ブス の 瞳 に 恋し てる 加藤 シゲアキ。 ブスの瞳に恋してる 第3回 2006年4月25日(火)放送 (秘)合コン大作戦!!

NE from TV

ブス の 瞳 に 恋し てる 加藤 シゲアキ

村上知子が主演で、モデルが鈴木おさむ・大島美幸夫婦だから、もっと笑えるドラマだと思ってた。 実際は第一話を見た限りでは、村上のブスさを笑っちゃいけないような雰囲気。 回を追うごとに笑えるようになるのだろうか。 村上はまだ演技が固いように思えた。 MEGUMIも滝沢沙織もまだ仲良しな雰囲気が出し切れてないような気がした。 蛯原友里も、顔はすっごくキレイなのに演技は・・・ 笑。 声のトーンがCMの時と全く同じだから、ドラマでも今にも「エビの数だけ幸せになろう!」って言いそう。 稲垣吾郎は安心して見れる感じ。 どんな役やってもゴローちゃんはゴローちゃんなんだけど。 プロデューサー役の相馬一之はずいぶん太ったなあ〜ちょっとビックリした。 忍成修吾は稲垣を慕うやる気マンマンの明るい部下の役のようだけど、 これまでのドラマの役やオダギリジョーと出てるCMのイメージが強くて、 そのうち稲垣を裏切ったり歯向かったりするんじゃないかって気がしてしまう。 ストーリー的には、おもしろいドラマなのかそうじゃないのかまだよくわからない。 第一話ではおさむ(稲垣)の心の中がわかりにくかった。 「あなたがやってることは人で笑わせること」 っていう美幸(村上)の言葉の意味を本当に理解していたのかなあ?ブスなままでいたほうがおもしろい、なんて 結局人のブスを笑うってことにならないのだろうか?? まあ、これから話がどう展開していくのか、もうしばらく見てみよう。 おもしろかった。 今回のおさむ(稲垣吾郎)の行動はすごくいいなと思った。 いくら素材として美幸(村上知子)がほしくても、本人の夢を奪う権利 なんて誰にもないもんね。 もっとも、おさむは完全に美幸を諦めた 訳じゃなくオーディションが終わればまた口説きに行くつもりだった んじゃないかなとは思うけど。 美幸の一挙手一投足をおもしろがるの、わかるな〜。 ホントに美幸って存在そのものがおもしろいって感じ。 事務所の社長(佐藤二郎)もラーメン屋の店長?(室井滋)も 美幸のお笑いの才能を見抜いてるみたいだし。 美幸が先におさむを好きになっちゃうんだあ。 長〜い片思いになるんだろうな。 どんな風におさむの心を惹きつけて恋を実らせるのだろうか?楽しみだ。 それにしても村上って、森三中のみんなといる時は意外にかわいいのかな って思ってたけどこうやってドラマのヒロインとして見るとやっぱり・・・ 笑。 演技もあまりうまくないと思う。 話しながら目をパチパチさせたり眉毛を動かしたりするところが不自然。 お芝居してる演技と普通の演技とがあまり違わなくてちゃんと 演じ分けられてない気がする。 上手になればもっとドラマがおもしろくなるのになー。 第三話もおもしろかった。 女優にこだわってる時の美幸を演じてる時の村上知子はいかにも演技 って感じで不自然だけど、今回の村上は自然な演技でよかった。 MEGUMIと滝沢沙織もそれぞれのキャラがだんだんはっきりしてきた。 おさむ(稲垣吾郎)には彼女がいて美幸はおもしろ対象でしかないと はっきり知ってるのは今のところ翔子(MEGUMI)だけ。 あんなかわいい彼女いるって美幸が知ったらすごい落ち込むだろうなあ。 女3人で作戦会議やってた場面はありきたりな感じでシラけたけど、 出前に出かけておさむがいなくてガッカリするところとかガラス越しに 彼を見つけてすごく嬉しくなるところとか、恋の始まりってそんな感じ だよな〜ってほのぼのした気持ちになった。 ファッションショーで美幸がおばちゃんのカッコしてみんなを笑わせてる シーンは、笑えるところなのになぜか涙が出てきた。 あんなに笑われる事を嫌がってたのに、好きな人の為に体張れるなんて すごい。 おさむを笑いの中にいさせる為に昔の辛い思い出を押し込んで 笑顔を振りまいてる美幸がケナゲでジーンときてしまった。 なのにおさむはただの「上機嫌」なんだよな〜美幸のこんな気持ちに 気がつくのはいつなんだろう。 でも既にこの頃からおさむの「新しい時計の針はもう動き出していた」 らしい。 美幸の事を考えると元カノ(井川遥)との事がオーバーラップ するみたいだけど、元カノとの間には何があったのだろう? こっちも気になるなー。 おもしろかった。 美幸(村上知子)がついにおさむ(稲垣吾郎)に 告白。 正直最初の頃は美幸の告白ってあんまり見たくないなあと 思ったりもしたけど、すごくいい告白だったと思う。 