美容整形 手軽。 美容整形のデメリットとは?やる前に知っておきたいリスク・危険|みんなの美活Q&A

整形大国アメリカの「美容整形の失敗談」が閲覧注意レベルでヤバイ【写真アリ】

美容整形 手軽

大手美容外科のひとつである「共立美容外科」。 知名度抜群なため、安心感を抱く人も多いでしょう。 「有名なクリニックだし口コミも良いから大丈夫!」という理由で、二重整形を共立美容外科でしようかな…と考えている方は少なくないはずです。 しかし、よく調べもせずに知名度だけで選んでしまうと後悔することになる恐れも…。 まずは共立美容外科で受けられる二重整形術を知り、さらに悪い評判やデメリットも踏まえたうえで選ぶようにしましょう。 目もとは顔の印象を決定づける大切なパーツです。 理想的な二重ラインを手に入れるためにも、良いところだけでなく悪いところも把握しておきましょう。 共立美容外科ってどんなクリニック? 二重整形をする前に、まずは共立美容外科とはどんなクリニックなのか、特徴を把握しておきたいですよね。 安心して施術に踏み切れるよう、共立美容外科について学んでおきましょう。 複数人が関わる万全の体制 共立美容外科では、一人一人とじっくり向き合うため、一度の施術につき、受付からお見送りまで、最低でも3人以上のスタッフが関わります。 これは、ひとつひとつの施術に対するスタッフの集中力を高め、安全かつクオリティの高い治療を行うためのこだわりです。 共立美容外科では、施術に担当医の他、サポートする看護師が場合によっては複数人入り、アフターケアも必要に応じて別の専門スタッフがじっくりと行うため、結果として関わるスタッフが多くなります。 30年以上の歴史があるクリニック 共立美容外科は1989年の開院以来、30年以上、手術や施術を行っています。 美容外科だけでなく、大学病院や総合病院などで経験を積んだ医師を積極的に採用し、満足度の高い美容医療の提供を目指しています。 信頼ある美容クリニックになれるよう、医師だけでなく、スタッフ一人一人が努めているのも特徴です。 ベテラン医師のみを採用! 共立美容外科の医師採用方針として、一般医療の外科や麻酔科を経験している医師のみを採用しています。 美容外科だけではなく、様々な施術、病院での執刀を経験しているスタッフを迎えることで、高い技術力の維持はもちろん、病院全体の技術が凝り固まらず、常に最前線の技術を取り入れることができるのです。 良くない評判・口コミをしっておく 共立美容外科は口コミ評価も高く、悪い内容のものはあまり見られませんが、0というわけではありません。 具体的にどんな良くない評判、口コミがあるのかチェックしておきましょう。 ・看護師さんの対応が良くないように思いました。 新人スタッフなのかもしれませんが、有名クリニックなのでもう少し自覚を持ってほしいものです。 ごく一部ですが、看護師さんの対応が雑すぎる、馴れ馴れしい、など対応がイマイチの場合があるようです。 技術に力を入れすぎているせいか、スタッフの教育まで行き届いてないのかもしれません。 お近くに店舗があれば、そちらを受診してみてもいいですね。 ・カウンセリングの対応が良くありませんでした。 真剣さを感じられず、あくびをして眠そうにしているのも気になりました。 二重施術の日程は決めてきたものの、大丈夫なのか不安になっています。 お手軽に二重整形を受けられる面でやはり医師や看護師の対応に目がいくのはよくわかります。 医師や看護師に対して不満がある状態では、安心して任せることができませんよね。 共立美容外科は全国展開している大規模なクリニックなので、そういった場合は違う医院を受診することをおすすめします。 ・二重整形を受けたくてカウンセリングに行きました。 希望を具体的に伝えたところ、予算を越す金額のものをおすすめされました…。 納得できない施術を無理に勧めたり、手術を強要することはないので安心してください。 予算も具体的に相談してみるといいですね。 共立美容外科は二重整形手術のプランが豊富なので、予算に合うものが見つかるかもしれません。 カウンセリングは無料ですし、2回・3回とカウンセリングを受ける方もいますよ。 二重整形の手術法について ひと言で二重整形といっても、メスを使う施術があれば、使わない施術もあります。 どの施術を選ぶかによって料金やリスク、ダウンタイムなどが異なるので、どの方法が適しているのか1つずつチェックしてみましょう。 埋没法 埋没法は、メスを使わず目を開ける時に動く筋肉と皮膚を、髪の毛よりも細い医療用の糸で留めて二重まぶたにする施術です。 目立たない腫れは1~2週間かけ徐々に引いていきます。 内出血が出た場合、青紫色から黄色に変化し、体内へ吸収され1週間程で徐々に肌色へ戻っていきます。 【価格】 施術名 価格 1点留め 36,000円 2点留め 54,000円 3点留め 75,600円 4点留め 86,400円 【こんな人におすすめ!】 ・手軽なものから試したい ・整形したことをバレたくない ・リーズナブルな二重整形を探している ・なるべくダウンタイムは短いほうがいい 共立式二重埋没P-PL挙筋法 目の上に点 ポイント と点 ポイント を結んで、二重のラインを作ります。 麻酔のかけ方や手術で使用する極細の糸など、独自の研究結果に基づき、大きくてチャーミングな目もとに仕上げます。 手術痕が残らず、腫れづらい自然な仕上がりで、眼瞼下垂 まぶたが重くなる・目が開けづらくなる の心配もほとんどありません。 極めて細く、体内で分解されないのが特長で、二重を長く保てるとされています。 目を大きくすっきりとした可愛くて美しい目にすることを目的とした手術方法です。 目立たない腫れや内出血は1~2週間かけ徐々に引いていきます。 【価格】 共立シェイプ法 259,290円 【こんな人におすすめ!】 ・メスを入れたくない ・二重をくっきりさせたい ・普段の生活に影響したくない ・毎日のアイプチやアイテープが面倒 二重切開法 切開法は、二重のラインにしたい部分を切開することで、理想的な二重ラインをデザインする施術です。 ミニ切開法 全切開とミニ切開の違いは、まぶたの上の切開する長さが長いか短いかの違いです。 全切開はまぶたの上を綺麗な二重のラインがでるように長く切開しますが、ミニ切開の場合は、まぶたの上を全切開より短く切開します。 2週間 ミニ切開の場合は、まぶたの脂肪を取る量も全切開に比べ少ないので、解消されるタルミも全切開に比べて少ないです。 【価格】 ミニ切開法 270,000円 【こんな人におすすめ!】 ・厚く腫れぼったいまぶたをすっきりさせたい ・過去に埋没法を受けたが一重に戻ってしまった ・半永久的な二重まぶたを手に入れたい ・はっきりした幅広の二重にしたい 全切開法 全切開の場合は、まぶたを大きく切開する分、まぶたの脂肪も多く取れるのですっきりした目にすることができます。 まぶたのたるみも解消されます。 2週間 上まぶたの皮膚を切開し縫合する手術でなので、抜糸するまでの約1週間は傷に糸がついていることもあり強い腫れがあります。 特に手術直後~手術翌日にかけてが腫れのピークで、その後は徐々に腫れが引いていきます。 【価格】 全切開 324,000~540,000円 たるみの程度により料金が異なります。 【こんな人におすすめ!】 ・厚く腫れぼったいまぶたをすっきりさせたい ・過去に埋没法を受けたが一重に戻ってしまった ・半永久的な二重まぶたを手に入れたい ・はっきりした幅広の二重にしたい 目頭切開法 目頭切開は、蒙古ひだの部分を数ミリ切開して、目の幅のバランスを調整してパッチリ大きな目元を作る手術です。 共立美容外科の目頭切開では主にZ型形成やW型形成を採用しています。 二重手術を併用することで、よりハッキリとした大きな二重まぶたが完成します。 離れた目の人に効果の高い治療になります。 【価格】 目頭切開 270,000円 【こんな人におすすめ!】 ・目を大きく見せたい ・目と目が離れていて気になる ・蒙古ひだが被って目つきが鋭く見える ・切れ長の目にしたい ・左右の目の形が違う 目尻切開法 目尻切開は目尻を切開することによって目の横幅を長くし、さらに大きな目にする手術です。 効果は長く続きますし、ダウンタイムも1週間ほどで済むので、メリットが大きい整形手術といえるでしょう。 【価格】 目尻切開 270,000円 【こんな人におすすめ!】 ・切れ長の目になりたい ・大きい目に憧れている ・目が中央に寄って見えてしまう 眼瞼下垂 眼瞼下垂は、先天性のもの、コンタクトの長期に渡る使用、加齢によるたるみなど、さまざまな理由で上まぶたが開けづらくなる症状です。 共立美容外科では眼瞼下垂の治療として挙筋短縮法という方法を採用しています。 挙筋短縮法は、挙筋を短縮する治療方法で、「挙筋の一部を切り取って短縮する方法」と「挙筋に補助する糸を加えて、力を伝わり易くする方法」の2つの方法があります。 共立美容外科では、患者さんの症状に合わせて最適な方法を採用しています。 【価格】 眼瞼下垂 423,000円 【こんな人におすすめ!】 ・目を大きくしたい ・まぶたの開きが弱い ・眼瞼下垂のせいで視界が狭い ・眠たそうに見られる 他クリニックとの料金比較 共立美容外科の二重整形は安いのか?それとも高いのか?今回は二重整形で人気がある湘南美容クリニックと城本クリニックの2社と料金比較をしてみました。 共立美容外科の二重整形はとてもプランが充実しているので、妥協することなく理想の二重ラインに近づくことができます。 症例数が多い共立美容外科だからこそ、柔軟に対応できますし、豊富な経験を活かしながら臨機応変に対応できるのも魅力的ですよね。 目もとは顔の印象を決定づける大切なパーツなので、二重整形は失敗したくないですよね。 「二重整形に興味がある」という方は、この機会に共立美容外科で二重整形を受けてみてはいかがでしょうか?.

