動物占い 5キャラ。 【動物占い】2021年 怖いほどよく当たる動物キャラナビ !

自分の資質をさらに深く知れる5アニマル(本質、表面、希望、意思決定、隠れ)|動物占いその2

動物占い 5キャラ

記事の目次• 動物占いとは? そもそも、動物占いとは生年月日から自分の運命を導くものです。 自分の生年月日を猿、チータ、黒ひょう、ライオン、虎、たぬき、子守熊、ゾウ、ひつじ、ペガサス、狼、こじかの12種類のどれかに当てはめて、自分の特性を占うものです。 現在は動物占いも進化していますが、どのような進化を遂げてきたのか、みてみましょう。 四柱推命をベースにして日本で生まれた そもそも、動物占いとは四柱推命をベースにしています。 四柱推命とは中国で生まれた、陰陽五行説をもとに生まれた人の命運を推察する方法で、歴史も古く、日本でも古くから取り入れられていました。 動物占いは、この四柱推命をベースとしてその考えを引き継ぐものです。 四柱推命にある十二運星と、ある種の性格分類に相関があるとするのが基本的な考えであり、心理学者の増永篤彦によって編み出されました。 性格や行動パターンなどがわかる 四柱推命における考え方のベースは、人間は自分が生まれたときの空気により、その人の命運が分かるという考えであり、高い的中率を誇っています。 動物占いは、生命の段階をベースとした四柱推命の考え方を引き継いでわかりやすくしたものなので、 単なる占いの域を通り越して「よく当たる」と評判です。 自分の動物の調べ方 自分がどの動物になっているかは、生年月日で比較的簡単に割り出せます。 自分だけでなく他人がどの動物であるのかも、知ることができるのです。 早見表・図表が必要ですが、これらは、動物占いの本や、動物占いについて書かれてあるホームページなどで簡単に見つけることができます。 生まれた年と月の交差する所の数字を探す まず 生まれた年と月を交差するところの数字を探しましょう。 1の数字に生まれた日を足す 生まれた年と月の交差する数字が分かったら、次に その数字に自分が生まれた「日」を足します。 もしその足した数字が61以上になるのなら、そこから60を引いた数字が「自分ナンバー」になります。 2で出た数字が「自分のナンバー」 どの動物かを知る上では「自分ナンバー」を知ることが必要不可欠です。 その自分ナンバーからあなたの動物キャラとカラーが判明するのです。 生年月日さえわかっていれば、誰の「自分ナンバー」でも計算できます。 身近な人との相性を鑑定するのにも使えます。 自分のナンバーの部分が自分の動物と色 自分ナンバーの部分を表に当てはめると、出た数字が自分の動物と色になります。 たとえば、1980年1月1日生まれの人であれば、自分ナンバーは10になります。 表から見た1980年1月を示す数字が9で、それに生まれた日である1を足したからです。 そして、動物キャラとカラーをチェックする表で言えば9は猿のブルーということになります。 このように、 表の見方を覚えるだけで自分の動物とカラーが見つかります。 各動物の基本の性格傾向 では、各動物はどのような性格傾向があるのでしょうか。 詳しく見ていきましょう。 猿:何事も熱心に取り組む楽しみ上手 動物占い「猿」の人は、じっとしていることができないほどアクティブで、 何でも熱心に取り組む楽しみ上手です。 器用なところもあり、複数のタスクでも同時進行が可能です。 おだてるとすぐ機嫌がよくなり実力以上を発揮することがある一方で、子どものように騙されやすいところもありますので注意が必要です。 チーター:負けず嫌いのプラス思考 まるで瞬発力のあるチータのように、 ポジティブで負けず嫌い、そしてチャレンジャーな動物です。 プラス思考かつ好奇心旺盛で常に何かに挑戦する心を忘れることはありません。 負けず嫌いで先制攻撃が得意な反面、プライドが高く、知ったかぶりをするなど人前でかっこよく見せようとする部分もあります。 