ひぐらしのなく頃に アニメ広場。 ひぐらしのなく頃に 解

ABEMAでアニメ「ひぐらしのなく頃に」シリーズが6月20日7:30より全話一挙無料配信。Twitterキャンペーンも実施

ひぐらしのなく頃に アニメ広場

アニメ第5期 ひぐらしのなく頃に拡〜アウトブレイク〜全1話 2013年に導入されたパチンコ「CRひぐらしのねく頃に頂」のプロモーションを兼ねて発売されていました。 アニメ新作6期 ひぐらしのなく頃に2020年版 ひぐらしのなく頃に2020年版ではテレビ放送は13年振りとなりますので楽しみにしている方も多いかと思います。 新作は何話構成なのか、何編なのか、情報が分かり次第追記していきたいと思います。 ひぐらしのなく頃にあらすじや内容 ネタバレ ひぐらしのなく頃にの新アニメのあらすじやネタバレを書いていきたいと思います! この作品は人口200人に満たない寂れた架空の村落、雛見沢村を舞台に、村にまつわる古い因習「綿流し」を軸にして起こる連続怪死・失踪事件をテーマにした連作のミステリーであります。 読者と一緒に謎を考えながら進んでいく「出題編」と、事件の真相と謎が明かされるストーリー つまり、事件の惨劇を回避するためには、人々はどうしたらよかったのを解説する「解答編」とで本編が構成されています。 圭一はある日ふとしたことからかつて雛見沢村でダム計画が進んでいたこと、村中が団結し過激な反対運動をしていたこと、そして現場でバラバラ殺人があり計画が完全に消えたことを知ってしまいます。 その事件のことを友人たちに聞くとみんな口を閉ざしてしまいます。 そして、雛見沢村では毎年6月に行われる「綿流し」 通称「オヤシロ様の祟り」 のお祭りがあり、その日は毎年必ず1人が死に、1人が行方不明になる。 という雛見沢村で起こる連続怪死事件。 この事をお祭りの当日に知ることになります。 翌日、圭一のもとに警察が訪れ一緒に雛見沢村連続怪死事件の謎を追うことになる。 しかしそれを良く思わない友人の態度、さらには様子がだんだんおかしくなり圭一は惨劇に巻き込まれていくことになるのです。 ほとんどが登場人物の主観で順を追っていきますが、合間にはより客観性の高い追加情報が挿入されています。 第1話の結末では、多くの謎を残したまま主人公は死にいたります。 しかし、第2話では事件発生前から物語が始まるので、え?死んだはずの主人公が普通に生きてるので意味が分からない・・となりそうですが、第1話とは異なる物語をもう一度事件発生前から見ていると思って見ると理解できます。 そしてこれは第4話を除き、繰り返し事件前からの異なる物語を主人公があたかも バットエンドを回避するために、何度も異なる選択を選んで再挑戦したかのように物語は進んでいきます。 読者はささいな違いによる異なる物語の結末を迎える物語を見ていく中で推理の手がかりを得ていくようになっている。 登場人物の繰り返しの自覚や、物語への自己言及があらわになり、物語はメタフィクション化していきます。 第6話で事件の被害者の1人である古手梨花が自分の死を防ぐために時間を巻き戻していることが発覚する。 ひぐらしのなく頃にはよくグロい、ホラーというイメージを持っている方も多いです。 表現はたしかにグロテスクな場面もありますが、仲間を信じ悩みを打ち明ける大切さや惨劇に立ち向かい続けるという熱く、美しい作品でもあるようです。 ひぐらしのなく頃に放送日や地域は? 2020年7月〜放送予定です。 正確な放送日程日が分かり次第追記していきたい思います!放送地域は ひぐらしのなく頃に第1期では• 近畿広域県 関西テレビ• 千葉県 チバテレビ• 埼玉県 テレ玉• 神奈川県 tvk• 中京広域県 東海テレビ• 日本全域 ニコニコ生放送で放送されていました。 ひぐらしのなく頃に第2期では• 京都府 KBS京都• 兵庫県 サンテレビ• 埼玉県 テレ玉• 神奈川県 tvk• 中京広域県 東海テレビ• 日本全域 AT-X で放送されていましたが、 東海テレビでは第12話〜放送 打ち切り。 テレビ埼玉では14話〜放送を 打ち切りました。 どちらも打ち切りの理由は明確にはしていませんが、同年に京都府で発生した少女が父親殺害した事件が本作を想起させてしまうものがあったためというのが定説となっています。 おそらくまた同じような地域で放送されるかとは思いますが、以前に打ち切りしたこの両局では新作のアニメも放送されないかもしれませんね。 新作アニメの放送地域が発表されましたら、また詳しく載せていきたい思います。 スポンサーリンク まとめ ひぐらしのなく頃に新アニメは何話?あらすじや内容!放送日や地域は? を書いていきました。 また情報が入り次第追記していき、アニメ放送日を待ちたいと思います! ほんとに久しぶりで楽しみですね! 最後までお読みいただきましてありがとうございました!.

