ミネルヴァ 費用。 全国で相談会開催!東京ミネルヴァ法律事務所の口コミ評判

東京ミネルヴァが破産…東京ミネルヴァに電話が繋がらない場合の対処法とは?

ミネルヴァ 費用

弁護士人口増加でライバル増加 弁護士の人口が年々増えていく事はライバルが増えるという事になります。 日本弁護士連合会によると、2014年の弁護士数は35045人でその後も1200人単位で増加し2018年には弁護士数は40066人に増加しています。 ライバルが増加するので、ネット戦略のライバルは過払い金CMの論破や否定をする事によって広告費ゼロでも自身の信憑性を高め依頼者を勝ち取られる。 アコムによると2014年は「約40,000件」だった請求件数が、2019年には「約13,000件」 つまり案件が減っていく中で、CMなどの広告費をかけて世間に認知させることで、同時に他の法律事務所も追随しようとしますので、ライバルになり悪循環になります。 過払い金請求ナビによると下記の問題点を指摘していますね。 ある程度過払い金請求の実務経験があれば、アコムに関して「H19. 18」以降過払い金の発生しない法定内金利(18%)になっている事実は常識。 1)手数料が高い ・面談時の説明が曖昧 ・あとから追加費用を請求された (2)対応が遅い ・半年以上連絡なし ・担当者たらい回し ・説明がコロコロ変わる (3)5割が限界 ・回収率が低い ・面談時は調子いいこと言ってた ・返金までが遅い () 手数料が高い ネットだと人件費が浮くので経費も抑えられるので、企業全体的に少数精鋭の会社が増えてきている時代なのにわざわざCMで不特定多数に向けて広告費を費やしても費用対効果が悪いので負債が積もっていきます。 テレビCM1回15秒程度で70万~100万円と言われていますので、ザックリ計算すると365回放送したら3億6500万円になります。 しかも多くの人の場合過払い金とは関係のない人の方が多いです。 まさに過払い金や弁護士の仕事はニッチな仕事なので、寧ろネットの方が適している。 ネットの意見 ミネルヴァ評判くっそ悪かったです。

次の

ミネルヴァ|Minervaの税金費用や確定申告は?安全に稼げる?

