獨協大学 偏差値。 獨協大学/偏差値・セ試得点率|大学受験パスナビ:旺文社

獨協大学 偏差値 2020

獨協大学 偏差値

2019獨協医科大学医学部医学科の偏差値• A判定偏差値:69• C判定偏差値:65 獨協医科大学は医科単科大学であり、私立大学医学部の中では 「学費が超高額な医学部」という評判で有名な大学です。 医学部受験生にとっては「 医師家庭の生徒が受験する医学部」といったイメージでしょうか。 また、現在のところ 偏差値についても82校中80位、医師国家試験合格率も下から数えた方が早い、というネガティヴな面がクローズアップされやすい大学です。 しかし、受験生は関東地方を中心として全国から集まります。 入りやすい偏差値と、学費が高いというイメージが付きがちな獨協医科大学ですが、その実態は意外と知られていないかもしれません。 今回は、 獨協医科大学医学部の概要と、獨協医科大学医学部に特徴的な2つの事項を取り上げて、分析していきます。 2019獨協医科大学医学部の学費・授業料• 入学金:1,000,000円• 授業料 年間 :3,500,000円• 授業料 合計 :21,000,0100円• 医学部は他学部と違って、あまり新設されることがなく、そのため偏差値ランクも一度固定されるとあまり変動しません。 しかし、そんな中で5年前と比較するとじわじわと偏差値を上げてきている大学でもあるのです! 学費についても、大幅に安くなったり高くなったりする動きは、ここ数年ではあまり見られません。 世間の評判からくる獨協医科大学のイメージを丁寧に分析してその実態に迫ってみましょう。 学費は6年間で3600万円超!確かに高額だけど… 獨協医科大学医学部の学費は6年間で3660万円と、私立大学医学部31校中でもかなり高額な部類に入ります。 特に 初年度の学納金は960万円と、並みの家庭の年収を軽く超える学費を納入する必要があります。 これらの他にも、学友会費・父母会費、各種寄付金などの納付を求められます。 ただし、獨協医科大学では 奨学金等の制度が充実しており、 一定以上の成績を納めれば授業料の減免や給付金、貸与型の奨学金などを利用することが出来ます。 さらに、 自治体による奨学金制度もあります。 獨協医科大学は私立の中でも高額な学費を必要とする大学ですが、必ずしも裕福な家庭の子女ばかりが通う訳ではないのです。 ちなみに、学費が私立大学医学部の中で一番安い国際医療福祉大学では、6年間1850万円ですから、一口に私立大学医学部といっても学費の差というのはかなり幅があることがわかります。 国公立大学であっても医学部に入ると、学費以外にも何かと費用は嵩みます。 特に私立大学の医学部受験を考えている人は、6年間でトータルどのくらいの費用がかかるのか、さらにそれは「いつ」必要なのか、といったことをリサーチしておくと良いでしょう。 また、利用できる奨学金などがあるかどうかも併せてチェックしておくとより良いかと思います。 偏差値は全医学部中でワースト、その理由とは? 獨協医科大学医学部の 入試時点での偏差値は、全国82校ある医学部の中で80位となっています。 そうはいっても医学部ですから、医師になるべくして入学してきて、入学した全員でなくともその多くが卒業し、医師国家試験を受験して、そして合格し、医師として全国で働いている訳です。 つまり、他の医学部との差はほとんどありません。 90%前後に合格率が調整されていることを考慮すると、これくらいの合格率が妥当なラインでしょう。 それでは、どうして入試時点での偏差値が低くなってしまうのでしょうか。 おそらくこの理由は、 高額な学費と大学の立地にあると考えられます。 最低でも3600万円という高額な学費をかけるという選択よりも、1年浪人して他の医学部に入学する方が良い、といういう人が多いため、相対的に偏差値の高い人は他の大学に流れます。 