次の

ひぐらしのなく頃に解 動画(全話あり)|アニメ広場|アニメ無料動画まとめサイト

ひぐらしのなく頃に アニメ広場

ひぐらしのなく頃に解 あらすじ テレビアニメ第2期。 昭和58年初夏。 都会から遠く離れた山奥の寒村、雛見沢。 昼にはセミの、夕暮れにはひぐらしの合唱が木霊していた。 圭一、レナ、魅音、沙都子、梨花、詩音、今日も「部活メンバー」の明るく、賑やかな声が雛見沢に響いていた。 そんな中、梨花は時折悲しげな表情を見せていた。 それは毎年6月に行われる祭り「綿流し」が近づいていたからであった。 過去4年続く、祭りの日に、繰り返される悲劇。 毎年、一人が死に、一人が行方不明になるという「雛見沢連続怪死事件」。 今年も悲劇は起こる。 梨花は全てを知っていた。 ハジマリも、オワリも・・・。 繰り返される悲劇の連鎖は断ち切れるのか?.

次の

延期アニメ『ひぐらしのなく頃に』10月放送開始:北海道新聞 どうしん電子版

ひぐらしのなく頃に アニメ広場

同アニメ第1話より引用 招待メールを開いてしまう主人公の要 そのゲームは、シギルと呼ばれる特殊能力を駆使して戦うもので、ゲームでの死は、すなわち現実での死と等しく、1度参加すると普通には抜け出せないシステムになっています。 要 ( かなめ )は、このイカれたゲームに終止符を打つため、自身のシギルを活かして、残忍なプレイヤー達と壮絶な頭脳バトルを繰り広げることになります。 POINT:魅力&面白さ 能力を駆使した緊迫のバトルが味わえる このアニメの肝となるのが、プレイヤー1人1人が持っているシギルと呼ばれる特殊能力です。 植物を自在に操る能力や、数秒先を予知する能力など、それぞれのシギルを活かしたバトルが繰り広げられます。 単純にバシバシと攻撃し合うのではなく、能力の長所と短所を突くような頭脳戦が繰り広げられるので、手に汗握る緊迫した戦いを目の当たりにすることができます。 戦いの中で開花していく主人公 最初は訳も分からずにバトルを始めることになる主人公ですが、緊迫したバトルの中で、次第に自分のシギルの長所を生かした戦いができるようになっていきます。 「こいつには絶対に勝てないだろう」と視聴者に思わせ、「もうダメだー」となった瞬間に、 要 ( かなめ )の閃きによって大逆転劇が始まります。 その爽快感が、見ている物を病みつきにさせるというわけです。 シリーズ時系列 放送された順番 同アニメ第1話より引用 クレアを助ける着ぐるみに変身した修一 このような能力を持った者は、収集者と呼ばれ、収集者たちは、ある理由からコインを求めて激しいバトルを繰り広げることになります。 修一は収集者であるものの、臆病な性格から戦闘が苦手で、好戦的なクレアが修一の中に入ってバトルをするようになります。 POINT:魅力&面白さ 主人公は、なぜ能力を持ってしまったのか? 主人公の修一の着ぐるみ化の能力は、自分でも知らない間に身に付いていました。 アニメの序盤で、この能力にはコインが関係していることが判明しますが、修一自身にコインを使った心当たりがなく、どのような理由から能力を身に付けたかは、謎のまま物語が進んでいきます。 また、修一には記憶の齟齬があるのか、過去を知る人物との会話で、食い違いを見せる描写もあるので、この謎めいた展開が一つの魅力でもあります。 危機迫るバトルに胸が躍る この作品のヒロインは、実に好戦的で通常のアニメのヒロイン像とは全く違ったものになっています。 クレアは冷酷な面が大きく、修一の中に入って戦うことにより、もの凄い力を発揮します。 バトル演出自体も、迫力あるものに描かれているため、見ている人を飽きさせないワクワクする内容です。 他の収集者たちも個性な見た目と唯一無二の能力をそれぞれ持っているので、それを生かしたバトルも緊迫感があって魅力的です。 シリーズ時系列 放送された順番 同アニメ第2話より引用 城壁の外には、恐ろしいカバネの大群が生息している 主人公の 生駒 ( いこま )は、妹をカバネに殺され、自らも半分がカバネになってしまった少年で、後に出会う 無名 ( むめい )と共に、カバネリとして激しい戦闘を繰り広げていきます。 