クマバチ 退治。 クマバチの巣は駆除すべき?クマバチの巣作りを画像と動画で解説!

クマバチ

クマバチ 退治

「ブォォーン」という大きな羽音と、大きな黒い体!クマバチが何匹も家の庭を飛んでいるのを見かけると、かなり怖いですよね。 あの羽音と図体で飛んできて、「刺されるかもしれない」という恐怖を感じる。 この 心理的な被害だけでも相当なものです。 そこで今回はクマバチを自宅やその周辺から追い出し、二度と寄せ付けなくする、とっておきの駆除方法を紹介します。 クマバチは大人しいとはいえ刺すことがあり、刺されるとかなり痛いんです。 それだけではありません。 巣の場所によっては家の強度を弱めてしまうこともあるので、駆除しておかないと家がボロボロになってしまいます。 この記事では『駆除前にしておく準備と自力駆除から予防方法のすべてを公開します。 『ただそこにいるクマバチ』を駆除するだけでなく、巣を放棄させることによってクマバチの害を完全になくすことができるんです。 蜂駆除をしたことがない、という人にもすぐに作業できるようにわかりやすく説明しますので、記事を読んだらぜひすぐに実践して見てくださいね。 1 駆除前に知っておきたいクマバチの特徴と危険性 クマバチの特性と危険性を理解しておくと、安全確実にクマバチを駆除することができます。 1-1 クマバチの特徴 クマバチは、体長は2~3cmと大型で飛ぶ音が大きいので怖そうに見えますが、人に害を与えることはほとんどありません。 ただし油断は禁物です。 性格 温厚。 刺激しないかぎり刺されません。 習性 単独行動なので、集団で襲われることはない。 針の有無 オスのクマバチは針を持っていないが、メスは刺すことがある。 毒性 毒性は蜂の中で比較的弱く、刺されて人が死ぬことはない。 体内に一度刺されたときに出来た「蜂毒に対する抗体」があると、アナフィラキシーショックを引き起こしやすくなる。 1-2 クマバチの巣 クマバチは、強い顎を使って直径1~1. 5cmの丸い穴を開け、枯木や竹筒、場合によっては物置小屋や家の柱にも穴を開けて巣にします。 巣の表面 画像引用: 巣の断面 画像引用: 巣の特徴• 4月下旬から5月中旬に巣作りを始める。 一度作った蜂の巣は何世代にもわたって再利用する。 1-3 クマバチの危険性 巣の場所によっては『家の倒壊につながる危険性」がある クマバチは、巣を作る時に穴をあけますので、もし柱など『家の強度にかかわる場所』に巣を作られてしまったら、家の倒壊につながる危険性があります。 下記の画像のように巣の表面に穴をあけた後、中身をくりぬいていくつもの部屋を作るので、柱の中はスカスカになってしまうんです。 画像引用: この画像は枯木に穴を開けているだけですが、これを家の柱にやられたらと思うとぞっとしますよね。 家の柱がこうなってしまう前に、クマバチの駆除をしておきましょう。 