外壁塗装 耐用年数 横浜。 外壁塗装の見積 川崎市幸区 Y様邸

横浜市で外壁塗装・屋根塗装 塗り替えなら街の外壁塗装やさん

外壁塗装 耐用年数 横浜

外壁塗装とは? 家を紫外線による劣化や、風雨による腐食から守るために施すのが外壁塗装です。 外壁塗装は外壁に悪影響を及ぼす酸性雨や有毒な紫外線からブロックして家を長持ちさせるという、機能的な役割を果たします。 カラーリングなど景観を美しく見せるというデザイン的な役割も果たします。 新築の外壁塗装工事は、外壁に模様をつける都合から吹きつけによる塗装工事をする場合も多いですが、塗り替えの外壁塗装工事は、ほとんどがローラーによる塗装工事になります。 外壁 塗り替え時期 ひと足早めのお手入れが大切なお家を長持ちさせる秘訣です 外壁、屋根は住宅の中で最も厳しい環境にさらされているので、こまめなチェックと塗替えをオススメします。 適切で正しいケアを行うことにより、審美性の向上だけでなく、家自体の寿命を延ばし、ご家族の快適な住環境づくりに役立ちます。 でもお手入れにふみ切るタイミングって難しいですよね。 「もう少し大丈夫だろう」「来年また考えよう」であっという間に何年も経ってしまい、素地まで傷んでしまったり雨漏りがしてきたなんてことも。 一般住宅から店舗、保育園、公共施設などの塗替えまで幅広く実績があり、高圧洗浄・足場仮設工事費も料金に含まれておりますので、安心してご相談下さい。 内壁塗装とは? 外壁材は紫外線などの外部刺激から建物を守りますが、内壁材は色彩や塗料により建物に付加価値を付けることが期待できます。 色は精神的、身体的に影響力があるとされ、人の感覚に大きな作用を持ちます。 そのため、各空間の目的に合ったカラーセレクトが重要なのです。 また、近年の塗料は研究が進み、生活臭の抑制やマイナスイオンの発生など、大規模工事の必要なく塗装するだけで、高環境を作り出すことが可能になりました。 他にも、高気密 高断熱 防音 調湿 防カビ 防菌 低汚染など、より住みやすい環境づくりに役立つ最新の高性能塗料を多数取り扱っています。 塗料の種類.