POINT:魅力&面白さ 大量のカバネたちに襲われる緊張感 圧倒的な強さと量で襲ってくるカバネは、まさにゾンビ映画のような恐ろしさがあります。 さらに、これに噛み付かれてしまうと大切な家族や仲間もカバネ化してしまい、人間の心を失って襲ってくるという非情な設定も恐怖に拍車をかけます。 この絶望感と恐怖感が、本作をよりドラマティックに描く効果を生み、生きるか死ぬかの緊張感の中で生活する日ノ本の民たちに感情移入できる要素となります。 華麗な 無名 ( むめい )のバトルが魅力的 熱血キャラのくせに序盤は弱い主人公に対して、謎の美少女として登場する 無名 ( むめい )の圧倒的な強さは尋常ではなく、絶対に勝てないと思っていたカバネの大群を華麗に殲滅していく姿は、まさに爽快の一言です。 和風テイストのセクシーな衣装に加えて、アクロバティックな忍者アクションは、本作最大の見せ場の一つでしょう。 4位:Angel Beats! 最高の音楽と共に繰り広げられるクールなバトル 同アニメ第1話より引用 これが主人公と「かなで」の初めて?の出会いだ 強烈な個性を持ったキャラ達が、それぞれに重い過去を背負って戦っており、その秘密が回を重ねるごとに明らかになっていきます。 POINT:魅力&面白さ スタイリッシュなバトルと挿入歌 作中では、一般生徒であるNPCを陽動するため、ガールズ・デッド・モンスターという戦線メンバーがライブパフォーマンスをします。 この挿入歌の数々がエモーショナルで、これをBGMに繰り広げられるバトルは、スタイリッシュで、見る者に爽快感と高揚感を与えてくれます。 なぜ?が少しずつ明らかになっていく 物語の序盤では、「なぜ、彼らだけがこの世界にいるのか?」、「そもそも、なぜ天使と戦っているのか?」などの疑問がたくさん湧き上がってきます。 そのどれもが、中盤からラストにかけて明らかになっていきますが、天使と呼ばれる「かなで」の存在理由については、最終話まで明かされることはありません。 全話を見終わった時に、ようやく全ての謎が解き明かされるので、各話で後を引く展開になっています。 おすすめアニメ 【異世界転生】 1位:本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません 前世の知識を持ったまま文明が遅れた異世界に転生 同アニメ第2話より引用 病弱な少女に転生した麗乃。 面倒を見る姉のトゥーリ 本好きのマインは病弱な体ながら、本を読みたい一心で、商人のベノンや友人のルッツと共に、本作りを決意します。 マインは、転生前の麗乃時代に身に付けた博識を武器に、様々な問題を解決しながら、本への情熱を燃やしいくのです。 果たしてマインは特別な病に打ち勝って、自分の思いを転生した異世界で果たせるのでしょうか。 POINT:魅力&面白さ 前世の記憶を持ったマインが様々なアイデアを発揮する マインは、転生前にたくさんの本で豊富な知識を身に付けており、その記憶を持ったまま生まれ変わることになります。 現代では当たり前に存在する物や考え方が、異世界にはないので、マインが生み出すアイデアや物は、様々な貴族や平民を驚かせることになります。 「今の記憶を持ったまま、大昔に行ったら、自分は凄いヤツになれるだろうなぁ」という誰もが1度は考えたことがある空想を、マインが再現してくれるところに、このアニメの面白さがあります。 病の謎が少しずつ明らかになっていく マインは感情の変化により、体が燃えるような高熱を発して倒れることが、しばしばあります。 序盤では、この病の原因は全くわかりませんが、商人のベノンや、貴族たちと交流を深めるうちに、その病の真相や、対処方法がわかっていきます。 この病が、このアニメのもう一つの重要な要素で、様々な人々が病弱なマインのために協力して、絶望的な状況を回避していくことになります。 シリーズ時系列 放送された順番 同アニメ第1話より引用 えるとの初めての出会い。 