があるからこそ」(リョウガ)という想いがある。 C Rave Track M10:Whiteout M11:DJ Dominator M12:Hey Hey Hey M13:Snow break M14:P. M18:SAY NO M19:超えてアバンチュール EN1:Sweet Bell EN2:fanfare EN3:超特急です!!!!!!!! 』』の東京公演を、自身初となるZepp Tokyoにて開催した。 先日初日の愛知公演を終え、この日が2本目(全国7公演)。 BURNOUT SYNDROMESといえば、毎回オリジナリティ溢れる演出もあり、本ツアーでは「記憶喪失」がテーマ。 Who"と呼ばれる謎の劇場支配人が彼らにトラップを仕掛け、ファンとの絆を確認しながら、無事にワンマンライブを成功させることができるか試されるハラハラドキドキ満載の劇場型。 それだけでなく、趣向を凝らした映像などが視覚をより刺激し、楽曲の世界観をより鮮明にしてくれるので、初めてライブを見る方も楽しむことができる。 さらに、人気アニメ『ハイキュー!! 』や『銀魂』『Dr,STONE』のテーマソングにもなった「FLY HIGH!! 」「ヒカリアレ」「花一匁」「Good Morning World! 」もアグレッシヴに披露し、大盛況で終わった。 絶賛ツアー中のため、演出やセットリストの詳細は伏せておくが、彼らの独自の魅力や、これまでの活動を凝縮したようなステージ。 この後も1月から仙台、新潟、福岡、広島、大阪とツアーは続くので、ぜひこの絶好の機会を見逃さないでほしい。 また、2月12日発売のニューシングル「PHOENIX」(TVアニメ『ハイキュー!! TO THE TOP』オープニングテーマ)のジャケット写真(アニメ盤のみ後日公開)も公開された。 期間は2020年1月10日(金)から22日(水)までの13日間され、ワンオーダー制となっており入場は無料だ。 この個展の為に描き下ろした油絵の新作や、音楽情報サイト『OKMusic』で2018年7月から続いている絵画連載『猫を抱いて蝶と泳ぐ』で公開してきた作品など、多数の作品が展示され、グッズや複製画の販売も予定されている。 そして、会期中となる1月18日(土)と19日(日)の夜には、チャム(. ピアノ&コーラスにシンガーソングライター・高井息吹を迎えた、嘘とカメレオン・チャム(. また、1月15日(水)に嘘とカメレオンがリリースするメジャー 1st シングル『モノノケ・イン・ザ・フィクション』のカップリングには、個展『例えば、0と1』のテーマソングとなる「アルカナ」も収録。 YouTubeでは楽曲を試聴できるトレーラー映像も公開された。 luckand. luckand. 12月22日(日) 20:00からLUCKAND・CONTACTフォームにて先着で予約受付スタート。 件名に「チャムライブ予約」、内容に「日程(1. 18 or 1. 19)・お名前・人数」をご記入下さい。 luckand. binary 3. ストアルハ? これまでにリリースしてきた全シングルと代表曲を含む28曲に加え、ボーナストラックとして、全国流通していないにも関わらず、ファンの多い"隠れた名曲"「スノーエスカー(新録曲)」と、さらに新曲をもう1曲収録。 2枚組CD・計30曲、彼らの7年間の軌跡を存分に味わうことのできる内容となっている。 数量限定となる初回生産限定盤は、2枚組CDに加え、これまでに発表してきたMusic Video全30作品を網羅したBlu-ray Discを付属。 さらに、Vo. 谷口鮪が各楽曲にまつわる想いを赤裸々に綴ったライナーノーツも付属した、特大ボリュームの三方背BOX仕様となっている。 このベストアルバムを引っ提げて、来年4月から初のホールツアー『KANA-BOON THE BEST TOUR 2020』の開催も決まっており、12月22日(日)正午より、チケットのオフィシャルHP先行受付が開始となる。 kanaboon. pia. ないものねだり 2. さくらのうた 3. 盛者必衰の理、お断り 4. step to you 5. ウォーリーヒーロー 6. 羽虫と自販機 7. 結晶星 8. フルドライブ 9. 生きてゆく 10. シルエット 11. スノーグローブ 12. なんでもねだり 13. ダイバー 14. talking <bonus track> 15. ランアンドラン 2. Wake up 3. Fighter 4. バトンロード 5. ディストラクションビートミュージック 6. 涙 7. 彷徨う日々とファンファーレ 8. アスター 9. 夜の窓辺から 10. ネリネ 11. 春を待って 12. ハグルマ 13. まっさら 14. 眠れぬ森の君のため <bonus track> 15. ないものねだり 2. さくらのうた 3. 盛者必衰の理、お断り 4. step to you 5. ウォーリーヒーロー 6. 結晶星 7. フルドライブ 8. 生きてゆく 9. シルエット 10. スノーグローブ 11. なんでもねだり 12. ダイバー 13. talking 14. ランアンドラン 15. Wake up 16. Fighter 17. バトンロード 18. 涙 19. それでも僕らは願っているよ 20. さくらのうた 21. 桜の詩 22. 彷徨う日々とファンファーレ 23. 夜の窓辺から 24. ハグルマ 25. まっさら 26. 眠れぬ森の君のため <Extra> 27. TIME 28. ネリネ short ver. 春を待って short ver. 湯気 short ver. 2日間にわたって行われたスペシャルクリスマスライブは計4公演。 ファイナル公演の開演は19時30分。 ステージにクリスマスカラーの照明が降り注ぎ、BGMも聖なる夜の雰囲気を演出する中、サポートメンバーとシックな黒の衣装に身を包んだマオがステージに登場。 ショーは初のミニアルバム『Maison de M』収録曲のラグジュアリーな夜にピッタリの甘いラブソング「chandelier」で幕を開けた。 ジャジーでムーディな「マニキュア」へと移行し、ドラム、ベース、ギター、キーボード、サックス、ヴァイオリン、女性コーラス隊というゴージャスな編成がマオのオトナで洗練された世界観を豊かに彩っていく。 MCはマオが「メリー!」と呼びかけると客席から「クリスマス!」という声が返ってくる挨拶から。 「オシャレしてきた?」と問いかけて上がった声に「僕も今日は生地をキラキラさせてます」と返し、「ソロは時間帯的にも染みてくるような曲が多いので楽しんで帰ってください」と告げた。 ロマンティックなナンバーや別れを選んだ男女の情景を描いたほろ苦い曲が披露され、音源化されていない「rule」ではハンドクラップで盛り上がり、サックスとギターソロがフィーチャー。 エンディングで手を掲げ、ターンをキメたマオのスタイリッシュなパフォーマンスも印象的だった。 マオを呼ぶ声がだんだん増えていく中、紹介されたのは実力派揃いのサポートミュージシャンたち。 ひとりひとりの名前をオーディエンスが呼ぶスタイルで進行していったのだが、マオのいじりもあって和気藹々としたムード。 ギタリストの友森昭一とベーシストの安達貴史が揃って半ズボン姿だったためマオが「お2人は兄弟ですか?」と突っ込み「僕も今度、夏に(短パンに)挑戦してみようかな」と沸かせたり、ヴァイオリニストの門脇大輔を呼ぶ声援が大きかったことにやや拗ねてみたり。 そして「新曲持ってきました」という言葉とともに中盤で披露されたのはブルーの照明の中、深い場所に吸い込まれるような歌で惹きつけた「深海」。 鍵盤とヴァイオリンの音色がマオの声に気持ちよく溶け合い、そのセンシティブで切ない世界に客席も静かに聴き入っていた。 「あなたへの想いがどこまで潜っても届かない。 息が苦しいっていう悲しくて切ないラブソングなんですけれど、最後が朝で終わるのが自分的には気に入っています。 僕が歌う曲は悲しい内容ばかりではなく最後にはちょっと希望を持てる。 リラックスした空気の中、繰り広げられる飾らないトークもソロの醍醐味のひとつだ。 