生後 2 ヶ月 スケジュール。 生後2か月: 新生児の睡眠および授乳のスケジュール

【混合育児体験談】生後2ヶ月の生活スケジュールと授乳量・睡眠時間・体重増加の記録 | 混合育児どっとこむ

生後 2 ヶ月 スケジュール

無事出産して退院するといよいよ自宅での生活ですね。 新生児と過ごしていると慌ただしくて時間や日付の間隔がわからなくなってしまいがちです。 退院後、2ヶ月頃までは健診や手続きなどがありますのでスケジュールをきちんと把握しておきましょう。 今回は退院後の手続きや病院の健診などをそれぞれ時系列に紹介します。 ドクターの診察が終わって、荷物の整理ができ次第いつでもOKという感じです。 準備ができたらナースに連絡すると車いすを用意してくれ、駐車場まで一緒に移動します。 駐車場の乗降レーンに車を移動させ、カーシートの確認をして帰宅しました。 私が出産した病院は病院の建物に駐車場が直結していたのでナースが車まで同行しましたが、 距離がある場合は病室までカーシートを持参するよう言われる場合もあるようです。 退院後2~3日 小児科初受診 退院直後にかかりつけの小児科へ行き、健診をします。 体重、身長、頭囲の測定の他、黄疸の血液検査も行いました。 また授乳や排便の回数、睡眠の様子、家庭環境などを確認されました。 産後すぐの運転は不安がありますし、記入する書類が多かったので夫婦で行くことをおすすめします。 夫は仕事が忙しいからという理由で退院後は即仕事に復帰してしまったので、付添いはしませんでした。 代わりに手伝いに来てくれた母や親戚が付き添ってくれましたが、やはり夫婦で行くべきだったと思いました。 チェックアウト時に次回の健診の予約をしておきましょう。 血液検査は足から採血します。 生後2週間 小児科2週間健診 かかりつけの小児科で健診を受けます。 初診同様、夫婦で行くことをおすすめします。 体重、身長、頭囲の測定、生活リズムなどを確認されました。 順調であれば次は2ヶ月健診なので質問したいことはなるべき聞いておくと良いです。 私は忘れないように英語で質問を一覧にしていきました。 日本とは異なり、健診も毎回小児科で行います。 初診と同様、チェックアウト時に次回の健診の予約をしておきましょう。 郵送でSSN が届く 出生届の登録が済めば2週間くらいしてソーシャル・セキュリティ・ナンバー(SSN)が到着します。 アメリカ生活では身分証明として重要な書類なので大切に保管しておきます。 また、受け取ったら情報に間違いがないかも確認しましょう。 Birth Certificate の申請&取得 アメリカの出生証明(Birth Certificate)の取得方法は地域によって異なります。 病院で出生届の書類を提出すれば自動的に郵送されてくる地域と、自分で申請して取得する地域があります。 登録されるまでの期間は多少の誤差はありますが大体2週間程度経てば登録完了するようです。 私の住んでいた地域は申請しなければならなかったので、発行料を支払って取得しました。 ウェブサイトから申し込んで郵送してもらう方法と直接役所へ行って発行してもらう方法の2つがあります。 役所であれば即日発行可能です。 生後6週間 産婦人科検診 産後順調であれば出産約6週間頃に産婦人科で検診を受けます。 子宮の戻り具合、悪露、体の不調がないか確認します。 この時、産後のメンタルチェックも行い、産後鬱の心配がある場合はカウンセリングを紹介されます。 もしも、退院後に大量出血が止まらない、傷が痛むなど不安な症状がある場合は病院に連絡すれば診察や薬の処方が必要か指示を受けます。 生後2ヶ月 小児科2ヶ月健診 かかりつけの小児科で体重、身長、頭囲の測定、生活リズムなどを確認します。 体調が通常であれば予防接種を受けます。 ロタは経口、HepBやDTaPなどは足に接種します。 アメリカ政府の定めたスケジュールは一度に何種類も接種するので、どうしても心配な場合は事前に小児科医にスケジュールを相談しておきましょう。 生後6ヶ月までは2ヶ月おき、生後9カ月~1歳までは3ヶ月おきに健診や予防接種に小児科へ通います。 アメリカの予防接種スケジュール 生後3ヶ月以内 日本の出生届提出 忘れてはいけないのが日本の出生届を出すことです。 最寄りの大使館や領事館を通して提出する方法と直接日本の家族に郵送し、代理提出してもらう方法があります。 日本のパスポート作成などで戸籍の登録を急ぐ場合は後者の方が早いです。 もし生後3ヶ月を過ぎてしまうと日本の戸籍には登録できなくなってしまうので気を付けましょう。 パスポートの申請手続きは早めに! 一時帰国や帰国の予定がわかっている場合は早めに書類を揃えて申請しましょう。 いざ申請しようとしても書類を揃えるのに予想よりも時間がかかったりします。 日米の出生届が登録され次第、Birth Certificateと戸籍謄本を取り寄せておけば慌てなくて済みますよ。 アメリカのパスポートは郵便局や図書館で申請して2~4週間ほどで郵送で届きます。 日本のパスポートは近くに大使館または領事館があれば直接訪問して申請し、1週間で発行されます。 居住地域から離れている場合は郵送で仮申請手続きを行い、後日訪問して正式申請と受領します。

