マイ ナンバー 子供 写真。 マイナンバーカード子供の写真の撮り方と申請注意点

マイナンバーの写真は赤ちゃんも必要!子供のカード申請について

マイ ナンバー 子供 写真

子どもが生まれて役所に届け出をすると、 マイナンバー通知カードが送られてきます。 同封されているチラシには「マイナンバーカードを作りましょう」と書かれていましたが、しばらく放置していました。 しかし、生後9か月になり、パスポートを作るための 証明写真をアプリで作ったら、一度に3枚の写真が印刷できました。 しかも、 マイナンバーカードと、パスポートの写真は同じサイズ。 これを使わない手はない!という訳で、余った写真でマイナンバーカードを作りました。 赤ちゃん連れだと 受け取りがソコソコ面倒ですが、出来上がったマイナンバーカードを手にすると、 その労力を上回る満足感があります。 本日はマイナンバーカードを作るメリットと、申請・受取方法について、体験談を交えてご紹介したいと思います。 マイナンバーカードを作るメリット そもそも、マイナンバーカードを作ると何が良いのでしょうか。 作るメリットをまとめてみました。 住民票、印鑑証明書、戸籍証明書がコンビニで取れる 今まで役所に行って並ばないと取得できなかった住民票・印鑑証明書・戸籍証明書、税証明書等が、 コンビニで取れるようになります。 市区町村によって若干違いがあるようですが、うちの場合、コンビニ取得ならこんなメリットが。 早朝・夜間でも取れる(6:30~23:00)• 並ばなくていい• 役所より 100円安い マイナンバーカードは無料で作れるんだから、これは絶対作った方がいい!実際、先日自分達のパスポート更新で住民票が必要だった時、夫が仕事帰りにコンビニで取得してきました。 役所はウチから遠い上、夜は閉まっているので、 仕事帰りにコンビニ寄ってサクッと取れるのは本当に助かります。 身分証明書になる 赤ちゃんの身分証明書って実はちょっと厄介。 健康保険証だけじゃ不足で、プラス母子手帳とか、医療証が必要な場合が多いです。 ウチは保険証・医療証・母子手帳・病院の診察券を1つのケースに入れてますが、これが結構重い。。 つい置いてきた時に限って身分証明書が必要だったりして、後悔したことがあります。 マイナンバーカードなら 1枚財布に入れておくだけで良いから、 重くない&忘れないので助かります。 マイナンバーがすぐ分かる 実際にマイナンバーを使ったのは、年末調整、確定申告、保育園の申込など 役所への届け出関係。 書類に記入していてマイナンバーが必要になった時や、夫から「マイナンバー教えて」とメールが来た時に、 すぐに財布から出して確認できる のが便利です。 以前通知カードしか持っていなかった時は、薄い紙なので財布に入れられず、戸棚の奥にしまっていました。 そのため通知カードを戸棚の奥から取り出すのが面倒な上、外出していたらすぐに確認できないという困った事態に。 マイナンバーカードは 汚損を気にせず携帯できるという点が一番有難いかも。 成長記録・記念になる 赤ちゃんの証明写真って、なんともいえず可愛い!上の子は今3歳で、0歳の時に作ったマイナンバーカードの写真とはすっかり違う顔をしています。 たまに家族と話してる時に出して、「全然違うね〜!」って盛り上がったり。 20歳未満のマイナンバーカードは5年毎の更新だから、0歳で作ると、次は5歳、10歳、15歳、20歳。 子どもが成人するまでの歴代マイナンバーカードを保存して、 マイナンバーヒストリーを作りたい!ちなみに20歳以上は10年更新になるから、後は子どもが自分でやることになりますよね。 「今までの分はこれだよ」と渡すタイミングなのかな・・と、今からジーンとしちゃいます。 申請方法 申請方法は4種類。 郵送、 PC、スマホ、街中の証明写真機です。 郵送とスマホを試しましたが、私は、写真があるなら郵送の方が楽だと思います。 郵送の場合 マイナンバー通知カードについている「 交付申請書」に、電話番号・署名・申請日、20歳未満は代理人の住所氏名を記入し、写真を貼って、送付用封筒に入れてポストに投函するだけ。 メールで受信したURLにアクセスして、必要事項を入力。 証明写真の画像を添付して送信すれば完了です。 メールアドレス入力するのが少し面倒ですが、 証明写真を印刷しなくても、データがあれば申請できるのは便利です。 受け取り方法 忘れた頃に、 交付通知書が届きました。 1ヶ月以上かかった気がします。 役所に受け取りに行くのですが、そこからが大変でした。 受付時間が決まっている 「午前中〇~〇時、午後〇~〇時」と時間が決まっていて、日曜は要予約。 逆に平日は予約不可。 「今なら子どもが寝てるから行きやすい!」という時に限って 受付時間外だったり。 予約できないからどれ位待つか分からず、前後の予定が立てにくいという難点も。 待ち時間が長い 最初の受付はすぐだったのに、「 パスワードを設定する準備をするから少し待っていて」と言われてから30分以上待ちました。 結局子どもは愚図るし、次の予定もあったのでヤキモキして結構大変でした。 タイミング合わせるのが難しいけど、できれば 子どもが寝ている時、 時間に余裕がある時に行くのがおすすめです。 おわりに 晴れて入手したマイナンバーカード。 財布に入れてホクホク。 自慢する物じゃないんですけど、心の中でヒッソリ嬉しい感じです。 申請・受け取りの労力はかかりましたが、出費はないし、労力を上回る 達成感と満足感、ほんわかした幸福感が得られるので、マイナンバーカード作って良かったと思います。 まだ作っていない方は、ぜひ作成を検討してみてはいかがでしょうか。