次の

外壁塗装は塗料次第!種類別に特徴、単価、耐用年数を解説

外壁塗装 耐用年数 横浜

一昔に流行ったもので、最近ではあまり使用されません。 ウレタン系塗料の特徴• アクリル系に次いで低価格• 塗装のクラックが入りにくい• 木などの箇所にも使用できる• 紫外線に弱く、変色することがある• 汚れがつきやすい• 耐用年数もあまり長くはない こちらも低価格なのですが、外壁の塗装となるとオススメしにくいデメリットが目立ちますね。 ウレタン系塗料の中でも、高品質なものは前述したようなデメリットも幾分かは解消することができます。 しかし、その分金額はアップし、ウレタン系塗料のメリットの低価格もなくなるので、あまりオススメできません。 シリコン系塗料の特徴• 費用対効果が良く、外壁塗装材料では一番人気で出回っている• 人気があるので、種類も豊富• アクリル、ウレタンよりも耐用年数が格段にアップ• 撥水性が良いものが多く、汚れに強い• 種類が豊富なこともあり、ピンからキリまで シリコン系までくると、そこそこの金額になりますが、その分効果は絶対的に良いでしょう。 コチラの記事でシリコン系塗料について詳しく解説しています。 しかし、値段の幅が広く、安価過ぎると、シリコン系塗料の良い面が半減されている塗料もあります。 シリコン系のおすすめ塗料は、エスケー化研の「クリーンマイルドシリコン」ですね。 コチラで、クリーンマイルドシリコンの紹介しています。 シリコン系塗料と同様、費用対効果が良い• 塗装が劣化し、粉をふくことを抑える塗料としては、一番• 性能を発揮するには、色が限られる塗料もある• 最近出回りだしたため、種類が豊富ではない しかし、価格もその分上がり、手の出しづらい高価格なのが現状です。 今現在、屋根には使用できるものがないため、外壁、屋根を統一したい方は使用できません。 光触媒塗料が気になったアナタは、コチラを見ましょう。 断熱、保温、遮熱などに非常に優れている• 地域によっては助成金、補助金の手当てがつく材料• 費用が高い• 仕上がりはデコボコ• 性能、効果に関しては抜群 ガイナ塗料は元々、ロケットの外装に塗るために開発された塗料です。 宇宙空間でも対応出来る塗料を改良して、一般建築で使用されたのが、ガイナ塗料です。 その分性能、効果に関しては、他の塗料と比べても、豊富で非常に優れた塗料です。 しかし、コチラも費用が高くなってしまうのが、デメリットの一つですかね。 ただ、地球環境に配慮された塗料のため、町・市から助成金、補助金が出る地域もあるようです。 ガイナ塗料について、もっと知りたいアナタはコチラも確認しておきましょう。 塗装だけではなく、工事全体の価格も気になりますよね。 工事全体、また塗料以外の価格については、コチラで解説しています。 一番人気はシリコン系塗料 今現在ある塗料の中では、一番費用対効果が良く、万人受けする点が、一番の人気の理由です。 また種類が豊富で、好み、費用、条件に合った種類が見つかりやすいため、たくさんの人に支持されています。 シリコン以外の塗料はダメ? 2015年に発売され、人気急上昇中なのが、ラジカル系塗料。 耐用年数が顧客の要望にマッチしてないため、アクリル系塗料はほぼほぼ使われなく、メーカーも最近は力を入れておりません。 ウレタン系塗料は、シリコン系塗料に次いで人気でしたが、最近はより耐用年数を意識する方が多いため、一時期ほどは人気はありません。 フッ素系塗料は、元々商業施設やビルなどの大きな建物に仕様されることが多かったが、最近は住宅の外壁でも人気になってきました。 光触媒塗料も環境に配慮という時代にマッチし、最近人気を集めてきています。 水性か溶剤?1液性か2液性? 基本的に塗料は種類関係なく、下記のように分別されます。 簡単に比較すると、耐久性があるのは水性より弱溶剤、弱溶剤より溶剤、1液性より2液性と頭に入れておきましょう。 水性塗料 水性塗料は、「1液性」「2液性」に分けられます。 油性塗料(溶剤) 油性塗料はまず「溶剤」「弱溶剤」に分けられます。 そこから、「溶剤」の中の1液性、2液性、「弱溶剤」の中の1液性、2液性と分かれます。 耐久性と価格 耐久性が良くなるのに比例して、価格も比例し高くなっていきます。 例えばシリコン系塗料で考えてみましょう。 耐用年数が8-13年と開きがあるのは、シリコン系の中でも水性、弱溶剤、溶剤、1液性、2液性と細かい違いが塗料にあります。