当時のドラマを象徴するアイテムとしてバドワイザーとフラワーロックを挙げてみたもののジェネレーションギャップのためか「知らないか?」とやや落胆気味!? 瞬く間に後半戦に突入し、これも初披露の新曲「Closet」は、レトロで哀愁のあるメロディとジャジーで躍動感のあるサウンドがマオらしいナンバーで場内の温度は上昇。 ギターリフで持っていく8ビートのロックンロール「不埒な体温」では、モニターに足をかけてシャウト気味に歌い、声援に耳を当てるジェスチャーでアグレッシヴに煽るパフォーマンスに客席もエキサイト。 その熱いリアクションのせいか、いつかソロでスタンディングのライブもやってみたいという発言も飛び出した。 「寂しいね。 もうすぐ終わりだね。 一緒に朝帰りしたいね。 ソロを始めた頃のことをよく思い出すんですけど、いろいろな声がありました。 その声をちゃんと受け止めて前に進んだ結果が今やれていることなのかなと思います。 シドという母体のバンドがありますが、よかったらソロも応援してくれたら嬉しいです」と明希、ゆうや、Shinjiの近況についても言及し、シティポップ感が心地いい「サヨナララスト」では客席にマイクを向け、コール&レスポンス。 サポートメンバーのソロ回しも盛り込まれ、大喝采となった。 あたたかい気持ちになってほしいとミラーボールの光が回る中、ショーの締めくくりに会場を包みこむように歌いあげられたのは名バラード「月」。 温かく力強い拍手の中、一足早いクリスマスライブにピリオドが打たれ、感謝の言葉を告げたマオは「みんなにプレゼントがあります」と言い残してステージを去った。 余韻の残る会場のスクリーンに映し出されたのはマオ from SID史上、最長となる全国ツアー『Acoustic Tour 2020 「箸休めNight」』のスケジュール。 思いがけないプレゼントに再び歓声が沸き起こった。 phioto by 今元秀明 text by 山本弘子 【セットリスト】 01. chandelier 02. マニキュア 03. 星 04. 違う果実 05. rule 06. 深海 07. 最後の恋 08. 朝帰り 09. Closet 10. 不埒な体温 11. サヨナララスト 12. ライブは今年8月に発売された約3年ぶりのアルバム『2019』を引っ提げて行われたツアーのファイナル公演で、且つINORANのバースデーライブということもあり、過去最高の熱量で臨まれた渾身のステージとなった。 また、Blu-rayにはリハーサルの様子やインタビューも随所に織り込まれ、INORANの「今」に迫った作品となっている。 そして早速、ジャケット写真が公開された。 ライブの熱量が感じられるエモーショナルな写真を用いた1枚となっている。 Gonna break it 2. COWBOY PUNI-SHIT 3. Awaking myself 5. 2lime s 6. For Now 8. Beautiful Now 9. Starlight 11. Daylight 12. raize 13. Rightaway 15. Thank you 17. Rise Again 18. 無くなり次第終了となりますのでご了承下さい。 kingrecords. PRIVATES? PRIVATES? 当日、会員証・身分証明書が必要となります。 1月6日スタートのフジテレビ系月9ドラマ『絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜』主題歌となっている表題曲の予告映像が公開となった。 本日公開された「未完成」の予告編となる映像は、家入の等身大且つありのままの表情をより美しく映し出すために、あえて顔のクローズアップに挑んだ必見の映像となっており、「未完成」のサビ部分をいち早く聴くことができるので是非チェックしてほしい。 また、「未完成」のジャケット写真も公開となった。 今回のアートワークは神奈川県某所のスタジオにて撮影。 家入のこれまでのアートワークは全てデジタルカメラで撮影を行ってきたが、今回初めてフィルムカメラでの撮影を敢行。 初回限定盤Aはコーデュロイのジャケット、初回限定盤Bはスウェードとウールの切り替えが特徴的な異素材ミックスのジャケット、通常盤はオレンジのラインが印象的な黒のニットと、古着をメインとしたコーディネート3パターンが収められており、フィルムならではの味わいと3枚それぞれで魅せる家入の表情が絶妙にマッチしたジャケット写真となっている。 さらに、ニューシングル「未完成」の店舗別オリジナル特典や、iTunes Storeでの購入特典も発表となっているので詳しくはオフィシャルHPまで。 未完成 (フジテレビ系月9ドラマ「絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜」主題歌) 02. Unchain 03. Every Single Day(Acoustic Version) 04. 未完成(Instrumental) 05. miss you 02. a boy 03. Overflow 04. For you 05. 未完成(Music Video) 02. そして、それを記念したインストア・イベントが東京と大阪で開催が決定した。 内容はトークイベントと特典会(サイン会)で、トークイベントの司会は伊藤政則が務める。 イベントの詳細や参加方法についてはレーベルサイトをチェックしてほしい。 THIS LONELY HEART 3. JEALOUSY 4. ROCK THIS WAY 5. IN THIS WORLD BEYOND 6. NO LIMITS 7. SOUL ON FIRE 8. Solo 9. WHY AND FOR WHOM 10. IN MY DREAMS 11. LONG DISTANCE LOVE 3. HEAVIER THAN HELL 4. DREAMER AND SCREAMER 5. DIE OF HUNGER 6. CRAZY NIGHTS 7. CRAZY DOCTOR 8. 事前にお店へのご確認お願いいたします。 ソールドアウトとなった会場は、1曲目の「Re:fire」から興奮の坩堝と化! 単にツアーのファイナルというだけでなく、ツアー途中からサポートギタリストとして参加していた成美の国内での最終公演となり(海外では来年1月、ロスで行なわれる『THE 2020 NAMM SHOW』でのライブが最終公演)、バンドから離れていたギタリストのトキが久々にゲストとして参加する公演であることも、この一夜を特別なものにしていた。 ライブは全17曲が演奏され、今年8月に正式にヴォーカリストとして加入したR! N(リン)の緩急に富んだ、ハイトーンからヴェルベットヴォイスまで縦横無尽に操る歌声とその声量に呼応する様に激しいサウンドを繰り出す演奏に圧倒されるライブとなった。 また、アンコール1曲目には、R! N作詞作曲による未発表のバラード「I wish for you」が披露されたことも、この日のトピックスだろう。 そして、アンコールの最後2曲には、遂にトキが登場し、トリプルギター編成で代表曲「夜桜」が演奏され、まさにピークといえる歓声と熱気に包まれた。 Nのヴォーカルによるセルフカヴァーによるベストアルバムのリリースが発表された。 ガールズヘヴィメタルシーンをシーンの成り立ちから牽引し、昨年の前ヴォーカリストの脱退、ギタリストの離脱などを乗り越え、逞しく、活動を止めないAldious。 海外からの注目がずっと集まっている中、来年はいよいよ海外の活動が増えていく予定だという。 今後も、その勢いが衰えることはないだろう。 【セットリスト】 1. Re:fire 2. Utopia 3. Other World 4. Absolute 5. die for you 6. 胡蝶の夢 7. Instrumental 8. BLOWS 9. Believe Myself 10. Ground Angel 11. Spirit Black 12. Go away 12. We Are 14. Dominator <ENCORE> 1. I Wish For You 2. 