次の

マイナポイント25%還元は子供も対象! 今すぐマイナンバーカードを作ろう|こちょブロ

マイ ナンバー 子供 写真

Contents• マイナンバーカードの顔写真 個人番号カード(マイナンバーカード)の顔写真は以下の条件が定められています。 ・サイズ:縦4. 5cm ・直近6ヶ月以内に撮影したもの ・正面、無帽、無背景のもの 基本的な条件はパスポートや住基カードの顔写真の条件と似てますね。 これらを満たすものと言えば、証明写真機で撮った写真ですが、赤ちゃんなど写真機に座れない子供はどうすればいいのでしょうか。 赤ちゃんや子供はどうする? 椅子に座れる小さい子供さんの場合は大人同様、証明写真機での撮影でもOKです。 ただ、乳児などの赤ちゃんの場合は背景に抱っこしているママが写ってしまうのでNGとなります。 赤ちゃんの場合は ・写真屋さんでプロに撮影してもらう ・自宅でデジカメやスマホを使って撮影する のいずれかになるかと思います。 デジカメ等で撮影する際はパスポートなどで紹介してある『乳児の写真の撮り方』が参考になります。 白い布や布団の上に上向きに寝かせて上から撮る 2. 白い布をかぶって乳児を抱いて撮る 2の方法であれば証明写真機での撮影でも可能となりますが、大変かと思いますのでスマホやデジカメがオススメです。 自分でマイナンバー写真を撮る際のチェックポイント ・ピンボケや手振れがなく鮮明に映っているか ・顔の位置が真ん中にあるか ・顔が左右に傾かず正面を向いているか ・背景に影や柄がないか ・瞳が赤く光っていないか ・髪の毛で目や輪郭が隠れていないか.