次の

外壁塗装は塗料次第!種類別に特徴、単価、耐用年数を解説

外壁塗装 耐用年数 横浜

日本ペイント:1液ハイポンファインデクロ サーモアイSi クールチョコレート 【点検の様子】 横浜市鶴見区の現場です。 屋根と雨樋の無料点検を行っていきます。 どちらの工事を行っても多くの場合、足場の仮設が必要となります。 塗装の場合は高圧洗浄で水しぶきが発生しますので飛散防止対策にメッシュシートの設置が必要なケースが多いです。 今回も周りを見る限り狭小地のようです。 この場合は近隣間とトラブルを起こさないように作業を進めていく必要があります。 屋根は瓦棒金属屋根です。 トタンとも呼ばれる屋根ですが、昔よりも高耐久にはなっていますが、やはり金属屋根は経年劣化と傷によって錆の発生が起きます。 定期的なメンテナンスをしなければ錆の発生・拡大、腐食し穴あきが起きてしまいます。 また腐食以外にも屋根からの雨漏りには様々な要因があります。 屋根からの雨漏りの場合、取り合いの隙間等は致命的となります。 数年ごとにシーリングの肉痩せ・亀裂が起きていないか確認、必要に応じて補修をしていきましょう。 このようにシーリングはされているが、肉痩せにバラつきがあるといった場合は、少しの動きで雨漏りを起こすほどの隙間を作ってしまいます。 塗膜の退色も目立ちますので塗装を行っていきますが、下地処理を徹底していきます。 今回、高圧洗浄は行いません。 金属屋根はケレンやペーパー掛けで表面を削る必要があります。 そうすることで塗料の密着力が高まり、塗膜が綺麗に維持できます。 高圧洗浄の場合表面を綺麗には出来ますが、傷を付ける事が出来ずに二度手間になってしまいます。 そして屋根材に雨水が入り込んだ場合、施工後に塗膜の膨れや剥がれを起こさせる恐れがあります。 ケレンで下地の処理を行い、表面を綺麗にした後に、まずはシーリング部分にプライマーを塗り、シーリングが密着するように整えます。 その後、シーリングを充填し厚みが出ないように打設していきます。 他の継ぎ目にも後々雨漏りを起こさないように、シーリング防水処理を進めていきます。 そうすることで雨漏りを起こしにくい屋根に仕上がります。 そして金属屋根の場合は必ず、錆止め塗料を塗っておきます。 今回の使用塗料は日本ペイントの1液ハイポンファインデクロです。 これはSUSやアルミ等下地を選ぶことなく塗ることのできる速乾性の錆止め塗料です。 昔は錆止め=赤褐色のイメージでしたが、鉛を原料としなくなった今、ホワイトやグレー等の下地色も可能です。 安全帯を付けながらの作業です。 錆止め塗料は塗ることによって錆の発生・進行抑制になりますので、現在の錆の有無ではなく定期的に塗っていきましょう。 全体を塗り残すことなく塗装したら続いては遮熱塗料サーモアイSiでの塗装になります。 サーモアイは下塗りと仕上げ材のW効果で遮熱効果を発揮します。 通常遮熱塗料は仕上げ塗料のみに効果があり、何度も工程を踏みながらといった形で進めていきますが、サーモアイの場合は下塗り・中塗り・上塗りの3工程で遮熱効果が得られるため、工事費用も日程も通常の塗料となんら変わりません。 瓦棒の立上りや凹凸部分の塗装を先に行い、ローラーでムラなく塗装をしていきます。 今回使用しているのはクールチョコレート、日射反射率28. 全40色ありますが、色によっても反射率は異なり、使用する色が淡いほど日射反射率が高くなります。 艶感のある仕上がりは住宅を一層綺麗に見せてくれますね。 雪止めも錆びないように錆止め塗料で塗装後、遮熱塗料で保護していきます。 雨漏りのリスクがある劣化したシーリングは、マスキングテープで養生後シーリングを打設していきます。 広範囲に渡って施工する事で肉痩せする可能性も低くなります。 汚れが溜まりずれてしまっていた雨樋です。 経年劣化ですので交換工事を行いましょう。 雨樋の交換自体はそれほど費用がかかりません。 しかし、雨樋を交換するために足場の仮設が必要となるケースが多々あります。 