ラッセル グドール。 ラッセル・グドールのwiki学歴や経歴を調査!大学の偏差値がヤバイ!

NEWS加藤シゲアキ、世界の強豪たちとのクイズ対決で弱気発言!?「ミスをうまくごまかしてきた」

ラッセル グドール

名前:ラッセル・グドール Russell Goodall 生年月日:1956年2月 出身:ニュージーランド、北海道 職業:通訳 ラッセルさんには2歳年上の お兄さん、ジェラルドグドールさんがいます。 ジェラルドさんは、北海道の教会の牧師です。 宣教師である両親の影響でしょうね。 ラッセルグドールの経歴 ニュージーランド生まれのラッセルグドール さん。 しかし生まれて4ヶ月後、宣教師の両親とお兄さんとともに来日します。 インターナショナルスクールなどには通わず、小学校から高校まで 北海道の公立の学校に通いました。 これは、「日本に溶け込むように」という両親の思いがあったんだそうです。 素晴らしいご両親ですね。 私もその方針には賛成です。 考えてみれば、生まれてすぐに来日したので、他の日本人とほとんど変わらないですから 日本語に不自由することはなかったと思います。 私は帰国子女なので友達にも帰国子女が多いのですが、 中には海外に何年も住んでいたのに、英語が全く話せない人がいます。 というか、多いです。 帰国子女だからといって皆が皆英語話せるわけではありません。 その人たちは、現地校やインターではなく、日本人学校に通っていたんですよね。 なのでせっかく海外に住んでいたのに、そこの言語を習得することができなかった。 きちんとこのことをわかっていたんでしょうね。 英語に関しては、両親が英語話せますから家庭でいくらでも教えることができます。 その点日本語に関しては、学校で教わるしかありませんからね。 (両親が日本語ペラペラなら違いますが) 話を戻して、ラッセルさんは小学校・高校は不明ですが、 中学校は室蘭市立北辰中学校でした。 ただ、この学校は他の中学と統合し、現在は室蘭西中学校という新しい学校になっています。 大学は学費が安いというだけで、ニュージーランドの オークランド大学へ。 オークランド大学といえば、優秀な大学ですよね。 ニュージーランドの大学で唯一、タイム誌の「世界のトップ200大学」に選ばれているんだとか。 留学生の受け入れにも積極的な大学です。 卒業後は日本に戻り、 テレビ制作の世界へ。 情報番組のディレクターとして活躍しました。 しかし、仕事に追われる日々に嫌気がさし、結婚してから再度ニュージーランドへ。 日本の残業や過酷な長時間労働が嫌になったんでしょうか・・・ その点、ニュージーランドはのびのびとしていそうですね。 ニュージーランドでは、 翻訳や通訳の仕事に携わりました。 さらに、ニュージーランドで上演された「男はつらいよ」の英語劇では、 制作に関わっただけでなく、なんと主演の寅さん役まで演じたそうです。 ラッセルさん、演技もできるんですね(笑) 日本にまた戻り、2001年から渋谷の街頭テレビ局 「シブヤテレビジョン」のプロデューサーを務めるように。 2005年には「シブヤテレビジョン」を退社、 現在は通訳や翻訳の仕事をしています。 通っている教会の牧師の通訳もしているそうです。 子供は、息子が2人います。 ラッセルグドールはネプリーグで大活躍! ラッセルさん、クイズ番組 「ネプリーグ」で話題になりました。 というのも上記の経歴からも分かる通り、彼は他の日本人と変わらない日本語力。 ネイティブレベルです。 さらに、漢字が得意ということで ネプリーグの漢字コーナーでは驚きの漢字力を披露しています。 過去数回登場してきたラッセルさん。 ネプリーグをきっかけに、彼は話題になるのではないかな〜と思っている筆者です。 まとめ ラッセルグドールさんは、 ニュージーランドと北海道出身、 英語も日本語もバリバリできる翻訳家と通訳でした! その日本語力はさらに、ネプリーグでも大活躍。