ここから奉太郎の推理生活が始まる その古典部には、消息が分からなくなってしまった叔父の過去に興味を持ったヒロインの「える」がいました。 「える」は、一度気になったことは、真相が解明されるまで突き詰めてしまう性格で、この「える」の疑問を解決する形で、奉太郎の推理が始まります。 二人の他、主人公の親友である 里志 ( さとし )と、里志に思いを寄せる 摩耶花 ( まやか )が加わり、物語は最大の謎に迫っていくことになります。 POINT:魅力&面白さ 学園の謎を解く、見やすいミステリー 物語の序盤は、学園で巻き起こる些細な謎を、奉太郎の推理力で解決していくことになります。 誰かが死んでしまうミステリー系ではなく、掛け違えた小さな謎を解いていく平和的な推理アニメですが、終盤にかけて、徐々に「える」の叔父の真相や文集「氷菓」の謎に迫っていくことになります。 謎のほとんどは1話で完結するので、非常に見やすいアニメですが、最大の謎は終盤まで明かされないので、各話で続きが気になるアニメと言えるでしょう。 文学的で全体の雰囲気が素晴らしいアニメ このアニメの作中では、様々なクラシック曲が流れます。 バッハの「G線上のアリア」や、ベートーベンの「月光」など、美しいアニメーションと共にその世界観を味わうことができます。 また、登場人物のセリフなどが文学的で、アニメではあるものの、知的な好奇心を刺激するような癖のある作風が魅力的と言えます。 2位:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 陰キャでボッチが主人公の新感覚の学園ドラマ 同アニメ第1話より引用 半ば無理矢理に奉仕部入らされた陰キャの比企谷 そこに、比企谷と同じクラスの陽キャグループの 結衣 ( ゆい )も加わり、ちぐはぐだった3人が次第に協力しながら、生徒たちの悩みや問題を解決していくことになります。 POINT:魅力&面白さ 学校生活で付きものの残念の人間関係 この作品には、学校生活で誰もが感じたことがあるであろう息苦しい青春も描かれています。 クラスには、イケてるグループとイケてないグループがあり、そこには無意識の上下関係があります。 さらに、一人でいることの恥ずかしさや、仲間外れにされる怖さなど、多感な時期の悩みを、時に明るく、時にシリアスに描いている作品でもあります。 ボッチでもいいじゃないか?と思わせてくれる主人公 陽キャたちを冷ややかに見る比企谷は、決して可愛そうなキャラではなく、物語が進むにつれて、不思議と芯の通ったキャラに見えてきます。 その姿勢は、ボッチでもいいじゃないか!と思もわせる、新しい隠キャ系のヒーローで、根暗の彼が発する陰湿ながら、的を得た物言いにどこか納得させられてしまいます。 タイトルにラブコメと言うワードが入っていますが、単純なラブコメではなく、少し考えさせられてしまうエピソードも多くあります。 シリーズ時系列 放送された順番 同アニメ第1話より引用 咲太にしか見えない?バニーガール姿の麻衣 最初は、場違いの格好に驚くも、彼女自身がある理由で思春期症候群を発症していることが判明します。 咲太は、科学部所属の 双葉 ( ふたば )の協力のもと、病のようなこの現象の原因を突き止めて、麻衣の危機的状況を救うために奔走することになります。 POINT:魅力&面白さ 3割恋愛のミステリアスなアニメ 本作は、ドタバタしたラブコメのような作風ではなく、巻き起こる思春期症候群を軸に、登場人物たちが抱える悩みや問題が明らかになっていく、ミステリアスな展開が多いアニメです。 もちろん恋愛要素もありますが、アニメのタイトルとは裏腹で、どちらかと言うと恋愛も情緒的に描かれています。 序盤では謎が多い主人公と妹 主人公の咲太は、妹の「かえで」と2人暮らしをしています。 「かえで」は、過去のイジメが原因で家に引きこもるようになり、さらに重大な心の病を抱えています。 咲太はというと、胸に大きな傷があり、その原因は序盤で明らかにされることはありません。 