次の

再生医療(PRP治療、FGF治療)は本当に効果があるの?

美容整形 手軽

今回解説していく PRP治療とは、 この再生医療の中の一つです。 では、このPRP治療とは、どのような治療なのでしょうか? 具体例を含め私、院長竹江が詳しくご説明いたします。 PRPとは? PRPとは 自己多血血小板療法と呼ばれるものです。 患者様の腕から採血し、その血液を遠心分離器にかけて多血血小板(PRP)を抽出します。 この多血血小板の中には、新しい組織や細胞の成長を即す栄養素が豊富に含まれています。 PRP治療は整形外科領域(美容整形ではなく骨折などを治す整形外科)では、数年前から頻繁に行われている治療です。 ニューヨークヤンキースの田中将大選手が肘の治療としてPRP治療を行ったことで、この治療法が有名になりました。 関節炎や慢性のアキレス腱炎、テニス肘など慢性的な炎症において、根治とは言えませんが、 症状を緩和させることでは、ほぼ確立された治療となっております。 美容外科分野で導入された再生医療 PRP治療 「シワ・タルミの改善」にPRP治療を容易に用いるべきではない このPRPを顔に注射することで、組織や細胞の再生を即し、シワやタルミを改善できるのではないかという発想で、美容外科分野でもPRP治療が導入され始めました。 結論から申しますと、当院では現段階において、 「シワ、タルミの改善」にPRP治療を容易に用いるべきではない、と考えております。 現状、美容外科分野でのPRP治療は正しい施術技術が確立されていない 一見、再生医療という名称で、いかにも美容医療が進歩したように思えますが、実際のところ 美容外科分野においては、このPRP治療は正しい施術手技が確立されていないがゆえに、広告で宣伝されているような効果が伴っていないのが実情です。 物理的に形態を変えていくのが美容外科の治療 アンチエイジング治療は、実際に年齢が若返るものではない まず美容外科というのは、外科という名称がつく通り、 人体の解剖を理解したうえで外科的(注射も含む)に形態を変えていくという分野です。 アンチエイジングに関しては、シワにヒアルロン酸やボトックスを注射したり、タルミを切除することで、シワ、タルミを改善していくものであり、実際に年齢が若返るものではありません。 勿論2次的な作用として、 「見た目が若返ることで気持ちから若返る」という効果はあります。 つまり、 物理的に形態をかえていくのが美容外科の治療になるのです。 【目の下のタルミ除去 ハムラ法 】 【ほうれい線のヒアルロン酸注入】 外見ではなく細胞を若返らせる事ができる? 再生医療に関しては、遠い未来では進化を遂げ、実際に細胞を若返らせることが出来るようになるかもしれませんが、近い未来の話ではありません。 本当に細胞を若返らせることが出来れば、不老不死の時代もやってくるかもしれませんね。 この PRPに似たような治療としては、ご存じの方も多いかと思いますが、数年前に流行した 「金の糸」があります。 コラーゲン増生でシワ・タルミが消失する事はない 金の糸を皮下に埋め込むことで、皮下で異物反応を誘発し、コラーゲンを造成させて若返らせるという機序です。 しかし、実際には殆ど効果はありませんでした。 コラーゲンを皮下で増生させたところで、シワ、タルミが消失するわけがないのです。 実際にコラーゲンのサプリを飲んで、どの程度効果があるのかと考えると、想像がつきやすいかと思います。 「金の糸とPRPの違い」「PRPのメリット」について 金の糸とPRPの違い 【金の糸は、異物反応によりコラーゲンを造成させ若返らせるというのものです。 】 【PRPは多血血小板の中に含まれる栄養素が細胞を若返らせるというものです。 】 共に、物理的に変化を施す外科的な治療ではなく、内科的に若返らせるというものなのです。 先ほども申したように、美容外科は物理的に形態をかえて見た目を若返らせるから高い効果を実現できるものです。 一見聞こえの良いPRPや金の糸は内科的に若返らせるという内容です。 その為、患者様が十分に満足できる効果を得られず、結果としてトラブルに繋がりかねない、という事がご理解いただけるかと思います。 このように、美容外科には集客目的で 「聞こえは良いが効果が検証や実証されていない治療」が、広告やメディアで沢山紹介されているので注意が必要です。 PRPのメリット PRPの最大のメリットは、自分の血液、つまり自分の組織を利用するという安心感です。 ヒアルロン酸やボトックスは安全と称されていますが、人工的なものである事には変わりありません。 しかし、ヒアルロン酸やボトックスは従来からある治療で、ほぼ治療法は確立しており、確実な効果があります。 勿論、注入方法などの知識や技術も要しますので、病院選びは大切です。 PRPに関しては、これらに相当する仕上がりには繋がるとは限りません。 