つい言っちゃった、 あの状況では言うしかなかった、っていう自然な流れもよかった。 その後車の中で「好きという二文字はとても大切」というラジオの メッセージをしみじみ聞くおさむもよかった。 美幸の告白を後押しして くれてる感じがして嬉しかったな。 美幸は本当におさむが好きなんだなという事が今回はよくわかった。 お笑いの天性の才能を持ってても、おさむの為じゃないと全然発揮 できないんだもんなあ。 恋の力ってホント偉大。 おさむの中で美幸は、単なるオモシロ対象から夢に向かって頑張ってる一人 の人間っていう風に変化してきたように感じる。 美幸の純粋な姿勢はおさむの昔と重なる部分があって、応援したくなる のかもしれないな。 友美(蛯原友里)は女の直感なのか、美幸に危機感を持ってる様子。 ヘアメイクの男性?(山咲トオル)に二人の付き合いをバラしたのも、 世間に認めさせて有名構成作家の彼を独り占めしておくためなのだろう。 で、最後にいよいよおさむの元カノ・美也子(井川遥)登場。 友美よりもこちらの方がずっとずっと強敵だ! 二人に何があったのか、どういういきさつでおさむは美也子ではなく 美幸を選ぶのか、楽しみだ。 第五話は美幸(村上知子)がおさむ(稲垣吾郎)に告白した続きから。 正直なところ、おさむがなぜこれほど美幸を意識するのかよくわからな くておさむに感情移入しづらい部分があった。 結局、友美(蛯原友里)の事は好きでたまらないという程では なく、美也子(井川遥)の事は忘れられないけどいつか会えるという 保障はどこにもなく、今一番「気になる」のが美幸なんだと思う。 美幸は本当に健気だなあ。 あの手紙は最初はおさむへのお別れの言葉を書いてたんだろうな。 でも今までありがとうという気持ちで書いてるうちに、おさむの為に 何かしてあげたくなったのだろう。 おさむが美幸の夢を応援したように、美幸もおさむのお笑いへの熱い 思いを理解して協力したかったんだな。 それから!ついに美也子が空想ではなく現実の姿で登場。 一話の間で何度も何度も出会いそうで出会わなくて、最後まで楽しま せてもらった。 で今出会っちゃだめ〜!ってタイミングで見事に再会 笑。 美也子がおさむの前から姿を消したのは、二人でいる写真を撮られた 事が原因なのかなあ。 売れない女優と駆け出しの構成作家を狙う写真誌なんてあるの?? まだその辺りはよくわからないな。 予告ではおさむと美也子がまたくっつきそうな雰囲気。 美也子の存在を知ったらまた美幸は落ち込むんだろうなあ。 第六話は、おさむ(稲垣吾郎)と美也子(井川遥)が偶然再会した 続きから。 とりあえず美幸(村上知子)の元へ向かいはしたけど「また 会いに来たいと思ってる」って言うのが精一杯だったみたいだ。 もしあの時美也子と再会してなかったら、おさむは美幸がもっともっと 喜ぶ別の言葉を言うつもりだったのかもしれない。 でも美幸にはあの言葉で十分だったようで。 だからサマーセーターをプレゼントっていうのもどうかと思うけど、 私も「会いたい」って言葉は「好き」と同じくらい好きだから有頂天 になる美幸の気持ちはわかるなあ。 「彼を思う時間をプレゼントしてあげて下さい」っていうラジオの言葉もすごく胸 に響いた。 最初の頃はクサイこと言ってるなーって思ってたけど、 結構いいこと言ってるしだんだん楽しみになってきた。 美也子が突然いなくなったのはそういう事情があったんだ。 好きな人のために夢も恋も捨てられるなんて、美也子は本当におさむが 好きだったんだなあ。 美也子の7年間も相当つらかっただろう。 いなくなった理由がわからないと前へ進めないとおさむが言ったのは、 たぶん美幸の事が頭にあったのだろうけど、実際自分の為に美也子が 姿を消した事を知ったら、今度こそ美也子を幸せにしなくちゃって 思って当然だな。 今はもう美也子は女優じゃないからおさむと付き合っても何も問題ないし。 美幸は今度こそきっぱり諦める事ができるのだろうか?? このドラマは早くも第七話。 今回もおもしろかった。 おさむ(稲垣吾郎)と美也子(井川遥)が抱き合ってるところを見た 美幸(村上知子)は、プレゼントをバイト先のロッカーに隠し元気な 振りをして帰宅。 ルームシェアって楽しそうだけどこういう時は余計な気を使ったり嘘 ついたりしなきゃいけないのがツライな。 翔子(MEGUMI)や弥生(滝沢沙織)も美幸がこういう行動に出る のは予想してたんじゃないかな。 明るく帰ってきたとしてもただ気を 使ってるだけかもしれないから様子をちゃんと見守っていようね、って。 それから事務所からのクビ宣告。 そりゃあ実家にも帰りたくなるわなあ。 美幸の父親の「ヤな事があれば帰ってくればいい。 