このように、謎を引っ張るような形でストーリーが進んでいくので、視聴者は自然と次の話が気になるようになります。 おすすめアニメ 【主人公最強】 1位:ノーゲーム・ノーライフ 最強ゲーマー兄弟のフルスペック頭脳バトル 同アニメ第1話より引用 エルキアの民とポーカーで戦う空たち その世界で最も弱い種族である人間種の国、エルキアの住人となり、滅亡寸前の国を救うため、頭脳を武器に様々な優生種族と戦うことになります。 POINT:魅力&面白さ 主人公がとにかく最強 ゲームなら誰にも負けない 空 ( そら )たちは、異世界でも最強レベルの戦いを繰り広げ、最弱の人間種の救世主的存在になっていきます。 能力的にとんでもなく有利な種族との対戦であっても、持ち前のゲーム能力でチートのような強さを見せてくれます。 単なるゲーマーが他の世界では最強という、異世界モノのテンプレ的な設定ではありますが、毎回ルールが違うゲームで戦うので、毎話、新鮮なバトルを味あわせてくれます。 緊迫の頭脳バトルが面白い 格闘モノのアニメとは違い、様々なゲームで勝負することとなるので、ルールの穴をついたバトルや、逆転の発想を活かした戦いを目の当たりにすることができます。 リアルな騎士たちを動かすチェスや、発した言葉が具現化される「しりとり」など、思考を凝らした頭脳系バトルが繰り広げられます。 最強主人公の 空 ( そら )たちも、時にはピンチを迎えますが、フルスペックの頭脳から繰り出される一発逆転の解は、まさに爽快感抜群です。 おすすめアニメ 【コメディ/ギャグ】 1位:かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~ 大爆笑必至の恋愛バトル 同アニメ第1話より引用 かぐやと御行の真剣勝負に腹筋崩壊! それもそのはず、2人の恋愛偏差値はほぼゼロで、まともに異性と付き合ったことすらないのです。 こんな状況で繰り広げられるガチンコ恋愛バトルは、まさに傑作で、毎回各話で笑いどころを作ってくれます。 POINT:魅力&面白さ エリートである 御行 ( みゆき )のギャップが面白い 生徒会長の 御行 ( みゆき )は、周りから憧れの的で見られているとともに、恋愛に関しても百戦錬磨の猛者だと思われています。 確かに勉強はピカイチにできますが、それ以外は苦手なことも多く、大の運動音痴かつ恋愛音痴でもあります。 それらを隠すために必死でつくろう姿が滑稽で、ここが1番の笑える要素でもありますし、その必死さが時に感動を呼ぶこともあります。 全キャラがボケでありツッコミ このアニメには、 御行 ( みゆき )とかぐや以外にも個性的なキャラクターが登場します。 面倒見は良いけど、どこか抜けている書紀の 千花 ( ちか )や、超パソコンが得意ながらガチでマイナス思考の会計の 石上 ( いしがみ )など、どれもキャラが立っており、それぞれが面白い一面を持っています。 各話では、そのキャラの個性を活かしたボケとツッコミが作製するので、全キャラ総出で笑かしにかかってきてくれます。 とにかく、笑いで明るい気持ちになりたい時におすすめのアニメです。 シリーズ時系列 放送された順番 同アニメ第1話より引用 菌と戦う白血球と怯える赤血球 各細胞の特徴をしっかりと掴んで擬人化されているので、生物の教科書などを読むよりも断然理解しやすく、以外と教養も身に付くアニメです。 POINT:魅力&面白さ 凄いけど、どこか抜けてる細胞たち この作品を見ると、各細胞には得意な点と不得意な点があることがよくわかります。 1つの物事に対してはエキスパートである細胞も、他の物事には全く対処できない様子が描かれており、その抜けたところが上手く笑いで表現されていきます。 驚くべき細胞たちの能力が理解できる 赤血球、白血球、キラーT細胞、NK細胞などの働きを上手く説明できる人は、そう多くはないと思います。 むしろ、イメージすら湧かないという人も結構いるのではないでしょうか。 そんな人も「はたらく細胞!! 」を見れば、各話を追うごとに細菌やウィルス、細胞などの特徴を知ることができ、さらに、その能力の面白さに気づくことでしょう。 