黒豹:臨機応変でスマートなリーダータイプ 常にスマートでいたいと思っている黒豹は、 どんなことでもスマートに臨機応変に対応できるリーダータイプです。 不正やずるいことは許さない正義感を持ち信頼が厚い反面、常に自分が会話の中心になろうとしたり、おせっかいになるほど世話を焼いてしまうこともあります。 ライオン:完璧主義傾向だが単純明快 特別扱いされてこそ輝くライオンは、百獣の王と呼ぶのにふさわしいです。 世間体や人目を気にして 自分の弱みを見せない完璧主義傾向にあります。 ちやほやされると自分も周りも気分を良くさせるという単純明快な性格ではありますが、実際は周囲の評価を気にしがちです。 体調管理さえできていれば心身ともに元気です。 虎:強い精神力&公明正大な親分肌 強くて落ち着いている虎のように精神力が強く、そして 周囲とのバランス感覚にもすぐれ面倒見の良い親分肌です。 常に全力で取り組み、一度決めたことをとことんやりぬく忍耐力や公平さもあります。 強い精神力を持って何でもやれる反面、器用貧乏なところもあります。 タヌキ:経験を重視し愛嬌がある大器晩成型 変身できる狸のようにさまざまなキャラクターを自由自在に操り、 愛嬌がある大器晩成型の性格です。 物事については経験や実績をもとに判断します。 目上の人を大切にして愛嬌がある反面、無責任そしてお調子者に見られることもありますが、周りは不思議とそれを許してしまう不思議なキャラクターです。 象:協調性があり物静な有言実行タイプ どっしりとして穏やかな象のように協調性があり物静かな印象です。 一度決めたらやり通す有言実行の精神もあり、信頼されています。 根回しが上手なところがありますが、一方で大きな耳がついているのに人の話を聞かないところがあります。 羊:穏やかで公平・奉仕の精神をもつ 群れを成して行動する羊のように、人と接するときは穏やかでトラブルもありません。 寂しがり屋な一面があり、仲間外れにされるのは大嫌いです。 輪を大切にした人間関係を構築でき、奉仕の精神もあります。 たっぷりとした毛のように本音を表面に出さないので、クールに見えることもありますが、一方で頑固さを見せて融通が利かないところや努力を認めてもらえないとサビ差を感じます。 ペガサス:才能があり自由人で豪華な雰囲気 動物占いでは唯一と言ってよい空想の動物、ペガサスのように、自由で情人から卓越したひらめきや才能があります。 ひらめき力や空想力は12動物中ナンバーワンです。 才能があり、自由人で豪華な雰囲気であり派手なイベントも大好きです。 しかし感性が他人に理解されないこともあり、ともすれば変人扱いされることもあります。 小鹿:素直で甘え上手な愛されキャラ 生まれたての小鹿のように、 警戒心が強く素直で甘え上手な愛されキャラです。 他人にわかってほしい、好かれたいという気持ちは大きく、無邪気な可愛さを持っています。 駆け引きが苦手で素直で愛されていないと不安になることもあります。 反面、付き合いが長くなるとわがままな一面がみえるといった点も特徴です。 各動物の基本的な思考パターン 各動物の思考パターンは、目標思考型と状況対応型に分かれます。 これを知っておくと他人の考え方が理解きるかもしれません。 十干をもとに「基本的な考え方」を分類 各動物の基本的な考え方は、 目標思考型と状況対応型に分類できます。 これは、四柱推命でいうところの十干、すなわち陰陽五行が陰陽にわかれた甲乙丙・・・といった10種と関連付けて考えられます。 たとえば、五行の中で火土水は「目標思考型」木金は「状況対応型」となります。 目標思考型:オオカミ・猿・虎・コアラ・黒豹・羊 十干で考えて目標思考型に分類される動物は、オオカミ・猿・虎・コアラ・黒豹・羊の6種になります。 目標思考型とは、目標に向かって綿密に計画を立てて努力をすることです。 他者からの評価よりも結果や実績を重視する傾向にあります。 目標に向かって努力できる力はありますが、突発的な目標変更には弱い傾向があります。 