セブン きみ の プリン。 セブンイレブン隠れた自信作!160円「きみのプリン」が地味すごだった件

セブンーイレブン、イトーヨーカドーなどで手に入る『セブンプレミアムの新商品』(2020年4月15日付)〜『きみだけのプリン』洗わずそのまま食べられる『10品目のミックスサラダ』など

セブン きみ の プリン

「きみのプリン」のレビュー まずは、「 きみのプリン」から食べていきます。 値段は 159円(税込)で、カロリーは 149kcalです。 原材料は、上記のようになっています。 色は、 普通の一般的なプリンよりは黄色い気がします。 ただ、今回は「窯焼きとろ生カスタードプリン」と比べているので、 黄色い印象は「窯焼きとろ生カスタードプリン」の方に付いてしまいました。 【商品紹介】 卵黄を15%使用し、じっくりとスチームオーブンで焼き上げ、口どけ豊かななめらか食感に仕上げました。 黄身の濃厚なコクとミルクの味わいに、自家製のほろ苦いカラメルソースが合わさり、まろやかで深みのある味わいをお楽しみいただけます。 以上、公式HPより それでは、一口頂きます。 うん、 普通においしいです。 商品紹介にあるように、 確かに黄身を感じますし、 ミルクの優しい甘さもあるように思います。 固さについては、 しっかり固まっているので、スプーンですくっていても、しっかりとすくえます。 もちろん、 口当たりはなめらかで、食べやすいプリンです。 一番下の カラメルソースは、量は少なめながらも、 ほのかな苦みもあるカラメルソースでした。 「窯焼きとろ生カスタードプリン」のレビュー さて、続いては「 窯焼きとろ生カスタードプリン」を食べていきます。 よくあるプリンと違って、 上に膜が張っているのも、 本格的なプリンを思わせます。 値段は 192円(税込)で、カロリーは 249kcalです。 原材料は、上記のようになっています。 色は、さきほどの「きみのプリン」のところで記載してしまったのですが、 かなり黄色です! なんだか見た目から カスタードが濃厚そうです。 【商品紹介】 じっくり蒸し焼きした、こだわり卵の濃厚な味わいが感じられるとろ生食感のプリンです。 ほろ苦いカラメルソースがプリンの味を引き立てます。 以上、公式HPより それでは、一口頂きます。 お、おいしーーいです。 カスタード感を強く感じるせいか、 「窯焼きとろ生カスタードプリン」の方が、濃厚だと思いました。 これって、 エグロワイヤルという卵を使っているからなんでしょうか。 エグロワイヤルとは、「 パティシエの声から生まれた卵」とのシールが商品に記載されていました。 それから、名前に「 とろ生」と入っているだけあって、 固さも「きみのプリン」より、とろとろしています。 固まっている部分と、とろーっとしている部分を兼ね備えているプリンで、 かなり口どけがなめらかです。 一番下の カラメルソースも、結構たっぷりと入っているうえに、 しっかりとほろ苦さもあって、 私の好きなカラメルソースの味でした。 【ちょっとブレイク】食べ比べ中の小話 食べ比べ中の小話ですが、実は今回「 きみのプリン」を半分ほど食べ終えたところで、「 窯焼きとろ生カスタードプリン」を食べました。 私の印象が薄まっているだけだと思うので、「きみのプリン」も十分濃厚という意見も分かる気がします。 汗 総合評価 最後に総合評価です。 私の独断と偏見にはなりますが、 なめらかさと 濃厚さを星で評価すると、 【 なめらかさ】 きみのプリン.