5匹以上のクマバチを家の周りにいたら家に穴を空けられる可能性大 クマバチが危険であるという判断の基準は、家の周りを飛んでいるクマバチの数です。 1匹~2匹程度なら問題ありませんが、『5匹以上のクマバチを家の周りで見かけるようになったら』、 家の柱に穴を開けられる可能性が高まるので早急に駆除する必要があります。 2 駆除~完全予防まで クマバチの被害を完全に抑える4ステップ これから紹介する4つのステップを順に行えば、クマバチを駆除して巣を放棄させ、さらに新たなクマバチもその周辺に巣を作ることができなくなります。 駆除する前にしておきたい準備 【服装】 まず下記のような『全身を覆う服装』を準備しておきましょう。 この際、蜂を刺激しないように『黒色』の服や、『強い香り』のする香水や柔軟剤を避けてください。 雨がっぱ• ゴーグル• 手袋 【殺虫剤】 続いて蜂専用の殺虫剤を準備しましょう。 特に下記の商品は、『蜂の駆除』だけではなく、スプレーした場所に2週間蜂が寄りつかなくなる効果がありますので、駆除した場所の近くに巣を作ろうとするクマバチにオススメです。 注意点• 黒色の服を着ない• 香水や柔軟剤など強い香りを避ける• 風の強くない日にスプレーする 【オススメする理由】 『蜂の駆除』だけではなく、スプレーした場所に2週間蜂が寄りつかなくなる効果がありますので、駆除した場所の近くに巣を作ろうとするクマバチに有効です。 ステップ1【確認】:巣を特定する クマバチが飛んでいるのを駆除しても意味がありません。 クマバチがどこに戻っていくのかを見守って、巣に戻るのを見つけるのが大切です。 クマバチは、特に次のような場所に巣を作ります。 枯木・竹筒 画像引用: 家の木造部分 画像引用: 軒下 画像引用: 庭の竹垣 画像引用: ステップ2【駆除】:巣に直接殺虫剤を噴射する 巣の入り口部分に直接殺虫剤を噴射して、クマバチに巣を放棄させましょう。 木酢液の使い方• スプレーボトルに500mlの水に対して1gの木酢液を入れる• クマバチの巣があった木部周辺に噴射する• 巣作り期間である4月下旬から5月中旬は、2日~3日おきに噴射する 3 業者駆除が必要なケースとその費用について ご自宅の軒先や柱など、『家の強度に関わる場所にすでに複数箇所巣を作って』いて、『自力駆除では対応が遅れる』と感じるなら、業者に依頼しましょう。 クマバチ駆除の費用 8,000円〜10,000円 穴の補修(1ヶ所) 10,000円~ 金額が割増しになる場合• 巣が高所にある• 巣が複数個所ある• 5 まとめ クマバチを駆除し、被害を完全になくす方法について解説しました。 クマバチは大きな羽音と図体とは裏腹に狂暴性はまったくないので、巣を見つけて殺虫剤をかければ、被害に遭うことなくクマバチを完全に駆除することができます。 ただ家の近くを飛んでいるだけなら、『駆除しないでそのままにしておく』という選択肢もあることも、覚えておいてくださいね。