ここはお前のうち なんだから」って言葉がすごくあったかくて、号泣する美幸見てもらい 泣きしてしまった。 一方おさむと美也子は急接近。 特に美也子はよりを戻す気マンマンのよう。 おさむの態度が何となくはっきりしない気がしたのは、友美(蛯原友里) という彼女がいるからだろうか? 今2人は仕事を通して刺激を与え合ってる感じで、美幸を見て想像力を かき立てられる辺りは似た者同士だなと思う。 うまくいってる間はいいけど一度衝突するとどちらも折れなくて 修復不可能ってとこまでいきそうだ。 次回は仕事関係でおさむと美也子の間で何か起こりそうな雰囲気。 実家に帰った美幸は店長(室井滋)が言ってた「いちばん下まで落ちてみて 初めて見える答えがある」その「答え」を見つける事ができるのだろうか。 次回も楽しみだ。 今回は美幸(村上知子)が実家に戻った続きから。 事務所の後輩に様子を見に行かせるなんて、事務所の社長(佐藤二郎)は クビにした美幸の事が心配なんだなあ。 以前美幸がドラマの役のためにプロレスの練習を頑張った時も頭撫でで 「よくやった」って誉めてたし、すごくあったかい人だなと思う。 美幸は今回の帰省で、笑いに対するイメージが変わったみたいだ。 B2の笑いや父親(渡辺哲)の笑顔に美幸自身が救われて、初めて 以前おさむ(稲垣吾郎)が言ってた「笑いは人を幸せにする」という意味が理解 できたのだろう。 前回の店長が言ってた「いちばん下まで落ちて初めて見える答え」や、 ラジオでの「なくした事で見える今まで気付かなかった景色」が、 美幸にとっては笑いの素晴らしさだったのかな。 それにしても、村上は演技がすごく上手になったなあ! 泣くシーンもとっても自然で、ちゃんと感情移入できてる感じ。 だけどエビちゃんは・・・モデル業に浸かり過ぎて表情を作るのが クセになってるのかな? 役になりきってるって感じがイマイチしない。 まーあれだけキレイでオマケに芝居まで上手だったら出来すぎか。 おさむの方は、結局美也子(井川遥)より仕事を取ったという形になった。 美也子は納得してるようだけど、どこか無理してるような気もする。 7年前とは違い今は2人ともがそれぞれの仕事に没頭してそれぞれの世界 があり、それぞれプライドを持ってるから、刺激し合う事はあっても 以前のように支え合う関係には戻れないんじゃないかなあ。 さて次回は、予告では美幸は完全におさむと美也子を応援する側に。 本当に心から2人がうまくいってほしいと思ってるみたいだ。 一方友美(蛯原友里)はおさむを諦めきれず、美也子と直接対決。 美也子が大人の余裕でかわすのかな。 来週も楽しみだ。 このドラマはもう第九話。 いよいよ終盤、佳境だ。 今回は美幸(村上知子)が東京に戻ったところから。 お笑いの道へ進む事は完璧に気持ちが固まったようで、積極的に笑わせ ようと頑張ってた。 だけどおさむ(稲垣吾郎)への気持ちはまた完全に断ち切れてないみたいだ。 一人になると切なくなったりもするのに、好きな人の幸せを願って 一生懸命になり自分は身を引くなんて、なかなかできる事じゃない。 2人が早く結婚してくれた方が諦めがつきやすいっていう考えも少しはあった ようにも思うけど。 美也子(井川遥)の言う事は、理解できるようなできないような。 確かにおさむが一番必要としてるものは一緒に大笑いできる相手なのかも しれないけど、それと恋愛とは別なんじゃないのかなあ? どうせ私はおさむを笑わせられないって拗ねた気持ちと、仕事ばかりで 自分を見てくれない事への寂しさが、美也子の女心の本心のような気がする。 おさむは美也子に寂しい思いをさせないって言ってたけど、あんな 仕事人間では無理だろうな。 「おさむを好きになるとみんなどっか悲しい思いをする」「おさむは ずるい」って言った美也子の言葉の意味をわかってるのなあ。 それから謎の歌手MIYU。 正体は本当にあの人なんだろうか。 めちゃくちゃ歌うまいし!! でも松本(忍成修吾)も「パンチのきいた顔」って言ってたから 間違いなさそう。 ん〜歌ってるところ、絶対見てみたい!! それからここにきてようやく上島(松重豊)のキャラがつかめてきた。 めちゃくちゃ悪人顔で仕事のできる人なんだけど、笑っていいんだよね? B3の練習見て「いいもんみーっけ」って言ってたの、あれは笑って いいんだよね? 笑 さて次回は予告によるとB3は絶好調の様子。 MIYUの姿も少しは見られそうだ。 それからおさむのプロポーズ。 あれは美幸に向けられたもののように 見えたんだけど。 来週も楽しみだ。 今回はイマイチだった。 やっぱりおさむ(稲垣吾郎)が中心に描かれた部分は感情移入が できなくてピンとこない事が多い。 