洗面 台 シャワー ヘッド。 伸びるシャワー付き水栓・蛇口の水漏れ原因特定と修理交換方法

INAX 大切なお知らせ:『洗面化粧台(シャワーホース引出し式)』をご愛用のお客さまへ

洗面 台 シャワー ヘッド

【水漏れの原因】 ・シャワーヘッド内に水が残っている ・蛇口のバルブが劣化・損傷している 上記2つのどちらが水漏れの原因になっているか調べるには、シャワーヘッドの水が出る面を上に向けて水漏れが止まるかどうか調べてみましょう。 上に向けて水漏れが止まる場合はシャワーヘッド内の水が漏れているだけの可能性が高く、構造上少しは漏れるものなので修理・交換で止まるものではありません。 反対に、上を向けても水漏れが止まらない場合はシャワー水栓(蛇口)本体内部にあるバルブが劣化・損傷している可能性があります。 この場合は、バルブもしくはシャワー水栓本体の交換が必要になります。 シャワーヘッドにボタンがある場合 シャワーヘッドの中には、節水対策として手元で水を出したり止めたりできるボタンがついているものがありますよね。 このタイプのシャワーヘッドの場合、何年か使っているとシャワーを使っている最中にボタンの隙間から水が漏れてくるようになり、そのまま使い続けるとボタンで水を止めているのにボタンの隙間から水が漏れることがあります。 これは、シャワーヘッド内部の部品の劣化・損傷が原因で起こる水漏れです。 シャワーヘッドは、ホームセンターやネットショップで安いものなら1,000~3,000円くらいで新品を購入できるので自分で買ってきて交換するのがおすすめです。 シャワーホースの付け根から水漏れする原因 シャワーホースとシャワー水栓本体の付け根もしくは、シャワーホースとシャワーヘッドの付け根部分から水漏れが起こっている場合。 このような場合は、両方の付け根にある「ゴムパッキン」の劣化が原因だと考えられます。 ゴムパッキンの劣化が原因かどうか調べるには、付け根部分の金具を回し外して中にあるパッキンを触ってみるとわかります。 手にゴムの色がついたり、ボロボロと部品が崩れる、固くなっていてヒビが入っているような状態であればパッキンが劣化していると分かります。 このような場合は、取り外したパッキンをホームセンターに持っていって同じサイズの部品を買って自分で交換すれば水漏れを修理することができます。 シャワー水栓・シャワーホースのメーカーや品番が分かる場合はメーカーのサポート窓口に連絡して新しい部品を注文できる場合もあります。 ただ、シャワーは毎日使うものなので急ぎで直したい場合はホームセンターで実物を持っていって同じものを購入した方が早く直せます。 シャワーの水栓本体から水漏れする原因 シャワーの水栓本体からの場合、3つの箇所から水漏れが起こる可能性があります。 ハンドル部分からの水漏れ シャワー水栓本体に取り付けられている、ハンドル部分から水がポタポタ漏れている場合。 この場合は、ハンドル内部のゴムパッキンの劣化が原因です。 ハンドル内部のゴムパッキンの交換方法などについては、下記の記事で紹介していますので心当たりのある人はチェックしてみてください。 シャワーと蛇口切り替え部分からの水漏れ お風呂場(浴室)の水栓には、シャワーと蛇口の水の切り替えができるハンドルがついているかと思います。 この切り替え部分にもバルブが使われており、バルブが故障すると水漏れが起こります。 切り替えバルブの構造は、製品によって異なるため自分で修理もしくは交換をする場合は設計図を取り寄せて構造をしっかり確認してから作業をしましょう。 シールテープ(防水テープ)を使った応急処置については、下記で紹介しております。 バルブ本体の故障による水漏れ シャワー水栓本体の吐水口やカランから水漏れが起こっている場合。 この場合は、水栓本体の開閉バルブが故障している可能性があります。 開閉バルブについても、切り替えバルブと同様に製品によって構造が異なるため自分で修理もしくは交換をする場合は設計図を取り寄せて構造をしっかり確認してから作業をしましょう。 自分で修理が無理な場合は、業者に依頼しましょう。 シャワーヘッド・ホースの水漏れ修理方法 細かい水栓部品の入れ替えなどは自分でやろうとして修理不可能な状態になって水道屋に依頼される方が多いため、今回は水道設備修理の知識がない人でもできる、簡単な水漏れ修理の方法を2つご紹介いたします。 シャワーホースの「パッキン」交換方法 シャワーホースの付け根部分のパッキンの劣化による水漏れの場合、ゴムパッキンを交換するだけで水漏れを修理できる場合があります。 シャワーホースの付け根といっても、シャワーヘッドとの繋ぎ目部分と、シャワー水栓本体との繋ぎ目部分の二箇所があります。 両方とも、部品を緩めるだけで簡単に交換ができますので、ご説明いたします。 パッキン交換手順 必要な道具は、交換するパッキン、マイナスドライバーです。 【手順】 1. 最初に、シャワー水栓本体の止水栓をマイナスドライバーを使って締めて置きます。 もしも、止水栓が見当たらない・分からないという場合は家の大元の止水栓を締めて水を止めてください。 シャワーヘッド付け根の金具を手で固定して、シャワーヘッド本体をくるくる回して取り外します。 シャワーヘッド本体を取り外すと、金具の内側に黒いパッキンが入っています。 それを用意した新しいパッキンに交換して、組み立てなおしたらシャワーヘッド付け根のパッキンの交換は完了です。 シャワー水栓本体とシャワーホースの付け根部分も、シャワーヘッドと同様に手で金具を緩めて取り外します。 金具の中に黒いパッキンが入っているので、それを新しいパッキンと取り替えます。 元通り組み立てなおせたら、止水栓を開けて水を流してみましょう。 水が漏れてこなくなれば、修理完了です。 もしも、パッキンを交換しても水が漏れてくるという場合は別の原因が考えられます。 シールテープ(防水テープ)を使った水漏れ修理方法 シャワー水栓本体の切り替えバルブから水が漏れている場合。 本来であれば、水栓本体を分解して切り替えバルブを交換もしくは水栓本体を交換する必要があります。 しかし、一時的な応急処置としてシールテープ(防水テープ)を使って水漏れを修理することができます。 切り替えバルブの水漏れ応急処置手順 必要な道具は、プラスドライバー、マイナスドライバーとシールテープです。