また、立地的にも都市部からは遠く離れており、交通の便も悪いことから、6年間の生活の質を考えた時に避けてしまうのは道理でしょう。 つまり、入試時点での偏差値の低さは、大学の教育の質とあまり相関が無い、ということです。 もし、入学しても「偏差値が低いから…」と不安になる必要はありません。 医学部における勉学の結果は、最終的には本人の努力によるところが大きいため、全ては自分次第です。 私立大学の多くは国立よりも金銭的に余裕がある場合が多いため、 海外研修なども積極的に送り出してくれる傾向があります。 学生時代の経験はお金では買えないものです。 国家試験合格率などの数値だけに踊らされず、その大学の「中身」を評価して比較することが、医学部受験の成功に繋がります。 獨協医科大学医学部・2つの特徴とは 医学部は総じてどの大学も似たり寄ったりなカリキュラムですが、大学の特徴や売り文句として、マイナーチェンジをすることもあります。 獨協医科大学医学部の2つの特徴について見ていきましょう。 特徴1:海外研修の機会が多い! 獨協医科大学の特徴の1つに、 海外研修の機会の多さが挙げられます。 3年次と5年次にそれぞれ2週間以上の海外研修の機会があり、早期からグローバルを意識した教育がなされていることが分かります。 5、6年次の臨床研修は他の大学でもよく行われていますが、3年次にも海外で研修ができるという点において他の大学医学部よりも優れていると思います。 一度だけでは分からないことも、回数を重ねることで得られることがありますから、 複数回の海外研修のチャンスはとても貴重です。 特徴2:進級は緩め!留年数は少なく、面倒見が良い 獨協医科大学のもう1つの特徴としては、 進級が比較的緩めであるということです。 このクラスの私立大学医学部でありがちなのは、「国家試験合格率を少しでも上げるために留年者を続出する」ということなのですが、獨協医科大学ではそのようなことはなく、平均以上に進級はしやすい校風のようです。 小さな医科単科大学であるということもあり、 教員と学生の距離が近く、学習面での面倒見は非常に良い大学です。 学生ファーストな雰囲気が伺える、過ごしやすい医学部と言えるのではないでしょうか。 獨協医科大学医学部は密度の濃い医学部生活を送りたい人にとっては良い大学 獨協医科大学医学部は偏差値自体は全医学部の中では優しいほうであり、学費も高額であることなどから、評判だけを聞いているとあまりポジティブなイメージを抱きにくいかもしれません。 しかし、私立大学ならではの きめ細かいサポートで、充実した医学部の学生生活を送れるようなシステムが出来上がっている大学でもあります。 密度の濃い医学部生活を送りたい人にとっては、一度は志望校のリストに加えてみる価値のある大学でしょう。 口コミ数 2件 関連する記事• 2020. 31 北海道・東北地方を中心に多くの学生が集まる秋田大学。 中堅クラスの国立大学医学部として人気を集めていますが、その実態はどのようなものなのでしょうか。 現役[…]• 2019. 15 2020年度の試験を最後に、共通1次試験としてのセンター試験は廃止されて、新たに「大学入学共通テスト」が施行されます。 現在高校生の人たちはもちろん、浪[…]• 2019. 15 医学部受験ではセンター試験9割は当たり前、と言われています。 センター試験英語は難易度は高くないものの、ミスができない試験です。 現役医学生が、センター試[…]• 2019. 19 これから医学部受験をしようとしている人は必見!医学部受験のためのスケジュールの立て方を、モデルスケジュールを提示しながら紹介しています。 どのように入試[…]• 2019. 19 海外への医学部について気になっている人、留学先をどこにするか迷っている人に向けて海外への医学部留学のメリットとデメリットについてまとめました。 今まで海[…].