状況対応型:チーター・ライオン・象・ペガサス・小鹿・タヌキ 一方で、状況対応型に分類されるのが、チーター・ライオン・象・ペガサス・小鹿・タヌキです。 今を楽しみたいと考えている人が多く、目標達成に向けたち密な計画を立てることは若干苦手です。 先のことは分からないので心配しない人も多く、目標や計画は状況に応じて変化して当然とも考えています。 周りの評価を気にする傾向にあります。 チームワークに長けており、突発的な変更にも臨機応変に対応できますがルーチンワークは苦手です。 進化した動物占い!色で60種類に細分化 1999年代に流行った動物占いより進化している点が、自分の数字から動物だけでなくアニマルカラーというカラーをもとに細かく分類している点です。 アニマルカラーと動物の組み合わせによってより詳細に人々の性格や思考が分類されます。 アニマルカラーで細分化!より詳細にわかる 動物のカラー、すなわちアニマルカラーによって 同じ動物でも微妙な違いやより繊細な性格がわかります。 動物占いのカラーには相性の良し悪しもあるので、相性をより詳しくわかることができます。 動物の各色は生まれた日の十干に対応 アニマルカラーは、 自分の生まれた日の十干にあわせて10色のカラーがあります。 アニマルカラーはレッド、ブルー、オレンジ、ブラウン、パープル、ブラック、イエロー、グリーン、ゴールド、シルバーの10色があります。 それぞれ4色と6色割り当てられているので、詳細な動物占いでは人は60タイプに分類されることになります。 進化した動物占い!5アニマルで詳細に占う 人には誰でも本質的な部分と、目に見える表層的な部分があります。 進化した動物占いでは、5アニマルという考え方があり、自分の本質的な部分や表面的な部分、隠れキャラなど5つのアニマルで詳細に分類できます。 基本の動物を本質と考える 5アニマルでは、基本の動物を本質と考えます。 四柱推命の考え方で一番影響のある「日柱」すなわち生まれた日を基準にしているからです。 基本の動物の影響度は50パーセントもあり、その人の本質と考えて良いでしょう。 四柱推命を元に他4動物を導き出し分析する 本質以外の4つの動物は、それぞれ表面キャラ、意思決定キャラ、希望キャラ、隠れキャラの4つになります。 表面キャラは四柱推命の月柱に由来し、第一印象や人当たりに関わってきます。 意思決定キャラは、決断力に必要なときに出てくる自分であり、四柱推命の年柱を意味します。 隠れキャラは四柱推命の干支を意味しており、自分の隠れている性格のことです。 最後の希望キャラは四柱推命の時柱を意味しており、あんなふうになれたらよいな、と思っている憧れのことです。 それぞれがお互いに影響を表しあっています。 まとめ 1999年に流行した動物占いが、新たに進化して、今にわかにブームになってきています。 動物占いはもともと中国の四柱推命がもとになっているのでいろいろな占いの中でも的中率の高いものです。 自分の基本動物は生年月日で分類できますが、その動物は大まかに目標思考型と状況対応型に分かれていたり、それぞれの動物にカラーがあるなど、より人間の本質や個人の相性がわかりやすくなっています。 もっと自分のことを知りたいという人は、5アニマルといって自分を5つの動物に分類して本質的な自分やこおうでありたい自分などをみることができます。 動物占いの世界はとても深いなので、ぜひ調べてみましょう。

次の

動物キャラ占い

動物占い 5キャラ