次の

ラッセルグドールの漢字力がスゴい理由は?プロフィールと経歴と妻と子供をチェック

ラッセル グドール

新ステージ「シボリーグ」に挑む、(左から)堀内健、榎並大二郎アナ、モーリー・ロバートソン 2ndステージでは、新ゲームが登場!答えが複数存在する問題をラリー形式で制限時間内に答える「シボリーグ」。 第1試合は、フローラン・ダバディVS藤井アナVS久慈アナが「ヨーロッパの白地図から国を選んで国名を答えよ」という問題に挑戦。 フランス出身のダバディが有利と思われる中、岩手県出身・久慈アナの健闘ぶりにも注目だ。 第2試合は、モーリーVSフジテレビ榎並大二郎アナVS堀内健。 「小学校のとき以来」という社会科の問題に挑んだ榎並アナは「自分はMなんで、絞り出せば出てくる…」と告白し、筋トレのように自らを追い込むのだが…。 収録後には「脳みその片隅に眠っていた知識を呼び覚ました」と振り返るが、果たして勝利を収めることはできたのか? そのほか第3試合は元TBSアナの2人・小島慶子VS安東弘樹そして林先生による三つ巴(どもえ)対決が実現。 第4試合は、原田泰造VSラッセル・グドールVS松本アナ、第5試合では元NHKアナ・草野満代VS福井VS名倉潤の対決を放送。 <榎並大二郎アナコメント> Q. 収録が終わった感想は? お昼から始まった収録も、終わる頃には日が傾いていました。 しかしながら緊張と笑いが入り混じる空気の中で、あっという間の時間でした。 この角度の問題が出るのか…と、脳みその片隅に眠っていた知識を呼び覚ましてクイズに臨みました。 ネプチューンとの共演について? 収録中も休憩中も、楽しいお話で盛り上げて下さり、お陰さまで緊張がほぐれました。 また、長年番組を支えられながら、ひとつひとつのクイズに対して一喜一憂し、常に全力で挑まれる姿がカッコ良かったです。 新人の頃から10年以上お世話になっていますが、共演させていただくごとにどんどん御三方への尊敬の気持ちが大きくなっていきます。 「え!その分野もいけるの!?」と驚かされました。 本当は日本人なのではないかと常々思っていましたが、今回で疑惑が確信に変わりました(笑)。 視聴者の皆様へのメッセージをお願いします。 日本を知り尽くした世界選抜チーム、草野さん・小島さん擁する女子アナチームという猛者達に向かっていく男子アナチーム。 「なんか、ここぞという時に勝負弱そうだよね」と揶揄(やゆ)される男達の奮闘ぶりを是非ご覧いただきたいです。 また、新ステージ「シボリーグ」のヒリヒリ感は必見です。 めちゃくちゃ緊張しました。 あの林先生も額に汗がにじむほど、みなさん緊張していました。 これぞ三つ巴、それぞれのプライドがぶつかり合う大人達の本気をお楽しみいただければと思います。

次の

加藤シゲアキ、パンサー向井らが世界選抜と対決!『ネプリーグ』3・16放送

ラッセル グドール

名前:russell goodall(ラッセル・グドール)• 生年月日:1956年2月• 年齢:63歳(2019年5月現在)• 出生地:ニュージーランド• 出身地:北海道 ラッセル・グドールの学歴は? ラッセル・グドールさんはニュージーランドで出生後、同年の6月に日本の北海道に来日したそうです。 来日した理由は両親の宣教師活動のためだそうです。 そんなラッセル・グドールさんは来日後、 高校まで普通の公立の小中高生活を送ったそうです。 なんでも父親がアメリカ英語になることを嫌い、インターナショナルスクールに通わせなかったとか・・・ また、幼少期のラッセル・グドールさんの日常会話は ニュージーランド出身の両親とは英語で、 兄弟、友人とは日本語であったそうです。 幼少期からバイリンガルの環境はうらやましいですね! その後、ラッセル・グドールさんは大学に進学するんですが、 「授業料がめちゃくちゃ安い」という理由で、両親の母国である ニュージーランドの大学に進学しています。 その進学先の大学名が 「オークランド大学」です。 スポンサーリンク ラッセル・グドールの大学偏差値がヤバイ!? ラッセル・グドールさんが進学したオークランド大学は ニュージーランドでは唯一世界大学ランキング100位に入る大学です。 そんな最近の オークランド大学の世界ランキングは昨年度(2018年)は 85位 で世界ランキング上位100校以内にランクインしている賢い大学ということがわかります! 色々探してみましたが、偏差値はわかりませんでしたが、 日本の東京大学が生徒数会ランキングで毎年変動してますが、30~40位の間です。 そして、この オークランド大学はマンモス大学で、在籍学生数40,000人を超え、世界一ともいわれています。 そりゃそうですよね。 テレビ局・制作会社 テレビ番組・VPの通訳・台本翻訳・字幕翻訳• NHK BS 谷村新司のショータイム(海外アーティストのインタビュー通訳)• NHK ドキュメンタリー番組各種(字幕翻訳)• テレビ朝日 ニュースステーション[海外取材通訳]・報道ステーション[ニュース字幕翻訳]• 日本テレビ• テレビ東京• TBS• Star Wars Celebration Japan 通訳:スター・ウォーズの公式ファン・イベント• レコード会社(歌詞対訳・アーティスト通訳等)• 本田技研工業• AGC 旭硝子• 早稲田大学• アイルランド政府商務庁• 米系大手清涼飲料メーカー(翻訳) ニュージーランドでの仕事(1994-2001)• テレビジョン・ニュージーランド• Honda NZ、Toyota NZ、• 資生堂NZ、リーバイス・ストラウス NZ ltd. ニュージーランド・ラグビー協会、王立ニュージーランド盲目協会• 月刊NZ ニュージーランド発行の日本語月刊誌。 「法律講座」記事の翻訳を1年半担当• 日本からニュージーランドへの各種行政・経済視察団の通訳• オークランド市議会 通訳・翻訳• 日本国旧通産省(大型翻訳案件)• APEC 中小企業会議 1999年・クライストチャーチ〜通訳• ニュージーランド政府機関(税関、科学技術研究省、外務貿易省〜通訳・翻訳)• デビッド・ロンギ(元ニュージーランド首相)• ジェニー・シップリー(元ニュージーランド首相)• 森喜朗(元日本国首相).

次の