ヨード ベンゼン。 4

4

ヨード ベンゼン

絵表示 注意喚起語 警告 危険有害性情報 H302 : 飲み込むと有害。 H319 : 強い眼刺激。 H227 : 可燃性液体。 注意書き P501 : 残余内容物・容器等は産業廃棄物として適正に廃棄すること。 P270 : この製品を使用するときに,飲食又は喫煙をしないこと。 P210 : 熱/火花/裸火/高温のもののような着火源から遠ざけること。 P264 : 取扱い後は皮膚をよく洗うこと。 P280 : 保護手袋/保護眼鏡/保護面を着用すること。 次にコンタクトレンズを着用していて容易に外せる場合は外すこと。 その後も洗浄を続けること。 口をすすぐこと。 涼しいところに置くこと。

次の

ヨードベンゼン CAS 591

ヨード ベンゼン

性質と構造 [ ] ヨードシルベンゼンは初め、Conrad Willgerodt によってから合成され、記述された。 まずヨードベンゼンをしてジアセタートとし、次にすることによって得られる。 ほとんどの溶剤に対する低い溶解度との結果は、これがではないが I-O-I-O 鎖からなるであることを示唆している。 関連したジアセタート C 6H 5I O 2CCH 3 2 は、なしで構造をとるヨウ素 III の特性を示す。 応用 [ ] ヨードシルベンゼンは商業価値をもたないが、研究所において「オキソ転移試薬」として用いられる。 これは特定のをにし、いくつかのを対応するオキソ誘導体に変化させる。 安全性 [ ] この化合物は爆発性で、下で加熱してはならない。 出典 [ ] []• Willgerodt 1892. 25 2 : 3494—3502. Saltzman and J. Sharefkin 1973. ; Collective Volume, 5, p. 658• Hans Siebert, Monika Handrich 1976. 426 2 : 173—183. 関連文献 [ ]• 落合正仁、長尾善光「ヨードシルベンゼン ヨードソベンゼン 」『』第48巻第11号、有機合成化学協会、1990年、 1008-1009頁、 :。

次の

ヨードベンゼン CAS 591

ヨード ベンゼン

絵表示 注意喚起語 警告 危険有害性情報 H302 : 飲み込むと有害。 H319 : 強い眼刺激。 H227 : 可燃性液体。 注意書き P501 : 残余内容物・容器等は産業廃棄物として適正に廃棄すること。 P270 : この製品を使用するときに,飲食又は喫煙をしないこと。 P210 : 熱/火花/裸火/高温のもののような着火源から遠ざけること。 P264 : 取扱い後は皮膚をよく洗うこと。 P280 : 保護手袋/保護眼鏡/保護面を着用すること。 次にコンタクトレンズを着用していて容易に外せる場合は外すこと。 その後も洗浄を続けること。 口をすすぐこと。 涼しいところに置くこと。

次の