動物占いで、筆者はひつじです。 でもひつじがどういう意味を持っているのか、どんな人と相性がいいのか、さらにどんな運勢なのかまではあまりよくわかっていません。 占いや運勢が好きな女性の多くは、一度は動物占いで占いをしたこともあるのではないでしょうか。 動物占いで占いをしたことがある人の中で、四柱推命(しちゅうすいめい)を占ったことがある人はどれくらいいるでしょうか。 なんとなく四柱推命って難しそうですよね。 なんとなく難しそうだからと敬遠されがちな四柱推命をわかりやすくしたのが、動物占いなのです。 知らなかったという人も多いのではないでしょうか。 今は「動物占い」という言葉は、株式会社ノラコムさんが商標登録しています。 ちょっと難しそうな四柱推命を、わかりやすくしたのが動物占いということですが、そもそも四柱推命ってどういう占いなのでしょうか。 四柱推命(しちゅうすいめい)というのは、中国から伝わる陰陽五行思想をもとにした、世界最古の占いだと言われています。 この四柱推命は運勢や相性などがとても当たる占いとして広まりますが、占い方がとても難しかったので、この方法で占える人が少なくなってしまいました。 四柱推命は、占いたい相手の生年月日と、占いたい相手の生まれた時間を使って占っていくという方法です。 生年月日と生まれた時間を時柱(じちゅう)・日柱(にっちゅう)・月柱(げっちゅう)・年柱(ねんちゅう)という4つの柱を出して、占いたい人の運勢を読み解いていくのです。 4つの柱を使って占うことから「四柱」、運勢や運命を占うことから「推命」という名前がついたのですね。 名前はとてもわかりやすいですが、漢字ばかりの名前だからか、なんとなく親しみにくい占いになってしまったようです。 この四柱推命は、十二支の動物と、木、火、土、金、水の五行を用いる占いです。 その2つを上手く組み合わせて作られたのが動物占いの動物のキャラたちです。 新しく15の動物占いのものもありますが、オリジナルの動物占いのキャラは12種類です。 運勢を占うときには、猿、チーター、黒ひょう、ライオン、虎、たぬき、子守熊、ゾウ、ひつじ、ペガサス、狼、こじかの12のキャラが使われることが多いですね。 これは12キャラの中で5つのアニマルに特別な意味があるキャラがいる、というものではありません。 動物占いとはまた別の占いの種類と考えてください。 ただし、5アニマル占いで使われる動物のキャラの特徴や意味、運勢は動物占いで使われる動物のキャラと同じ意味を持ちます。 5アニマルの「5」の意味は、「5つの側面」という意味があります。 5つの側面とは、本質・表面・希望・意思決定・隠れの5つの側面です。 考え方としては、動物占いをより深く掘り下げた運勢占い、というものにあたります。 普通の動物占いで占われるのは、この5アニマル占いの中の「本質」を占っているだけです。 もっと自分のことや自分の運勢を知りたいという人には、5アニマルの占いをしてみるのもいいかもしれませんね。 5占いには上のような図を参考にしながら占うといいでしょう。 ちなみに、上の図は筆者の5アニマル占いではありません。 本質はひつじですけどね。 すみません。 上の図のように5アニマルの図では、一番上の列が表面、二番目の列に希望、本質、意思決定を並べます。 本質の上に表面がくるようにします。 そして、縦に表面、本質、隠れと並ぶように、3番目の列に隠れを配置します。 上の図でいうと、この人の5アニマル占いは、「表面」である表面キャラがこじか、「希望」の希望キャラもこじか、「本質」の本質キャラはひつじ、「意思決定」の意思決定キャラはゾウ、「隠れ」の隠れキャラは虎になります。 上の図のように、表面と希望が同じキャラになったり、本質と隠れキャラが同じキャラになることもあります。 全て違うキャラになることもありますが、運勢などには全く問題はありません。 あまりキャラが違いすぎるというのも占うのが大変ですけどね。 それでは1つ1つのキャラについてみていきましょう。 動物占いでも最も基本となるキャラが「本質キャラ」になります。 本質キャラというのは、その言葉通り占う人の本質を表すキャラのことです。 これから他の4つのタイプをみていきますが、基本的にはこの本質キャラの意味とセットに考えていく必要があります。 本質キャラが「明るく元気」という意味があり、他のタイプで「暗く落ち着いた」というような意味を持っていた場合は、「普段は落ち着いているが、本質は明るく元気」という意味にとらえていく必要があります。 