次の

【2021年版】獨協大学の偏差値!河合塾・駿台・ベネッセ・東進

獨協大学 偏差値

獨協大学外国語学部は英語学科、ドイツ語学科、フランス語学科、交流文化学科の4つの学科があります。 それぞれの学科で偏差値が違いますから、難易度も違います。 獨協大学はドイツ語に特に長けた大学として有名ですけど、ドイツ語学科の偏差値はそこまで高くはありません。 獨協大学外国語学部は外国語学部によくある学科を備えており、受験生としても学びたい主要な言語は基本的に揃っていると言えると思います。 ただ、中国語、スペイン語、ロシア語、ポルトガル語など獨協大学に外国語学部にはない言語を専門に学びたい人は別の大学を受験するしかないと思います。 各大学によって外国語学部の設置学科が違いますから、そこは知っておかないといけません。 獨協大学は元々ドイツ語の評判が高い大学なので、看板学部は外国語学部ドイツ語学科になるのかもしれませんが、必ずしもドイツ語学科が偏差値が最も高いわけではありません。 獨協大学外国語学部の偏差値は河合塾によると50.0~62.5までと非常に幅広いです。 学科や入試方式によってかなり差があるということです。 偏差値62.5はMARCHというよりは上智大学のレベルです。 しかし、偏差値50.0というのは日東駒専のレベルです。 平均すると55.0~57.5くらいになるのかな?とは思います。 仮に平均を57.5だとするとMARCHギリギリくらいの偏差値と言えるでしょう。 したがって、獨協大学は外国語学部が看板学部になりますけど、偏差値は非常に高いと言えるのです。 獨協大学外国語学部の偏差値は実際は受験する学科ごとに見ていかないと正確な数字にはならないと思いますけど、幅広いということは覚えておいてほしいですし、入りやすい学科というのが存在しているということになります。 河合塾の偏差値は確認をしてもらいたいと思いますが、獨協大学外国語学部はMARCHのレベルであると認識している人も多いので、場合によっては日東駒専の学力で入れるかもしれないとなれば、結構コスパが良いということも言えるのではないでしょうか?獨協大学外国語学部に入りたい人はどの学科で受けるか?慎重に考えましょう。 難易度のみではなくて、何語を学ぶか?ということも重要なので、そこも考慮してほしいと思いますけど。 学科ごとに見るとドイツ語学科がやや低くて、英語学科が高いです。 ただ、獨協大学外国語学部は3教科入試はほとんどなくて、2教科や1教科入試となっています。 科目数が少なくても難易度は非常に高いと言えると思うので、簡単に入れる大学学部ではないですから、ちゃんと勉強をしていかないといけないのです。 獨協大学外国語学部は非常に受験生にも人気があります。 国際系の学部が今は人気なので、獨協大学外国語学部や国際教養学部は魅力的と思われている面もあります。 だからこそ、獨協大学でもこのあたりの偏差値は特に高いのです。 また、語学系の学部、外国語学部がある大学はそこまで多くありません。 私立大学や首都圏ということに限定すればかなり数は限られるでしょう。 首都圏の私立大学で有名なのはやはり上智大学です。 偏差値的にその次にくるのが獨協大学になるのではないか?と思います。 外国語学部は各大学の看板学部になることも多く、獨協大学外国語学部もその1つでしょう。 上智大学と獨協大学が外国語学部がある大学のうち、私立大学では上位になると思います。 上智大学外国語学部も評判は高いですけど、獨協大学外国語学部も評判はすごい高いです。 それ以外の首都圏の私立大学で外国語学部がある大学は数えられるほどでしかないですね。 上智大学の外国語学部は偏差値が非常に高いですけど、獨協大学の外国語学部も学科や入試方式によってはMARCHクラスの偏差値がありますから、難易度は非常に高いです。 上智大学の次に難しい外国語学部が獨協大学ですから、ここに入りたい人は多くいますし、入るにはかなり勉強をしないといけないでしょう。 