時候 の 挨拶。 7月の時候の挨拶!上旬・中旬・下旬ごとの例文と結び文100選!

ビジネスメールで使える季節の挨拶文例【1月~12月版】

時候 の 挨拶

ビジネスや上司、先生などに送る場合は失礼のないようにしたほうが良いと思います。 ただ、そうでない場合には色々な形があっていいと思うので、大きく相手に失礼が無いようにすれば気持ちは伝わると思います。 堅苦しい挨拶だけじゃつまらないですしね。 では、先ほど上で見てもらった7月の時候の挨拶を使ったりして、どういった言葉で書きだしていくのか? その例文を一挙に紹介しちゃいますね。 時候の挨拶「7月」の書き出しの例文• 本格的な暑さを迎え、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。 盛夏の候、ますますご壮健のこととお喜び申し上げます。 酷暑のみぎり、皆様お健やかにお過ごしでしょうか。 炎暑の候、お変わりなくご活躍のこととお喜び申し上げます。 梅雨も明け、夏真っ盛りの季節となりました。 夏の青空のまぶしい季節となりました。 いかがお過ごしでしょうか。 毎日うだるような暑さが続いておりますが、いかがおしのぎでしょうか。 暑い日が続きますが、皆様お元気でお過ごしでしょうか。 太陽がまぶしい季節。 暑さもいっそう厳しくなってまいりました。 本格的な夏を迎え、汗をかいた後のビールがおいしい季節となりました。。 お風呂上がりのビールがおいしい季節になりました。 梅雨も明け夏本番。 木陰の恋しい季節となりました。 暑気日ごとに加わる折から、体調は万全でお過ごしでしょうか。 入道雲が沸き立つ季節となりました。 ご無沙汰しております。 今年の暑さは格別に感じられますが、皆様お変わりございませんか。 連日の熱帯夜にバテ気味の毎日です。 そちらはお変わりありませんか。 梅雨が明けて、日ごとに炎暑が増しております。 体調はお変わりございませんか。 いよいよ海水浴シーズン到来です。 皆様お変わりございませんか。 日ごとに暑さが増してまいりました。 いかがお過ごしでしょうか。 寝苦しい夜が続いておりますが、体調は崩されてないですか。 今年は冷夏とのことで、例年になく過ごしやすい日々が続いております。 真夏日が続いています。 暑さに負けていませんか。 これらの時候の挨拶は、目上の人に送るケースの文と、気軽に友達に送るケースの文が混ざっているので、それぞれで送る人に失礼のないようにチョイスしてください。 では、次は、 最後にどのような言葉で締めるか? その結びの言葉について見ていきましょう。 酷暑の折から、くれぐれもご自愛くださいませ。 今年は例年にない暑さとか、くれぐれもご健康にご留意ください。 暑さなお厳しい折から、どうぞご自愛専一に。 しのぎがたい暑さが続きますが、ご一同様のご無事息災をお祈り申し上げます。 食の進まない暑さが続きます。 お互い夏バテには気を付けましょう。 暑さに負けず、お互い健康に気を付けて夏を乗り切りましょう。 寝苦しい夜が続きます。 夏風邪などひかれませんようご自愛ください。 ご壮健にて、この暑さを乗り越えられますよう。 猛暑の折、どうかお体にお気を付けくださいませ。 毎日の猛暑は体にこたえます。 夏バテしないように体調には十分ご留意ください。 高温続きの毎日です。 熱中症にはくれぐれもご注意ください。 夏の夜は寝不足になりがちです。 ご自愛くださいませ。 酷暑のみぎり、くれぐれもお体を大切に。 猛暑の折から、皆様のご健勝をお祈り申し上げます。 まだまだ猛暑の日々です。 皆様、夏風邪など召されませんように。 今年は冷夏ですが、油断なきよう体調にはお気を付けて。 夏バテなどされませんように、体調には十分ご留意くださいませ。 楽しい夏休みをお過ごしください。 お体に気を付けて。 実りある夏休みのためにも、ご壮健にてこの暑さを乗り越えられますよう祈念いたします。 このようにたくさんの例文を用意したので、これをそのまま使ってもらってもいいし、アレンジしてあなたのオリジナルを作ってもらうのもいいと思います。 色んな文章作りの参考にしてくださいね。 暑中お見舞い申し上げます。 梅雨が明けて、日ごとに炎暑が増しております。 体調はお変わりございませんか。 今年は、子供が生まれてからはじめての夏になります。 心配性の私は、子供が熱中症にかからないようにどうすればいいのか、悪戦苦闘中です。 それにはやはり、こまめな水分補給と、熱のこもる場所に長時間いないことなど、私自身も勉強になることや発見がたくさんありました。 そして上旬・中旬・下旬で使う言葉のポイントとその書き出し、結びの言葉、そしてそれらを合わせた手紙の形を見ていただきましたが、いかがでしたでしょうか。 7月は暑中お見舞いという形で、今まで連絡を取りにくかった人ともとりやすいいい機会ではないかと思います。 内容としては、 「暑さが厳しいので体調を崩さないように」といったことがメインとなりますが、その中でも暑いなりに何か楽しい事などがあれば盛り込んでいけたらと思います。

