ホワイトニング歯磨き粉 アメリカ。 【2020年版】アメリカで人気のおすすめ歯磨き粉ランキング!フッ素・研磨剤・ホワイトニング成分を含む海外製品を紹介します。

最短1週間でホワイトニング! 海外の【ホワイトニング歯磨き粉】|吉田なぎ沙の海外移住日記

ホワイトニング歯磨き粉 アメリカ

普段の歯磨きに取り入れて、美しく白い歯にするホワイトニング歯磨き粉。 薬局や通販でも、たくさんの商品が販売されています。 しかし、研磨剤不使用で歯を傷つけにくいものや「クレスト」「マービス」など海外製の効果が高そうなもの、口コミで評判のものなどいろいろあって、どれが効果的なのか見分けるのは難しいですよね。 そこで、 今回はAmazon・楽天・Yahoo! ショッピングなどで売れ筋上位のホワイトニング歯磨き粉88商品を比較して、最もおすすめのホワイトニング歯磨き粉を決定したいと思います。 比較検証は以下の3点について行っています。 成分評価• 汚れ落ち• 使用感 果たしてどの商品が最強のベストバイ商品なのでしょうか? なお、記事後半では歯科医の辻村傑さんに取材した、ホワイトニング歯磨き粉の選び方のポイントもご説明しますので、ぜひ購入の際の参考にしてみてください。 ホワイトニング歯磨き粉を選ぶ際に必ずチェックしておきたい「3つのポイント」をご紹介します。 今回は、国際歯科衛生士学会会長兼、つじむら歯科医院グループの総院長である辻村傑さんから、ホワイトニング歯磨き粉の選び方についてアドバイスを得ました。 「つじむら歯科医院グループ」総院長。 1995年につじむら歯科医院を開業。 その後、南カリフォルニア大学(USC)、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)で歯牙の欠損部への治療をはじめ、失われた顎の骨の再建術等の再生療法を学ぶ。 さらにニューヨーク大学に拠点をおく iACD国際歯科学会から任命を受け、国際歯科衛生士学会(International Dental Hygienist Association)初代会長に就任し、世界中の歯科予防活動の普及に従事している。 また、選び方で記載する効果効能があることを保証したものではありません。 ご購入にあたっては、各商品に記載されている内容・商品説明をご確認ください。 今回検証した商品• コルゲート|ハイインパクト ホワイト• ウエルテック|クリーニングジェル ソフト(医薬部外品)• アース製薬|薬用シュミテクト トゥルーホワイト(医薬部外品)• サンギ|アパガード プレミオ 100g(医薬部外品)• 小林製薬|美白スミガキ• 花王|ピュオーラGRAN グラン ホワイトニング 薬用ハミガキ (医薬部外品)• 銀座ステファニー化粧品|リーチポンプ式歯みがき グリーングレープの香り(医薬部外品)• ジェイピーエスラボ|ボタニカルホワイト スタンダード• アース製薬|アクアフレッシュエクストリームクリーンホワイトニングクリーンミント(医薬部外品)• サンスター|ラークハミガキ(医薬部外品)• サンスター|オーラツーミーステインクリアペースト ナチュラルミント 130g(医薬部外品)• セリスティナ|シロク デンタルペースト• ヤクルト本社|薬用アパコートS. ナノテクノロジー 120g (医薬部外品)• 花王|クリアクリーンプレミアム美白(医薬部外品)• ライオン|プラチアスクリーミィアップペースト クリスタルミント(医薬部外品)• スモカ歯磨|ホワイトニングハミガキコ(医薬部外品)• ソーシャルテック|ブレスマイルクリア(医薬部外品)• イシュア|スマイルコスメティックホワイトニングペースト(医薬部外品)• リジェンティス|薬用 ポリリンジェル WX(医薬部外品)• アース製薬|アクアフレッシュコンプリートプラスホワイトニングケア(医薬部外品)• サンギ|アパガードリナメル 120g(医薬部外品)• ラテール|薬用ハイドロキシアパタイト歯磨き(医薬部外品)• 小林製薬|タバコスミガキ• 北栄|シェルピカ(医薬部外品)• フロムココロ|和漢爽快(医薬部外品)• ブレーンコスモス|なた豆ハミガキAGプラス(医薬部外品)• ストーリア|トゥービー・ホワイト薬用ホワイトニングハミガキ粉(医薬部外品)• サンギ|アパガード スモーキン 100g(医薬部外品)• 第一三共ヘルスケア|シティースホワイトプレミアムダブルミント(医薬部外品)• ライオン|クリニカエナメルパールホワイトフローラルミント(医薬部外品)• サンスター|セッチマはみがきスペシャル 80g(医薬部外品)• ジーシー|ルシェロ歯磨きペースト ホワイト(医薬部外品)• イルミルド製薬|歯磨き粉ホワイトニングフィスホワイト(医薬部外品)• 花王|薬用ピュオーラナノブライトハミガキ(医薬部外品)• サンスター|オーラツープレミアムステインクリアペースト(プレミアムミント)(医薬部外品)• サンギ|アパガードロイヤル 135g(医薬部外品)• ストーリア|トゥービー・ホワイト 薬用 ホワイトニング ジェルハミガキ(医薬部外品)• ライオン|NONIOハミガキ クリアハーブミント 130g (医薬部外品)• ライオン|ザクトライオン(医薬部外品)• サンスター|オーラツープレミアムクレンジングペースト(プレミアムミント)• ストーリア|トゥービー・ホワイト薬用ホワイトニングジェルハミガキプレミアム(医薬部外品)• サンスター|薬用APホワイト(リフレッシュミント)(医薬部外品)• 三宝製薬|薬用パールホワイトproシャイン 120g(医薬部外品)• 石澤研究所|歯磨撫子塩と重曹の薬用ハミガキ(医薬部外品)• クチュール|スーパースマイル(supersmiLe) 119g(医薬部外品)• リベルタ|デンティス ホワイトニング• ロックス |ロックス PRO デリケートホワイトニング フレッシュミント• サンスター|セッチマはみがきデイリータイプ(医薬部外品)• デンタル・マーケティング|ホワイトニングEX• ビーバイイー|auromere オーロメア 歯磨き粉 オリジナル• アース製薬|薬用シュミテクトコンプリートワンEX(医薬部外品)• 花王|クリアクリーンホワイトニングクリアミント(医薬部外品)• 石澤研究所|歯磨撫子 重曹つるつるハミガキ• MARVIS マービス |ホワイト・ミント 75ml• シャリオン|美歯口 ホワイトニングはみがき粉• サプライズ|スパークリングイレーサー• ライオン|システマハグキプラスWハミガキ(医薬部外品)• ハニック・ホワイトラボ|ハニッククリームノンステイン(医薬部外品)• エクロール|ドクターオーラル ホワイトニングパウダー• ステラシード|WHITE MOUTH ホワイトマウス デンタルクレンジング• ライオン|ブリリアントモア フレッシュ スペアミント(医薬部外品)• ストーリア|トゥービー・ホワイト薬用ホワイトニングハミガキ粉プレミアム(医薬部外品)• グリフィン|ASPLUSHアスプラッシュトゥースペーストピーチミント味(医薬部外品)• ネイチャーズウェイ|ドクターブロナー オールワン トゥースペースト• BIZENTO|ブレッシュホワイトニング(医薬部外品)• ルウ研究所|キラルン ハミガキ ペーストタイプ• わずく|ティースシャイニング• デルソル|キラビアンカ• リピカ|MENON 【ホワイトニングパウダー】• ホワイトエッセンス|ホワイトエッセンス クリストホワイト• たかくら新産業|ホワイトニングトゥースペイストシルクパウダー 100g• CB|しろえ歯磨きジェル(医薬部外品)• GR|重曹炭酸歯磨き(歯磨きジェル)• 美健コーポレーション|薬用パールホワイトプロEXプラス(医薬部外品)• Jason Natural|PowerSmile パワフルペパーミント 85g• たかくら新産業|ホワイトニングトゥースペースト 25g• 第一三共ヘルスケア|ブレスラボプラス美白リッチミント(医薬部外品)• コハルト|はははのは ホワイトニング ジェル• シーエスシー|トゥースMDホワイトEX• OSHIDE|チャコールホワイトニング• RBP|HITEETH ミント• KURUMU|モンモリロナイトと銀と水の歯みがき アメリカのオーラルケアブランドであるコルゲートから販売されている「ハイインパクト ホワイト」。 ホワイトニング成分の「過酸化水素水」が含まれおり、ブラッシングにより歯を白くする効果は今回検証した商品のなかで最も期待できます。 ただし、この成分は使用頻度が多すぎると知覚過敏を起こす場合があるため、歯と歯茎の状況を見ながら使用するようにしましょう。 非常に辛さの強いミントの香味のため、磨いた後は口の中がすっきりとします。 発泡量は程よく、シュワっとした泡で歯にやさしい磨き心地 です。 汚れ落ちの検証においても、歯列模型についた着色汚れをきれいに落とすことができ、満点評価を得てベストバイ商品となりました。 ウエルテックの「クリーニングジェル ソフト(医薬部外品)」は、週に1〜2回のスペシャルケアとして使うことが推奨されている歯磨き粉です。 歯面の汚れを除去する「高機能シリカ」や「サンゴパウダー」が配合されているほか、「キレート成分」が着色の再付着を防ぎます。 そのため、成分は比較的高い評価となっています。 甘味がある爽やかなグレープフルーツの香味で、モニターからは「美味しい!」との声も。 ただし、 発泡量は控えめのため、普段泡立ちがいい歯磨き粉を使っている人は、最初は戸惑いを感じてしまいそうです。 磨いた後は、ミントの爽快感で口の中がすっきりとします。 また、歯の表面がツルツルになったと感じるモニターもいました。 海外製の歯磨き粉には、コルゲートの歯磨き粉のように 日本では認可されていない過酸化水素水など が配合されている場合があります。 この成分は、歯科医院で行われるホワイトニングに近い効果(もちろん濃度は薄いため継続が必要)が得られるため、ホワイトニング効果が高いといえます。 安全性に関しては、 FDA(アメリカ食品医薬品局)の認可を得ているため問題はないといえますが、注意点は存在します。 日本人は欧米人と比べてエナメル質の厚みが薄いため、 高頻度で使用すると、知覚過敏を起こしてしまう場合があります。 もし、この知覚過敏が起きた際には 使用間隔を開けたり、知覚過敏が解消してから再度使用するなどして調整するようにしましょう。