次の

クマバチの巣ってどんなもの?家が巣穴だらけになる前に駆除しよう!

クマバチ 退治

クマバチはハチのなかでも大型の部類であり、羽音も大きいため怖いと思う方も多いのではないでしょうか。 しかし、その凶暴そうな見た目に反して攻撃性は低く、よほどのことがない限り人を攻撃するようなことはありません。 しかし、木に穴をあけて巣を作るという習性があるため、家屋や庭木に巣を作られてしまうことがあります。 いくらクマバチが温厚な性格であるとはいえど、人の生活圏の近くに巣を作られてしまうと刺されてしまう危険性があるのです。 また、家屋に巣を作られた場合はすばやく対処しないと、建材をぼろぼろにされてしまうおそれもあります。 このコラムでは、クマバチの生態や駆除方法についてご紹介していきます。 クマバチの巣が家の近くにできてしまってお困りの際は、ぜひとも参考にしてみてください。 クマバチの巣の特徴|生態についても解説 クマバチは、小さな羽に大きな体と全身に生えている毛が特徴のハチです。 この全身に毛が生えている姿が、まるでクマのように見えることが名前の由来とされています。 また、一部の地方では「クマンバチ」という呼ぶケースもあるようです。 ここからは、そんなクマバチの生態について解説していきます。 クマバチの巣ってどんなもの? クマバチは木に穴をあけて、その内部をくり抜いて巣を作ります。 木をくり抜いて巣のなかに部屋を作る様子が大工のように見えるということから「Carpenter Bee」という英名があります。 クマバチの巣は、外側から見ても木に穴が空いているだけのように見えるため、アシナガバチやスズメバチなどの巣と比べると、見つけだすのが難しいです。 クマバチが巣を作りやすい場所 クマバチは枯れ木や家の軒下、庭木などに巣を作ることが多いです。 また、クマバチに似た生態をもつタイワンタケクマバチは、竹に巣を作ることもあります。 竹垣や竹帚が標的になることもあるため、穴が空いていたら不用意にタイワンタケクマバチを刺激してしまわないように注意しましょう。 クマバチは危険?生態と活動シーズン ハチというと、人を刺す攻撃的で危険な昆虫というイメージをもつ方が多いのではないでしょうか。 クマバチは、その大きさから誤解されがちですが、とても温厚なハチです。 そのため、こちらから手を出したり、巣に危害を与えたりしない限りは、基本的に攻撃をされるようなことはありません。 クマバチの寿命は1年ほどで、主に4~10月にかけて活動します。 そして冬になれば越冬して、翌年の春に活動を再開します。 クマバチの巣を放置すると? クマバチ自体は、基本的に人を攻撃することはないため、危険性は低いです。 しかし、クマバチの巣を放置するのは大変危険です。 クマバチは、木をくり抜いて巣作りをする関係上、木のなかに大きな空洞ができてしまいます。 また、ひとつの巣を長く利用するという特徴があり、一度巣になった木材はどんどん穴をあけられてしまうのです。 そのため、家の屋根や支柱の木材に巣を作られてしまうと、雨漏りや家屋の倒壊を引き起こしてしまいかねません。 このことから、家屋にとっては非常に危険なハチともいえます。 クマバチの巣は早めの対処が大事! クマバチは攻撃性が低くて温厚なハチであるため、人にとっては危険性の低いハチです。 しかし、家屋にとってはシロアリのように建材に穴をあけられてしまうため、脅威となりえる存在といえます。 大切な家屋を倒壊から守るために、クマバチの巣は早めに対処しましょう。 「蜂の駆除お助け隊」では、ハチのトラブルを対処できる業者をご紹介しています。 無料の現地調査や見積りもおこなっているため、まずは相談窓口にお電話ください。 クマバチを自力で駆除する方法 ハチ駆除は資格がなくてもおこなえるため、クマバチの巣を自分の手で駆除したいという方もなかにはいらっしゃると思います。 そこで、ここからは、自力でクマバチを駆除する際に準備するものや、おおまかな手順をご紹介していきます。 駆除する前に クマバチは温厚な性格ですが、巣を駆除するとなると当然こちらに攻撃してきます。 そのため、巣の駆除をする前にしっかりと準備を整えて、万全な状態で挑めるようにしましょう。 【服装】 可能であれば防護服を用意できるのがベストです。 自治体によってはハチ駆除用の防護服の貸し出しをしているケースもあるため、確認してみてください。 防護服を用意するのが難しいという場合は、厚手の服とカッパ・長靴・手袋・ゴーグル・ヘルメットなどを身に着けて、首にタオルをまけば代用することも可能です。 【殺虫剤】 殺虫剤は、ハチに対して効果の高いピレスロイド系のものを利用しましょう。 ピレスロイド系の殺虫成分は、ゴキブリやハエ用の殺虫剤に配合されていることも多く、そちらを利用してもクマバチの殺虫効果が期待できます。 