プロポーズはやはり美幸(村上知子)に向けられたものだったか。 確かに原作は交際0日でプロポーズだしそこは絶対外せないんだけど、 プロポーズは最終回のラストのセリフにした方がドラマチックだったのになあ。 事実をそのままドラマにすると逆にリアリティがなくなってシラけて しまう事ってあると思うし、本人の鈴木おさむ氏だって本当のところ 何で出会ってすぐプロポーズしてしまったのかよくわからないと思う。 そこを多少脚色してでも視聴者が納得できるようにしてあればよかったのになあ。 おさむの母(朝丘雪路)を突然登場させて結婚をせっつかせて プロポーズにつなげたところも何かイヤだ。 偶然友美(蛯原友里)の生け花の先生でもあるという設定も、母の登場の 唐突さをカバーしてる感じがしてイヤだ。 最終回では教会にいるおさむの元へウエディングドレスを着た美幸 (村上知子)と同じくウエディング姿の友美が鉢合わせするらしい。 こんなところだけ現実離れした脚色されてもなあ・・・。 ただMIYUのシーンは素直におもしろかった。 私もあの場にいたらおさむたちと同じ反応してたかも。 マジメに歌うMIYUとマジメに聞くスタッフ、それから声を殺して 笑い転げるおさむたちとの対比がおもしろくてよかった。 さて次回は美幸がプロポーズされた続きから。 美幸目線の話だと感情移入しやすくておもしろいんだけどな〜。 今回はおもしろかった。 最終回の一話前らしくすごく盛り上がった回だったと思う。 それに細かいオモシロ演出もよかった。 美幸(村上知子)と清水(加藤成亮)が歩くシーンで、ただでさえ身長差のある2人なのに 清水がさらに一段高いところを歩いてものすごい身長差で会話 するところとか、ベンチに銅像が座ってるところ、おさむ(稲垣吾郎)とバイク便 のお兄さんが何気に競争するところとか。 美幸の涙には何回ももらい泣きしてしまった。 特に女3人で泣くシーンはホントよかった。 現実なら「美幸はもう傷つかない」なんて言い切っちゃっていいの〜? って感じだけど、まあドラマだし美幸がほしかった言葉だからいいのかな。 この3人はドラマが始まった頃はぎこちなかったけど今じゃ親友に ちゃんと見える。 おさむの母(朝丘雪路)と友美(蛯原友里)は・・・やっぱりヘン。 話を十二話までひっぱるためにわざとネタを付け足したみたい。 この2人の繋がりはせめて第四話くらいから伏線があればよかったのになあ。 それに友美があんまりマジメに頑張ってるとかわいそうになってくる。 おさむの番組が終わって仕事がなくなって、友美は急に冷めて離れていく、 みたいなキャラでいいような・・・。 美幸の父親(渡辺哲)はいかにも娘を持つ父親の反応って感じでよかった。 すごく味のあるいいお父さんだなあ。 おさむの言葉もよかった。 初めておさむの心の中がよくわかった。 このシーンでびしっとキメるためにこれまでおさむの心の中を あんまりはっきり見せなかったのかな、と思うくらい。 おさむがなぜ美幸と結婚したいのか、やっと納得できた気がする。 トイレの前で必死で自分の思いを話す姿がとてもかっこよくて美幸が うらやましかった。 B3はダメだったのかな?? 次回はいよいよ最終回。 結末はわかってるからその過程と、できれば結婚後の新婚生活なんかで 楽しませてほしいな。 さて最終回。 中途半端なラストが続く中、このドラマはいかにもな最終回で逆に 新鮮だった。 みんながいい人になりギクシャクしてた間柄は仲直り、登場人物 全員が主人公を理解し応援する。 一話全体が主に結婚式の日のシーンだった事もありずっとお祭りの ようだった。 ラストカットもまさにハッピーエンドって感じで、やっぱりこういう 終わり方がすっきりしてていいのかな。 「教会でウエディング姿の美幸(村上知子)と友美(蛯原友里)が 鉢合わせ」なんて番宣聞いたからどんな状況?!って思ってたら、 なんて事はない、友美は撮影してただけだった。 やられた〜。 翔子(MEGUMI)たちがブーケトスの練習をしてるところと、 どすこいラーメンの店長(室井滋)が上島(松重豊)の事を「使えない AD」って言ってたところはおもしろかった。 総じて、脚本は特に印象に残るセリフがなかったし、同じ事をよく 言ってたりして少し語彙が少ないような気がした。 音楽は主題歌がドラマによく合ってたし、挿入歌もよかった。 MIYUがこの先歌番組に出る事はないのかなあ。 本当に大島美幸が歌ってるのか、ぜひ確かめてみたい。 キャスティングはみんなが無難に演技しててよかった。 村上は回を追うごとに演技がうまくなってたと思う。

次の

ブスの瞳に恋してる 第3回 2006年4月25日(火)放送 (秘)合コン大作戦!!