次の

生後2ヶ月からの予防接種スケジュール~接種回数・間隔は?

生後 2 ヶ月 スケジュール

二人目の完ミ育児 私は一人目も完ミで育てたのですが、今ふりかえってみると、結構スケジュールが違う…かなり飲みたがりの上の子とそうでもない下の子。 手探りの上の子と、完ミ育児の経験がある下の子。 一人目の4カ月のときのスケジュールはです。 生後4ヶ月の授乳量 上の子はかなり飲むタイプで、飲み終わるたびにギャン泣きだったのですが、下の子は標準というか、ミルクがなくなればそれでおしまいにできるというタイプ。 ただこの時期はだいぶ飲むようになったかな~と思います。 授乳回数は完全に1日5回になりました。 我が家が使っているすこやかM1の標準使用量は以下の通りです。 4ヶ月からはここからまったくずれがありませんでした。 生後4ヶ月のスケジュール 我が家の場合の第一優先は 夜寝てくれること、昼夜の区別を早いところつけてもらうことです。 昼の大変さは多少受け入れます 笑 ということで、娘の時と同じくルールを作っています。 朝は7時頃起こす• 夜は7時ちょっと前にお風呂にいれて、ミルクを飲ませて8時頃寝かせる• 昼間は明るい部屋に居させる 4カ月のスケジュールは以下の通りです。 7:00 起こす、着替えさせる、ミルク200ml 8:30頃から30分くらいお昼寝 10:00 ミルク200ml 11時頃から30分くらいお昼寝 13:00 ミルク200ml 15時頃から30分くらいお昼寝 16:00 ミルク200ml 17時半ごろから20分くらいお昼寝 18:50 お風呂 19:15 ミルク200ml 20:00 ベッドにつれていく 睡眠 夜は基本間は全部寝ています。 昼間はだいたい寝る時間が固定されてきました。 ただ、昼寝の時間が短い!もう少し寝てくれてもいいのに…だっこしていてもおいても変わらないので下の子はちょこちょこ寝タイプなんでしょうね。 これは結局8か月くらいまで続きました・・・ 寝かしつけ 2ヶ月後半から私が復帰したので、昼間の育児は夫にバトンタッチ。 寝かしつけは 昼も夜もおくるみになりました 夫はあまり抱っこひもで寝かせない。 下の子はとにかくおくるみ大好きで、おくるみ持たせるだけでもなんかご機嫌 笑 ブランケット症候群になりそうです。 9カ月の今でも保育園の先生にこのこは布が好きですね!と言われました。 おくるみはaden and anaisのモスリンコットンのものを使っています。 おくるみ、ブランケット、日よけ、バスタオルとなんでも使えるのでかれこれ7枚も所有してます(笑).

次の

【生後2か月】ネントレスケジュール|気を付けるのはこれだけ!