駆除の途中で殺虫剤を切らしてしまわないように、多めに用意しておきましょう。 【木工パテ】 クマバチが穴をあけた箇所を埋める際に必要です。 穴をそのままの状態にしていると、別のクマバチに巣を再利用されてしまうおそれがあるため、しっかりと塞ぎましょう。 塞いだ穴を目立たせたくない場合は、木材にあった色を選ぶか、上塗り用のペンキなどを用意しておくことをおすすめします。 このほかには、クマバチの巣を埋める場合は、巣穴の死骸を外にかき出す用のピンセットやハリガネなどがあるといいかもしれません。 また、クマバチの巣が高い位置にある場合は脚立や、高所にスプレーを噴射する用の器具を用意するとよいでしょう。 【手順1】まず巣を確認! クマバチの巣は、外側からだと穴しか見えないため、大変わかりづらいです。 木材に不自然な丸い穴があったら、クマバチが出入りしていないか見張ってみましょう。 また、クマバチはスズメバチなどに比べて縄張り意識が低く、すぐ近くにほかのクマバチの巣があるということも珍しくありません。 そのため、駆除予定の巣の周りにほかの巣がないか確認してみてください。 【手順2】巣に殺虫剤をかける 巣を確認したら、まずは少し離れた位置から巣に向かって殺虫剤を噴射して、クマバチの動きを止めます。 その後、巣の穴のなかに直接殺虫剤を噴射していきましょう。 この段階が一番クマバチからの攻撃を受けやすいため、慎重におこなってください。 【手順3】巣穴を埋める クマバチの駆除が終わって、巣のなかの死骸を外にかき出したら、木工パテで穴を埋めれば完了です。 万が一、駆除の最中にクマバチに刺された場合は、早急に医師の診断を受けてください。 「やっぱり怖い……」そう感じたらプロに相談しよう! 巣を攻撃されたとなると、クマバチも必死に抵抗します。 毒性こそ高くありませんが威圧感のある見た目から、いざクマバチに襲われるとなると怖いという方も多いでしょう。 自分でクマバチの巣を駆除するのが怖かったり、必要な道具を用意するのが難しかったりする場合は、プロに相談することをおすすめします。 プロに駆除を依頼する場合は、駆除を依頼する時期や巣の規模・位置によっても異なってきますが、1~3万円が相場です。 「蜂の駆除お助け隊」ではハチ駆除のプロをご紹介しているので、クマバチの駆除でお悩みの際はお電話ください。 クマバチの巣を駆除したあとは?注意点と予防法 クマバチの巣を駆除したあとは、再び巣を作られてしまわないようにしっかりと予防をしましょう。 ここからは、クマバチの巣作りを予防する方法をいくつかご紹介していきます。 巣を駆除したあとも戻りバチに注意! 巣の駆除時にエサを探しに出ていたクマバチや、生き残ったクマバチが巣のあった場所に戻ってくることがあります(通称:戻りバチ)。 このような戻りバチの対策をしないと、また同じ場所に巣を作られてしまうケースもあるため、しっかりと予防をおこなってください。 【予防法1】巣ができそうな所へ忌避スプレーをまく クマバチが再度同じ場所やその周辺に巣を作ってしまわないように、忌避スプレーをまいておくと効果的です。 忌避スプレーには殺虫成分が含まれるものと、忌避効果のみのものがあります。 戻りバチに対して殺虫成分のない忌避スプレーを使用してしまうと、怒らせて攻撃されるおそれがあるため、スプレーの使用前に効能をよく確認しておきましょう。 【予防法2】木の剪定をしておく 葉が生い茂る木は、ハチにとっては天敵などから身を隠しやすいため、巣を作るのに適した場所となってしまいます。 クマバチだけでなく、ほかの種類のハチが巣を作ってしまうのを予防するためにも、木の剪定をしっかりおこなっておきましょう。 【予防法3】ハチが避けるニオイを利用 ハチはハッカのニオイを嫌うため、ハッカ油などを巣があった場所に塗っておくと忌避効果を発揮します。 しかし、犬や猫、小鳥などはハッカ油で中毒症状を引き起こすケースもあるため、ペットとして飼っている場合は注意してください。 作物の病害虫予防などで利用されている木酢液は、ハチ避けにもなるため、ペットのいるご家庭ではこちらを利用することをおすすめします。 ただし、木酢液はものによってはニオイがかなり強いです。 外で干している洗濯物などにニオイが移ってしまわないように、使用する際は気をつけてください。 再び巣ができてしまったら? ハチの巣作りを完全に防ぐのは難しく、しっかりと予防をしていてもまた巣を作られてしまうケースがあります。 クマバチが再度巣を作ってしまったという場合は、一度「蜂の駆除お助け隊」にご相談ください。 「蜂の駆除お助け隊」では巣の駆除だけでなく、巣作りの再発防止対策もおこなっています。 全国どこでも対応していますので、まずは通話無料の相談窓口にお電話ください。

