いわき 市 新型 コロナ。 新型コロナウイルス感染症患者の発生について(3例目)

いわき市の新型コロナウイルス支援策

いわき 市 新型 コロナ

2019年の台風19号から8カ月。 被災した福島県いわき市のカレー店は新型コロナの影響でも打撃を受けているが、夫婦で支えあいながら日々奮闘していた。 商業施設の特設会場でカレーを販売する「ティートイート」 週に1回の販売だが、人気を集めている。 購入客は「フルーティな酸味も交じって、深い味わいといいますか」「定期的にちょっと食べたくなる、中毒性がある」と話す。 そんなカレーを作る和田幹之さんと絵美里さんがこの場所に出店しているのには理由があった。 2019年10月の台風19号。 和田さんの店は大きな被害を受けた。 被災した影響は今も残り、限られた設備では一度に作れる量も大幅に少なくなってしまった。 2人が出会ったのは、6年前… スパリゾートハワイアンズのフラガールとバンドメンバーで、幹之さんが作るカレーは当時から人気だった。 和田絵美里さん:「仲間に美味しいって言ってもらってそのカレーで、お店やりたいなっていう風になってきました」 移動販売を始めたのは4年前。 2年前には店を構え、軌道に乗った矢先に台風で被災。 その後、和田さんは原点に返り移動販売に活路を見出した。 しかし、今度は新型コロナの影響でイベントが相次いで中止され、売上げは3分の1まで減った。 和田絵美里さん:「振り出しどころか、もっと酷い状況になっちゃってて…販売する事が出来なくなってしまうなっていう、残念に思っています」 くじけそうになっても、2人で支え合ってきた。 和田幹之さん:「ショックな事が多かったので(1人では)続けるのは難しかったんですけど2人だとやっぱり、心強いというか、やっぱり楽しくやれるので…」 和田絵美里さん:「2人だったら何とか乗り越えていけるかなという風に思っています」 2人が作るカレーは確かにファンを獲得している。 購入客:「イベントの時とかに売っていると必ず買うっていう感じです。 とっても美味しいカレーなのでこれからも頑張ってください」 用意した55食は1時間半あまりで完売。 新型コロナの影響で販売できる機会は減ってしまったが、今度も2人で乗り越えようとしている。 和田幹之さん:「話す時間が凄く増えたので、色々絆は深くなっているのかなと思います」 和田絵美里さん:「期待に応えられるよう頑張りたいです」.

次の

新型コロナ 新たに8人感染 計60人 いわきの工場関係者ら : ニュース : 福島 : 地域 : ニュース : 読売新聞オンライン

いわき 市 新型 コロナ

市長メッセージ~いわき市新型コロナウイルス感染防止一斉行動の徹底について~(いわき市公式YouTube) いわき市新型コロナウイルス感染防止一斉行動の徹底に関する市長メッセージをいわき市公式YouTubeに公開しました。 (いわき市公式YouTube)• (いわき市公式YouTube) メッセージ内容 本日は、「いわき市新型コロナウイルス感染防止一斉行動」について、あらためて、市民の皆様、事業所等の皆様に、お知らせをさせていただきます。 国は、新型コロナウイルスの感染増加に対応するため、全国に対し、「緊急事態宣言」を発出しました。 福島県は、これを受け、4月20日、「新型コロナウイルス感染拡大防止のための緊急事態措置」を決定するとともに、4月21日から5月6日まで、県内の遊興施設等9分野の施設に休業等を要請いたしました。 いわき市においても、クラスターが発生するなど、まさに「感染急増の重大局面」を迎えております。 このため、新型コロナウイルス感染症の拡大防止に向け、人と人との接触機会をできる限り減らす取組みを行い、市民の皆様の命と健康、生活の安全と安心を確保することを目的に、4月18日(土)から5月6日(水)までの間、「いわき市新型コロナウイルス感染防止一斉行動」を実施しているところです。 このような状況を踏まえ、市役所におきましても、感染拡大防止に向けた体制強化や職員の安全確保の観点から、本日、「非常時優先業務体制」を発動いたしました。 これにより、新型コロナウイルス感染症対策に関する業務を最優先とするほか、市職員の在宅勤務、分散勤務、時差出勤等を実施することになりましたので、当面の間、市民の皆様には、特に次の2点について、御理解と御協力をお願いいたします。 1点目は、市役所への来庁の自粛です。 市職員の在宅勤務等により、通常よりも少人数での業務となる場合があり、市民の皆様には大変ご不便をおかけしますが、市民生活への影響を及ぼす事態を招かないための対応ですので、その趣旨を御理解いただき、市役所本庁舎や支所、市民サービスセンター等への来庁につきましては、必要不可欠な用務を除き、できる限り控えていただきますよう、お願いします。 2点目は、事業者等へのお願いです。 事業者等の皆様におかれましても、4月17日に発表した一斉行動の内容を踏まえ、有給休暇の取得促進や、人と人との接触の機会を減らす職場環境づくり等について、引き続き取り組んでいただきますようお願いします。 市民、事業者、関係機関などあらゆる皆様と一丸となって、感染防止に取り組まなければ、市内で更に感染が拡大し、医療崩壊を招きかねない状況にあります。 特に、来週から始まるゴールデンウィーク期間中の市民の皆様の行動が大変重要と考えておりますので、「いわき市新型コロナウイルス感染防止一斉行動」への御理解と御協力をよろしくお願いいたします。

次の

<新型コロナ>いわき市 新たに4人の感染者 小学生は市内で初めて « いわき民報公式ホームページ

いわき 市 新型 コロナ

「あっくんマン」がマスクを市民に8000枚限定配布 どこからか現れた「あっくんマン」が、福島県いわき市の市民たちに8000枚を限定にプレゼント。 新型コロナウイルス(新型肺炎)感染防止のため、医用外3層構造0・1ミクロン、微粒子99%以上カットマスクを配布している。 あっくんマンは、同市に住み、ヒーローとして社会に無名で活躍している企業人という。 「たくさんのマスクを医療従事者などに寄贈している企業などあるが、8000枚と少ないものの、社会に役立てたい。 市民がマスク不足と聞き、全ての市民には配布できないが、1人にでも行き渡ればと、感染防止用のために思いついた」と語る。 このマスクは、中国政府の認定済みマスクで、浙江省建徳市の朝美日化有限公司製のCMマスク。 このほど、大人用5000枚を配布しているが、さらに、近く3000枚の子供用マスクが中国から届くため、幼稚園などに配布したいという。 また、あっくんマンは、手作り用マスク200枚も配布したいといっている。 いわき経済報にも、あっくんマンが訪れ「市民に配ってください」とマスク1500枚を置き「中国から子供用のマスクが届いたら配ってください」と言い残して早々と去っていった。 あっくんマンYouTube動画でもコロナ注意呼びかけ あっくんマンは、ネットの動画でもコロナ感染防止をPRしており、「コロナウイルス対策についてのお願い」と題し、自覚を持って行動するよう市民や子供たちに呼びかけ、コロナ体操も行うよう動画でラジオ体操ならぬ、コロナ体操を進めている。 いわき市内ではコロナ感染者は、これまで工場従業員など男女、合計15人目が陽性と判断され、感染している。 これらの市民は、同市・保健所からPCR検査の結果、陽性と判断されたもので、濃厚接触者などの感染経路を調査中という。

次の