外国語学部を志望している受験生は選択肢はそんなにないかもしれませんが、上位大学を狙うのであれば、それなりの学力がないと厳しいので、受験する学科にもよりますが、高い偏差値を持っていないと厳しい場合もあるので、目標は結構高いと言えると思います。 獨協大学外国語学部の倍率は学科ごとに入試方式が多岐に渡っているので、本当にバラバラです。 それに受験科目も違っているので、どの学科、どの入試方式を選ぶか?で倍率が違っていますから、難易度も全然違います。 低いところは1倍台とかですけど、高いところは10倍を超えていますから、獨協大学外国語学部の倍率は非常に細かくチェックしていかないといけないのです。 偏差値も重要な指標ですけど、倍率も難易度を決める指標になるので、過去の倍率はちゃんとチェックしてから受験する学科や入試方式を選ぶと良いかもしれません。 獨協大学外国語学部は本当に難易度が高いですが、その難易度は倍率によってもかなり変わると言えるので、倍率は過去のデータとしてちゃんとチェックしておきましょう。 ただ、過去の倍率が今後も同じように継続されるとは限りません。 したがって、過去の倍率が低い学科や入試方式が今後も低いままとは言えない場合があるのです。 前年度の倍率が低いところは、やはり穴場だと思って受験生が多く出願することがあるからです。 したがって、倍率を確認しておくのは重要ですけど、やはり参考程度というのは忘れないでほしいのです。 ただ、倍率が高くても受験科目が少ない方が受かりやすいとか、自分にとっては有利である可能性があるので、倍率が高いとそれだけ不利とは、一概に思わない方が良いです。 倍率が高くても、得意科目のみで勝負できた方が受かりやすい場合がありますから。 獨協大学に入りたい人はそこは覚えておきましょう。 獨協大学外国語学部の合格最低点は学科ごと、入試方式ごとに確認しておいてください。 リンク先から過去の獨協大学外国語学部の一般入試の合格最低点が確認できますから。 過去問を解くときなどはこういったデータが必要になるので、それを見ながら対応する過去問の年度、学科、入試方式ごとに解いていきましょう。 獨協大学外国語学部の偏差値は学部ごとに変わるので、難易度も違いますが、合格最低点も違います。 問題のレベルもそれぞれで違っているので、過去問を解いてそれを自分自身で実感して、獨協大学外国語学部の過去問の傾向やレベルを把握して、それを対策に生かしていってほしいです。 やはり過去問を解くことで分かる部分があると思いますから。 そして、獨協大学外国語学部のセンター利用入試のボーダーラインについては、2科目と3科目がありますし、前期と中期でボーダーラインの得点率が違っているということがあります。 全体としては75~85%程度必要です。 2科目と3科目でボーダーラインの得点率が変わりますが、学科ごと、前期と中期でも獨協大学外国語学部のボーダーラインは何割か?というのが変わりますから、リンク先のセンター試験の得点率から確認しておきましょう。 獨協大学外国語学部に受かりたい人は一般入試とセンター利用でチェックするデータが違います。 合格最低点も重要ですし、センター利用のボーダーラインについても確認しておくと良いです。 獨協大学外国語学部の過去問やセンター試験の過去問をやるときには見ておいてほしいと思います。 2年次に必修でフランス語と英語を学ぶ。 高校までフランス語を勉強したことがあるクラスと初めてフランス語を学ぶクラスに分かれ フランス語の必修授業を行う。 比率は1:4くらいで未修でも問題はない。 ただ週5日毎日1. 2時間はフランス語の授業があり、スピードも速く、最初のうちは大変だった。 英語は入学前にTOEICを受け、その結果を元にレベル別のクラスに分けられる。 ドイツ語学科と合同だった。 年次から3つのコースに分かれる。 ゼミも3年次から所属し、フランス語だけではなく、文学や美術などといった自分が興味を持った幅広い分野を学ぶことができる。 免許取得者以外 3年次以降 英語の履修は不要になる。 卒業には必要のない単位になるが、自ら履修しなければ英語と触れる機会はなくなってしまう。

