時節柄。 「時節」の意味と挨拶での使い方、読み方、類語、「時節の折」は正しい?

「時節柄」の意味と使い方を解説!ビジネスシーンで使える例文もチェック!

時節柄

スポンサードリンク 時節柄とはどんな意味があるのか? それで時節柄とは どんな意味があるのかと言いますと、 1. 時節にふさわしいこと 2. このような時節だから といった意味があります。 「時節」という言葉には どんな意味があるのかと言いますと、 1. 気象や自然の移り変わりによって感じられる季節・時季 2. 現在の世の中の状況、時代、時勢 3. 何かをするのによい時機 といった意味が存在しています。 だから時節柄の意味も ・今の季節にふさわしい ・今のような季節ですから といったような意味や ・今の時代や社会風潮にふさわしい ・今のような時代ですから という意味のように 現在の季節とか時代を表す際に 時節柄という言葉を使います。 ただ手紙で 時節柄 という言葉を使う場合は 季節を表す意味として使われています。 それにしても その時期の季節を表すのなら 季節柄 とかでもよさそうだと思いますが、 時節柄 と使っているあたり 昔から当たり前のように 手紙でつかわれてるのだと思いますね。 スポンサードリンク 時節柄とは使い方はどうなってるのか? 例えば、 時節柄、ご自愛ください といった文章の場合ですと、 今の季節は風邪をひきやすいですから 体調に気をつけてください といった意味になりますし、 時節柄、お早めにお召し上がりください といった文章の場合ですと 旬の食材を郵送した際に使うのですが、 旬の食材も季節によっては 傷みやすくなってたりしますので、 今の季節だと傷みやすいですので お早めにお召し上がりください といった意味でつかわれています。 そんな感じで 今の季節 を表す言葉として 時節という言葉が使われています。 時節柄とはどんな意味なのかまとめ 時節柄の意味は 1. 時節にふさわしいこと 2. このような時節だから といった意味が存在しています。 要するに ・今の季節にふさわしい ・今のような季節ですから といった意味になっていて 手紙では上記のように使われています。 ですので、 現在の季節に合わせて 時節柄 という言葉を手紙の挨拶として 使っていくといいでしょう。 人気記事ランキング• 74,534pv 宴会などで 宴もたけなわ えんもたけなわ という言葉が用いられますが、 宴もたけなわの意味は どのようになってるのでしょうか? 60,321pv 日常生活の中で そっこう という言葉を用いることがありますが、 「そっこう」に当てはまる漢字には ・速攻 ・即効 ・... 55,502pv 手紙の挨拶として 寒さ厳しき折 さむさきびしきおり という挨拶が用いられますが、 寒さ厳しき折とは どんな意味があるのでしょうか?... 47,378pv 秋も深まってくると 秋の夜長 あきのよなが なんて言葉を聞くようになりますが、 秋の夜長とは どのような意味があるのでしょうか?

次の

例文付き「末筆ながら」の意味と使い方!お詫びやお礼でどう使う?

時節柄

「時節柄」と「季節柄」の違い• 「時節柄」・・・今現在の四季や気候、世の中の情勢、その時代の風潮を表す• 「季節柄」・・・今現在の季節を表す 「時節柄」は実際の季節から世の中の動きまで幅広く表現できますが、「季節柄」は文字通り四季のことだけと表現の範囲が限定されています。 相手の体調を気遣うような挨拶文であれば、気候の変化だけではなく、世の中の動きまでを表現できる「時節柄」がおすすめです。 「流行りの風邪」などの意味もあわせて伝えることができます。 「時節柄」の使い方と例文 「時節柄」は手紙やメール内に使う 「時節柄」は、基本的に口語的ではなく手紙やメールなど文章の中で使います。 かしこまった挨拶文なため、目上の人やビジネスシーンなどで使われることが多いのが特徴です。 「時節柄」だけで使うことはほとんどなく、相手を気遣うような一文が後に続きます。 「時節柄」は春夏秋冬に関わらず年中使える言葉 「時節柄」は、ある特定の季節や時代を指しているわけではないので1年中使えます。 もし挨拶文に季節感や時代背景を表現したい場合は、「時節柄」の前後にそのことがわかる言葉やフレーズを付け加えましょう。 季節を表す「時節柄」の使い方と例文 季節や四季の気候を表す「時節柄」を使う場合は、基本的に「このような季節なので〇〇してください」と相手を気遣うフレーズと組み合わせて使います。 「時節柄」と同じように、その時期にふさわしいこと・ちょうどその時期であることを表しています。 2つの言葉の指す時期の範囲は異なっているので、使い方・場面には注意しましょう。 「時節柄」の最適な季節や時期を表す意味合いと似ています。 「時候」には社会の情勢などの意味は含まれていません。 「折柄」は社会情勢を表すよりも、季節や時期を表すことに使われることが多いです。 「seasonable」・・・【形】時節柄の、季節にふさわしい、タイムリーな.

次の

「時節柄」の意味と使い方を解説!ビジネスシーンで使える例文もチェック!(2ページ目)

時節柄

「時節柄」と「季節柄」の違い• 「時節柄」・・・今現在の四季や気候、世の中の情勢、その時代の風潮を表す• 「季節柄」・・・今現在の季節を表す 「時節柄」は実際の季節から世の中の動きまで幅広く表現できますが、「季節柄」は文字通り四季のことだけと表現の範囲が限定されています。 相手の体調を気遣うような挨拶文であれば、気候の変化だけではなく、世の中の動きまでを表現できる「時節柄」がおすすめです。 「流行りの風邪」などの意味もあわせて伝えることができます。 「時節柄」の使い方と例文 「時節柄」は手紙やメール内に使う 「時節柄」は、基本的に口語的ではなく手紙やメールなど文章の中で使います。 かしこまった挨拶文なため、目上の人やビジネスシーンなどで使われることが多いのが特徴です。 「時節柄」だけで使うことはほとんどなく、相手を気遣うような一文が後に続きます。 「時節柄」は春夏秋冬に関わらず年中使える言葉 「時節柄」は、ある特定の季節や時代を指しているわけではないので1年中使えます。 もし挨拶文に季節感や時代背景を表現したい場合は、「時節柄」の前後にそのことがわかる言葉やフレーズを付け加えましょう。 季節を表す「時節柄」の使い方と例文 季節や四季の気候を表す「時節柄」を使う場合は、基本的に「このような季節なので〇〇してください」と相手を気遣うフレーズと組み合わせて使います。 「時節柄」と同じように、その時期にふさわしいこと・ちょうどその時期であることを表しています。 2つの言葉の指す時期の範囲は異なっているので、使い方・場面には注意しましょう。 「時節柄」の最適な季節や時期を表す意味合いと似ています。 「時候」には社会の情勢などの意味は含まれていません。 「折柄」は社会情勢を表すよりも、季節や時期を表すことに使われることが多いです。 「seasonable」・・・【形】時節柄の、季節にふさわしい、タイムリーな.

次の