夜桜 3. D yokohama 4月29日(水・祝) 茨城・水戸LIGHT HOUSE 5月01日(金) 愛知・豊橋club KNOT 5月03日(日) 岡山・岡山Image 5月04日(月・祝) 香川・高松MONSTER 5月06日(水・祝) 大阪・梅田CLUB QUATTRO 5月30日(土) 新潟・柳都SHOW! CASE!! ポニーキャニオン移籍第一弾となったカバーアルバム『COVERS』に続く第二弾となるこの作品は清春として10枚目のオリジナルアルバムとなる。 同時にアルバム収録曲である「SURVIVE OF VISION」(アニメ「無限の住人-IMMORTAL-」オープニングテーマ)のMusic Videoの30秒SPOT映像も清春25周年記念サイト上にて同時解禁となった。 清春の背景に広がる色とりどりの建造物に目を奪われる撮影地は、世界遺産に登録されているメキシコ・グアナファト。 切なくも力強い楽曲と豊かな色彩の中でより存在感を増す清春の映像美を是非チェックしてほしい。 そして、既に情報解禁となっている約2年振りとなる全国15カ所を回るツアー『JAPANESE MENU』に加え、このツアー初日となるデビュー日でもある2月9日(日)の東京公演直前に先駆け、1月31日(金)にはVeats Shibuyaにてこのニューアルバム『JAPANESE MENU』のリスニングイベントを開催することも発表された。 D横浜 3月29日(日) F. Haloは2018年に放送された前作でも主題歌を担当、そしてカメオ出演を果たしており、今回は渡井が2度目、白井は初の出演となる。 ふたりが出演するのは12月28日(土)深夜0:00より放送の第10貫「赤貝は弟子の試練」。 前作よりも カットされていなければ やや長い演技をさせていただき、相変わらずの大根演技で すが大根なりに精一杯作品の一部を担わせていただきました。 また役者の皆さん、撮影チーム の皆さんのプロの仕事を間近で体感して、一層この作品に携われたことの幸せを噛み締めてお ります。 是非、ご覧ください。 【ドラマ『江戸前の旬season2』第10貫】 <第10貫「赤貝は弟子の試練」> 12月28日(土)放送弟子の教育がなっていないのは旬(須賀健太)の責任だと鱒之介(渡辺裕之)に放り投げられた旬は居酒屋で寛治(湯江タケユキ)にぐちを言う。 だが、それは鱒之介の試練だと諭す寛治。 静まり返った店に戻ると、これまで鱒之介が黙々と調理場に立つ姿が浮かび上がってきた。 旬は悟る。 「わかったよ親父」それ以来旬は手取り足取り達也(阪本一樹)に教えることはしなくなった。 その代わり鱒之介が旬に黙ってみせてきた寿司職人の姿を今度は旬が淡々とみせることにした。 ある日、旬は開店前に赤貝を仕込む。 殻付きの赤貝を黙々と捌く旬の姿を見る達也。 店で「親方は殻付きから赤貝を仕込むなんてやっぱり本物の職人ですね」とほめる客。 イノセント・プレイ 2. クレイドル 4. Ghost Apple 5. 百鬼夜行 6. レプリカ 7. 月と獣 8. 疾走 9. アンチ・グラヴィティーズ 10. ヘヴン 12. グラフィックアーティストとしても活躍するRyotaro Konishiは、Amanaグループ関連グラフィックアートコンテストではグランプリを受賞。 大手ゲーム会社やメジャーレコード会社のプロダクトデザイン等も務め、人気アパレルブランドや韓国アパレルメーカーへのアート作品提供なども行い、その独自の世界観が注目されてきた人物だ。 そんな彼が並行して続けてきた音楽活動としては、2018年7月にPAYFORWARD名義で『INFLATION』をリリース。 同アルバムは渋谷のタワーレコード、HMV、TSUTAYA 各店にてインディーズアーティストでは異例の大展開が組まれ、リリース当日には渋谷MODIにてインストアライブを開催。 そしてこの度、楽曲制作パートナーであるShu Inuiと共に全7曲入りのファーストアルバム『ONE』を完成させた。 同アルバムのリード曲「ミキサー」は、マスタリングをアデルやテイラー・スウィフト、BTSなどを手掛けるニューヨークSTERLING SOUNDのランディ・メリル、レコーディング&ミックスはグッドモーニングアメリカやRhythmic Toy Worldなどを手掛ける河原裕之が担当。 超強力な制作チームにより、Ryotaro Konishiの類稀なるセンスがさらに開花し、バリエーションに富んだ新次元ポップアルバムに仕上がっている。 2020年はハイペースでの新作リリースを計画しているRyotaro Konishi。 夏には2年振りとなるワンマンライブを予定しているので、『ONE』を聴き込んで続報を待とう。 アルバム『ONE』 2019年12月20日配信リリース <収録曲> 1. ミキサー 2. 明白なこと 3. トリミング 4. 放て 5. キミと自由とキャンパスと 6. NとS 7. また、2020年2月で30歳を迎え、CDや初のランジェリー姿を収めたフォトブック、卓上カレンダーなど、長谷川の魅力が詰まった『30 th ANNIVERSARY スペシャルパッケージ』の販売も決定。 さらに新曲「あい」は自身が作詞を手掛け、 MVも公開されたので、ぜひチェックしてみてほしい。 pia. 』エンディングテーマ「話がある」をリリースした足立佳奈。 配信直後からLINE MUSICリアルタイムランキング1位を獲得し、早くも話題となっている中、「話がある」Music Video 今日好きVer. が公開された。 テーマソングを担当している、AbemaTV『今日、好きになりました。 期間限定公開となっているので、是非このタイミングでチェックして欲しい。 lnk. 番組内ではおもしろフリートークはもちろん、1月22日 水)リリースのニューアルバム『ぷ。 』に収録される新曲を初オンエア! 元日のお昼はみゆはんの新曲とゆる〜いトークを、おうちに引きこもってチェックしてほしい。 遠方にお住まいの方も、radikoプレミアムのアプリを使えばスマートフォン・PCで全国から試聴できますのでご安心を! そして、リニューアルされたみゆはんSPECIAL SITEにて、ニューアルバム『ぷ。 』の収録曲も公開された。 みゆはんが「今回のアルバムのテーマはゲシュタルト崩壊です。 」と語っているとおり、様々な角度から語られるストーリーの数々が収録されている。 「ゲシュタルト崩壊」 みゆはんのポエトリーリーディングと、元感傷ベクトルで漫画家の田口囁一によるトラックが生み出すアルバムオープニングナンバー。 これまでになく退廃的な世界観は必聴。 「キスは無理」 前作『闇鍋』、1stシングル「エチュード」とコラボが続く菅波栄純 THE BACK HORN 作詞作曲のポップナンバー。 バクホンの営業妨害にならないか心配になる詞の世界。 「綺麗になったよ」 最近恋に終止符を打ったという、みゆふぁん みゆはんのファン カップルの実体験をもとに、彼女目線で書かれた切ないバラードナンバー。 「蝙蝠晩餐会」 アニメ『けものフレンズ2』でみゆはんが声優を担当したナミチスイコウモリのキャラクターソング。 「SUPER SHIRO」 タイトルと同名アニメの主題歌。 子供の頃から大好きだった「クレヨンしんちゃん」シリーズの主題歌を担当できて、みゆはんは感激しております。 「貴重なタンパク源です」 これぞみゆはんの真骨頂。 現在コラボLINE STAMPも発売中! 09. 「1年半の僕ら」 M-2「綺麗になったよ」の世界を彼氏からの目線で描かれた楽曲。 ありがとう、さようなら。 「エチュード」 5月にリリースした1stシングルでアニメ「八月のシンデレラナイン」オープニングテーマ。 菅波栄純は作詞・作曲・編曲・ギターでも参加。 みゆはんらしくアラカルト、そして緩急に富んだ、みゆはん自身に加え実力派の作家陣も参加した全10曲のラインナップ! 元日にどの新曲を聴くことができるのか?期待は膨らむばかりだ! さらにSPECIAL SITEでは、全10チェーンで、ライブDVD付きの『青みゆはん』 初回限定盤A 、ライブフォトブック付きの『白みゆはん』 初回限定盤B 、『紫みゆはん』 通常盤 のいずれかを、先着で予約・購入された方にプレゼントされるオリジナル特典のビジュアルも公開された。 