次の

蜂退治に木酢液がすごい!竹酢液との違いと使い方は?

クマバチ 退治

おそらくクマンバチ(クマバチ)と思われるハチが、玄関を出てすぐの通り道沿いにある枕木の穴を利用し、巣を作っているようです。 怖いのですが、退治したほうがいいのでしょうか? 一週間くらい前より、クマンバチと思われるハチが、枕木にもともとあいていた穴(直径15ミリくらい、4箇所あり)を利用し、どうやら巣作りしています。 もっとも頻繁に出入りしている一つの穴は何やら土みたいなもので埋め尽くしていますが、他の穴にも出入りしています。 枕木は、玄関を出て2mくらいの場所にたっていて、外出する時は、その枕木のすぐ前を通らなければなりません。 最近、毎日、ハチが出入りしており、とても怖いです。 家族にも注意を呼びかけていますが、特に小1の息子が心配です。 過去発言を検索し、クマンバチが見かけほどどうもうではない性質のハチらしいということはなんとなくわかりました。 家の近所の土手にいるクマンバチを駆除するかどうか悩まれている方の発言や回答も拝見しました。 回答の多くは、ハチを退治するよりも土手に近づかないほうがいいのでは、といった内容に思えたのですが、我が家の場合は、玄関のすぐ近くで通り道でもあります。 クマンバチの成虫は数年生きることもあり、同じ場所に住み続けることもあるという事も知りました。 やはり駆除したほうがよいのでしょうか? ある程度調べられているようですね。 いちおうクマバチの写真付けときます。 クマバチは一般的恐れられる蜂(スズメバチ、アシナガバチ、ミツバチなど)とはものが違います。 あれらの蜂とは別物です。 普段は個別で行動し先の種ほど攻撃性はありません。 個別で生活するため潰されて仲間を呼ぶなどの行動もないです。 駆除の必要性ですがさほどありません。 というか放置で良いでしょう。 クマバチは蜂の中でも非常におとなしく通常こちらからいじめたりしなきゃまず刺される事は無い種です。 巣を作られていて不安があるようですが蜂に触れたり巣にいたずらしたりしなきゃ刺されることはまずありません。 ですので蜂や巣に触れないようにすれば問題はないはずです。 怖がる必要はありません。 いっそのこと・・・良い機会ですのでクマバチの一生を観察をしてみてはどうでしょう? 観察といってもたまに見守る程度で良いです。 慣れてきたら付近に工夫して餌をおくなどして餌やりに挑戦してみるのも良いでしょう。 子供には良い経験になると思います。 人もハチも生き物だからね、むやみな殺生は避けたほうがいいと思うけど 生き物を学ぶチャンスでもあるからいたずらしないように言い聞かせて見守れば?約束の学習もできるよ 自分の家にはアシナガバチが毎年巣を作るんだ 洗濯物に中に入っていないか家の中に入ってこないか心配だけど、よっぽどの所(出入り口真上とか洗濯物干し付近など)でない限り駆除はしないよ 花や田畑があるから、風通しがいいから巣を作るんだろうしね、この家が選ばれちゃったんだろうしね 子供が赤ちゃんのころから続いてる 子供は今ではハチに関しては言いつけを守るし巣を作ってると教えてくれるし友達が来たら注意しあってるよ そのせいか、昆虫の種類と植物の関係に詳しくなったw ただ、怖いなら仕方がないよ、子供にも聞いてみたら? 自分の子は前は殺せとわめいてたけど年長くらいから「可哀相だし仕方がないけどあそこのだけは許せないから殺ってくれ。 」とか言うようになったね ハチは夕方に駆除するのが鉄則だよ、反撃にあいやすいらしいw くたばったハチを踏みつけると「助けて信号」を出すハチもいるそうで面倒だよ、ハチの巣ジェットとかで眠るように死んでもらう方がいい クマバチのことですよね。 全くおとなしいハチで、危険もありません。 放っておけば大丈夫です。 スズメバチなら市役所に電話ということもありますが、クマバチ程度では笑われてしまいます。 「クマンバチ」というのは、ときどきスズメバチの別名として使われるので、混同されて危険と思われがちですが、クマバチは危険でないハチです。 枕木の穴に出入りするということから、スズメバチではなくてクマバチですね。 土のようなもので埋め尽くしているという表現から、ひょっとするとオオハキリバチかもしれません。 どちらにしても危険のない種類です。 もちろん手でつかんだりすると刺すことはありますが、そんなことしませんよね。 すぐ横を通るどころか、巣穴のある枕木を叩いたり揺らしたりしても、刺されないでしょう。 ハチが逃げるだけです。 どうしても出て行ってほしければ、ハチがいないときに巣穴を接着剤とかで塞いでしまうとかでもいいですが、無視が一番でしょう。

次の