ブス の 瞳 に 恋し てる 加藤 シゲアキ

おさむ(稲垣吾郎)と美也子(井川遥)が抱き合う姿を目撃した美幸(村上知子)は、おさむに声をかけることなくその場を去った。 サマーニット作りを手伝ってくれた翔子(MEGUMI)や弥生(滝沢沙織)にプレゼントを渡せなかったことが言えず、うまくいったとウソをつき1人落ち込む美幸。 後日、井之頭(佐藤二朗)に呼び出された美幸は、先々真っ白なスケジュール表を見せられ、引退を勧められた。 事実上のクビだ。 25歳を過ぎても芽が出ない人には引退を勧めるのが事務所の方針だと告げる井之頭に、美幸はただ素直にうなずくことしかできず、事務所を後にした。 一方、7年前の誤解の解けたおさむと美也子は順調で、脚本家としてドラマを書き始めた美也子がおさむに相談を持ち掛けるなど、着実に距離が縮まっていく2人。 そんなある日、「どすこいラーメン」に美也子がやってきた。 美也子がおさむと抱き合っていた相手だとすぐにわかった美幸は激しく動揺するが、事情を知らない里中(室井滋)は美幸の様子に首をひねるばかり。 怒られて落ち込むADを「どすこいラーメン」に連れてきて励ます松本(忍成修吾)に「そんなことで落ち込んでたら、私なんてどん底だよ」と笑いながら話し、さらにプレゼントのことを聞かれても「渡さなかった」と明るく話す美幸。 その空元気を心配する清水(加藤成亮)だか、里中から本人から話すまでは放っておくのがいいと言われてしまう。 同じく、翔子と弥生も何も言わない美幸に心配を募らせていた。 美幸の状況や、会えないまま返信の来ないメールを送り寂しい思いをしている友美(蛯原友里)の気持ちにまったく気付かないおさむ。 仕事の相談ではあるものの美也子とメールを交換したり、深夜のファミレスで一緒に仕事をするなど、すっかり以前のような関係に戻りつつあった。 そんな2人の関係に気付いた竹田は、おさむに、美幸に2人のことを告げるべきだと助言。 心のどこかで美幸のことを気にしていたおさむは、うなずき「どすこいラーメン」へ向かった。 話したいことがあると、おさむは美幸を外に連れ出した。

次の

ブスの瞳に恋してる 第7回 2006年5月23日(火)放送 愛と夢を失う日

ブス の 瞳 に 恋し てる 加藤 シゲアキ

来歴 [ ] で生まれ 、4歳からで 、10歳からで育った。 子供の頃から芸能界に興味があったことと 、自身が習っていたピアノをステージで弾いていたの姿を見て憧れたこともあり 、母親がジャニーズ好きの友人に相談し、小学4年生の時にに履歴書を送った。 、小学6年生の時に連絡がきて オーディションを経て入所したものの 、中学受験が控えた時期でタイミングが悪かったため、すぐに休みを願い出ることになってしまう。 その時は躊躇なく活動を休止したが生意気に思われてしまい、受験後事務所に連絡しても社長のに取り次いでもらえなかった。 しかし諦めず社長に直接電話したところ 、理解を示し、当時に通っていたのを紹介してくれたという。 そして無事にに進み 、事務所でレッスンを開始。 同年8月の系『』でドラマデビューを果たす。 、「」(『』イメージソング)でとしてデビュー。 、「」(『』イメージソング)でNEWSとしてメジャーデビュー。 にを卒業。 から放送開始のテレビドラマ『』で連続ドラマ初主演。 、活動名を「加藤成亮」から「加藤シゲアキ」に変更し、『』で小説家デビューすることを発表。 翌に同書を発売し、デビューを果たした。 11月25日発売の第2作『閃光スクランブル』、発売の第3作『Burn. -バーン-』までの3作品は、東京のおよびを舞台とした内容となっており、「渋谷サーガ」とも称される。 1月に『ピンクとグレー』は映画化され 、『傘をもたない蟻たちは』も連続ドラマ化された。 には『ピンクとグレー』の翻訳版が台湾、香港、マカオで発売された。 未成年との飲酒で反省文を事務所に促される。 2020年、自身の短編小説「」を舞台化し、脚本家デビューする。 人物 [ ] 事務所でレッスンを始めてからは次々に仕事が入り、ジャニーズJr. の中から選りすぐりのメンバーで結成されたNEWSのメンバーにも選ばれエリートコースを歩み始める。 しかし加藤はその中では存在感が薄く、自ら仕事をかって出ても事務所関係者に「加藤はいいや」と言われてしまうこともあった。 危機感を抱き、情緒不安定になるが 、グループの休業やメンバーの脱退を機に改めて自分の強みを考え、「書くことだったら、ジャニーズの誰よりもやってきた」と事務所に小説を書きたい意志を告げ、小説家としての道を歩み始めた。 最も影響を受けた小説には『』(訳)を挙げている。 出演 [ ] グループでの活動については、を参照 テレビドラマ [ ]• 第5回「友達のJ君」(1999年8月8日) - 主演• 第16回「吊り下がる」(2000年10月22日) - 主演• (2000年4月 - 6月、日本テレビ) - マサル 役• 「the 1st Dates: 史上最悪の初デート!? 