チェーン店によってすべて写真が異なる、クリアファイル・缶バッチ・ポストカード・ブロマイド・マグネットステッカーなどがプレゼントされる。 jvcmusic. ゲシュタルト崩壊 作詞:みゆはん 作曲・編曲:田口囁一 2. キスは無理 作詞・作曲:菅波栄純 編曲:春日俊亮 4. 綺麗になったよ 作詞・作曲:みゆはん 編曲:KOUICHI 5. 蝙蝠晩餐会 アニメ「けものフレンズ2」ナミチスイコウモリキャラクターソング 作詞・作曲:みゆはん 編曲:高田翼 6. SUPER SHIRO アニメ「SUPER SHIRO」主題歌) 作詞:市川喜康 作曲・編曲:溝渕大智 7. 貴重なタンパク源です 作詞・作曲:みゆはん 編曲:春日俊亮 8. すこぶるウサギ すこぶる動くウサギコラボソング 作詞・作曲:みゆはん 編曲:高田翼 9. 一年半の僕ら 作詞・作曲:みゆはん 編曲:高田翼 10. jpでは、特典付商品カートにてお買い求めください。 【関連リンク】 【関連アーティスト】 みゆはん 【ジャンル】 ニュース 職人ミュージシャンたちの旨味が凝縮されたスタッフの『スタッフ!! 有名無名を問わず、数え切れないほどのレコーディングセッションに参加した職人気質のミュージシャンたちが、シンガーを迎えずに自分たちの「歌心あるパフォーマンス」を披露するためにリリースしたアルバムが本作『スタッフ!! 』である。 泥臭いグルーブ感と骨太のサウンドを武器に、インスト曲ではあるが、まるで歌っているかのような人間味あふれる演奏で聴く者を魅了した。 21世紀に入って、多くのフュージョン作品が古臭くなっていくなか、本作は未だに新鮮な旨味に満ちていて、繰り返し聴きたくなるアルバムである。 ひとつは、ジャズをベースに訓練を積んだ超絶テクニックを聴かせるスタイル。 ギターならジョン・マクラフリンやアル・ディメオラ、ベースならジャコ・パストリアスやスタンリー・クラーク、ドラムではビリー・コブハムやデイブ・ウェックル、キーボードならジョー・ザヴィヌルやジョージ・デュークといった超絶技巧を持ったアーティストたち。 ギターならコーネル・デュプリーやデヴィッド・T・ウォーカー、ベースではチャック・レイニーやゴードン・エドワーズ、ドラムではバーナード・パーディーやスティックス・フーパー、キーボードではリチャード・ティーやジョー・サンプルといった過不足のない技術(めちゃくちゃ上手くてツボを押さえた演奏)で勝負するアーティストたちがいる。 彼らは基本的に長い間歌伴を務めてきたミュージシャンである。 デュプリーやエドワーズがバックを務めていたキング・カーティスやハンク・クロフォードはインストバンドじゃないかと言う人がいるかもしれないが、カーティスやクロフォードのグループはサックスがシンガーの代わりを務めているので変形歌伴だと言えるだろう。 ここはエドワーズをはじめ、デュプリーやティーと一緒に数多いセッションをこなしてきたバーナード・パーディーが本来は打って付けのはずなのだが、なぜかパーディーはスタッフには参加しなかった。 最初、僕はパーディーのパワーを求めてクリス・パーカーとスティーブ・ガッドのツインドラムにしたのかと考えたのだが、実際には当時ブレッカーブラザーズのメンバーとしても活動していたパーカーがツアーで抜ける可能性が高かったために、ガッドをセカンドとしてスタンバイさせていたというのが真相のようだ。 パーディーほどのグルーブ感は持ち合わせていないのは確かだが、パーカーは弟のエリックとともに住んでいたウッドストックでは大きな信頼を得ていた優秀なドラマーであり、69年頃にはすでにプロとしての活動をスタートさせている(51年生まれなので、プロデビューはなんと18歳)。 71年になるとサイケデリックロックのホリー・モーゼズのメンバーとしてデビューするもののアルバム1枚のみで解散する。 その後はウッドストックでポール・バタフィールドのベターデイズに参加し、ロジャー・ホーキンスやアル・ジャクソンのような渋くて重いドラムプレイで大きな評価を得る。 スティーブ・ガッドも当時はまだそんなに知られていなかったが、ジョー・ファレルやボブ・ジェームスといったCTIでのプレイをはじめ、ロック界ではケイト&マクガリグルやハース・マルティネスといった渋いSSW系の作品で、ジム・ケルトナーばりのシンコペーションの効いたプレイを既に披露していたのである。 スタッフはドラムのふたり以外は黒人のプレーヤーであるが、リーダーのエドワーズはシンプルでヘヴィなパーカーとガッドのプレイに惚れこんだのだろう。 アレサ・フランクリンやキング・カーティスなど、ニューヨークのスタジオでの仕事が多かったエドワーズ、デュプリー、ゲイル、ティーらの特徴と、マスルショールズ系のような特徴を持つパーカー、オールマイティの技術を持つガッドのコラボレーションで、新しいサウンドが生み出せると考えたのではないか。 このセッションにエドワーズは参加していないが、ティーとデュプリーに思いの他コッカーの歌と自分たちの音楽がマッチしたことを聞き、新グループの構想を練っていく。 コッカーの長い音楽生活の中でも、この『スティングレイ』は間違いなく彼の最高傑作であり、バックを務めたスタッフはコッカーとの『スティングレイ・ツアー』でも大成功を収めている。 』について 76年に本作がリリースされた時、華麗なテクニックを披露するタイプのフュージョンでなかったがゆえに、シンプルかつ歌心のあるグルーブ感に物足らなさを感じるリスナーは少なくなかったと思う。 彼らの狙いはシンガー不在でも如何に歌心にあふれた演奏ができるかどうかであり、過不足のない演奏に加えパーカッシブかつ人間味の感じられるリズムを演出することでもあった。 それは華美な演出とは正反対の結果となり、特に若いリスナーには地味すぎるサウンドに映ったようだ。 ところが、フュージョンのファンではないSSW系のサウンドを好む日本人たちに彼らの音楽は圧倒的に支持され、78年には日本公演時のライヴ盤(日本でのみリリース)も制作されているほどだ。 収録されているのは全部で9曲。 全曲、名演と言っていい。 特にリチャード・ティーはピアノ、エレピ、オルガンと八面六臂の活躍だ。 ピアノはパーカッションのように弾き、ゴスペルライクな泥臭い演奏を聴かせる。 逆に、エレピとオルガンは都会的なプレイで好対照となっている。 デュプリーとゲイルのギターは歌心にあふれるもので、勘所を押さえた燻し銀のような風情が感じられる。 パーカーとガッドのドラムはツインドラムであることを感じさせないぐらい抑えたプレイで、歌伴好きにはたまらないドラミングである。 ライヴの時は観客へのサービスで派手なドラムソロもやるのだが、スタジオ録音時は自分の役割をしっかりわきまえている。 エドワーズのベースはどっしりと重く、出る時は出ると言ったベーシストの鑑のようなプレイである。 デビッド・フッドやドナルド・ダック・ダンが好きなら間違いなくハマる。 アルバムの白眉は「ウォント・サム・オブ・ジス」「ルッキング・フォー・ザ・ジュース」「素晴らしき恋の想い出(原題:Reflections Of Divine Love)」「ハッピー・ファームス」あたりか。 「ウォント・サム・オブ・ジス」のティーのピアノ独演部分から後半の盛り上がる部分は彼らの十八番のセクションで、素晴らしいグルーブ感が味わえる。 残念なことに、1993年にリチャード・ティー、94年にはエリック・ゲイル、2011年にコーネル・デュプリーが亡くなっており、スタッフの演奏は2度とライヴでは聴けないのである。 TEXT:河崎直人 アルバム『Stuff 』 1976年発表作品 <収録曲> 1. フーツ/FOOTS 2. いとしの貴女/MY SWEETNESS 3. ウォント・サム・オブ・ジス/ DO YOU WANT SOME OF THIS 4. ルッキング・フォー・ザ・ジュース/LOOKING FOR THE JUICE 5. 素晴らしき恋の想い出/REFLECTIONS OF DIVINE LOVE 6. ハウ・ロング・ウィル・イット・ラスト/HOW LONG WILL IT LAST 7. サン・ソング/SUN SONG 8. ハッピー・ファームス/HAPPY FARMS 9.