次の

ビジネスメールで使える季節の挨拶文例【1月~12月版】

時候 の 挨拶

もくじ• 6月上旬で使う漢語調の時候の挨拶 漢語調の時候の挨拶を使うことで、礼儀正しくかしこまった挨拶になります。 手紙を送る相手が年配の方やビジネスの場面などで使いやすい言葉です。 6月上旬の暦は小満や芒種の時期 向暑の候、麦秋の候、初夏の候、万緑の候 小満(5月21日頃):5月21日頃~6月6日頃の前日まで 薄暑の候、入梅の候、芒種の候、長雨の候、紫陽花の候 芒種(6月6日頃):6月6日頃~6月21日頃の前日まで *「~のみぎり」「~の折」という表現を用いることも可能 6月上旬には小満、芒種といった時期が重なりますが、沖縄ではこの季節を「小満芒種(すーまんぼうしゅ)」と言い、小満~芒種までの間に訪れる梅雨のことを意味しています。 本州でも梅雨の時期が始まるころですが、天候は不安定でうっとおしい日々が続きますね。 拝啓 向暑の候、皆様にはお健やかにお過ごしのことと存じます。 いつもお心遣いをいただき心より御礼申し上げます。 <本文> 天候不順の日が続きますが、お体には十分お気をつけ下さい。 敬具 「拝啓ー敬具」といった「頭語と結語の組合せ」について、個人間のやり取りやビジネス、女性特有の言い回しなど、シーンに合った使い方やマナーがあります。 詳しくはこちらの 頭語と結語の関係についてまとめた記事を用意してますので、ぜひ参考にしてください。 6月上旬で使う和文調の時候の挨拶 和文調の時候の挨拶では、気軽な感じでお手紙を出す相手に使われることも多いです。 ですので、改まった手紙と親しい相手への手紙で書き出しや結びの言葉にも違いがあるので、手紙の種類によってアレンジしてください。 時候の挨拶6月上旬の書き出しの言葉• 道行く人の服装も軽やかで、初夏を感じる今日この頃です。 庭の紫陽花が色鮮やかに咲くのを心待ちにしていますが、貴家の皆様はいかがお過ごしでしょうか。 梅雨に入りうっとおしい日が続きますが、皆様には晴れやかにお過ごしのことと存じます。 梅雨入りを控え気の重い毎日ですが、お元気でお過ごしでしょうか。 こちらは協まさに梅雨入りですが、御地はいかがですか。 報道によれば入梅も間近のようです。 お変わりございませんか。 長雨が続きますが、ご壮健でお過ごしのことと存じます。 梅雨入りを控え衣替えの準備を済ませたところです。 梅雨入りを前に初夏の汗ばむ陽気ですが、ますますご壮健でご活躍のことと拝察申し上げます。 雨の似合うアジサイの花が咲き始めるころ、梅雨入りを感じます。 田植えの時期を迎え、お忙しい事と存じます。 初夏の風が爽やかな季節となりました。 街で学生の真っ白な夏服を見かけ、初夏の始まりを感じました。 華やかな結婚式が行われていました。 ジューンブライドの言葉通り結婚シーズンのようです。 梅雨入りの報道が気にかかる季節ですが、お変わりございませんか。 衣替えで冬物の整理はもうお済みになりましたか。 スポンサードリンク 時候の挨拶6月上旬の結びの言葉• 梅雨入り前ではありますが、気温は夏の模様です。 くれぐれも体調管理にはお気遣いくださいませ。 暦の上ではすでに夏ですので、雨に負けず夏の楽しい予定でも立てておきたいですね。 うっとおしい日々が続きますが、くれぐれもご自愛ください。 天候不順が続く毎日ですが、ご健康には十分ご留意くださいませ。 食中毒が流行っているようですので、十分にご注意してください。 軽やかになった服装に合わせて、気分もリフレッシュと行きたいですね。 梅雨入りのニュースが気になり所ですが、これからしっかりと準備していかないといけませんね。 時候の挨拶6月上旬の例文「和文調」 スポンサードリンク 6月の風物詩 6月の動植物などの様子や風物詩を冒頭や結び、本文中に盛り込むことで季節感が生まれます。 衣替え、夏服、クールビズ、田植え、麦狩り、早乙女、カサ、長靴、カッパ、てるてる坊主、すだれ、鮎解禁、父の日、結婚式、ジューンブライド、ボーナス、そら豆、サクランボ、梅雨、入梅、梅雨空、空梅雨、長雨、蒸し暑さ、湿気、かび、食中毒、カタツムリ、アメンボ、ホトトギス、しゃこ、梅干し、さくらんぼ、あんず、ざくろ、びわ、カワセミ、カエル、蛍、さつき、あやめ、かきつばた、栗の花、紫陽花、芍薬、くちなし、アマリリス これらの言葉を使って、6月の季節が現れるような手紙を作ってみましょう! 時候の挨拶を含めた手紙の作り方については、こちらを参考にしてください。