」(2000年12月3日、日本テレビ) - 池田シンゴ 役• 少年は鳥になった(2001年4月1日、)• (TBS) - 長谷川賢 役• (2001年9月 - 2002年3月)• (2005年1月 - 2005年12月)• ファイナル「最後の贈る言葉」(2011年3月27日)• 第9話(2004年6月11日、TBS) - 稲葉 役• 「家が遠い」(2005年9月 - 11月) - 小島 役• 「カーラヂオが終われば」(2006年8月8日 - 21日) - 主演・上野 役• (2006年4月 - 6月、フジテレビ) - 清水浩太 役• (2006年9月13日、TBS) - 主演・阿部朋成 役• (2007年7月 - 8月、TBS) - 大杉健太 役• (2007年12月6日、) - 主演・姿三四郎 役• (2008年4月 - 6月、日本テレビ) - 片瀬理一郎 役• (2009年11月16日、TBS) - 小野寺優 役• Third Story「完璧な男」(2009年12月11日 - 25日、フジテレビ) - 主演・矢崎 役• (2010年4月 - 7月、)- 主演 ・徳田一男 役• シリーズ(TBS) - 羽島一平 役• 月曜ゴールデン「新・示談交渉人 裏ファイル」(2011年3月7日)• 月曜ゴールデン「新・示談交渉人 裏ファイル2」(2012年8月13日)• 月曜ゴールデン「新・示談交渉人 裏ファイル3」(2014年4月21日)• 月曜ゴールデン「新・示談交渉人 裏ファイル4」(2014年12月8日)• (2011年7月 - 9月、TBS) - 益子正三郎 役• 3夜連続スペシャルドラマ 第3夜(2012年4月7日、TBS) - 熊谷将太 役• (2012年10月 - 12月、制作・TBS) - 遅井 役• (2014年1月 - 3月、フジテレビ) - 関谷宏彰 役• 新春ドラマスペシャル「」(2015年1月3日、フジテレビ) - 江口悟 役• (2016年1月9日 - 30日、フジテレビ)- 村田啓介 役• (2016年7月 - 8月、日本テレビ) - 矢野和孝 役• 「」(2016年8月27日、日本テレビ)- 主演・新井淑則 役• (2017年1月12日 - 3月16日、フジテレビ) - 青山年雄 役• (2017年8月26日、日本テレビ)- 役• (2018年7月15日 - 9月16日、日本テレビ) - 主演・宇海零 役• (2018年12月24日、フジテレビ) - 主演・ 役• 第3話(2019年2月4日、テレビ東京) - 山根和弘 役• (2019年12月21日、フジテレビ) - 主演・ 役• (2020年7月 - 〈予定〉、日本テレビ) - 灰谷純 役 バラエティ番組 [ ]• (2011年4月22日 - 2011年9月、テレビ東京) - パネリスト• (2012年4月6日 - 2015年3月27日、日本テレビ系)• (2015年6月26日 - 、BSフジ・フジテレビ) - MC:・加藤シゲアキ• (2015年7月20日・27日、日本テレビ系) - MC:小山慶一郎・加藤シゲアキ• ZERO Cultureスピンオフ アイドルの今、コレカラ(2015年7月30日、日本テレビ)- 対談:・・加藤シゲアキ• いのちのうた2017(2017年8月9日〔中国地方先行放送〕・8月18日〔全国放送〕 、NHK総合) - MC• いのちのうたフェス(2018年7月30日〔中国地方先行放送〕・8月6日〔全国放送〕) - メインMC• 旅する落語(2018年4月1日、フジテレビ) 情報番組 [ ]• (2015年3月30日 -2019年9月27日 、TBS)金曜レギュラー 映画 [ ]• (2016年1月9日公開、) - ラジオ番組 [ ]• (2005年4月 - 2008年3月30日、)• (2011年7月3日 - 、)• シゲゴリの土曜日(2012年4月7日 - 2015年3月28日、)• (2015年4月4日 - 2016年3月26日、NHKラジオ第1放送) 舞台 [ ]• こんなんやってみました。 Burn. 染色 - 初出:角川書店『』2014年10月号• Undress - 初出:『』2014年9月16日・9月23日合併号 - 10月28日号、連載全5回 (「アンドレス」改題)• 恋愛小説(仮) - 初出:角川書店『』2014年12月号• イガヌの雨 - 初出:角川書店『』vol. インターセプト - 初出:角川書店『小説 野性時代』2015年3月号• おれさまのいうとおり (文庫版のみの収録) - 初出:角川書店『小説 野性時代』2016年8月号• 「」のオマージュ• にべもなく、よるべもなく - 書き下ろし• チュベローズで待ってる【AGE22・AGE32】(2017年12月12日 扶桑社 ・)• 前半部は扶桑社『週刊SPA! 』2016年6月14日号 - 11月22日号に掲載 、後半部は書き下ろし 中国語繁体字版 [ ] すべて加藤成亮名義。 