次の

音楽ニュース/うたまっぷ・OKMUSIC

ニュース ペース インパレス 爆 サイ

開催日 競 馬 場 R 競走名 コース 馬 場 頭 数 枠 番 馬 番 オ ッ ズ 人 気 着 順 U 指数 性 齢 負担 重量 kg 騎手 調教師 馬体重 kg タ イ ム 着 差 秒 上 3F 通過順 1 2 着馬 京都 11 芝2000 不 16 6 12 49. 2 9 5 牡5 58. 6 1. 2 37. 9 8 15 牡3 55. 8 6. 8 42. 4 3 15 牡3 57. 0 470 -2 3. 2 2. 7 37. 5 1 4 牡3 56. 0 472 0 2. 9 0. 7 34. 1 1 12 牡3 57. 0 472 -6 2. 0 2. 3 40. 1 3 1 牡3 57. 0 478 0 1. 7 -0. 2 34. 3 1 1 牡3 56. 8 -0. 1 34. 0 1 1 牡3 56. 0 476 -2 2. 2 -0. 6 34. 8 1 3 牡2 55. 0 478 0 2. 4 0. 2 35. 6 3 1 牡2 55. 0 478 -- 1. 7 -0. 2 33. タイム1分25秒0(不良)。 産駒はJRA重賞初制覇。 今後はC(5月8日、東京、GI、芝1600メートル)が目標になる。 1番人気のは12着に敗れた。 不良馬場に苦しむライバルを横目に、外から突き抜けた。 が差し切り、3連勝で初の重賞タイトルを奪取した。 「手応えよく直線に向いて、差し切れるのではと思いました。 でも、馬場がまれにみる悪さで、気を抜けなかったですね。 いつもはもっとシュッとはじけるので」。 全身泥だらけになった田辺騎手がレースを振り返った。 前半3ハロン33秒3と速い流れの中、中団やや後方をキープ。 直線は外へ持ち出すと、道悪に脚をとられながらも、メンバー最速タイの上がり(3ハロン38秒5)で並ぶ間もなく抜け出した。 萱野調教師は2002年のをで制して以来の重賞制覇。 次走のCに向けて、期待も膨らむばかりだ。 「切れで勝負する馬だけど、不良馬場をこなしてくれてよかった。 一戦ごとに馬がしっかりして、折り合いもつくようになってきたから、マイルでも大丈夫だと思う」と指揮官。 桶狭間で名声を高めた産駒が、勢いに乗って3歳マイル界の頂点を狙う。 栗毛の牡3歳。 美浦・厩舎所属。 北海道新ひだか町・トウショウ産業株式会社トウショウ牧場の生産馬。 馬主はトウショウ産業(株)。 戦績7戦4勝。 獲得賞金7878万3000円。 重賞初勝利。 は調教師、騎手ともに初勝利。 馬名の意味は「冠名+立案者」。 19日の中京11Rで行われた第30回ファルコンステークス(3歳オープン、GIII、芝1400メートル、18頭立て、1着賞金=3800万円)は、騎手騎乗の2番人気(牡、美浦・厩舎)が直線鮮やかに差し切ってV。 3連勝で重賞初制覇を決めた。 タイムは1分25秒0(不良)。 新種牡馬の初タイトル、そして牧場を閉鎖した老舗オーナーに新たなタイトルがもたらされた。 30回目の区切りを迎えたを制したのは、2番人気の。 ドロドロの不良馬場を大外から力強く差し切り、見事な重賞初制覇を果たした。 レースはとが好スタートから先行策。 がそのまま抜け出して単騎での逃げに持ち込む。 3番手のインに1番人気の、外にがつけて、、、なども好位集団に続いた。 直線は馬場が掘れて見るからに不良馬場という馬力勝負。 インで懸命に粘る、その外から並びかけるが競り合っていたが、大外から豪快に伸びてきたのがだった。 道中は中団のやや後ろで待機。 直線で外に出してからは不良馬場をものともせずに末脚を繰り出して、差し切り勝ちを決めた。 1馬身3/4差の2着は3番人気の。 さらに1/2馬身差の3着は9番人気のだった。 転厩初戦のは12着に敗れている。 は、父、母ウイッチトウショウ、母の父ジェイドロバリーという血統。 北海道新ひだか町・トウショウ産業(株)トウショウ牧場の生産馬で、トウショウ産業(株)の所有馬。 通算成績は7戦4勝。 重賞初勝利。 調教師、騎手ともに初勝利。 田辺騎手は「手応え良く直線に向かえたので、差し切ってくれるんじゃないかと思っていました。 きょうは特殊な馬場で、まれに見る悪さだったので、ちょっとオーバーだけど誰も通っていない大外を走らせました。 普段はシュッとした脚を使うのですが、脚をとられていましたね。 勝っている感じでしたが、抜け出してからも気を抜けませんでした。 勝ってCに向かえるので、いい感じで進められると思います」とコンビを組んで3戦全勝のパートナーと挑むGIを見据えていた。 タイムは1分36秒2(良)。 ややバラついたスタートとなったが、5枠のとが並んで先行。 が外から3番手につける。 さらに、なども好位を追走。 単勝1.2倍という圧倒的人気に推されたは中団のインからレースを進めた。 が直線でもうひと伸びして押し切りを図るが、鋭く内を突いたがあっさりと抜け出し、2馬身差で完勝。 新種牡馬産駒としては2頭目の新馬勝ちとなった。 なかなか前があかなかったが、ゴール前でようやく猛然と伸びて2着を確保。 さらにクビ差の3着に4番人気が逃げ粘っている。 は、父、母、母の父スピニングワールドという血統。 シュタルケ騎手は「調教から感触がよかった。 まだ幼いところはあるが、レースでも内でスムーズに折り合ってくれたし、直線で鋭く反応して末脚もしっかりしていた」と2馬身差の快勝を振り返っていた。 新種牡馬産駒としてJRA初勝利を挙げた。 タイムは1分22秒7(良)。 内からが先行すると、その外にが並びかける。 さらに外からも好位につけ、、、などが続いた。 1番人気は先行馬群を見る位置で、中団のやや前。 ペースは速めに流れたが、先行したは手応え十分に馬場の少し外めに持ち出す。 反応良く抜け出すと、後続を突き放してそのまま押し切り快勝。 注目の新種牡馬を父に持つ7番人気の伏兵が2馬身1/2差でデビュー勝ちを決めた。 2着はゴール前で内から鋭く伸びた6番人気の。 人気のも最後はよく伸びたが、2着と1馬身1/2差の3着に終わっている。 は、父、母ウイッチトウショウ、母の父ジェイドロバリーという血統。 祖母はGIIIの勝ち馬。 いとこはなどGIを3勝している。 騎手は「(口向きが)少し右に張るような面があるので気をつけました。 今の2歳にしてはしっかりとしているし、直線もスッと反応してくれましたね」と2馬身半差の完勝を評価していた。 今年もSS系の血が入った好素材が多数、出走する。 産駒が最上位。 SS直子の父は&ダービーの2冠馬で、2009年、10年と馬2頭を出し、当レースの適性が高い。 母は馬で、底力にも優れている。 産駒は母の父がSSで、昨年2着のと同じ配合。 を連覇したが母と、日本を代表する名牝系の出身で底力も十分だ。 産駒は12年にが2着。 はディープ産駒の2歳王者で、馬、馬などが名を連ねる牝系は底力に優れている。 