次の

「時候の挨拶」「季節の挨拶」の書き方とビジネス例文!月別も紹介

時候 の 挨拶

ビジネスや上司、先生などに送る場合は失礼のないようにしたほうが良いと思います。 ただ、そうでない場合には色々な形があっていいと思うので、大きく相手に失礼が無いようにすれば気持ちは伝わると思います。 堅苦しい挨拶だけじゃつまらないですしね。 では、先ほど上で見てもらった7月の時候の挨拶を使ったりして、どういった言葉で書きだしていくのか? その例文を一挙に紹介しちゃいますね。 時候の挨拶「7月」の書き出しの例文• 本格的な暑さを迎え、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。 盛夏の候、ますますご壮健のこととお喜び申し上げます。 酷暑のみぎり、皆様お健やかにお過ごしでしょうか。 炎暑の候、お変わりなくご活躍のこととお喜び申し上げます。 梅雨も明け、夏真っ盛りの季節となりました。 夏の青空のまぶしい季節となりました。 いかがお過ごしでしょうか。 毎日うだるような暑さが続いておりますが、いかがおしのぎでしょうか。 暑い日が続きますが、皆様お元気でお過ごしでしょうか。 太陽がまぶしい季節。 暑さもいっそう厳しくなってまいりました。 本格的な夏を迎え、汗をかいた後のビールがおいしい季節となりました。。 お風呂上がりのビールがおいしい季節になりました。 梅雨も明け夏本番。 木陰の恋しい季節となりました。 暑気日ごとに加わる折から、体調は万全でお過ごしでしょうか。 入道雲が沸き立つ季節となりました。 ご無沙汰しております。 今年の暑さは格別に感じられますが、皆様お変わりございませんか。 連日の熱帯夜にバテ気味の毎日です。 そちらはお変わりありませんか。 梅雨が明けて、日ごとに炎暑が増しております。 体調はお変わりございませんか。 いよいよ海水浴シーズン到来です。 皆様お変わりございませんか。 日ごとに暑さが増してまいりました。 いかがお過ごしでしょうか。 寝苦しい夜が続いておりますが、体調は崩されてないですか。 今年は冷夏とのことで、例年になく過ごしやすい日々が続いております。 真夏日が続いています。 暑さに負けていませんか。 これらの時候の挨拶は、目上の人に送るケースの文と、気軽に友達に送るケースの文が混ざっているので、それぞれで送る人に失礼のないようにチョイスしてください。 では、次は、 最後にどのような言葉で締めるか? その結びの言葉について見ていきましょう。 酷暑の折から、くれぐれもご自愛くださいませ。 今年は例年にない暑さとか、くれぐれもご健康にご留意ください。 暑さなお厳しい折から、どうぞご自愛専一に。 しのぎがたい暑さが続きますが、ご一同様のご無事息災をお祈り申し上げます。 食の進まない暑さが続きます。 お互い夏バテには気を付けましょう。 暑さに負けず、お互い健康に気を付けて夏を乗り切りましょう。 寝苦しい夜が続きます。 夏風邪などひかれませんようご自愛ください。 ご壮健にて、この暑さを乗り越えられますよう。 猛暑の折、どうかお体にお気を付けくださいませ。 毎日の猛暑は体にこたえます。 夏バテしないように体調には十分ご留意ください。 高温続きの毎日です。 熱中症にはくれぐれもご注意ください。 夏の夜は寝不足になりがちです。 ご自愛くださいませ。 酷暑のみぎり、くれぐれもお体を大切に。 猛暑の折から、皆様のご健勝をお祈り申し上げます。 まだまだ猛暑の日々です。 皆様、夏風邪など召されませんように。 今年は冷夏ですが、油断なきよう体調にはお気を付けて。 夏バテなどされませんように、体調には十分ご留意くださいませ。 楽しい夏休みをお過ごしください。 お体に気を付けて。 実りある夏休みのためにも、ご壮健にてこの暑さを乗り越えられますよう祈念いたします。 このようにたくさんの例文を用意したので、これをそのまま使ってもらってもいいし、アレンジしてあなたのオリジナルを作ってもらうのもいいと思います。 色んな文章作りの参考にしてくださいね。 暑中お見舞い申し上げます。 梅雨が明けて、日ごとに炎暑が増しております。 体調はお変わりございませんか。 今年は、子供が生まれてからはじめての夏になります。 心配性の私は、子供が熱中症にかからないようにどうすればいいのか、悪戦苦闘中です。 それにはやはり、こまめな水分補給と、熱のこもる場所に長時間いないことなど、私自身も勉強になることや発見がたくさんありました。 そして上旬・中旬・下旬で使う言葉のポイントとその書き出し、結びの言葉、そしてそれらを合わせた手紙の形を見ていただきましたが、いかがでしたでしょうか。 7月は暑中お見舞いという形で、今まで連絡を取りにくかった人ともとりやすいいい機会ではないかと思います。 内容としては、 「暑さが厳しいので体調を崩さないように」といったことがメインとなりますが、その中でも暑いなりに何か楽しい事などがあれば盛り込んでいけたらと思います。

次の