次の

マイナポイント25%還元は子供も対象! 今すぐマイナンバーカードを作ろう|こちょブロ

マイ ナンバー 子供 写真

マイナンバーカードは0歳の赤ちゃんでも 発行することができるんですよね。 ですが、子供は成長とともにかなり顔が変わりますよね。 子供のマイナンバーカードは、 成長したら顔写真も変更したほうがいいのでは? と、思いますが、実際は不要なんです。 理由は、マイナンバーカードには有効期限があるから。 子供(0~20歳未満)は発行から5年有効、 大人(20歳以上)は発行から10年間有効なんです。 マイナンバーカードを更新するときに、 顔写真も変更すればOKなので、 わざわざ子供の成長にあわせて写真を変えなくてもいいんですね。 でも、子供のマイナンバーカードを作っても、 個人的にはあまりメリットは感じません。 わが家にも、二人の子供がいるのですが、 マイナンバーカードを作るのは面倒で、 個人カードのまま、放置しちゃってます。 子供の場合、受け取りが面倒• 更新に手数料がかかる• 子供のマイナンバーカードを使う機会がない 子供のマイナンバーカードを作っても 今のところメリットは少なく、 手間と手数料だけかかる、そんなイメージです。 スポンサーリンク マイナンバーカードの子供の写真は成長とともに変えなくてOK マイナンバーカードを作るとき、 子供の分も当然、写真を用意しなきゃいけません。 ですが、0歳の赤ちゃんの写真なんて、 たとえ有効期限の5年以内であったとしても かなり顔が変わりますよね? 本当に子供の写真を差し替えなくてもいいの!? と思っちゃいますが、大丈夫なんです。 むしろ、子供のマイナンバーカードの顔写真を変えたい場合、 再発行の扱いになっちゃうので、 手数料がかかるんです。 わざわざ手数料を払ってまで、 マイナンバーカードの子供の写真を変更したい! とは思わないですよね~。 マイナンバーカードを子供に作る必要性はゼロ!? そもそも、マイナンバーカードを作るメリットは、 何なんでしょう?• 身分証として使うことができる• 行政の手続きがオンラインで申請できる• コンビニで住民票などが交付できる うーん、正直、 子供に必要なさそうな機能ばっかりなんですよね~。 逆に、マイナンバーカードを持つことで、 デメリットもあるんです。 カードを紛失した場合、個人情報が漏えいする• 長期間の保管でカードを無くしてしまう• マイナンバーカードの暗証番号を忘れてしまう などなど、 実はデメリットもあるんです! むしろ、時間をかけてマイナンバーカードを発行しても、 子供のカードは使う機会がほとんどなく、 保管場所や暗証番号を忘れてしまう可能性もあるんですね。 しかも、通知カードとは異なり、 マイナンバーカードはこれ1枚で身分証として 使うことができます。 そのため、万が一紛失してしまった場合、 「なりますまし」など、悪用されてしまう可能性も! さらに、もし子供の写真が赤ちゃんの頃の写真だったら? 見分けがつきませんので、 なりすましに使われやすいんですよね~。 それに、ほとんど使わないマイナンバーカード。 発行は無料なのですが、更新は有料です。 更新の手数料は自治体によって異なるのですが、 おおよそ1000円前後のようです。 しかも、マイナンバーカードを発行してから 5回目の誕生日が更新日、というややこしい設定。 つまり、子供の誕生日の直前にマイナンバーカードを 作ってしまうと、有効期間は4年ほどしかありません。 ですが、誕生日の直後にカードを作れば、 5年ほど有効期間があります。 もし、マイナンバーカードを作るときには、 覚えておきたい部分ですね。 マイナンバーカードを子供に作る必要性はナシ!?まとめ 政府は、なんとかマイナンバーカードを普及させたい! という思いから、マイナンバーカードのメリットばかり訴えます。 「マイナポイント」とか、まさにそうですね。 ですが、マイナに顔写真とともに記載される個人情報。 万が一、無くしてしまっては 悪用されてしまうケースもあるんです。 マイナンバーカードは、紛失してしまったり、 ましてや、他人にむやみやたらに見せていいものではないんです! 特に、わが子の個人情報を漏えいしてしまった!? となったら、情けないやら悲しいやら。 悪用されないことを願うばかりです。 もちろん、悪用されそうなケースの場合は、 個人番号を役所で変更してもらうことができます。 デメリットも踏まえ、 子供のマイナンバーカードを作るときには、 慎重に考えてみてくださいね。

次の