母系のスピードとパワーが強調されたタイプで中山も合う。 同産駒は母の父がストームキャットで、ダービー馬、馬などと同じ配合。 名種牡馬キングマンボが出ている母系は世界的なファミリーだ。 の父はの全兄だが、母の父が名・。 1ハロン延長が鍵になる。 ハービンジャー産駒は母の父がSS。 母はの勝ち馬で、伯父に。 母の父がSS直子のは父母系から、もう少し短い距離の方がよさそうだ。 は近親に(07年)、と2頭のがいるのがいい。 は非SS系でも注目。 父マルジュは英GIセントジェームズパレスS(芝1600メートル)勝ち馬で、全姉ライトニングパールは英GIチェヴァリーパークS(芝1200メートル)を制覇。 本質的にはマイル前後がベストだが、前走で距離を克服しており、侮れない存在だ。 (血統取材班) の見事な配合計画の続きです。 前回は以下のような血統構築を計画しました。 今回は実際の配合の模様を紹介します。 スタミナ豊富な繁殖牝馬を目指す ここではの1800~2400mという長めの距離適性と長距離型のクロス(Sadler's Wells)によって、スタミナ豊富な繁殖牝馬の生産を狙います。 実際に生産した産駒を以下にまとめました。 1頭だけ、スタミナBが生まれました。 何とか長距離型のクロスが効いた感じでしょうか。 上位の4頭を繁殖入りさせて、つぎの代へ進みます。 を配合して完成 当初の予定どおり、最後はを付けて見事な配合です。 4頭の繁殖牝馬から生産した産駒は以下のとおりです。 スタミナBの繁殖牝馬Aの仔は、全体的にスタミナが高く出ています。 スピードに関しては、唯一スピードCの繁殖牝馬Bの仔がいちばん高め。 両者のスピードとスタミナを兼ね備えた繁殖牝馬が生産できれば……というところですかね。 もうちょっと繁殖牝馬作りを練り込めれば、もう一段上が見えてくるのかと思います。 現在は最新作『ダービースタリオンマスターズ』をプレイし、本サイトで攻略コラムを公開中。 今回はその中からをピックアップし、配合を考察・実践してみます。 で見事な配合を作る は、血統的に完璧な配合はできませんが、見事な配合を作りやすいのが特長です。 以下のように、見事系統(見事な配合を判定するための系統)は Royal Charger系・Nearctic系・Teddy系の3種類だけ。 これらの系統を使って、たとえば下の例のように繁殖牝馬の血統構築をすると、見事な配合が成立します。 種牡馬側の見事系統は Nearctic系が重複していますが、繁殖牝馬側は Royal Charger系・Nearctic系・Teddy系のどれが重複してもかまいません。 この3系統だけで血統を構成すればOKです。 Royal Charger系と Nearctic系はメジャーな血統なのでおなじみですが、問題はマイナーなTeddy系をどう組み入れるか、です。 選択肢に自由がないので、以下のようにひとまず母母母の位置に入れておいて、その後に Royal Charger系や Nearctic系を2代つなげて能力アップを図る……という形がいいかと思います。 スタミナ豊富な母を生産するために さらにひと工夫して、よりスタミナ豊富な繁殖牝馬を生産できるように組み合わせを考えてみます。 繁殖牝馬がスタミナ豊富だと、産駒もスタミナに優れた馬が期待できます。 距離適性が長めで、長距離型のクロス(Sadler's Wells)を使えるなどが理想的でしょうか。 この馬を母父にすると以下のような血統構成になります。 父・母父の組み合わせは、サンデーサイレンスのクロス(速力・底力)も成立します。 あとはを付けたときに Sadler's Wells のクロスが成立するよう、母母父か母母母に Sadler's Wells の血を仕込んでおきます。 Sadler's Wells の血を持った種牡馬や繁殖牝馬は比較的多いので、血統構築はしやすいですね。 配合の計画はこんなところです。 次回は実際に配合を行なった模様を紹介します。 現在は最新作『ダービースタリオンマスターズ』をプレイし、本サイトで攻略コラムを公開中。 08年 36. 2-50. 3-35. 8-48. 3-35. 4-49. 5-35. 8-47. 1-38. 1秒のハイペース。 とというどちらかといえば内回り向きでない2頭のワンツーでこれはレアケースかもしれません。 、、といった内回り向きの馬が勝利しやすいのがやはりではないかと思います。 (はご存知の通りまで制していて適性とは関係のない次元の馬なんだと思います) では過去の連対馬のラップギアを見てみましょう。 ここはポイントでしょう。 この手の展開で勝ち負けが出来る馬というのが内回りコースでは必要。 これは昨年も書いたことですが前走のステップレースもポイントの一つ。 、弥生賞、若葉S、、の4レースからのローテが重要。 (距離、レース格、順調さ、辺りかなと思われます) 過去10年を見ても30頭中29頭はこれに当てはまります。 唯一の例外は10年の(3着)のみとなっています。 思い切って消してしまうか、そんな僅かな差は問題ないだろうと入れるか。 【】 36. 8-35. 4-35. 1-12. 3-11. 4-11. 9(ラスト4F) 【弥生賞】 36. 5-49. 3-35. 7-11. 6-11. 4-12. 2(ラスト4F) 【若葉S】 36. 7-48. 3-35. 0-11. 8-11. 7-12. 2(ラスト4F) は中盤が速く先行して押し切ったが強い内容。 しかし、ラスト3F目の12. 3秒で若干脚を溜めることが出来たことが大きく距離が1F延長する舞台でスタミナが持つかどうかが課題。 ラスト4Fから11秒台に突入したのは弥生賞だけ。 トライアルの中ではこのレースが最も本番に直結しやすい気がします。 若葉Sは中盤がソコソコ速く流れてラストで前の馬の脚が止まったところに外からが4角10番手から差し届いたレース。 弥生賞は流れ的にはに最も近く、弥生賞よりも前半が速くなればの完成といった感じです。 ならば弥生賞の上位馬に重い印を打てばいいのではと思うのですが騎手替わりという状況がどうか。 1着馬のは3角からマクっての押し切り勝利でプチゴールドシップといった感じの騎乗内容でした。 あれは内田Jだからこそという気がするので蛯名Jがどう騎乗するのか? 2着のも乗り慣れた和田Jではなく柴田Jへの乗り替わりはマイナスでしょう。 (決して下手と言ってる訳ではありません) 、は距離が不安。 スローになった方がベターでしょう。 この馬を本命に指名します。 数値などは岡村信将プロより提供して頂いています。 表記の意味などの詳細はをご覧下さい。 以下は、過去5年の優勝馬と、各前哨戦のカツラギ指数の一覧である。 2 (スプリングステークス1着) 54. 8 (若葉ステークス1着) 54. 2 (弥生賞1着) 54. 1 (若葉ステークス2着) 54. 6 (弥生賞1着) 53. 7 (若葉ステークス1着) 52. 