次の

【セブン】「きみのプリン」VS「窯焼きとろ生カスタードプリン」を食べ比べて、レビューしました。

セブン きみ の プリン

ARNE編集部が「ファミリーマート」「セブンイレブン」「ローソン」「ミニストップ」の定番系のプリン8種類を食べ比べました。 個人的な感想をお届けします! 今回食べ比べたプリン 『窯出し とろけるプリン』(ファミリーマート) 画像:ARNE編集部 「コクと旨みのこだわり卵」を使用したプリンです。 画像:ARNE編集部 スプーンですくった感触としてはプリンの中ではかなり柔らかめ。 口に入れると、とろっとなめらかな舌触りです。 プリンの部分だけで食べてもちゃんと甘くて楽しめて、年齢問わず、幅広く好まれる味わいだと思います。 深みのある味わいになります。 カラメルソースはほろ苦ながらちゃんと甘さもある、程よい風味で、このカラメルがプリンの味わいを引き立てています。 ちゃんとおいしい後にこの値段を見たら「これはコスパいい!」と感じずにはいられません。 「プリン食べたいな」と思った時に食べて満足できる量と味です。 濃厚なプリンに合うように、苦味の効いたカラメルソースを使用しているそうです。 食感だけでいうなら、プリンというよりレアチーズケーキのよう(しかも、わりとかための)と言った方が近いかもしれません。 バニラ感があって濃厚な味わい。 カラメルソースはしっかりと苦みと存在感があるから、リッチな味わいのプリンにもぴったりです。 画像:ARNE編集部 黄色い膜が表面に張っているのは、窯焼きだからでしょうか。 口に含むと、柔らかい口当たりで、外側はやや固め。 とろけるというより、手作り感のあるなめらかさで、蒸し焼きプリンらしい仕上がりです。 味わいは、ミルク感というよりも卵の風味を強く感じます。 セブンイレブンのスイーツには「エグパティシエール」という卵が利用されてあることが多いのですが、この卵、甘みが強く後味がすっきりするのが特徴なのだそうです。 確かに、しっかり甘い。 まるで濃厚なカスタードクリームを食べているようです。 底の方にはほろ苦いカラメルソースが入っていて、これまたプリンの味を引き立てます。 量もたっぷり。 「セブンプレミアム」の表記は、セブン-イレブンが本気を出している印です。 前よりさらにキュンとしちゃう名前になったように、濃厚な卵黄のおいしさが前面に! このプリンにも、もちろん「エグパティシエール」というセブンイレブンこだわりの卵が、そしてその卵の「黄身だけ」を使用されているという贅沢さ。 卵の風味はしっかり感じますが、甘さは控えめ。 ぷるるん、つるんとした舌ざわりです。 プリンの甘さが控えめなだけに、カラメルがとってもいい仕事をします。 甘みと苦味を感じるカラメル、そしてスチームオーブンでじっくりと焼き上げたというプリンの舌触りのなめらかさ。 なんともバランスのよい一品。 そしてカロリーも控えめ。 名作です。 プリンなのにまるでチーズケーキのようなみっちり密度が詰まったかための食感。 どっしりとした存在感に、「あれ?プリン?」と最初はちょっと驚きます。 でも口に入れると、一転、とても滑らかで柔らかな食感。 カラメルの個性は控えめで、卵感を際立たせています。 甘さは控えめで上品。 コンビニスイーツと知らずに食べたら、どこかのケーキ屋さんと思うのではないでしょうか。 コーヒーは濃いめがおすすめです。 先日SNSで話題になっていたのを思い出して、このプリンをブランデーに一晩浸けて食べてみました。 高級なお店で食べるデザートのようになりましたよ。 卵の風味はそこまで強くなく、ゼリーのようにプルンプルンのカラメルをはっきり感じられます。 小腹が空いているときにもよい、食べごたえのあるティータイム・カフェタイム向きスイーツでした。 チーズケーキ寄りの舌触りなので、こんなの食べたことなかった!という面白さも味わえます。 たまごのコクたっぷりでボリュームを感じさせる仕上がりです。 カラメルソースを一緒に味わうと、ほろ苦さと香ばしさ、甘みが深まり、いっそう濃厚に。 たまごの風味よりクリーム感が前面に出ているのも特徴。 甘さ控えめで、カラメルソースと合わさって程よい上品な味わいです。 口に入れるとトロリととろけます。 クリーミーで濃厚ミルクの味が口いっぱいに広がります。 「今」と「昔」を並べてみました 画像:ARNE編集部 見た目では「今プリン」が色白で、「昔プリン」はたまご色が濃いめに出ています。 どちらもカップ底にキャラメルソース入り。 「今」はクリーミーなカスタードが好きな人に、「昔」は卵たっぷりの手作りの味わいが好きな人におすすめです。 皆さんも、ぜひ参考にしてみてくださいね。 投稿 コンビニ4社の人気プリンを徹底レポート!全8種を編集部が一気に食べ比べ<コンビニスイーツ> は ARNE に最初に表示されました。 【関連記事】•

次の

【セブン】“きみだけのプリン”名前もキュートなプリンが超美味って噂知ってる?

