らるらりら みんなのうた。 OAU、 NHK『みんなのうた』に書き下ろした「世界の地図」を配信限定リリース

桑田佳祐や鶴瓶も絶賛の『みんなのうた』半崎美子の伝説|NEWSポストセブン

らるらりら みんなのうた

『お弁当ばこのうた』が話題の歌手・半崎美子 1961年に放送開始となったNHK『みんなのうた』。 NHKのテレビ・ラジオで放送されている5分間の音楽番組で、これまでその時代を代表する1400曲以上の国民的愛唱歌を生み出してきた。 子供から大人まで、幅広い世代から支持を集めている同番組は、2か月ごとに楽曲が変わるのだが、この春、その選曲に大きな注目が集まった。 V6の『太陽と月のこどもたち』、AKB48の『願いごとの持ち腐れ』と並んで選ばれた半崎美子(36才)のメジャーデビュー曲『お弁当ばこのうた~あなたへのお手紙~』。 愛情のこもった弁当を手紙代わりに、子供の成長をそっと見守る母の姿が描かれたこの歌が話題になっている。 というのも、V6とAKB48の歌は、これまでのセオリー通り、2分20秒の放送。 しかし半崎の歌は4分40秒のフルバージョンで放送されているのだ。 同番組のエグゼクティブプロデューサー・高橋良次さんがその理由を明かす。 「ぼくたちにはたくさんの曲をみなさんに届けたいとの思いがあって、ここ数年は2分20秒をベースにしています。 ただ半崎さんの曲にはストーリー性があるのでカットすることなく放送することにしたんです」 半崎の曲は、同番組のために1年以上の時間をかけて書き下ろされたものと言うが、まだデビュー前の、まったく無名の歌手に、どうして白羽の矢が立ったのか? 「『みんなのうた』は、聴いているかたの夢とか希望の配達人になってくれる人に楽曲提供をお願いしています。 その時の反響を同番組ディレクターの広瀬玲さんが言う。 「正直、メロディーなどは、ものすごく新しいという感じはしないんですが、やっぱり声ですかね。 デビューの年齢としては決して若くはない。 19才で音楽に目覚め、生まれ育った北海道から、縁もゆかりもない東京へ乗り込んでから16年あまり。 ようやく彼女は花を咲かせた。 昨年12月には桑田佳祐(61才)が自身のラジオ番組で半崎の『ふたりの砂時計』を取り上げた。 それも「2016年の邦楽シングル・ベスト10」として。 笑福亭鶴瓶(65才)が、半崎が両親のことを歌った『永遠の絆』を自身のラジオ番組で流したのは2009年のこと。 東日本大震災直後にできた『希望の桜』は、鶴瓶が名付け親だ。 しかし、そもそも半崎は、どうやって鶴瓶と知り合ったのか? 半崎は懐かしそうに語った。

次の

アボガド6と須田景凪のタッグ再び NHKみんなのうたに新曲「Carol」

らるらりら みんなのうた

自然と人間の共存がテーマ。 初夏にふさわしくハワイアンのエッセンスを含んだ楽曲。 作中の「ぼく」は大地 地球。 「キミ」はちょっと色の浅黒いポリネシア風の小さな女の子。 女の子はビーチでヤシの木が揺れ、鳥が遊びに来たりすると大喜びで一緒に歌ったり、雨が降ると大きな葉っぱの下でカエルと雨のしずくのリズムに合わせフラを踊ったり、花が朽ちていく様子を見ると淋しくて、大泣きしたりするような子のイメージ。 車が走ったり、ビル工事の騒音で自然の音 歌 がかき消されても、「ぼくはここにいるよ、どこにもいかないよ」 とやさしく口ずさみます。 ハワイで育ったChiyoTia(チヨティア )さんが自然への感謝を込めて作ったこの曲を美しい色彩でお届けします。 【イラスト/下平晃道さんより】 「僕はここにいるどこにもいかないよ」という詩が表す、「僕」や「ここ」が何を表すのか。 何度も聴いているうちに、そこから見えてきたのは、包みこむような柔らかさだけではなく、静かで逞(たくま)しさが含まれた、海や街や自然のある景色でした。 そこへは主人公の少女のように、誰でも行くことができます。 チヨティアさんの開放感にあふれた歌声、メロディ、そして印象的なギターのフレーズが、わたしたちをそこへ連れて行ってくれるのではないでしょうか。 【アニメーション/せきやすこさんより】 チヨティアさんの伸びやかな歌声と下平さんのイラストの優しく輝く世界観の中に風や光をより感じられるよう心がけてアニメーションにしました。 穏やかで開放的な世界に身を委ねて楽しんでいただけると嬉しいです。

次の

Amazon

らるらりら みんなのうた

自然と人間の共存がテーマ。 初夏にふさわしくハワイアンのエッセンスを含んだ楽曲。 作中の「ぼく」は大地 地球。 「キミ」はちょっと色の浅黒いポリネシア風の小さな女の子。 女の子はビーチでヤシの木が揺れ、鳥が遊びに来たりすると大喜びで一緒に歌ったり、雨が降ると大きな葉っぱの下でカエルと雨のしずくのリズムに合わせフラを踊ったり、花が朽ちていく様子を見ると淋しくて、大泣きしたりするような子のイメージ。 車が走ったり、ビル工事の騒音で自然の音 歌 がかき消されても、「ぼくはここにいるよ、どこにもいかないよ」 とやさしく口ずさみます。 ハワイで育ったChiyoTia(チヨティア )さんが自然への感謝を込めて作ったこの曲を美しい色彩でお届けします。 【イラスト/下平晃道さんより】 「僕はここにいるどこにもいかないよ」という詩が表す、「僕」や「ここ」が何を表すのか。 何度も聴いているうちに、そこから見えてきたのは、包みこむような柔らかさだけではなく、静かで逞(たくま)しさが含まれた、海や街や自然のある景色でした。 そこへは主人公の少女のように、誰でも行くことができます。 チヨティアさんの開放感にあふれた歌声、メロディ、そして印象的なギターのフレーズが、わたしたちをそこへ連れて行ってくれるのではないでしょうか。 【アニメーション/せきやすこさんより】 チヨティアさんの伸びやかな歌声と下平さんのイラストの優しく輝く世界観の中に風や光をより感じられるよう心がけてアニメーションにしました。 穏やかで開放的な世界に身を委ねて楽しんでいただけると嬉しいです。

次の