0 (若葉ステークス1着) 54. 2 (弥生賞1着) 53. 4 (スプリングステークス1着) 52. 6 (弥生賞1着) 53. 1 (若葉ステークス1着) 51. 5 (スプリングステークス1着) 2007~2009年の3年間は、前哨戦でそれほど指数が高くなかった馬や敗退した馬が指数を伸ばしてを制しているが、最近の2年は前哨戦で高い指数を記録して勝利した実績馬が余勢を駆って本番のを制している。 それでは、今年の出走予定馬を一覧してみよう。 0 (1着) 55. 2 (2着) 52. 9 (1着) 52. 8 (2着) 52. 6 (1着) 51. 5 (2着) 今年はスプリングステークスとそれ以外の前哨戦のレベル差が大きく、スプリングステークス組の・が中心となるが、若葉ステークス組のは、で弥生賞組を上回る指数を記録したのちに、若葉ステークスでは指数を下げながらも楽勝で本番に駒を進めてきているので、2008・2009年の巻き返しパターンに当てはまる。 よって、今年のは、スプリングステークス組の・に、若葉ステークス組のを加えた3頭の争いになると結論づけたい。 なお、ここで述べた見解はあくまでも、カツラギ指数をベースにした前走に関する一考察であり、カツラギの最終結論では無いことをお断りしておきたい。 以下は、過去5年の優勝馬と、各前哨戦のカツラギ指数の一覧である。 0 (弥生賞1着) 54. 9 (若葉ステークス2着) 54. 2 (弥生賞1着) 54. 6 (若葉ステークス1着) 52. 6 (若葉ステークス1着) 54. 6 (弥生賞1着) 53. 8 (スプリングステークス1着) 51. 2 (弥生賞1着) 53. 8 (若葉ステークス1着) 51. 1 (スプリングステークス1着) 54. 7 (弥生賞1着) 52. 3 (若葉ステークス1着) 2007~2009年の3年間は、前哨戦でそれほど指数が高くなかった馬や敗退した馬が指数を伸ばしてを制しているが、それ以外の年は前哨戦で高い指数を記録して勝利した実績馬が余勢を駆って本番のを制している。 それでは、今年の出走予定馬を一覧してみよう。 1 (1着) 55. 4 (2着) 54. 7 (1着) 55. 3 (1着) 53. 6 (2着) 53. 6 (3着) 今年は昨年以上にレベルが高い混戦なので伏兵が台頭する可能性は低いと仮定すると、スプリングステークス組の・、若葉ステークス組の・が本番でも有望だと言える。 なお、ここで述べた見解はあくまでも、カツラギ指数をベースにした前走に関する一考察であり、カツラギの最終結論では無いことをお断りしておきたい。 以下は、過去5年の優勝馬と、各前哨戦のカツラギ指数の一覧である。 1 (弥生賞1着) 53. 1 (若葉ステークス1着) 50. 5 (若葉ステークス1着) 53. 7 (弥生賞1着) 53. 1 (スプリングステークス1着) 51. 1 (弥生賞1着) 52. 9 (若葉ステークス1着) 51. 4 (スプリングステークス1着) 53. 6 (弥生賞1着) 50. 9 (弥生賞1着) 53. 9 (スプリングステークス1着) 52. 3 (若葉ステークス1着) 2005~2006年は、前哨戦で最高指数を記録した馬が、そのままを制しているが、その後の3年は前哨戦ではそれほど高い指数を記録していない馬、要するに余裕を残して本番を迎えた馬がを制している。 それでは、今年の出走予定馬を一覧してみよう。 6 (1着) 53. 2 (2着) 51. 8 (1着) 52. 0 (2着) 52. 0 (3着) 近3年の傾向に当てはめてみると、弥生賞組の、スプリングステークス組の・・が、本番に向けての伸びしろを期待でき有望だと言える。 なお、ここで述べた見解はあくまでも、カツラギ指数をベースにした前走に関する一考察であり、カツラギの最終結論では無いことをお断りしておきたい。 【皐月賞】ダイヤモンドは砕け散る!!!!!!!!!!!! 【先週の回顧】 桜花賞。 メジャーエンブレムは予想通り、キレ者に差されましたね。 まさか馬券圏外まで落ちるとは思いませんでしたが。 それにしてもクリストフほどの名手がスタートダッシュを決められないなんて、 まさに、先週この連載で不安視点した 「チューリップ賞を使わずクイーンCを走った『歪み』が出た」のでしょうね。 社台の(『ノーザンファーム天栄』での短期放牧、レベルの高い施設でレベルの高い調教を優先したワケです。 (調教師の仕事は一体?) 優勝馬ジュエラー(ヴィクトワールピサ)とシンハライト(ディープ)のハナ差はジョッキーの差。 (イケゾエがダメダメなワケじゃなく、ミルコの神騎乗に負けた) ヴィクトワールピサは今年が初年度産駒ですが、数多くいるサンデー系の中でディープインパクトに続く、 大種牡馬になれると見ています。 今後の日本競馬界、JRAで、ディープインパクト キングカメハメハに並ぶような一流種牡馬になると見ます。 『名は体を表す』 馬名の雰囲気と響きがブエナビスタみたいで華麗で強そうですよね。 -------------------------------------------------------------- 【今週のレース予想】 「第76回G1皐月賞」 競馬は『ブラッド(血)スポーツ』と言われる所以が今年の皐月賞で、見事に体現されています。 『2005年 オークス』 リオンディーズの母シーザリオ(1人気)と、エアスピネルの母エアメサイア 2人気 が対戦し、 結果はクビ差でシーザリオの勝ち。 その後、2頭が対戦する機会はなく、エアメサイアが秋華賞でG1馬になった時には シーザリオはアメリカンオークスも優勝し、栄光のまま引退していました…。 そして10年後の今年、2016年。 『神の気まぐれか?エアメサイアにリベンジチャンスを与えたのです』 奇しくも同じ年に産まれたシーザリオの仔と、エアメサイアの息子同士が、 『朝日杯JF』というG1の舞台で母仔の代理対決することになったのです。 しかし結果は同じでした。 母仔の因縁を知ってか知らずか? エアメサイアの仔エアスピネルが、単勝1,5倍で1人気に支持されましたが、母と同じく、シーザリオの仔リオンディーズに1/4馬身突き放され敗退。 2回目の対決は、G2『弥生賞』 単勝1,9倍で、1人気リオンディーズが、またもやエアスピナルに、2馬身差を付けて先着。 これで2連敗です。 しかし、ひとつだけ違ったことがありました。 リオンディーズの前に『第3のキレモノ』がいたのです。 上がり33秒6の鬼脚で、4コーナー8番手から2頭をまとめて一気に差し切ったディープインパクト産駒マカヒキです。 馬主は、ディープインパクト、キングカメハメハ、クロフネ、カネヒキリ、アパパネ、ラブリーデイなど 多数のG1馬オーナーで、ソフトウェア開発会社『図研』社長の金子真人氏(金子真人HD)です。 余程、相馬眼に優れているのか? 運が有り余っているのか? マカヒキは3戦3勝。 