最終的には本質キャラの意味や運勢が他のタイプにも影響をあたえていく、という点でも本質キャラのもつ意味はとても大切になってきます。 「本質キャラ」は四柱推命の考え方に当てはめると「日柱」になります。 先ほども書いたように、5アニマル占いでは本質キャラと他のタイプが同じになることもあれば、別のキャラになる場合もあります。 動物のキャラが変わること自体には運勢にも全く問題がありませんが、本質と正反対の意味をもつ動物のキャラが他のタイプに当てはまった場合、あなたはとてもストレスを抱えている場合があります。 先ほど例にあげたものを考えてみましょう。 本質キャラが「明るく元気」という意味があり、他のタイプで「暗く落ち着いた」というような意味を持っていた場合は、「普段は落ち着いているが、本質は明るく元気」という意味になります。 本質では明るく元気にしたいのに、何かの原因で普段は落ち着いた自分を装っているということになります。 本質の自分をそのまま出せていないというのは、そこそこストレスがかかっているということになります。 残念ながら、5アニマル占いで出てくるあなたの考え方や行動の仕方を変えることは難しいです。 自分ってこういうところがあるんだな、という程度にとどめておきましょう。 動物占いの5アニマルでみられる「表面キャラ」も、言葉のとおりその人の表面的なものを意味しています。 表面キャラには、人からこう見られたいという行動があらわれているのです。 初対面の人がその人の第一印象をして抱く印象も、この表面キャラの動物の意味の影響が大きいようです。 人からこう思われたいと思っているだけで、人格にはあまり影響のない部分のようですね。 本質キャラと表面キャラが同じ動物のキャラの人は、周りの人からは裏表のない、わかりやすい人だと思われている可能性が高いでしょう。 第一印象と実際の本質が変わらない、というのはそういう意味ですよね。 社会人になってくると、とくにこの表面キャラは大切なキャラになってきます。 「表面キャラ」は四柱推命の考え方に当てはめると「月柱」になります。 動物占いの5アニマル占いの「意思決定キャラ」もその名前の通りの動物のキャラになります。 あなたが何かを決めるときにあらわれるのが意志決定キャラになります。 どちらかというと、いざという時の判断力や、緊急事態の場合の意思決定の仕方だと考えたほうがいいかもしれませんね。 意思決定キャラは、いざという時や緊急事態などの普通ではないときにあらわれるキャラなので、本質キャラと意思決定キャラが真逆の行動をする動物キャラだったとき、後から後悔をすることも多いようです。 カバンを買おうとお店に行ったら、その日までのセールをしていて、いつもだったら冷静になって考えるのに今日買わなくてはと思って勢いで買ってしまった、なんてことはないでしょうか。 これも意思決定キャラが表れたからでしょうね。 「意思決定キャラ」は四柱推命の考え方に当てはめると「年柱」になります。 「希望キャラ」は、あなたがこうなりたいと思っているという意味の5アニマル占いの意味になります。 自分が憧れている姿や、尊敬する姿とも言えます。 この希望キャラの動物キャラは、自分でそう思っているとは思っていなかった、というような深層心理のものであることが多いので、「そんなこと思ってないけどな?」という人もいるかもしれません。 5アニマル占いで他の部分が当たっている人なら、希望キャラも実はあなたはこうなりたいと思っていたのかもしれない、と教えてくれているかもしれませんね。 またあなたの希望キャラと別の人の本質キャラが同じ場合は、その別の人のことを尊敬したり、相性がいい相手となりそうです。 あなたの中の希望キャラへの憧れが強すぎる人は、嫉妬したりしてしまうこともあるかもしれませんね。 なんだかこの人とは相性がいいと感じたり、なぜだかこの人のことをいちいち嫉んでしまう、という人はもしかしたらあなたの希望キャラと相手の本質キャラが同じなのかもしれません。 