ゼネラル リサーチ 評判。 ゼネラルエンジニアリングの評判・口コミ・評価の一覧

探偵事務所ジェネラルリサーチについて徹底調査~口コミ評判あり

ゼネラル リサーチ 評判

回答者 3. 3 入社を決めた理由: 海外で働きたかったから。 主に海外に製品を売っている会社であったため、海外駐在枠として入社した。 面接時は1年以内にいくと言われていたが、当たり前だがやはり、他の社員の状況による。 以外と駐在したという人は多くそれなりの競争率だと思う。 基本的には担当エリアがあるのである程度一人で自分が担当している範囲を回せるようになってから 駐在要員としての可能性が出てくる。 また、担当業務上、セールスと設計の両方に関わる機会が多かったが、とにかく設計担当が忙しいそうだった印象がある。 アフターサービス絡みで質問する機会が多いが、レスポンスは鈍い。 しかし、怠けている訳ではなさそうでいつも遅くまで働いているようだ。 基本的に仕事ができる人はめちゃくちゃ忙しい、できない人は割と暇そうだった。 そして、忙しい人がボトルネックとなって全体的な仕事が上手く回っていないことが多かった。 組織的に何とかしようとか、もう少し仕事をいろんな人に分配しようとかはあまり意識は感じなかった。 モチベーションが高い社員と低い社員の差が激しい印象があった。 ただ、給料面では個人的には満足だった。 エアコン業界は基本的に景気がよく、中途入社にもかかわらずボーナスは予想以上にもらっていた。 もちろん上司にもよるが、社員評価精度を見直すなどしてそれなりに対等な評価をしてようという意識はあるように感じた。 回答者 3. 1 働きがい: 規模が大きくないので若手でも意見を求められ裁量のある仕事を任せられることがあります。 好きな仕事であれば十分やりがいを持って働けると思います。 福利厚生はほどほどにあります。 割引優待の受けられる施設が多く利用者も多いです。 また、社員同士の交流の場であるイベントが多く好きな人にとってはいいと思います。 あまり好きではない人にとっては、意味がありません。 また、労働組合がとても強くイベントもあります。 社員が強制的に協力させられる部分もあり大変なこともあります。 成長・キャリア開発: キャリア形成については不十分なところがあります。 社員から見てビジョンや目標を描きにくいところがある印象です。

