いか づち 漢字。 ことわざ一覧

烏(からす)がつく理由が怖い!「烏賊(いか)」の漢字の由来と意味とは?

いか づち 漢字

以前の漢字文化資料館で掲載していた記事です。 2008 年以前の古い記事のため、ご留意ください。 Q0460 イカを漢字で書くと、「烏賊」の他、「魚」へんに何かを書く漢字があるそうですが、その2つはどう違うのですか? A 何ははともあれ、まずはその「魚」へんに何かを書くってヤツを突き止める必要がありますね。 早速、小社『大漢和辞典』の「字訓索引」を調べてみると、「魚」へんに「即」を書く漢字が見つかりました。 そこで本文を見ると、この漢字には確かに「いか」という意味があるのですが、詳しい説明はなく、「魚」へんに「則」と書く漢字と同じだ、と書いてありました。 そこで、そちらの方の本文をお見せしておきましょう。 これで見ると、まず最初に「烏」にこの字を書いた2字でイカなのだ、と書いてあります。 そして、後の方には「通じて賊に作る」とも書いてあります。 これは、発音が同じなので「賊」と書くこともある、という意味です。 あらあらあら。 「魚」へんに何とか、を探してスタートしたのに、結局は「烏賊」に行き着いてしまいました。 どうやら、「烏賊」と書いても、「魚」へんに「即」だとか「則」だとか書いても、意味的には違わないようです。 おそらく、ウソクとかウゾクだとかいう、イカを意味する単語が先にあって、それに漢字を当てたのが、これらの漢字の由来なのでしょう。 ところで、『大漢和辞典』の「烏賊(ウゾク)」の項には、ちょっとおもしろい話が載っています。 口語訳しておきましょう。 イカはいつも水の上に浮かんでいて死んだふりをしている。 それをカラスが見つけてくちばしでくわえようとすると、とたんに巻き付いてカラスを捕まえてしまう。 それで「烏賊」と言うのだ……。 『南越志』なる本からの引用ですが、いかにも眉唾っぽいですねえ。 でも、こういうお話まで載せてくれている『大漢和辞典』は、本当におもしろい本だと、私は思いますよ。

次の

烏(からす)がつく理由が怖い!「烏賊(いか)」の漢字の由来と意味とは?

いか づち 漢字

以前の漢字文化資料館で掲載していた記事です。 2008 年以前の古い記事のため、ご留意ください。 Q0460 イカを漢字で書くと、「烏賊」の他、「魚」へんに何かを書く漢字があるそうですが、その2つはどう違うのですか? A 何ははともあれ、まずはその「魚」へんに何かを書くってヤツを突き止める必要がありますね。 早速、小社『大漢和辞典』の「字訓索引」を調べてみると、「魚」へんに「即」を書く漢字が見つかりました。 そこで本文を見ると、この漢字には確かに「いか」という意味があるのですが、詳しい説明はなく、「魚」へんに「則」と書く漢字と同じだ、と書いてありました。 そこで、そちらの方の本文をお見せしておきましょう。 これで見ると、まず最初に「烏」にこの字を書いた2字でイカなのだ、と書いてあります。 そして、後の方には「通じて賊に作る」とも書いてあります。 これは、発音が同じなので「賊」と書くこともある、という意味です。 あらあらあら。 「魚」へんに何とか、を探してスタートしたのに、結局は「烏賊」に行き着いてしまいました。 どうやら、「烏賊」と書いても、「魚」へんに「即」だとか「則」だとか書いても、意味的には違わないようです。 おそらく、ウソクとかウゾクだとかいう、イカを意味する単語が先にあって、それに漢字を当てたのが、これらの漢字の由来なのでしょう。 ところで、『大漢和辞典』の「烏賊(ウゾク)」の項には、ちょっとおもしろい話が載っています。 口語訳しておきましょう。 イカはいつも水の上に浮かんでいて死んだふりをしている。 それをカラスが見つけてくちばしでくわえようとすると、とたんに巻き付いてカラスを捕まえてしまう。 それで「烏賊」と言うのだ……。 『南越志』なる本からの引用ですが、いかにも眉唾っぽいですねえ。 でも、こういうお話まで載せてくれている『大漢和辞典』は、本当におもしろい本だと、私は思いますよ。

次の

雷、電、霆、霹、靂…同じような意味の漢字はありますか?

いか づち 漢字

漢字を入力したいけど、変換に出てこない…となったとき、どうしましょう。 パッドで手書きしてもうまく出てこない…。 登録されていない漢字を表示する方法として、「外字エディタ」で新たに文字を作成するという方法がありますが、これだと他のPCでは利用できません。 なので、これ以外の方法をご紹介します。 パッドの手書き入力で出てこなくても、文字一覧に登録されている漢字はあります。 PC上で使える漢字も徐々に増やされているようです。 ただ、文字一覧には大量の漢字が並んでいて、それを目を凝らして探すのは時間もかかりますし、見落としがあるかもしれないしで、大変です。 そこで使えるのが、というサイトです。 中でもイイネ!と思うのが、 「手書き検索」と 「IDSエディタ」です。 グリフウィキの「手書き検索」 手書き検索は、その言葉通り。 ただし、「普通の日本語の文章で用いる漢字の検索には向いていません。 」と書いてある通り、結構びっくりな漢字がに挙がってきます。 グリフウィキの「IDSエディタ」 漢字を組み合わせて、変換することができます。 たとえば、「料」のである 「䉼」の字を調べたいとき、• 「米」「斤」と入力する。 二つを選択して「結合」ボタンを押す。 「断」 「䉼」の二字が表示されるので、「断」を削除する。 「変換」ボタンを押す。 下に「u427c」というが表示される。 「作成したIDSのページを開く」をクリックすると、 「 䉼」のページに移動します。 また、Aという漢字の偏なんだけど、どう入力したらわからない!という場合は、「分解」ボタンも使えます。 「分解」や「結合」ボタンなどの下にある記号のようなボタン(ボタン)は、のような役割をしてくれているようです。 パッドの「6599」を探せばいいわけです。 また、「料」のの「䉼」は、パッドの「手書き」では出てきませんが、 グリフウィキには、 「u427c」と書いてあるため、パッドの「文字一覧」の「427c」を探すとあります。 「䉼」が「料」のとわからなくても、グラフウィキの手書き検索やIDSエディタで検索が可能です。 また、もしが表示されないような特殊な漢字であれば、グラフウィキから画像をコピペすることもできます。 あまり複雑な漢字ではできませんが、「縦中横」とフォントの詳細設定(倍率・文字間隔)の調整によって、作成します。 縦書きの場合、 冠と足(上下)に分かれるものは、 倍率・文字間隔の調整を、 へんとつくり(左右)に分かれるものは 縦中横をした後、倍率・文字間隔の調整を行います。 (横書きの時はまた異なります。 フォント「MS UI Gothic」「MS明朝」などで出てきます。 また、「私用領域」という欄などにへんなどが収納されている場合があるので、確認してみるといいです。 「㐬」は「u342c」です。 二つまとめて選択し、「縦中横」。 5pt に設定。 倍率や文字間隔は、文字によって変わってきますので、微調整してください。 また、へんとつくりだと へんのみ、冠と足だと 冠のみの文字間隔を狭くするのがポイントです。 どうぞおためしあれ。 nokibano.

次の