その場合雨樋が3万円で済んだのに足場で5~7万円という事も少なくないのです。 可能な限りまとめて補修出来るタイミングでメンテナンスを行いましょう。 受け金具も交換し、既存のビス穴とは違う場所に固定します。 そうすることで金具の固定力もしっかりとしますので傾く心配はありません。 軒樋 半丸 を受け金具に固定し、竪樋に接続したら工事は終了となります。 次回、工事を行う際には外壁のメンテナンスと屋根の点検をしたいとのことでした。 まとめて出来る事があれば同時期に行う事が費用を抑えるポイントです。 住宅の状態を確認してまとめて出来る補修工事を決めていきましょう! 数ある業者の中から私たちを選んで頂いた決め手はなんでしょうか? HPの内容がしっかりしていたから。 具体的には担当者の方々が明確に紹介されていたことと、多くの施工例が掲載されていたこと、会社の方針など 仕上がりはいかがでしたか? 大変満足しています。 外壁の色を変えイメージも変わり新築のようにきれいになりました。 気持も明るく安心して過ごせます。 担当営業者に一言お願いします。 大変お世話になりました。 当初予想以上に屋根の状態が悪く落ち込みましたが、前向きなアドバイスをいただき気持ちを切り替えることができました。 頼もしかったです。 ありがとうございました。 当社へのご要望等御座いましたらご記入ください。 誠実な対応と丁寧な仕事をしていただきました。 数年後、わかる結果もあると思います。 さらなる成長を信じております。 2012年11月1日 こんばんは。 最近肌寒くなって来ましたね。 11月に入り、朝晩の冷え込みは増し、日中でも温度があまり上がらなくなってきましたね。 さて、今日は現場確認回りに撮った一枚をご紹介します。 本日は横浜方面の現場を数件回ってきました。 横浜は街並みがきれいで、うまく写真が取れない私でも、ちょっとしたアマチュアカメラマン気分で風景を切り お住まいの地域情報 横浜市は東京都心から南へ約30kmから40km圏内、東京湾に面した神奈川県で最大の都市です。 市政の中心地は関内地区(中区の関内駅周辺)で、市域の中央駅は横浜駅(西区)。 経済活動の中心は関内地区から約3km北の横浜駅周辺地区と分断されており、両地区の中間に位置する横浜みなとみらい21地区(桜木町駅周辺)の開発を進めて、横浜都心の一体的発展を進めています。 市域は、鎌倉に鎌倉幕府が置かれた鎌倉時代から本格的に開発され始めました。 江戸時代には江戸幕府が置かれた江戸に近いため、幕府直轄地や旗本領が大部分を占め、藩は小規模な六浦藩(金沢区)のみがおかれました。 また、大きな港を持たない鎌倉幕府の海の玄関口として六浦湊(金沢区六浦)が、江戸湾(東京湾)内海交通の要衝として神奈川湊(神奈川宿、神奈川区神奈川)が、早くから栄え、江戸時代末期には、神奈川沖・小柴(旧・六浦湊外周部)で締結された日米修好通商条約により、「神奈川」を開港場にすることが定められました。 1889年(明治22年)4月1日に市制が施行され、横浜市となりました。 会社所在地 東部 横浜地域• 川崎地域• 湘南地域• 三浦半島地域• 西部 相模原地域• 県央地域• 足柄上地域• 西湘地域• 外壁塗装をご検討されている方はこちら!• お客様の安心第一!当社のルールとお約束• 外壁塗装について 今日のお天気 - 曇時々雨 神奈川県横浜市のお天気情報です。 梅雨前線が西日本から東日本に停滞しています。 神奈川県は、雨や曇りとなっています。 6日は、梅雨前線が北上し、日本海から東北地方に達する見込みです。 このため、東部は雨時々曇りで、雷を伴う所があるでしょう。 西部は雨で、夕方まで雷を伴い激しく降る所がある見込みです。 7日は、梅雨前線が日本海から東北地方に停滞する見込みです。 このため、東部は曇り時々雨で、昼前まで雷を伴う所があるでしょう。 西部は曇り時々雨で、雷を伴う所がある見込みです。 神奈川県の海上では、6日から7日にかけて波がやや高いでしょう。 船舶は高波に注意してください。。

次の