ミネルヴァ 費用

なつこです! 昨日、私の好きなサイトの1つ、「クレジットカードの読みもの」さんが気になることをつぶやいていたので引用RTで反応しました。 ありえない😨 そもそもグレーゾーン金利がなくなってから10年も... …とはいえ、債務整理や借金関連のサイトを見ても、東京ミネルヴァ法律事務所の広告はかなり多く見かけますし。。 広告の費用対効果が悪かったのでしょうかね。 負債51億円の謎は深まるばかりです。。 東京ミネルヴァ法律事務所の口コミに倒産の予兆があった? 東京ミネルヴァ法律事務所って依頼者目線ではどうだったのでしょうか。 今回はGoogleの口コミと、Twitterの口コミを抜粋してみました。 Googleの口コミ 先週からどの電話番号にかけても電源が入ってないアナウンス 2回お問い合わせをしても何も返事が来ない これは1週間前(6月18日頃)の口コミです。 破産手続き開始が6月24日。 このときまで依頼者はなにも知らされていなかったのでしょうか…。 こんな状況じゃ不安になってしまいますよね。 電話がつながらない 留守電にもなっていない ので困っています 弁護士会にも問い合わせしてみましたが繋がらないのでわからないとの事でした 弁護士事務所で繋がらないなんてありえるのでしょうか こちらも1週間前の口コミです。 東京ミネルヴァ法律事務所に電話しても繋がらない、その理由は弁護士会にもわからない… なんというかすごく不誠実だと思います。 せめてまずは依頼者には一報入れるべきだと思うのですが… この2つの口コミから、なんとなく 破産の予兆があったことがわかりますね。 本当に対応が遅い。 挙句、急に担当者が勝手に代わり元担当者からの連絡や挨拶もなし。 相談から半年以上経って 催促しまくった 漸く報告書と費用の詳細が届いた。 費用支払いを分割にしてくれたのは良いものの、分割した費用を全て払い終わるにも関わらず未だに相手側からの承諾書が届かない。 ちなみに相談から1年が経過している。 数回電話しても担当者から折り返しが来るのは1ヶ月後とかざら。 「取り敢えず弁護士に相談した!」という一時的な安心感が欲しいだけの人以外にはおすすめしない。 こちらは2ヶ月前の口コミなので、2020年4月頃の書き込みですね。 急に担当が変わるって、嫌ですよね。 しかもそこできちんとあちら側で状況を伝達できていればいいのですが、担当が急に変わるところって、こうした伝達ができていないところが意外と多いんですよね。 それに、こうした依頼はスピード感がかなり重要視されるはず。 催促してやっと動くようだと、そもそもの運営体制も弱かったのではないかと思います。 一年十ヶ月で、過払い金が送金がありましたが、、催促3回しました。 送金したくなかったのではと思いました。 明細書を送付しますから3週間まだ着いていません。 最低な弁護士事務所だと思います。 入金があったから良かったけど、出来ればここは使わない方が良いかもと思った。 こちらは4か月前口コミです。 2020年2月頃の書き込みですね。 入金遅れは信用をなくすやつですよね。 自分も過去に滞納しまくっておいてアレなのですが。。。 しかもビジネスとしてやっている以上、依頼者に催促させてしまうのは本当いかがなものかと思います。 その他にも22件のレビュー中、 電話対応のヒドさについての口コミが3件、過払い金未入金の口コミが2件、連絡が取れない口コミが5件ありました。 Twitterでの口コミ なつこがいつもお世話になっているフォロワーさんのツイートです。 先月、代表弁護士が体調不良とかで降りた。 そして、Googleの口コミと同じく電話も繋がらない状態だそう。 借金抱えているときって、イレギュラーが起きると冷静に対応できなくなってしまいますよね…。 ちなみに代表弁護士は体調不良と言っていたそう。 これもGoogleの口コミにもありましたが、体調不良でやりとりが止まってしまうのは残念です。 体調不良、連絡がつながらない、、、いずれも東京ミネルヴァ法律事務所の直近の状況です。 