生後 2 ヶ月 スケジュール

生後2ヶ月は1回で飲めるミルクの量が増える おっぱいやミルクの飲み方もますます板についてきます。 1回で飲める量が増えて、授乳にかかる時間が短くなる赤ちゃんもいます。 一方で飲む量が急に前よりの減ったと感じる赤ちゃんもいますが、これは「もう、おなかがいっぱいだ」と赤ちゃんがわかるようになったから。 満腹になったことを知らせる満腹中枢が発達している証拠です。 赤ちゃんが元気でご機嫌なら心配ありません。 赤ちゃんが自分から口を離して、それ以上飲まないようだったら、無理強いはしないで、目を合わせて「もうおなかいっぱいなのね。 じゃ、ごちそうさまね」と、声をかけて切りあげてもいいでしょう。 【生活リズム】生後2か月頃は昼間・夜の区別がついてくる赤ちゃんも 日中に起きている時間が長くなってきます。 授乳の間隔もあいてくるので、夜中におっぱいで起きることもだんだんと減り、夜に眠る時間が増えてきます。 昼夜が逆転している赤ちゃんもいますが、そのうちに昼と夜の区別がついてくるので大丈夫。 赤ちゃんの生活リズムが整うように、少しずつ生活にメリハリをつけていきましょう。 朝はなるべく早く起きて、「おはよう朝だよ」と、カーテンを開けてお日さまの光を取り入れます。 【過ごし方】日中は外気浴や散歩で活発に、夜は部屋を暗くして静かに 生後2ヶ月、活動の時間と休息の時間を分ける 日中は、外気浴をしたり、一緒に遊んだりと活動的に過ごすといいですね。 お散歩の時間も、午前中や午後などとある程度、毎日決まった時間を決めておくと、1日のサイクルが作りやすくなります。 夜、寝かせるときには、できればテレビを消して、部屋も暗くして、静かで落ち着いた環境を作れるといいですね。 【視力・体力】生後2か月頃は、視力が発達し、手足の動きも活発に 体の動きが活発になり、手足をぐぐっと伸ばしたり縮めたり、バタバタさせることもあります。 視力が発達して、目の前のものに注目して、それを目で追うこともできるようになります。 【おしゃぶり】自分の体を意識し始め、手を見つめたりしゃぶったりする 生後2ヶ月、手を見つめたりしゃぶったりする この時期の赤ちゃんによくみられるのが、自分の手をじっと見つめる動作。 まるで「これはなんだ?」と考えてこんでいるような真剣な表情です。 これは「ハンドリガード」といって、自分の体を意識し始める第一歩。 赤ちゃんは、たまたま視界に入ったものに興味を持っただけで、それが自分の手とはまだ分かっていません。 急に目の前に表れた不思議な物体=手の動きをじーっと眺めていて、口に近づいてきたら、なめたり吸いついたりしてみて、自分の体の一部であることを学んでいきます。 【感情】生後2か月頃は感情が細分化し、嬉しいと笑顔を見せるように 今までは、お腹が空いた、熱い寒い、痛いといった、基本的な快・不快の感情があるだけでしたが、だんだんと細かく分化していき、さらに複雑になってきます。 満足したり、気持ち良かったりすると、ニコっと笑顔を見せるようになります。 【言葉】生後2か月頃はアーアー・ウンウンと喃語を発する赤ちゃんも 生後2ヶ月、喃語が出始める また、「アーアー」「ウングウング」などと声を出すことも。 これを「喃語」といいます。 特に意味はなく、自分の体から音が出てそれをコントロールできることを楽しんでいるのだともいわれています。 声を出して聞く練習の第一歩ですね。 ママやパパが話しかけると、目を輝かせて「アーウー」「ウングウング」と返してくることもあり、まるで会話をしているよう。 いっぱい話しかけておしゃべりを楽しみましょう。 【外出】色々なものに興味津々!外に出て刺激を与えよう おっぱいを飲む以外はほとんど寝ていた赤ちゃんが、自分で興味を持って首や目を動かし、外からの刺激を感じて、いろんなことを学んでいくようになります。 天気の良い日は、日光浴やお散歩をして、外の空気や自然の音などたくさんの刺激を与えてあげましょう。 【遊び】パパ・ママとのコミュニケーションを喜ぶ 産後2ヶ月のママは、体調を崩しやすい時期なので無理は禁物 赤ちゃんがしっかりおっぱいを飲めるようになる一方で、ママは、乳腺炎などおっぱいトラブルが起こりやすい時期です。 ミルクの人では、生理が始まる人もいます。 ママは産後の疲れもあり、体調を崩しやすいこともありますから注意が必要です。 気になることがあればすぐに病院へ。 受診中、赤ちゃんを見てくれる人がいなければ、病院に赤ちゃんを連れて行っても大丈夫か問い合わせてみたり、地域のファミリーサポートなどの育児支援制度も利用しましょう。 赤ちゃんの生活リズムが整うと、ママもまとまった睡眠がとれるようになります。 夜昼構わず、休めるときには赤ちゃんと一緒にしっかりと休んでおきましょう。 今までは赤ちゃんと自分のことだけで精いっぱいでしたが、少しずつ他のことが気になり始めるころ。 まじめな人ほど、家のこともきちんとやろうとして自分を追い詰めてしまいがち。 無理をするとストレスになるばかりです。 パパにも協力してもらい、家事は省けるところは省き、じょうずに手を抜いていきましょう。 月齢別・赤ちゃんの成長と生活・育児のポイント•

次の