次の

市販のホワイトニング歯磨き粉に歯を白くする効果はありますか?

ホワイトニング歯磨き粉 アメリカ

超強力!アメリカ製のホワイトニング歯磨き粉 ホワイトニング先進国であるアメリカは、日本に比べて、歯に対しての意識が高い傾向があることをご存知でしょうか? これには、「歯の醜さは貧しさの象徴である」という風潮や、歯を見せて笑う文化、挨拶でキスをする文化などが影響しているといわれています。 日本人よりも、歯にお金をかける欧米人は、ホワイトニングにも努力を惜しみません。 そのため、アメリカ製のホワイトニング歯磨き粉は、日本製とは違い「過酸化水素」や「過酸化尿素」といった、強力な成分が配合されていることもあるのです。 セルフホワイトニングで、「早く効果を得たい!」という方には、アメリカ製のホワイトニング歯磨き粉をおすすめします。 さらに、アメリカ製のホワイトニング歯磨き粉は、日本でも通販サイトなどで購入することができますので、気軽に試すことが可能です。 ここで、使用する際のメリットとデメリットを見ていきましょう。 【アメリカ製ホワイトニング歯磨き粉のメリット】 ・効果が強い ・即効性がある ・価格が比較的安い ・ネットで簡単に購入することができる 【アメリカ製ホワイトニング歯磨き粉のデメリット】 ・刺激が強い ・知覚過敏になることがある ・歯茎が炎症・変色することがある アメリカ製のホワイトニング歯磨き粉には、このような特徴があります。 効果が強いことから、是非使ってみたい、と言う方もいるでしょう。 それでは、次からはおすすめのアメリカ製ホワイトニング歯磨き粉をご紹介していきましょう。 おすすめのアメリカ製歯磨き粉!人気度ナンバー1は「クレスト3Dホワイト」 早速、おすすめのアメリカ製のホワイトニング歯磨き粉をご紹介していきます。 その中でも人気なのが、「クレスト3Dホワイト ブリリアンスブースト」という新しい商品で、歯に輝きを与える成分が多く配合されているのが特徴です。 シリーズの中でも、強力な効果が期待できますので、試してみる価値はあるでしょう。 ただし、「フッ素」が使用されていないので、歯のエナメル質を同時に強化することはできません。 あまりトータルケアには向いていないので、ご注意ください。 また、クレスト3Dホワイトシリーズには、歯磨き粉ではなく「テープ式」の商品もあります。 それが「ホワイトニングストリップス」という商品です。 歯に透明なテープを30分程度貼りつけて使用し、自宅で本格的なホワイトニングができることから、注目を集めています。 すぐに歯の白さを実感でき、ホワイトニング効果が非常に高いのですが、刺激の強い「過酸化水素成分」が含まれていますので、口内トラブルを起こす可能性があります。 使用する際には注意してください。 アメリカ製の歯磨き粉の中でも安全性に信頼のある「スーパースマイル」 前項に続き、アメリカ製のホワイトニング歯磨き粉をご紹介していきます。 歯のステイン汚れであるタンパク質を分解する、独自成分の「カルプロックス」を取り入れているのが特徴で、研磨剤不使用な面も嬉しいポイントです。 さらには、歯の表面を酸から守る「フッ素」を配合しており、虫歯や黄ばみを予防することもできます。 信頼性の高いメーカーから発売されていますが、こちらのシリーズには「過酸化尿素成分」が配合されている商品もあります。 