金子オーナーなら皐月賞をマカヒキ(母ウィキウィキ、姉ウリウリなどハワイ語シリーズ)で、 皐月賞未勝利のディープ産駒で初優勝を実現させるかもしれません。 それくらい、オーラがある人です。 同じく3戦3勝の無敗馬で同じくディープ産駒ですが、サトノダイヤモンドが皐月賞初優勝を叶えるのは、 相当難しいと見ています。 皐月賞でクリストフがサトノダイヤモンドに騎乗するのはエージェントが既に決めてあった先約であり、 自らがマカヒキでなく、サトノダイヤモンドを選んだワケではないので『乗り替わり』自体には問題はありません。 しかし、桜花賞で『勝負の女神からポロッと見放された感』のあるクリストフが、 マカヒキに騎乗しないのは(事前に決まってたこととはいえ)「ホンのちょっとしたことで、 勝敗の『流れ』がガラッと変わります。 さすがは、金子オーナー。 タダモンじゃないです!!!!!!!! 実は今年の皐月賞にはもうひとつ因縁があります。 2005年。 シーザリオがクビ差でエアメサイアに勝ったオークスで、2着エアメサイアにクビ差で3着に負けた ディラデラノビアの仔ドレッドノータスも出走するのです。 シーザリオ 1人気 、エアメサイア 2人気 、ディラデラノビア 3人気 は、クビ差+クビ差で、 人気通りにゴールしました。 これぞ競馬が偶然では決してあり得ない『ブラッドスポーツ』たる奥深さでしょう。 ディラデラノビアの仔ドレッドノータスの父ハービンジャーは、タフな持続力のあるND系で、キングジョージを11馬身ぶっちぎった勝った記録的な欧州G1馬。 当然オサエます。 1人気はサトノダイヤモンドですが、馬主はパチンコ、パチスロ「北斗の拳」のメーカー 『セガサミーHD』会長兼社長『サトノ』冠の里見治氏。 昨年はサトノクラウンとサトノラーゼンで約4億円。 ちなみに、野田夫妻はオルフェーヴルの初仔がセリに出た2015年のセレクトセールで何と13億1,800万円もの馬を爆買いをしています。 きさらぎ賞1着から直行するサトノダイヤモンドには不吉なデータがあります。 --------------------------------------------- きさらぎ賞直行組は【0・0・0・7】 きさらぎ賞勝ち馬も【0・0・0・5】 --------------------------------------------- トーセンラーは7着。 3戦3勝無敗のトーセンスターダムは11着惨敗。 牝馬ですが『凱旋門賞を狙える』とまで言われたルージュバックも桜花賞を単勝1,6倍で9着敗退しています。 サトノダイヤモンドはトリッキーな中山コース初出走で長距離輸送の経験もないのは大きな不利です。 社台の大手クラブ『サンデーR』の高額馬で、単勝1,5倍のメジャーエンブレムが、桜花賞でまさかの馬券圏外。 サトノダイヤモンドの鞍上は、桜花賞ショックから立ち直れてない かもしれない 繊細なクリストフ・ルメール。 3着を外す可能性は低いでしょうが、単勝1,5倍のメジャーエンブレムが馬券圏外になってますから。 サトノダイヤモンドにも『絶対』はありません。 本命はリオンディーズ 日米オークス馬シーザリオの仔で兄は世界のジャスタウェイ相手にジャパンカップを圧勝した菊花賞馬エピファネイア 母父スペシャルウィークにはニジンスキーの血が、母シーザリオにはサドラーズウェルズの血が入っており、 欧州血統がダブルで入っています。 直近では共同通信杯直行組の成績が良く、 12年ゴールドシップ、14年イスラボニータ、15年ドゥラメンテと3連勝中!! 母父ブライアンズタイムのディーマジェスティも当然!狙い目です。 ブライアンズタイムは父として過去21年でナリタブライアン、サニーブライアン、ノーリーズン、ヴィクトリーと 4頭の皐月賞馬を輩出しています。 ディープインパクトが勝たないなら、キングカメハメハが勝つのでは。 ドゥラメンテに次ぐ連覇を祝いましょう!!!!!! html 馬券、金額、払い戻し、プラスマイナス、2106年現時点のプラスマイナス円とトータル回収率。 全て、ガラス張りです。 情報の正当性、妥当性には責任は持ちません~なんちゃら~』という怖そうな 笑 注意書きが出ますが、 ご安心ください。 笑 ごくごく普通のネットニュースサイトです。 もちろん、内部課金など一切なしで、全ての記事と連載コラムが読めます。 アイドル、テレビ、芸能界、事件、スキャンダル、スポーツ、グッズ、漫画紹介、映画批評、サブカルチャーなどの記事や、杉作J太郎、ロマン優光、鈴木詩子、ドラァグクイーン・エスメラルダ、みうらじゅん、吉田豪(新連載)に加えて、 僕TERAMAGAZINEの競馬予想コラム(毎週土曜更新)を連載しています。 回収率 208% です。 7: アサクサキングス フォロワー:0人 2009年9月17日 木 14:57:03 来週秋初戦を迎えるが、阪神2,400mは問題ないと思う。 前走は、10年に一度の不良馬場で負けただけ!? 菊に向けて、1着で権利とってほしい。 折り合いを重視していたのでよかったです。 この馬のレースをしてあげることが大切だと思い、4コーナー過ぎでゴーサインを出してからは一気にまとめて交わしてくれました」 (友道師) 「とにかく一戦毎に成長している感じですね。 落ち着きという面ではデビューの頃とは比べものにならないです。 元々距離が延びれば延びるほどいい馬だと思っていたので、ダービーへ向けて楽しみになってきました。 今の中山はある程度前にいないとダメなので出していきました。 4コーナー手前から速い脚を使ってくれて瞬発力勝負で勝たせてもらいました。 やっぱり走りますね」.

次の

【ガチ検証】13万6000円の最新アシストスーツ『マッスルスーツ every』を着て重いモノを持ち上げたらこうなった

ニュース ペース インパレス 爆 サイ

福岡県 休業要請に応じていない店舗を公表へ• 福岡県は、休業要請に応じずに営業を続けている県内の6つのパチンコ店について、新型コロナウイルス対策の特別措置法の45条に基づいて店名を公表• 店名の公表は九州・沖縄では初めて• 福岡県は、国の緊急事態宣言を受けて、県内の遊興施設や遊技施設などに対し、今月14日から来月6日まで休業を要請している• このうち今月26日の時点で営業を続けていた22のパチンコ店について、県の職員が29日午前、各店舗に出向いて休業の有無を確認した結果、福岡市、北九州市、筑後市、豊前市、小郡市にある合わせて6つのパチンコ店が29日も営業を続けていた• このため県は、事前の通知に沿って、この6つのパチンコ店に対し、新型コロナウイルス対策の特別措置法の45条に基づき、文書でより強い要請を行ったうえで店名や所在地を県のホームページで公表• 大迷惑。 しかも自分の住んでる隣駅。 トータルで交通費まで取り返すのは厳しいはず。 恥ずかしい。 県をまたいでまでいくとは。 — miwa miwa30263924.

次の