次の

洗面台のシャワーホースが水漏れする!自分で交換すれば部品代だけ!

洗面 台 シャワー ヘッド

シャワーヘッドからチョロチョロ止まらない場合、ヘッドの故障、あるいは蛇口のレバー部分 のパッキンやバルブが故障しているかも知れません。 シャワーヘッドを上向き(天井に向け)にして水が溢れてくるか確認してみましょう。 これで水が出るようであれば、ヘッドの故障またはパッキンやバルブの可能性があります。 ヘッドを取り外して中の水を抜いてあげましょう。 これで水漏れが止まるようなら、シャワーヘッド内の残留水なので問題はなく水漏れは発生していません。 多くの場合はこのパッキンを交換すれば、シャワー水栓の水漏れが解消できるはずです。 止水栓か元栓を締めて水を止めます。 ヘッドとホースを取り外します。 ホース側の古いパッキンを新品と交換します。 逆の手順で元通りに戻します。 シャワー水栓のパッキン程度ならホームセンターで販売されていることが多いので、確実に同じサイズのパッキンを購入できます。 ホース自体の破損や劣化が原因なら、ホース自体を取り替えれば問題解決です。 パッキン同様ホームセンターでも購入できますが、できれば純正の商品に交換しましょう。 ホースはシャワー水栓の一部なので、他のメーカーを使うとまたすぐに水漏れする可能性が高くなります。 分解手順も種類によっては複雑なので、ホースのみの交換なら新品に取り替えたほうが後々の費用を抑えることもできます。 蛇口本体ですと、安いもので1~3万ほどで購入できます。 水栓の仕組みさえ分かればホースの交換は可能。 ただし、動画でもご紹介されていますが、 混合栓のホースの交換は自己責任で行いましょう。 壊れないように、必ず説明書をよく読んでくださいね。 どうしても難しいと思ったら、すぐに修理業者への連絡を検討してください。 緩みなど、定期的なメンテナンス• シャワーヘッドやホース内の水 残留水 を定期的に抜く• 使用時以外は止水栓を止める シャワー水栓のヘッド中にある残留水は溜まってしまうとポタポタ落ちてしまうことがあるので、 どうしても気になる場合、または可能であれば定期的にヘッドを外して水を抜いておくことで予防できます。 また、シャワー付きの混合栓は単水栓より多くの部品で構成されているので、 普段から単水栓よりも負担が大きくなりがちです。 それを考慮して設計されてはいますが、使用時以外は止水栓を締めて水の流れを止めることで、 負担による老朽化をある程度抑えることができます。 小さい効果ではありますが、水栓・蛇口の寿命を確実に伸ばす効果は期待できるでしょう。 しかし、 止水栓を締める予防方法はあくまでも理想的な話ですので、可能であれば試してみてください。

次の

シャワーヘッドのカビ取り方法を紹介!キッチンハイターの活用法

洗面 台 シャワー ヘッド

上記作業でもシャワーヘッドが外れない場合は、ホース側金具にキズが付かないようにゴム板(ホームセンターで市販されております)を巻いてプライヤーでまわしてください。 (金具を保護しないとキズが入る可能性があります)• <継手の内側にゴムリングが入っている場合> 1. 継手内の古いゴムリングを取り外し、付属の新しいゴムリング(紫色)を継手内へ取り付けます。 (図1) 2. シャワーヘッドについているゴムリングを取り外します。 (不要のため) 3. ヘッドを継手へ接続する。 (図2) <継手の内側にゴムリングが入っていない場合> シャワーヘッドを継手へ接続する。 付属のゴムリング(紫色)は使用しません。

次の