それが「スーパースマイル アクセラレーター」というホワイトニング歯磨き粉です。 この商品を使用することで、知覚過敏が起きるケースも報告されています。 強いホワイトニング効果を求める方にはおすすめですが、その分リスクが潜んでいるということを忘れないようにしましょう。 強い成分で効果が高いアメリカ製歯磨き粉!「オプティックホワイト」 最後にご紹介したい、アメリカ製ホワイトニング歯磨き粉はこちらです。 強い成分が含まれていますので、ホワイトニング効果は抜群で、「1週間続けたら歯が白くなった!」という方もいるほどです。 人気商品は、ホワイトニング効果が強力に進化した「エクスプレスホワイト プラチナム」で、歯の内部まで白くしつつ、トータルケアができることが魅力です。 しかし、口コミでは「やはり日本人には刺激が強い」という意見が多く、歯や歯茎の弱い方や、口内の炎症が起きやすい方にはおすすめできません。 さらに、目に付着してしまうと大変危険ですので、注意しましょう。 使用される際は、自分に適しているかどうか、慎重に判断してください。 注意!アメリカ製の製品を使用する前に認識しておきたいこと 前項までで、アメリカ製のホワイトニング歯磨き粉の商品をご紹介してきましたが、デメリットの面が気になる方もいるかと思います。 そこで、アメリカ製のホワイトニング歯磨き粉を使用する際の注意事項をご紹介していきます。 【厚労省の認定がされていない商品がある】 アメリカ製の場合、「米国食品医薬局」の認可を受けている商品を選びましょう。 国の安全基準を満たしていなければ、おすすめできません。 また、過酸化尿素の濃度は、35%程度以下が好ましいとされています。 くれぐれも、配合成分が確認できないホワイトニング歯磨き粉には、気をつけてください。 【危険性の高い成分が配合されている商品がある】 中には、日本でホワイトニング剤として認可されていない成分が入っているものもあります。 特に、「クエン酸」や「酢酸系薬剤」などの、歯の表面を溶かす成分には、要注意です。 【日本人の歯には合わない場合がある】 日本人は欧米人に比べて、歯のエナメル質が薄いといわれています。 そのため、「知覚過敏」や「口内の炎症」といったトラブルも起きやすくなります。 アメリカ製のホワイトニング歯磨き粉を使用し、なにか異常を感じた場合は、すぐに使用を控えてください。 安全性の高い日本製ホワイトニング歯磨き粉 注意事項を読んで、やはり心配という方は、日本製ホワイトニングを使うと安心できるのではないでしょうか。 そこで最後に、評価の高い日本製ホワイトニング歯磨き粉をご紹介していきます。 しかし、「無水ケイ酸」という研磨力の強い成分が使用されていますので、週に1回のペースで利用することを推奨されています。 中でも「トゥービーホワイト 薬用デンタルペースト プレミアム」という商品がおすすめで、ホワイトニングと同時に、歯石予防の効果も期待できる優れものです。 低発泡で磨きやすいこともあり、男性には人気の商品です。 自分に合ったホワイトニング歯磨き粉を選ぼう! いかがだったでしょうか。 自宅で歯磨きをするだけで、歯を白くできるなんて、お得なうえに手軽ですよね。 アメリカ製のホワイトニング歯磨き粉には、効果が強いという利点もありますが、副作用の恐れがあることも忘れてはいけません。 危険な成分が入っていないか、自分の歯に合っているかなど、さまざまな点で注意しながら使用してください。