シリーズ時系列 放送された順番 同アニメ第1話より引用 幸太郎にプロジェクトの内容を伝えられるゾンビのさくら 事の真相を、謎多きプロデューサーの 幸太郎 ( こうたろう )に聞き、自分が佐賀を救うために結成されたご当地アイドルの一員であることを知らされるのです。 POINT:魅力&面白さ いい曲多し!見ている人も盛り上がる 本作はホラーアニメではなく、人間に扮したゾンビたちがアイドル活動をする音楽系のエンターテイメント作品です。 作中では、数々の楽曲が披露されるのですが、そのどれもがノリノリで高揚感溢れるものばかりで、まるで本当のアイドルグループの歌を聴いているような感覚になります。 謎多き登場人物とストーリーとともに、素晴らしい楽曲が、このアニメの最大の魅力となっています。 ギャグ要素ありの明るいゾンビアニメ プロデューサーの幸太郎をはじめ、このアニメには、強烈な個性を持った様々なキャラクターたちが登場します。 死んでゾンビになったという設定の割には、コメディー要素が強く、各話のほとんどでドタバタ系の笑いが繰り広げられます。 彼女たちが死んだ理由も、シリアスなものだけでなく、ギャグのようなものもあるので、基本的には、明るい気持ちで楽しむことができるアニメです。 シリーズ時系列 放送された順番 同アニメ第1話より引用 お互いの恋が上手くいくように同盟を組む2人 しかし、お互いの恋は、なかなか進展しないまま、数々のエピソードと共に、竜児と大河は、家族にも似た絆を感じるようになっていきます。 POINT:魅力&面白さ とにかく明るいラブコメ 基本的にこのアニメは、全編を通して明るい内容となっています。 特に、主人公が思いを寄せる実乃梨と、ヒロインが思いを寄せる祐作は、クラスのムードメーカーで、アニメ全体で笑いを提供してくれるキャラでもあります。 ヒロインの大河も、祐作以外の前では、ハチャメチャで、よく主人公を困らせるツンデレ的な存在として描かれています。 恋と友情の間で揺れる登場人物たち 竜児と大河は、自分の恋が進展するように、様々な作戦を立てて実行していきます。 それにより、少しずつ思いを寄せる人と仲良くなっていきますが、思われる方は思われる方で、竜児たちすら気付いていない本当の気持ちに気付いてしまうのです。 本作では、登場人物たちのその揺れる気持ちが上手く描かれており、笑いの中にも、ちょっぴり切ないエピソードが盛り込まれています。 おすすめアニメ 【ハーレム系】 1位:五等分の花嫁 ヒロインたちに嫌われた主人公のハーレム物語 同アニメ第1話より引用 早速、5人姉妹に嫌われてしまう主人公の風太郎 家計を助けるために 風太郎 ( ふうたろう )は、そのアルバイトを引き受けますが、勉強しかできない無愛想な 風太郎 ( ふうたろう )は、初っぱなで彼女たちに嫌われてしまいます。 何とかアルバイトを続けるため、彼女たちの気持ちを掴もうとするのですが、筋縄ではいかない彼女たちに悪戦苦闘することとなります。 POINT:魅力&面白さ 五つ子姉妹がみんな可愛い とにかく、五つ子姉妹の全員が個性的でとっても可愛いいのが、このアニメの最大の魅力です。 話が進むにつれて、彼女たちは少しずつ 風太郎 ( ふうたろう )に惹かれていくようになりますが、それぞれ違った性格と容姿でアプローチしてくる様子は、まさにハーレムの名にふさわしいアニメでしょう。 真面目過ぎる主人公だからいい 結局モテモテになる主人公の 風太郎 ( ふうたろう )ですが、勉強以外にはあまり興味がないのか、彼女たちのアプローチもなんのそのと言った感じです。 主人公自身は、恋愛には無頓着な性格なので、いやらしい感じや、ドロドロした感じにはならず、爽やかな気持ちでハーレムっぷりを楽しめる作品でもあります。 もちろん、笑えるシーンもたっぷりあるので、とにかく爽やかで明るい感じのハーレムアニメを探しているなら「五等分の花嫁」はベストな選択でしょう。 