セブン きみ の プリン

ちょうどいい苦味でした やはりこちらも「これはこれで」案件でしたが、各コンビニのイタリアンプリン比較も楽しいですね! 【追記】セブンイレブン『イタリアンプリン』• 固さ/5• 卵感/3• カラメルの苦味/4 ついにセブンに固いプリンが!という噂を聞きつけ、早速購入してきました。 結論から言うと、プリンというより、新食感のチーズケーキです。 固さ評価は5段階評価の8くらい。 プリンとしてのマックス値を超えています。 弾力のある固さではなく、むっちり密度がある羊羹のような固さです。 味もチーズ風味です。 そこまでチーズが強いわけではないのですが、カスタードプリンの口になっていたのでびっくりしてしまいました。 「固いプリン」を期待して食べるのは全くオススメしませんが、チーズとカラメルが合うのは新発見。 濃厚で食べ応えがあって早速ヒットしているのも頷けます。 これはこれとしてどうぞ! 【追記】ファミリーマート『窯出しプリンのパフェ』• 固さ/5• 卵感/2• カラメルの苦味/3 プリン、クリーム、スポンジ、カラメル風のゼリーなどが層になったパフェタイプのプリンです。 固さはしっかりありますが、これは… ゼラチン感が強い。 風味はプッチン系で、これだけボリュームがあるとくどく感じてしまいました。 そもそも素朴系を目指していないのは一目瞭然なので、潔いのではないでしょうか。 このタイプのプリンが好きな方にはたまらないと思うんですけど、むっちり蒸しプリンを期待させるネーミングはあんまりよろしくないかなぁ。 【おすすめ】ローソン『クラシックプリン』• 固さ/5• 卵感/4• カラメルの苦味/4 早速ですが、今回「コンビニで買える固いプリン」として自信を持ってオススメできるのは、この『クラシックプリン』一択でした。 他のプリンとは、スプーンを入れた時の抵抗が違います。 これ!これこれ! 味も、卵と牛乳を感じるシンプルで懐かしい風味です。 クリームは邪魔だと思っていたのですが、変なしつこさがなく、プリンとマッチして美味しかったです。 なくてもいいけど。 星をマイナス1したのは、理想のプリンに求める「香ばしさ」が弱い点ですね。 それでもコンビニで買えるなら十分です。 また、こちらも原材料に ゼラチンが入っています。 ゼラチン感は控えめですが、気になる人はやっぱり気になるかも。 製造元のコスモフーズさんはオリジナル商品を確認できなかったので、これはローソンでしか食べられないプリンなのかもしれません。 オハヨー乳業『新鮮卵のこんがり焼プリン』• 固さ/2• 卵感/2• カラメルの苦味/3 こちらはファミリーマートで購入しました。 ふわとろじゃないものは、焼プリンタイプしか置いていないコンビニがほとんどでした。 (焼プリンも好きなんですけど、焼プリンは焼プリンなんですよねぇ) 感触は、しっとり柔らかいです。 コンビニプリン全体の中ではしっかりめの部類だと思いますが、「固いプリン」ではないですね。 卵よりもミルク感を強く感じたので卵感は2にしました。 カラメルは程よく甘く、苦味は弱いです。 安定感のある優しい味でいつでも食べられるプリンです! セブンイレブン『たまごの風味豊かな直火焼プリン』• 固さ/3• 卵感/3• カラメルの苦味/3 『クラシックプリン』の評価とは離れますが、次点のオススメはこちら。 オハヨーさんの『新鮮卵のこんがり焼プリン』と似ているな〜と思ったら、製造がオハヨー乳業、製造所も同じ工場でした。 原料表記が違うのでおそらく中身は同じではなく、実際にセブンの方が固く、卵感を強めに感じます。 「これぞ固いプリン!」とは言えませんが、しっかり弾力もあり、すくっても形を保っています。 