満足する効果が得られないだけならまだしも、 手術手技が確立されていないため、失敗に繋がるケースも少なくはないのです。 実際に起きた再生医療トラブル PRPにFGF 繊維芽細胞増殖因子 という物質を混ぜて注射!? 一部のクリニックでは、PRPでは効果が出ないという事から、 このPRPにFGFという物質を混ぜて注射を行っているクリニックもあります。 その為、一部の大手クリニックでは、この再生医療に力を入れており、このFGFによって多数のトラブル例を続出しております。 当院に寄せられたメール相談を例に挙げます 初めてご連絡させていただきます。 1年前に、他院にて目の下・法令線・口角横にFGF注射を受けました。 注射後2か月ほどから、膨らみすぎ、ぽっこりとしてしまい、現在に至っております。 特に、目の下は左右非対称となっており、左側は笑うとおかしな膨らみができてしまい大変悩んでいる状況です。 施術を受けた医院にも受診しましたが、正直まともに聞いていただけず、修正対応していただけない結果でした。 カルテのコピーはいただくことができました。 同じような症状の方が多くいるようで、ネットの情報ですが、現在は確実な修正方法はなく、BNLS、ケナコルト注射、切開等の対応が主ということは認識しております。 貴院は目の周りの施術にも大変お力を入れているとお見受けいたしましたので、ご相談させていただきました。 このようなご相談お受けいただけますようでしたら、一度訪問させていただきたく存じます。 修正不可!?FGFの成分とは? 正直、 このトラブル例に関する修正方法はありません。 以下にFGFというのがどのようなものなのか説明していきます。 従来から、皮膚科領域では、褥瘡や潰瘍の治療薬としてフィブラストスプレーと言われる薬剤があり、これらの疾患に著効します。 褥瘡や潰瘍とは皮膚の一部が欠損した状態で、このフィブラストスプレーを使用する事で、皮膚の上皮化に高い効果を発揮します。 皮膚の治癒に高い効果が認められているスプレータイプのお薬 このフィブラストスプレーをPRPに混ぜることで、高い効果を得ようとしているのです。 一般的に「床ずれ」とも言われる。 引用:日本褥瘡学会ホームページ メール相談にもあるように、 FGFは不安定な増殖をすることで、膨らみすぎたり、しこりや肉芽腫を形成します。 その為、修正は困難です。 勿論、メーカーもフィブラストスプレーの、このような使用法は推奨しておらず、クリニックが勝手に行っているにすぎません。 何故、美容外科はこのような事を行うのでしょうか? 以下に私なりの見解を述べていきます。 結果も不安定・修正も困難な治療が何故広まるのか 1、クリニックに正しい治療法が浸透していない。 美容外科の手術手技は従来よりほぼ確立しております。 しかし、この確立された手術手技を習得するには、医師としても大変な事なのです。 まず、正しい手術手技が浸透している良い環境で、手技を学ばなければ、美容外科医としての正しい技術は身につきません。 現状の美容外科において、正しい手術手技を習得している医師は少なく、更にはクリニック内でそのような手術手技を学べる機関というのはほぼない、というのが現状です。 正直、金の糸、更には糸で鼻先を細くしたりする治療や、糸のリフトなどは、解剖学的な知識などは必要とせず、極端に言ってしまえば医師でなくても1回見れば簡単に出来るような手術なのです。 また、クリニック内に、このような正しい手術手技が浸透してない場合は、上記のような施術を宣伝して集客していくしか方法がないというのが現状かと思います。 PRPに関しては、そもそも正しい治療法が確立されていないため、クリニックに技術を浸透させる事など出来るはずがありません。 最近では美容皮膚科が非常に増えております。 正しい美容外科手技を習得するには、整った環境で何年もの修業が必要となりますが、美容皮膚科領域のレーザーや糸の治療であれば数ヶ月で身についてしまうものなのです。 こういった背景から 美容皮膚科が乱立しているという状況が出来上がっております。 2、日本人自体が、簡単で手軽な治療を好む傾向にある。 最近ではメディアでも沢山の美容外科情報が流れるようになり、興味を持つ情勢が急増しています。 いずれは韓国のような美容外科大国になるのではと言われておりますが、 韓国人と違い日本人は大々的な整形というより、簡単で手軽なプチ整形を好む傾向があります。 プチ整形でも十分な効果を得ることが出来るのですが、その先を求めた時には外科的な治療が必要にならざるを得ません。 もっと高い効果を希望しているにも関わらず、手軽に簡単に出来るものはないのかと考えるのが人間の心理です。 こういった背景から、聞こえだけが良く効果の伴わない治療が宣伝され多くの方が、無駄な費用を使ってしまっているというのが、今の美容外科における問題点ではないかと考えております。 水の森美容外科公式HP アンチエイジング治療の詳細は よりご覧ください。

