バサ トランプ ゲーム ルール。 バサという謎のトランプゲームのルールは?アルコ&ピースのラジオで話題!【アルピーdcg】

【やりすぎ都市伝説】トランプカードゲームのバサがヤバイ!ルールは?

バサ トランプ ゲーム ルール

やりすぎ都市伝説で紹介されたバサ!「バサ」はなぜ危険なのか? どうやら中東で流行しているゲームのようです。 一瞬で10万ほど大きなお金が動くといった博打要素も含まれているようです。 そして、レバノン政府が介入してプレイを禁止されているほどであるため、軽い気持ちでは踏みれてはいけないゲームのようです。 一応バサのルールっぽいのあった。 知恵袋の下のほうに書いてあるよ — まつお. バサはバスラをアレンジした麻雀的なカード賭博。 イスラム教は賭博が御法度で鞭打ち刑だから、バサラゲームに政府が介入して禁止している。 — 桜でんぶ kinkysakura やりすぎ都市伝説で紹介されたバサという謎のトランプゲーム!「バサ」のやり方、ルールは? バサのゲームルールを解説された情報にまではたどり着けませんでした。 また、続々と削除されているとの噂も挙がってます。 事実だとしたら怖いですね。 さっきやりすぎで岡野さんが話してたバサについてggってみたらほとんど該当するページがなくて、ひとつ解説してるようなサイトが「403 Forbidden アクセスしようとしたページは表示できませんでした。 このエラーは、表示するページへのアクセス許可がなかったことを意味します。 やり方 ・トランプゲーム UNOのように専用のカードは使用しない。 ・プレーヤーの手札は8枚、そして場に対して4枚のカードを出す ・プレーヤーは手札から場へカードを出し、条件が満たすと場に出ているカードを自分の手札として入れることができる ・手札にしたカードに応じて得点が入る。 ・得点が51点以上にカードを手札にした人が勝ち。 ターンを取ることで各プレイヤーはカードを投げられる。 ハートのクイーンならダイヤのクイーンを選ぶ)。 カード1枚につき1ポイント。 なお、このカードを使用した場合、バスラを授与することができない。 さらに 2つのバスラを持っているため、20ポイントが入り、合計70ポイントとなる。

次の

バサ(トランプ)のルールや遊び方は?危険な理由についても

バサ トランプ ゲーム ルール

禁断?のカードゲーム『バサ』とは何か? 「やりすぎ」内で語られた内容や、その他噂されていることをまとめると、バサの特徴とは以下のものがあげられます。 ・「バサラ」というカードゲームから派生した ・UNO(ウノ)と麻雀を足して2で割ったようなゲーム性 ・上がる時に「バサー!」とコールする ・「バサ返し」が怖くて「バサ」で上がることが怖くなる ・スペードの12は最強 ・ハートの12はスペードの12の対策になる ・大金をかけるギャンブルに多用されてきた ・大借金を抱えてしまったり、廃人となる人もいる ・レバノンでは政府が介入しプレー自体が禁止されている どうも、ゲーム性は普通に面白いというだけで危ないところは無さそうです。 ただ、「お金をかける」と途端に危険度が増し、身を崩す人が続出した、というのが中東で非合法認定された経緯のようです。 イスラムはもともとギャンブル禁止ですからね。 しかしゲーム自体を禁止してしまうとは、やはりゲームが持つ中毒性も強いのでしょうね・・・。 『バサ』のルール説明 危ないイメージが先行してしまっていますが、「バサ」自体は手軽で面白いカードゲームです。 わかりやすく解説してくれている動画があったのでご紹介します。 そしてそれプラス、地域によって独自のルールが付け加えられることがほとんど。 日本の遊びも同じ事が言えますね。 上記のイエメン型は最もベーシックなもので、とりあえずこのルールを把握しておけば「バサ」をプレーするのに支障はないでしょう。 「やりすぎ」で語られていた「バサ返し」も、ローカルルールの一つと言えます。 バサ返しについての詳細は調べても出てきませんでしたが、似たようなルールとして、カードゲーム「ページワン」における「ドボン返し」があります。 ドボンによる上がりは最終的に勝利者を確定するものではない。 ドボンされたプレイヤーの残った複数の手札の合計が、ドボンされたのと同じ数だった場合、ドボンを「返す」ことができる。 これをドボン返し、と呼ぶ。 (参考:Wikipedia) このドボン返しのルールを変形させてバサにも取り入れたのではないでしょうか。 「やりすぎ」内では、地域によって2倍、3倍、4倍となって跳ね返ると語られており、一度のバサ返しで最大20ポイントが相手に入ってしまうことに・・・。 これは、おいそれと「バサー!」とは言えませんね。

次の

バサ=トランプのBasra?廃人になるって本当?【やりすぎ都市伝説】

バサ トランプ ゲーム ルール

禁断?のカードゲーム『バサ』とは何か? 「やりすぎ」内で語られた内容や、その他噂されていることをまとめると、バサの特徴とは以下のものがあげられます。 ・「バサラ」というカードゲームから派生した ・UNO(ウノ)と麻雀を足して2で割ったようなゲーム性 ・上がる時に「バサー!」とコールする ・「バサ返し」が怖くて「バサ」で上がることが怖くなる ・スペードの12は最強 ・ハートの12はスペードの12の対策になる ・大金をかけるギャンブルに多用されてきた ・大借金を抱えてしまったり、廃人となる人もいる ・レバノンでは政府が介入しプレー自体が禁止されている どうも、ゲーム性は普通に面白いというだけで危ないところは無さそうです。 ただ、「お金をかける」と途端に危険度が増し、身を崩す人が続出した、というのが中東で非合法認定された経緯のようです。 イスラムはもともとギャンブル禁止ですからね。 しかしゲーム自体を禁止してしまうとは、やはりゲームが持つ中毒性も強いのでしょうね・・・。 『バサ』のルール説明 危ないイメージが先行してしまっていますが、「バサ」自体は手軽で面白いカードゲームです。 わかりやすく解説してくれている動画があったのでご紹介します。 そしてそれプラス、地域によって独自のルールが付け加えられることがほとんど。 日本の遊びも同じ事が言えますね。 上記のイエメン型は最もベーシックなもので、とりあえずこのルールを把握しておけば「バサ」をプレーするのに支障はないでしょう。 「やりすぎ」で語られていた「バサ返し」も、ローカルルールの一つと言えます。 バサ返しについての詳細は調べても出てきませんでしたが、似たようなルールとして、カードゲーム「ページワン」における「ドボン返し」があります。 ドボンによる上がりは最終的に勝利者を確定するものではない。 ドボンされたプレイヤーの残った複数の手札の合計が、ドボンされたのと同じ数だった場合、ドボンを「返す」ことができる。 これをドボン返し、と呼ぶ。 (参考:Wikipedia) このドボン返しのルールを変形させてバサにも取り入れたのではないでしょうか。 「やりすぎ」内では、地域によって2倍、3倍、4倍となって跳ね返ると語られており、一度のバサ返しで最大20ポイントが相手に入ってしまうことに・・・。 これは、おいそれと「バサー!」とは言えませんね。

次の