食べやすいサイズと値段、程よい甘みが食後のデザートにもぴったり。 しっかりプリン好きの方のデイリープリンとして推したいです! セブンイレブン『きみのプリン』• 固さ/1• 卵感/3• カラメルの苦味/2 これは私のチョイスミス。 「黄身とミルクを贅沢に使用。 」というコピーから、素材感強めの素朴系プリンだと思ったのですが、クリーミーな超濃厚プリンでした。 セブンのシュークリームの中身の味がします(笑) 95gと小ぶりですが、本当に濃厚なのでちょうどいい(むしろ多い)。 このタイプのプリンがお好きな方は大満足だと思います。 ただ今回は完全なるチョイスミス。 「固いプリン」をお求めの方はご注意ください。 森永『森永の焼プリン』• 固さ/2• 卵感/2• カラメルの苦味/2 セブンイレブンで購入。 さすが12年連続売上No. 1、程よい甘さのバランスがいいプリンです。 オハヨーさんの焼プリン同様、卵よりミルクの優しさを感じます。 こちらもコンビニプリン全体の中ではしっかりめの部類ですが、弾力があるような「固いプリン」ではありません。 オハヨーさんの焼プリンはまろっとする柔らかさで、こちらはサラっとした柔らかさ。 カラメルもパッケージに書いてあるような「ほろにが」さはあまり感じませんでした。 さっぱり優しいプリンを食べたい時にオススメです。 【番外編だけど優勝】eMitas しっかり卵のこんがり焼プリン• 固さ/4• 卵感/4• カラメルの苦味/3 ナチュラルローソンも含めていいのなら、間違いなく優勝です! スコアはクラシックプリンの方が高いのですが、本当の蒸し焼きプリンにしか出せない口当たり、香ばしさ、素材感は唯一無二!「固いプリン好き」の方が求めているのは、きっとこのタイプではないでしょうか。 固さは、蒸し焼きプリンの中では普通くらいでしょうか。 卵感は程々で濃厚というよりはあっさりタイプですが、変なものが入っていない素朴なお味で美味しいです。 さらさらのカラメルは結構甘みが強いですね。 お値段は230円でした。 製造元はプレシアさん。 eMitasは、無添加原料や添加物の少ない原料を厳選し、安心安全な商品にこだわったシリーズだそうです。 近所にナチュラルローソンがある方は、ぜひ探してみてください。 【番外編】ハーゲンダッツ カスタードプディング• 固さ/-• 卵感/4• カラメルの苦味/5 ミニストップで発見したのでついでに購入。 これ結構前の期間限定だと思うのですが、ミニストップはそういう品揃えがいいです。 これ!カラメルソースがめちゃくちゃ美味しい!!!濃厚で、ほろ苦で、香ばしい理想の味です。 冷凍だからできるクオリティなんですかね。 これをクラシックプリンにかけて食べたい。 アイス自体も卵とクリームの濃厚な風味です。 さすがハーゲンダッツ。 まとめ 結論としては、2020年4月現在、 「コンビニで買える固いプリン」として自信を持ってオススメできる商品はローソン『クラシックプリン』一択でした。 食べ比べ以前に、やっぱり存在してないんですよね。 背景としては、固めプリンを作るときの「じっくり蒸し焼きにする」という工程が、チルドスイーツのプラスチックカップでは難しいのだと思います。 調べてみると、森永さんが「焼きプリン」を開発した背景にもすさまじい企業努力があったようです。 ありがとうございます。 コンビニ各社様、製菓メーカー様が、固くて素朴で香ばしい、しっかり系プリンを開発・発売してくださった暁には、嬉しくて踊ります。 大量に買います。 めちゃくちゃ勧めます。 何卒よろしくお願いします。 また新たな「固いプリン」を見つけたらレポートしたいと思います!.

次の