紅的告別式Pink and Gray(2017年1月25日 台湾角川、2017年2月1日 香港角川 翻訳:許金玉 )• 閃光交叉口(2017年7月27日 台湾角川、2017年8月3日 香港角川 翻訳:許金玉 )• Burn. (2017年9月27日 台湾角川、 2017年10月4日 香港角川 翻訳:許金玉 )• 不撐傘的螞蟻們(2017年12月25日 台湾角川、2018年1月1日 香港角川 翻訳:許金玉 ) エッセイ [ ]• できることならスティードで(2020年3月6日 )• キューバの黎明 - 『』2016年春季号• できることならスティードで(『小説トリッパー』2016年冬季号 - 2019年冬季号)• 他に書き下ろしのエッセイ1篇「Last Trip 未定」と、掌篇小説3篇「intermission 1 がまし」「intermission 2 ヴォルール デ アムール」「intermission 3 ホンダ スティード 400」を収録 アンソロジー収録作品 [ ] 「」内が加藤シゲアキの作品 小説• 行きたくない(2019年6月14日 角川文庫 )• 「ポケット」 - 書き下ろし エッセイ• ベスト・エッセイ2018(2018年6月15日 )• 「できることならスティードで・Trip4岡山」 - 初出:朝日新聞出版『小説トリッパー』2017年秋季号 単行本未収録作品 [ ] 小説• だいじなもの(KADOKAWA『』2016年1月号) - 「ピンクとグレー」のスピンオフ作品 エッセイ• 優しい人の、深くて暗い場所(朝日新聞出版『小説トリッパー』2018年冬季号) - 特集「の現在」に寄稿 連載 [ ] 掲載中 [ ] 小説• ミアキス・シンフォニー(『』2097号 - 不定期連載)• オルタネート(『』2020年1月号 - ) エッセイ• シゲアキのクラウド( 2015年11月 - ) 掲載終了 [ ] エッセイ• 吾輩はシゲである(Johnny's web 2005年 - 2008年)• 青い独り言(『Myojo』2006年7月号 - 2011年6月号)• photo shigenic(『』2007年12月号 - 2016年3月号)• GIRL FRIENDS(『』2012年5月号 - 2019年10月号) 作品 [ ] ソロ曲• HAPPY MUSIC(作詞・作曲:加藤成亮、編曲:日比野裕史)- DVD『』収録。 後にアルバム『』に収録。 カカオ(作詞・作曲:加藤成亮、編曲:星野孝文)- DVD『』収録。 後にアルバム『NEWS BEST』に収録。 シャララ タンバリン(作詞・作曲:加藤成亮、編曲:日比野裕史)- DVD『』収録。 後にアルバム『NEWS BEST』に収録。 ヴァンパイアはかく語りき(作詞:加藤シゲアキ、作曲・編曲:)- シングル「」収録。 Dreamcatcher(作詞・作曲:加藤シゲアキ、編曲:中西亮輔)- アルバム『』収録。 ESCORT(作詞・作曲:加藤シゲアキ、編曲:Ryusuke Nakanishi)- アルバム『』収録。 星の王子さま(作詞・作曲:加藤シゲアキ、編曲:中西亮輔)- アルバム『』収録。 あやめ(作詞・作曲:加藤シゲアキ、編曲:芳賀政哉・中西亮輔)- アルバム『』収録。 氷温(作詞・作曲:加藤シゲアキ、編曲:高橋諒・中西亮輔) - アルバム『』収録。 世界(作詞・作曲:加藤シゲアキ、編曲:中西亮輔)- アルバム『』収録。 Narrative(作詞・作曲:加藤シゲアキ、編曲:加藤シゲアキ・中西亮輔)- アルバム『』収録。 ROAD(作詞:山下智久・加藤成亮、作曲:加藤成亮)- JASRAC作品コード:132-4948-7。 楽曲制作• OVER(作詞:手越祐也・加藤成亮、作曲:加藤成亮)- JASRAC作品コード:122-6132-7(NEWS名義曲)。 ごみ箱(作詞:手越祐也・加藤成亮、作曲:加藤成亮) - JASRAC作品コード:124-6230-6(NEWS名義曲)。 『NEWS BEST〈初回盤〉』収録。 JUST DO IT(作詞・作曲:加藤成亮)- JASRAC作品コード:130-6720-6(NEWS名義曲)。 NEWSICAL(作詞:加藤シゲアキ、作曲:中西亮輔・ヒロイズム、編曲:中西亮輔・黒田賢一) - JASRAC作品コード:233-6861-6(NEWS名義曲)。 『』収録。 メディア・ミックス [ ] 映画 [ ]• (2016年1月9日、、監督:、主演:) テレビドラマ [ ]• (2016年1月9日 - 1月30日、フジテレビ、全4話、主演:) 舞台 [ ]• (2012年 - 2013年、角川グループパブリッシング〈あすかコミックスDX〉、全2巻) 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 2014年1月5日. 2014年4月21日閲覧。 Johnny's net. 2015年8月11日閲覧。 2011年11月23日閲覧。 Johnny's web. 2018年9月2日閲覧。 携帯で直接URLにアクセスした時のみ確認可能。 Johnny's webからはリンクされていません。 スポニチ Sponichi Annex. 2011年11月23日. の2016年5月26日時点におけるアーカイブ。 2017年5月12日閲覧。 -Daily-. 2018年5月1日. の2018年6月9日時点におけるアーカイブ。 2018年6月9日閲覧。 ネットネイティブ 2018年3月23日. 2018年10月7日閲覧。 インタビュアー:国分敦. の2016年5月6日時点におけるアーカイブ。 2017年5月12日閲覧。 2016年12月30日. 2018年10月7日閲覧。 2014年3月24日. エキレビ!. 2014年3月24日閲覧。 