次の

獨協大学の偏差値&入試情報【2020最新版】

獨協大学 偏差値

無理に入塾を勧めることは一切ありませんので、成績が上がらずに悩んでいる方は、是非一度ご相談ください。 そのため、多くの他の大学の滑り止めとして受験する例もあって、状況によっては思った以上に偏差値が高まることもあります。 また、私立大学の受験料は高めになっている例が多いです。 受験料がムダにならないように大学の偏差値と自分の偏差値を比べて慎重に受験校を選ぶ必要があります。 獨協医科大学の場合には、一般入試が60,000円(定員58名)、センター利用が40,000円(定員15名)かかるので、偏差値を理解した上で適切に志望校選びを行うことが重要です。 2020年度の偏差値 偏差値 65. 8 獨協医科大学医学部の偏差値を、大手予備校模試のデータをもとに算出してみました。 2020年の獨協医科大学医学部の平均偏差値は65. 8と、全国の医学部の中で最低値となっています。 ただし、他の大学の滑り止めとして受験する学生が多くなることも予想されますので、油断は禁物です。 直近5年間の偏差値推移 年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度 2020年度 偏差値 64. 8 64. 2 64. 5 65. 8 65. 8 獨協医科大学の偏差値推移は上表のとおりで、2016年度に大きく偏差値を伸ばしています。 これは他の大学でも見られる傾向で、当時の経済状況を反映して受験生が安定した収入を得られるイメージが強い医師を目指す傾向が高まったことも一因であると言えるでしょう。 その後は横ばいの傾向を示していますので、高い学力を持った受験生が医学部受験に集まっている状況は続いています。 獨協医科大学医学部の偏差値を他大学と比較! 私立大学は滑り止めとして受験する受験生が多いですから、他の大学と偏差値を比較して戦略を練ることが重要です。 獨協医科大学と近い偏差値の大学を見ていきましょう。 全国ランキング 全国の大学の医学部数 偏差値の順位 82校 82位 獨協医科大学医学部の偏差値は82校中最下位です。 医学部の中では難易度が低い大学であるということが言えます。 ただし、これはつまり他の大学の医学部を受験する学生が滑り止めとして受験する可能性が高いということを示しています。 同都道府県の大学 順位 偏差値 大学名 国公私立 1位 70. 5 私立 2位 65. 8 獨協医科大学 私立 栃木県内で獨協医科大学の他に医学部を設置している大学には、自治医科大学があります。 自治医科大学の方が偏差値が高く学費も安いため、自治医科大学の滑り止めとして獨協医科大学を受験する生徒もいます。 また同じ関東地方で偏差値が近い大学は、埼玉医科大学(偏差値66. 2、埼玉県)、北里大学(偏差値66. 5、神奈川県)、聖マリアンナ医科大学(偏差値67. 3、神奈川県)が挙げられます。 これらの大学同士は試験日が重なっていませんので、多くの受験生が併願する可能性が高いです。 私立大学で偏差値の近い大学 順位 偏差値 大学名 都道府県 18位 67. 3 神奈川県 27位 67. 0 神奈川県 28位 66. 5 神奈川県 29位 66. 2 埼玉県 29位 66. 2 岡山県 31位 65. 8 獨協医科大学 栃木県 私立大学の中で、獨協医科大学と偏差値が近い大学をまとめました。 地理的な近さを考慮しないならば、先ほど挙げた埼玉医科大学、北里大学、聖マリアンナ医科大学の他に、川崎医科大学(偏差値66. 2、岡山県)も併願の候補として挙がってきます。 ただし、川崎医科大学は6年間の総学費が4,550万円と私立大学医学部の学費としては最も高くなっているので注意が必要です。 ちなみに獨協医科大学は6年間の総学費が3,660万円です。 さらに、成績の伸び次第では東海大学やそれ以上の偏差値の大学も選択肢に入ってくるでしょう。 偏差値を上げることで、多くの大学の中から進学したい大学を選択することができます。 また、他大学の偏差値について詳しく知りたい方は、「」を参考にしてみましょう。 医学部の偏差値や難易度を知りましょう 医学部受験をするにあたり、事前にそれぞれの大学の偏差値や難易度を知っておくことは重要です。 特に国立大学の場合は、前期試験と後期試験で1校ず... 栃木県でもっとも偏差値が低い獨協医科大学には、自治医科大学や関東の大学の滑り止めとして優秀な受験生が受験してくることも考えられます。 そのため、合格にはしっかり学力をつけておくことが求められます。 武田塾医進館では、しっかりと学力がつくような学習方法など、医学部合格に向けて必要となることは何かを教えてもらえる無料受験相談を実施しています。 武田塾医進館に入塾していない方も対象となりますので、医学部受験に不安や悩みがある受験生はぜひ一度相談してみましょう。

次の