動物占いの5アニマル占いの「隠れキャラ」は、無意識の表れを意味しています。 あなたが普段見せない裏の顔であったり、実はお腹の中ではこんな風に思ってます、というものが隠れキャラの動物キャラが意味しています。 この隠れキャラが登場するのは、あなたが切羽詰まったときです。 時々、仕事が忙しくなったりすると性格が変わる人がいると思いますが、それはこの隠れキャラの動物キャラが表れているのです。 隠れキャラは無意識の状態であらわれることが多いので、寝起きのときやお酒を飲んだときに表れる行動を意味する場合もあります。 結婚をして家族になって、安心しきっていつも無意識の行動になったときにも表れる場合があります。 パートナーの隠れキャラをあらかじめ知っておくことも大切かもしれませんね。 もしかしたら隠れキャラと相性があわない、なんてこともあるかもしれませんよ。 図でいうと、上部分が初対面の人が感じるあなたの人格で、下に行くほど深い関係の人が感じるあなたの人格である、とも言えます。 つまり初対面の人はその人に「表面キャラ」の印象を抱きますが、何十年来の付き合いの人には「隠れキャラ」の印象を持つようになります。 表面キャラと隠れキャラにギャップがある人は、初対面では相性がいいと思って付き合ってみたけど、長く付き合っていくうちに相性に不安を感じるようになってきた、なんていうこともあるかもしれませんね。 5アニマル占いを発展させて、人生の各段階で5アニマル占いの動物のキャラを当てはめる、という考え方もあります。 それは未成年の時期である若年期、自分が働くようになる中年期、現役をリタイアした後の老年期です。 3つの時期に別れるというのは四柱推命にも近い考え方ですね。 若年期に表れるキャラは、意思決定キャラです。 まだ未成年であるうちは、本能で生きているというか、誰かのために何かをしてあげたいというよりは、自分のために行動する場合が多いのであまり考えずに行動することがあるようです。 中年期に表れるのが、表面キャラです。 自分のことがだいぶわかってきて、さらには表面的に取り繕う場面も多くでてきます。 そして老年期に表れるのが本質キャラです。 現役をリタイアした後は、社会と積極的に関わる必要が少なくなり、本来自分の持っているものを表すことができていくようです。 動物占いの5アニマル占いは、人間関係の深さによっても表面にあらわれてくるキャラクターが変わってきます。 初対面のときには表面キャラ、友達になったときには本質キャラ、親友や結婚して家族になったときには隠れキャラという感じです。 自分の5アニマルだけでなく、これから付き合っていこうとしている相手の5アニマル占いを知っておくことで、深く付き合っても相性がいいのかを、あらかじめ知っておくことができそうです。 相手の隠れキャラを知らずに、初対面のときに相性が良さそうだからと深い関係になってみたら全然ちがう本質であったり、友達だったときは相性が良かったのに結婚してみたら最悪の相性だった、なんてこともあるかもしれません。 相手の5アニマル占いをしておけば、この人とは本質キャラとは相性が悪いから、あまり深い付き合いをするのはやめよう、と相手との距離感も確認をすることができます。 ここで実際に5アニマル占いをしてみましょう。 5アニマル自体は、ホームページの無料の占いで調べることができます。 筆者の場合、表面キャラはたぬきで、希望キャラはペガサス、本質キャラがひつじで、意思決定キャラは虎、隠れキャラはクロヒョウでした。 表面キャラは、人付き合いが良いという意味がありました。 希望キャラには自由奔放、本質キャラは受け身の性格、意思決定キャラは優柔不断、隠れキャラはミーハーという意味があります。 つまり表面的にはとっつきやすいけれど、実は受け身の性格で、優柔不断、ミーハーな部分もあり、自由奔放な人に憧れている、というのが筆者のようです。 なんとなく当たっている気がします。 初対面の人には、人当たりがいいという印象がありますが、友達になってみると実は受け身で控えめな人だという印象をもたれ、親友になると意外といろんなことに無頓着でいい加減な人だということがバレてしまうのですね。 付き合っていくうちに、どんどんダメな自分をみせていくタイプのようです。