次の

再生医療(PRP治療、FGF治療)は本当に効果があるの?

美容整形 手軽

実際のところはどうなのか メスを使わない整形のメリット プチ整形は、メスを使わない方法で顔の気になるパーツを美しく整える医療術です。 現在は、レーザーや注射器、糸を使うことで、大掛かりな手術なしに理想のフェイスに整える技術がとても進化しています。 メリットは、体の負担が少ないこと、心理的に不安が少ないこと、そして費用負担が少ないことです。 また、施術を受けたあとに日常生活に不自由が出るダウンタイムも少ないことは、かなり助かる点でしょう。 例えば注射を打つだけなら施術自体は15分程度で済みますし、週末受ければ翌週から普通に仕事ができるほど手軽です。 整形を受けたことが周りにバレる心配もほとんどないですし、困ることがいろいろと少ないのがメリットと言えます。 反対に、気になる悩みやコンプレックスを解消できるなど、うれしいことはたくさんあります。 ほんの数分で悩みが改善する、年齢を重ねた肌を若々しくすることができる、そんな自分にたくさんの自信を持つことができるようになるでしょう。 もちろん信頼できる医師にかかる必要がありますし、メスを使った整形のように効果が永遠に続くわけではありませんので、状態を保つためには定期的に施術を受ける必要はあります。 それでも今の自分を変えたいと願う場合、受ける価値は十分にあります。 福岡にはよいクリニックがたくさんありますし、いつでもカウンセリングを受け付けています。 プチ整形のメリットを受けるために、是非一度福岡の美容クリニックに相談してみましょう。 福岡でプチ整形を利用している人はたくさんいますし、その手軽さからメイクの延長と考える人も多くなりました。 プチ整形にはさまざまなメニューがあり、気になる部分を個別に改善する施術を探すことができます。 例えば人気の施術は、糸を埋め込んで一重まぶたを二重まぶたにする埋没法や、注射するだけで肌を若返らせるヒアルロン酸注入、気になるシワを解消するボトックス注射などです。 これらはとても手軽に受けやすい施術のため、はじめて美容整形をする人から選ばれやすい内容です。 福岡にはプチ整形をおこなっている信頼できるクリニックがたくさんあります。 その中から自分に合うクリニックを探すには、Webサイトなどを確認したあと、実際にカウンセリングを受けてみるのがおすすめです。 実際に行ってみると安心しますし、院内のスタッフの対応や内装の雰囲気、医師の対応などをみて、ここなら安心だと思えるクリニックを選ぶとよいでしょう。 規模は大きいほうが設備が整っているので、よりさまざまな施術を受けやすいのは確かです。 ただカウンセリングを受けたとき、しっかり納得できる説明をしてくれる医師かどうか、料金体系が明確かなどをしっかりチェックしておくと、最終的に満足できる施術を受けることができるでしょう。 人気がある施術、おすすめのクリニックを情報サイトで詳細を確認しよう.

次の