シネマカフェ 株式会社イード. 2015年1月14日. 2015年11月17日閲覧。 SANSPO. COM 株式会社 産経デジタル. 2015年11月17日. 2015年11月17日閲覧。 2018年3月14日閲覧。 ORICON NEWS. 2018年6月7日. 2018年6月7日閲覧。 スポーツ報知. 2020年3月14日. 2020年3月15日閲覧。 2016年8月7日. 2016年11月1日閲覧。 日刊大衆 2016年8月27日. 2016年11月1日閲覧。 T-SITEニュース. TSUTAYA 2015年12月8日. 2017年7月31日時点のよりアーカイブ。 2016年11月1日閲覧。 2015年6月27日. 2015年8月11日閲覧。 2011年3月7日. 2017年7月5日閲覧。 劇団演技者公式サイト. の2005年10月1日時点におけるアーカイブ。 劇団演技者公式サイト. の2006年10月8日時点におけるアーカイブ。 2006年1月28日. の2006年2月3日時点におけるアーカイブ。 2006年8月18日. の2016年5月8日時点におけるアーカイブ。 2017年5月12日閲覧。 2006年6月5日. の2007年6月7日時点におけるアーカイブ。 2007年10月22日. の2009年5月17日時点におけるアーカイブ。 2017年5月12日閲覧。 2008年3月11日. の2008年3月14日時点におけるアーカイブ。 2016年5月8日閲覧。 2009年3月15日. の2009年4月18日時点におけるアーカイブ。 2009年9月14日. の2009年9月6日時点におけるアーカイブ。 2010年2月13日. の2010年2月14日時点におけるアーカイブ。 2011年5月31日. 2017年7月5日閲覧。 2012年3月8日. の2012年3月7日時点におけるアーカイブ。 2012年9月6日. 2017年7月5日閲覧。 エンタメOVO. 2013年12月9日. 2017年5月27日閲覧。 2014年11月27日. 2017年7月5日閲覧。 2015年11月17日. 2015年12月3日閲覧。 2016年6月7日. 2016年6月7日閲覧。 ORICON STYLE. 2016年6月23日. 2016年6月23日閲覧。 戸塚安友奈 2017年2月10日. Real Sound. 2017年7月5日閲覧。 マイナビニュース. 2017年7月24日閲覧。 サンケイスポーツ. 2018年5月8日. 2018年5月8日閲覧。 シネマトゥデイ 株式会社シネマトゥデイ. 2018年10月26日. 2018年10月26日閲覧。 音楽ナタリー. 2018年1月14日. 2019年1月16日閲覧。 映画ナタリー ナターシャ. 2019年9月30日. 2019年12月5日閲覧。 コミックナタリー ナターシャ. 2020年4月19日. 2020年4月19日閲覧。 2011年4月9日. 2017年7月5日閲覧。 2012年3月22日. の2015年4月2日時点におけるアーカイブ。 2015年6月12日. 2017年7月5日閲覧。 2015年9月17日. 2015年9月20日閲覧。 2015年12月25日. 2016年1月6日閲覧。 2016年9月14日. 2017年7月5日閲覧。 音楽ナタリー 2015年9月19日. 2015年9月20日閲覧。 2016年1月8日. 2016年1月19日閲覧。 2016年3月16日. 2016年8月18日閲覧。 2015年12月28日. 2017年6月18日閲覧。 2016年3月7日. 2017年6月18日閲覧。 RealSound. 2015年7月31日. 2017年7月5日閲覧。 NHK 2017年. 2017年8月2日時点のよりアーカイブ。 2017年9月17日閲覧。 TV LIFE Web. 2017年6月1日. 2017年6月3日閲覧。 2018年4月27日. 2018年5月7日閲覧。 ORICON NEWS. 2018年7月23日. 2018年10月7日閲覧。 cinemacafe. net 2016年1月10日. 2016年1月19日閲覧。 2016年7月11日. 2016年8月18日閲覧。 2008年7月14日. の2009年2月4日時点におけるアーカイブ。 2016年5月8日閲覧。 2009年4月15日. 2016年6月7日閲覧。 2011年6月6日. 2016年5月8日閲覧。 シアターガイド 2014年4月18日. 2017年7月11日閲覧。 2017年7月4日. 2017年7月5日閲覧。 2016年5月26日. 2016年6月7日閲覧。 モデルプレス. ネットネイティブ 2020年1月29日. 2020年3月15日閲覧。 2016年11月17日. 2016年11月23日閲覧。 映画ナタリー 2015年12月8日. 2016年6月7日閲覧。 2018年3月27日. 2018年3月28日閲覧。 音楽ナタリー. ナターシャ 2019年12月17日. 2020年3月15日閲覧。 コミックナタリー 2012年6月23日. 2015年7月24日閲覧。 『』公式Twitterアカウント 外部リンク [ ]• - ジャニーズ事務所による公式サイト.

次の