次の

動物占い無料・相性 早見表【2020年度版】進化版60種類カラー

動物占い 5キャラ

『コアラ』の性格を表すキーワード ・負ける試合は絶対しない ・サービス精神が旺盛 ・一見するとおっとりしていて大人しそうに見える ・あとになってから後悔してしまう事がある ・言い訳上手 ・長期的に物事を考える ・計算高い。 人を出し抜く事が好き ・外見とは裏腹に負けず嫌い ・ロマンチスト。 芸術を愛す ・どちらかと言えば夜型 コアラの種類 4. フットワークの軽いコアラ フットワークが軽く、活動的なタイプ。 一方で警戒心が強くて儲け話や人の話を簡単には聞き入れようとはしませんが、元々備わっている楽観的な性格ゆえ時に判断力が欠いた行動をしてしまう恐れもあります。 人に対しての好き嫌いが激しくかつ負けず嫌い。 自信かでもある為、自分の理想を実現するべく邁進していきます。 仕事面では頭脳派として実力を発揮していく事でしょう。 ホワイトエンジェル : 59. 束縛を嫌う黒ひょう ブラックデビル : 29. チャレンジ精神旺盛なひつじ 10. 母性豊かなコアラ 母性的な魅力を兼ね備えており、世話好きなため人から信頼をされます。 一方で猜疑心も強くあるため、特に人からの裏切りに合ってしまうと途端に外見からは想像できない程キレてしまう事もあるようです。 二面性のあるギャップを兼ね備えている方ではありますが、頭の回転が速く、「思い立ったら吉日」の如く抜群の行動力もあります。 ホワイトエンジェル : 5. 面倒見のいい黒ひょう ブラックデビル : 35. 頼られると嬉しいひつじ 16. コアラのなかのコアラ 人当たりがソフトな事もあり、人から良く思われる得な性格です。 明るく素直な性格で、意外にもちゃっかりとしている所もあるので最終的に「良いとこ取り」をしている事でしょう。 転んでもタダでは起きません。 慎重さと律儀な面と楽天的な気まぐれさも兼ね揃えていて、最終的に自分が優位に立っている状況を自ずと作っていく事でしょう。 ホワイトエンジェル : 11. 正直なこじか ブラックデビル : 41. 大器晩成のたぬき <スポンサーリンク> 33. 活動的なコアラ 大人しい外見とは裏腹に、頭の回転も速く活動的なタイプ。 要領も良いので周囲からの評価も良いでしょう。 向上心もあるので、人に負けじと上を目指して行きます。 成功するための条件が備わっているタイプです。 ホワイトエンジェル : 18. デリケートなゾウ ブラックデビル : 48. 品格のあるチーター 39. 夢とロマンのコアラ 空想や哲学など神秘的なものに関心があります。 孤独を嫌うため、周囲とは穏やかな人間関係を育んでいく事でしょう。 衝動的なところもあるようで、そういった自分を自覚している事もあり、自らを抑制するように心がけている所もあるようです。 ホワイトエンジェル : 24. クリエイティブなオオカミ ブラックデビル : 54. 楽天的な虎 45. サービス精神旺盛なコアラ 円満な人間関係を構築していく力に長けているため、そういった人柄が周囲からの尊敬のまなざしを集めます。 サービス精神でありながらも実は反骨精神が溢れている所もあるので知れば知るほど一筋縄では行かない所もあるようです。 気品と教養を兼ね備えており、常に冷静で控えめでいるので、気付けば出世しているという事も。 ホワイトエンジェル : 30. 順応性のあるオオカミ ブラックデビル : 60. 慈悲深い虎 まとめ 動物占いの『コアラ』についてまとめました。 意外とちゃっかりとしていて抜け目がありませんが、人当たりが良く人から良く思われるタイプでもあるようです。 <スポンサーリンク> 動物占いに関する書籍.

次の