次の

【海外製・最強】ホワイトニング歯磨き粉の人気おすすめランキング6選|Besme [ベスミー]

ホワイトニング歯磨き粉 アメリカ

1-1. ホワイトニング 海外と日本の歯磨き粉の大きな違いと言えばホワイトニング効果です。 海外のホワイトニング用歯磨き粉には「 酸化水素」や「 過酸化尿素」といった成分が配合されています。 これらの成分は研磨剤と違い、表面の汚れを落とすだけでなく、 歯についた色素を分解して漂白する非常に強いホワイトニング作用があります。 日本では医薬法で販売が禁止されており、 歯科医院でのホワイトニングのみでしか使用を認められていません。 日本のホワイトニング歯磨き粉は研磨剤により表面の着色汚れをこすって落とすことがメインですが、海外のホワイトニング歯磨き粉は研磨剤では落とせない頑固な着色汚れを分解し、さらに歯を白くする効果があると言えます。 フッ素濃度 フッ素は虫歯を予防するために有効な成分で、 濃度が高くなれば高くなるほど虫歯の予防効果が高くなります。 欧米では 1000ppm~1500ppmくらいの濃度が当たり前に含まれており、 虫歯予防の効果が高く歯のエナメル質を強くする歯磨き粉が多いです。 以前日本の歯磨き粉に含まれるフッ素の濃度は高くても1000ppm以上でしたが、平成29年3月に日本でも規定の範囲を超え1500ppmを上限とする高濃度フッ化物を配合した薬用歯みがきが厚生労働省に承認されました。 最近ではフッ素が高濃度に配合された歯磨き粉を日本でも買えるようになっていますが、 まだまだ海外の歯磨き粉の方がフッ素が高配合のものが多いです。 3-1. Crest(クレスト) 歯磨き粉 グラマラスホワイト ブリリアンスミント アメリカで一番人気のホワイトニング歯磨き粉「クレスト」 グラマラスホワイトとブリリアンミントは3日間で最大95%の表面の汚れを除去できるホワイトニング効果があるとしてクレストの商品の中でも人気の歯磨き粉です。 身体に優しいとされているシリカが研磨剤として配合されており、歯を傷つけることなく歯の表面に着いている着色汚れを落としてくれ、フッ素も配合されているため虫歯予防や歯のエナメル質を守る役目もあります。 筆者も海外に行った時にはクレストの歯磨き粉を買って帰るのですが、着色汚れが付きにくく歯を白くしてくれるのでおすすめです。

次の