電話の対応や担当の変更など、少々依頼者のことをナメているよな…としか思えないような内情です。 東京ミネルヴァ法律事務所に債務整理を依頼していた人はどうなるの? 今回の東京ミネルヴァ法律事務所では、弁護士法人が「破産」という形となっており、管財人がついていました。 今後の債務整理の対応はおそらくこの管財人が対応するか、もしくは、事務所入り口に貼ってある紙、 「依頼者のお問い合わせは第一東京弁護士会へ」という紙が貼られているので、そちらで臨時の対応は行ってもらえるでしょう。 ちなみに管財人は岩崎晃弁護士(岩崎・本山法律事務所)です。 弁護士も破産することがあるので、債務整理をするときには気を付けよう• 広告を多く打ち出している弁護士事務所は警戒した方がいい 債務整理をすると弁護士と長い付き合いになる とくに個人再生や任意整理ですが、事務所によっては 完済まで弁護士とつながっているパターンと、 和解したら弁護士とのつながりが終了するパターンと2通りあるのです。 和解したら弁護士とつながりが終わるのは、私と旦那がこのパターンで、和解後は自分たちで各債権者にそれぞれ振り込みをしていました。 しかし、債務整理をしている事務所の中には、完済まで弁護士宛てに一括で振り込んでもらう方法をとっているところもあります。 カード会社1社あたり1,000円前後の振込手数料が必要となります。 私はこれを弁護士側の 「手数料ビジネス」と勝手に呼んでいます。 このように、弁護士が完済まで代わって返済をしてくれる場合、弁護士との付き合いが長期化します。 その間に、今回の東京ミネルヴァ法律事務所のように途中で破産となってしまった、ということのないような弁護士を選ぶ必要があります。 改めて、債務整理をするときの弁護士選びはどうしたらいいの? 最後に、債務整理をするときの弁護士の選び方をまとめておきます。 まず、こんな弁護士は選ぶのをやめておきましょう。 事務所が派手(成金のようなところ)• 広告をガンガン打ち出している(TVCM、電車中吊り、新聞折り込み、ネットなどなど)• 弁護士本位で物事を考えている(親身になってくれない) 東京ミネルヴァ法律事務所がTVCMで流していたのは、過払い金請求のCM。 他にもB型肝炎などの依頼も積極的に受け付けていたようです。 しかし、私も以前ブログ記事にまとめていたのですが、ここ最近では過払い金請求がとれなくなっています。 過払い金請求の費用は請求額の10%~20%くらいとなっているので、請求できる金額が大きければ大きいほど儲かるシステムとなっています。 そのため、過払い金が発生しにくい昨今ではなかなか儲からない商売なのではないかなと思っています。 こうした時代の変化に対応できず、気づいたらかなりデカい負債額が残ってしまった…ということなのでしょうね。 電車の中吊り広告…JR中央線快速は2日間で120万円(2400枚) 参考:• 新聞折り込みチラシ…東京23区内B4サイズ1枚3. 4円 参考:• 今回の東京ミネルヴァ法律事務所も相当な広告費用をかけていたでしょう。 広告って先行投資となるので、広告をかけた以上に儲からないと、あっという間につぶれてしまいます。 ただし、マニアックすぎても、債務整理に強くなかったり、デメリットはあると思います… そういった意味では、一番は 債務整理経験者に弁護士事務所を紹介してもらうのが一番かと思います。 ブログを書いている人 なつこ31歳。 () 借金に悩んでいた時に調べて得た知識、体験談など、借金体質を抜け出したい人へ向けて発信中! 債務整理、クレジットカード、滞納、税金、差し押さえに詳しい。 夫婦で行った任意整理は2020. 1月に完済しました! お互い借金を抱えたままできちゃった結婚。 現在子ども3人。 家計は常にカツカツ。 総借金額(2020年4月現在)• 任意整理完済!• 車ローン(ジャックス)376. 9万円• 車の修理代金 10万円• 楽天カード(強制解約済)5. 1万円• LINEポケットマネー 16. 5万円 合計 408. 5万円の借金と戦っています! 2020年1月 任意整理は 完済しました!.