次の

ゼネラルリサーチ株式会社|インターネットリサーチ会社比較サポーター【主要20社以上から厳選】無料一括見積もり

ゼネラル リサーチ 評判

この度、ゼネラルリサーチ株式会社(代表取締役:五條 寿朗、本社:東京都渋谷区)は、「キャッシュレス決済」に関する調査を、全国20代〜60代のキャッシュレス決済ユーザーを対象に実施いたしました。 2019年はさまざまなキャッシュレス決済の方法が普及し、多くの方がポイント還元の恩恵を受けました。 こうした背景には、2019年10月1日の消費税率引上げに伴う消費の冷え込みを抑えるべく、一定期間に限り中・小規模事業者によるキャッシュレス決済を使ったポイント還元等を支援する、 「キャッシュレス・ポイント還元事業」を日本政府が行ったことにあります。 日本がキャッシュレス決済を推進する理由は他にもあり、2020年の東京オリンピック・パラリンピックを踏まえて、決済の利便性・効率性を上げてインバウンドの消費拡大を図ったり、ビッグデータの利活用、お金の流れを明確化したりすることを目的としています。 (経済産業省:「キャッシュレス・ビジョン」より) しかし、昨今はクレジットカードのスキミングによる不正利用や、キャッシュレス決済における個人情報の流出でサービスを停止したり、さまざまな不安が残ります。 こうした流れを受けて、現代におけるキャッシュレス決済ユーザーはどのように感じているのでしょうか。 1.キャッシュレス決済における利用者や利用率について <図1> まず、今回の調査では キャッシュレス決済を利用している方の割合は8割以上(82. では、どのような決済方法を利用しているのか、年齢・性別に分けて調査してみました。 <図2> さまざまな決済方法が挙げられましたが、決済方法によっては年代によって利用率に変化があることが分かります。 クレジットカードでの決済は年齢が上がるほど利用率は高まり、反対に20代の利用率は60代に比べて20ポイント程下がっています。 背景としてクレジットカードの利用は審査を必要とするため、年代による所持率そのものが違うということが考えられます。 また、家計を管理する際は現金に比べてクレジットカードによる決済の方が分かりやすいという利点から、年代が上がるにつれ利用率が高まっていることが予想されます。 次に、近年キャッシュレス決済でシェアを伸ばしているQRコード決済に注目してみると、PayPay ペイペイ 、LINE Pay、メルペイなどは年代が若くなるにつれて利用率が上がっていることが分かります。 QRコード決済はスマホなどのアプリを通して決済することや、若い世代は情報の伝達が早い傾向にあるため、スマホの操作に抵抗の無い世代ほどこのようなサービスを利用しているのではないでしょうか。 <図3> 「キャッシュレス決済を利用し始めたきっかけを教えてください」と質問したところ、「支払いが便利だから」と「ポイント還元が魅力的だから」といった回答が中心に挙がりましたが、男性は支払い時の利便性を求め、女性は支払い時のポイント還元を求めていることが分かります。 この結果は、家計における支払いの実権を、男性と女性でどちらが握っているかといったことにもつながりそうな結果となりました。 2.キャッシュレス決済のポイント還元事業について 前項でのキャッシュレス決済を利用するきっかけとして、「ポイント還元が魅力的だから」という回答が上位に挙げられましたが、政府主導のポイント還元制度は2020年6月で終了となります。 そこで、「キャッシュレス決済によるポイント還元が2020年6月で終了することはご存知でしたか?」と質問したところ、8割近くの方が『はい(78. <図4> 60代の9割近くが6月で終了することを知っているのに対し、20代では6割台と大きな開きがありました。 キャッシュレス決済に関連した情報は主にニュース番組やニュースサイトなどで取り扱われることが多く、そうしたメディアをよく利用したり、情報に関心が高かったりする世代による認知度が高いという結果になりました。 もちろん、6月の終了を前に大々的にアナウンスはされるでしょうが、それに備えた計画的な利用を今から始めることで、ポイントを有効に利用できるかどうかの差がつくことが考えられます。 <図5> また、「ポイント還元が終了しても利用し続けますか?」と質問したところ、9割近くの方が「はい」(86. 利用し続ける理由としては、ポイント還元事業の開始前からキャッシュレス決済を利用していたり、決済時の利便性を感じたりしているといった意見が多数を占めていました。 反対に利用しなくなる理由としては、キャッシュレス決済におけるポイント還元を主な目的にしていたり、決済方法を不便に感じているなどの意見が多く挙げられました。 キャッシュレス決済に関しては、ポイント還元などのキャンペーンに関わらず、利用者のライフスタイルに合った方法で各種サービスを利用しているため、今後も世代別によるその利用率に大きな変化はないでしょう。 3.キャッシュレス社会に思うこと 現代の日本では冒頭で述べた通り、キャッシュレス決済を推進しています。 そうした流れを受け、実際の利用者はこの現状をどのように感じているのでしょうか。 <図6> 「キャッシュレス社会は良いと思いますか?不安に思いますか?」と質問したところ、およそ7割の方が「良いと思う」(69. 主な理由としては「利便性」が挙げられますが、「不安に思う」(31. 「キャッシュレス社会で不安に思うことを教えてください」と質問したところ、「個人情報の流出」(43. <図7> 最後に、「今後決済はどちらを中心に行いますか?」と質問したところ、7割近くの方が「現金以外の決済方法」(67. 今後新たな決済方法が確立され、利便性や還元率などが向上されることで、新規のキャッシュレス決済ユーザーはさらに増加していくことでしょう。 総括 東京オリンピック・パラリンピックの終了後は公共事業やインバウンドの減少による景気の冷え込みが懸念されており、対策のひとつとして今回調査した「キャッシュレス決済」が注目されています。 こうしたポイント還元のキャンペーンを大々的に行うことにより、これまで現金での支払いが多かった方に対し、キャッシュレス決済がより身近になることでしょう。 また、現状の利用率や現金との支払い比率を逆転させる手立ては今後発表されるのでしょうか。 ゼネラルリサーチでは、今後も引き続き調査を継続してまいります。

次の

富士通ゼネラル 「社員クチコミ」 就職・転職の採用企業リサーチ OpenWork(旧:Vorkers)

ゼネラル リサーチ 評判

1,538万人以上のモニターを活用したインターネットリサーチ調査で、御社と商品価値を最大化するプロフェッショナルサービスを提供しております。 代表的な実績業界• 食品・飲料• 広告・マスコミ• サービス業• 不動産• 美容・健康• 人材紹介 調査テーマ実績例• 消費者実態把握• CM認知度• パッケージテスト• 製品評価• ブランド評価• 競合比較• 顧客満足度(CS)• 認知度・好感度• 利用実態• 市場実態• 商圏・エリア• 備考 サービスの特徴 国内最大規模のモニター数 1,538万人 以上 調査対象者数が多いからこそ、信頼できる客観的なデータをお届けすることが可能になります。 5000種類以上の属性データでセグメント設定可能 公正な調査を実現するために、豊富な属性パネルから隔たりのない調査対象情報の抽出を行います。 スマホ・タブレット等の様々なデバイスにも対応が可能です。 自由な調査設計を可能にする調査票設計システムです。 質問順ランダマイズ機能、ロジック分岐機能、ページ分割機能、変数設定カスタマイズ機能、パスワード付きプレビュー機能 【実績業界】 業界 飲料メーカー様 実績内容 男女、年代別で好まれるパッケージデザイン・文章内容の傾向を定量分析し、製品デザイン・販路選定の意思決定に貢献。 業界 エステサロン経営会社様 実績内容 運営店舗が他店に対して持っている優位性・弱点となっているポイントを定量データで実証し、新規店舗のエリア選定・内装デザイン等の意思決定に貢献。 業界 人材紹介会社様 実績内容 第三者機関によるアンケート調査として利用者様の匿名性を担保したことで、回答率が高まり、直接は言いにくい率直な意見がより多く吸い上げることができ、サービスの向上に貢献。

次の