次の

東京ミネルヴァ法律事務所の破産申立てはなぜ起きた?|広告費がかさみ倒産。預かり金の過払い金を着服の疑いも…

ミネルヴァ 費用

またまた、弁護士不祥事ネタです。 それも今回のは、弁護士業界の信用を失墜させる事件です。 詳しい事情は、分かりませんが、現時点の情報からこの破産の深読みをしてみたいと思います。 負債総額51億円という驚くべき巨額の負債です。 銀行が、弁護士に億単位の融資をするわけがありません。 勿論、この51億の数字は、自己破産ではなく、債権者申立の推定数字なので、正確な金額ではありません。 しかし、おそらく、負債総額の多くは、依頼者の着手金、報酬、過払い金預かり金で、相当な金額ということではないでしょうか。 弁護士法人 東京ミネルヴァ法律事務所は、全国的にテレビCMを流して、過払い金請求、B型肝炎給付金案件を集めていましたが、2020年6月24日裁判所から破産決定が出されました。 この破産は、世間の人が思うような通常の破産ではありません。 弁護士会からの弁護士会費滞納を理由とする申立による債権者破産です。 一般の人は、何が特殊なの?と思うかも知れません。 普通、破産は、自分で申し立てる自己破産です。 債権者破産は、債権者が財産の散逸を防ぐ為行うもので、費用は、申立人が払わないといけません。 この債権者破産申し立ては、破産者の状況が全く分からないし、調査に破産者の協力がどこまで得られるか不明ですので、自己破産より高額の予納金を払わないといけません。 今回の案件は、依頼者数千人と言われています。 管財人としても調査や依頼者対応にかなりの人数を確保しないといけないので、相当高額な予納金となったと思われます。 弁護士でも経営者であって、経営に失敗する人もいるわけで、弁護士の経営破綻は良くある話です(破産まで行くケースは少ないが…)。 弁護士会は、何故、そこまでの自腹を切って債権者申立したでしょう。 同事務所は、どうも5月くらいから連絡が付かなくなり、弁護士会に依頼者からの相談がかなり入っていたようです。 そして、6月10日「総社員」(まあ、株式会社の「株主」みたいな者です)の合意で、解散決議がなされ、登記上は、清算人として、元代表社員の川島浩弁護士のみ存在している状況となりました。 この直後から、弁護士会(第1東京)は、同事務所の依頼者への相談窓口を設け対応に当たっていたようです。 おそらく、その対応の中で、かなり酷い状況が推測される状態だったのでしょう。 問題あるところが自ら情報を提供するわけはありません、破産しない以上、内部は闇のまま。 このまま放置しては、被害者放置となり、被害者泣き寝入りとなります。 弁護士会は、なんとか直接介入する方法を考えました。 今回の申立名目の弁護士会費用滞納は、おそらく僅かなものだと思います。 弁護士会は、この僅かな滞納会費を理由に、巨額の費用をかけて、債権者申立をしたのだと思います。 テレビで見た第1東京弁護士会会長は、「到底許されない」と強い口調で会見していましたが、弁護士の信用に関わる重大事件です。 恐らく、今後、破産手続きが進むにつれ、同事務所の運営実態が明らかになり、詐欺、横領等の刑事事件に発展する可能性は十分あると思います。 弁護士法人の負債は、法人の社員弁護士が無限の個人責任を負うことになります。 報道によると「総社員の同意で精算」とありますので、代表の川島浩弁護士以外にも社員弁護士がいたのでしょう。 同事務所の構成をみると代表で弁護士経験9年、弁護士経験の浅い弁護士も多い。 (この若さで、CMで標榜する多種事件を処理できるわけ無い) もし、若手の弁護士が就職先に困り、やっと入った事務所で、頼まれて社員弁護士になっていたとしたら、悲惨です。 億単位の負債を抱えてしまうことになります。 社員弁護士でない従業員若手弁護士さんも事務所の実態を知りつつ、仕事をしていたことでしょう。 場合によれば、刑事罰の危険もあります。 法律業務のプロである以上、「知らなかった」では済みません。 現在、問題のある弁護士法人が乱立している状況です。 自浄作用を促すためにも、今回の事は、きっちりと処分すべき者は処分するという厳格な態度で臨んで欲しいと思います。 そうでないと一般人の被害発生はもとより、新人弁護士も悪質弁護士の食い物にされてしまいます。 ホント、弁護士信用できない時代となりました。 の投稿 投稿ナビゲーション 大阪府 大阪市・堺市・池田市・箕面市・豊中市・茨木市・高槻市・吹田市・摂津市・枚方市・交野市・寝屋川市・守口市・門真市・四條畷市・大東市・東大阪市・八尾市・柏原市・岸和田市・貝塚市・和泉市・高石市・泉大津市・泉佐野市・田尻町・泉南市・阪南市・松原市・羽曳野市・藤井寺市・富田林市・大阪狭山市・河内長野市・能勢町・豊能町・島本町・忠岡町・熊取町・岬町・太子町・河南町・千早赤阪村 兵庫県 神戸市・姫路市・尼崎市・明石市・西宮市・洲本市・芦屋市・ 伊丹市・相生市・豊岡市・加古川市・赤穂市・西脇市・ 宝塚市・三木市・高砂市・川西市・小野市・三田市・ 加西市・篠山市・養父市・丹波市・南あわじ市・朝来市・淡路市・宍粟市・たつの市・加東市 他兵庫県全域 京都府 京都市・亀岡市・向日市・長岡京市・宇治市・八幡市・京田辺市・城陽市 他京都府全域 その他 滋賀県・和歌山県・奈良県・福岡県・佐賀県・長崎県・大分県・宮崎県・熊本県他、西日本各地域に広く対応しております。

次の