シリーズ時系列 放送された順番 同アニメ第3話より引用 ギャルゲーの素晴らしさを恵に熱く語る倫也 倫也 ( ともや )以外のサークルメンバーは、全員が美少女で、キモオタのはずの 倫也 ( ともや )に好意を抱いている、まさにハーレム展開が魅力の作品です。 POINT:魅力&面白さ ヒロインたちが可愛いすぎる このアニメのメインヒロインである 恵 ( めぐみ )は、天然キャラでボーッとしている、まさに男性好みの萌えキャラで、がっちりとアニメを見ている人の心を掴んでくれます。 この他にも、脚本担当の 詩羽 ( うたは )詩羽や、原画担当の 英梨々 ( えりり )などの可愛いキャラたちがたくさん登場しますし、何よりも描写が素晴らしいので、それぞれのキャラ達の魅力がたっぷりと伝わってきます。 キモオタの主人公がなぜだかカッコいい キモオタ主人公の 倫也 ( ともや )ですが、2次元への熱い思いがとにかく真っ直ぐすぎて、回を重ねるごとになぜだかカッコよく見えてきます。 甘い誘惑よりも、「とにかく最高のギャルゲーを作りたい」という彼の真剣さに共感できるとともに、好きなことに真っ直ぐなら、別にオタクでもいいじゃん!という気持ちにさせてくれます。 「胸がキュンキュンするようなメインヒロインにしてやる」というキモいセリフを、カッコよく言えるキャラは、アニメ大国の日本であっても彼くらいではないでしょうか。 シリーズ時系列 放送された順番 同アニメ第1話より引用 部屋に引きこもるエロマンガ先生こと紗霧 実はこの妹の 紗霧 ( さぎり )もプロのイラストレーターで、エロ漫画先生というペンネームで活躍しており、周囲には隠しながら活動していました。 それがひょんなことから、兄である正宗に素性がバレてしまい、物語は二人が同じ夢を追いかけていく展開になります。 POINT:魅力&面白さ 妹との禁断の恋愛? 実は、主人公の正宗とヒロインの紗霧は血のつながりがなく、腹違いの兄弟という設定です。 紗霧は、兄である正宗に恋愛感情を抱いている描写が多く、別の女性と仲良くすると嫉妬する場面が多く出てきます。 一方、兄の正宗は、紗霧をカワイイとは思っているものの、妹なので恋愛対象としてはいけないと思っている様子で、2人の関係が最終的にどのように進展していくのかが本作の注目点の一つといえます。 作品をきっかけにモテモテの主人公 このアニメには、紗霧の他にも可愛いキャラがたくさん出てきますが、そのどれもが正宗に好意を抱いているような雰囲気で描かれています。 正宗の書く小説は、様々なラノベ作家に影響を与えているらしく、同業者やファンから何気にモテるシーンが数多く、ハーレム系のアニメと言っても差し支えない作品と言えるでしょう。 ジャンルはラブコメで、笑いありのライトな恋愛描写なので、ハーレム系とはいえ、爽やかな雰囲気で物語を楽しむことができるでしょう。 シリーズ時系列 放送された順番 同アニメ第1話より引用 主人公の前に死んだはずの「めんま」が現れる めんまは、「願いを叶えて欲しい」という理由から主人公の前に現れますが、その願いは「めんま」自身もわかっていません。 めんまを成仏させるために奔走する主人公は、当時、仲の良かった6人と少しずつ距離を縮めていきますが、それをきっかけにメンバーたちの隠された気持ちが徐々に明らかになっていきます。 POINT:魅力&面白さ 昔は人気物だった引きこもりの主人公 少年時代は、仲間の中心的存在だった主人公ですが、高校生になり引きこもりがちに…。 まるで人生で1番輝いていた時期が、あの少年時代だったかのようです。 成長して誰しもが思う「自分の人生はこんなはずじゃなかった」、「あの輝いていた頃に戻りたい」という切ない気持ちを、主人公の「じんたん」に重ね合わせて共感することができます。 明らかになっていく登場人物たちの本音 主人公以外は、高校生活をエンジョイしていると思いきや、それぞれが悲しみや嫉妬を抱きながら暮らしていることが作中で明らかになっていきます。 大好きな仲間や家族だからといって、全てが良い感情というわけではありません。 「あの花」もまさにそうで、回を追うこどに登場人物たちのリアルな感情を知ることになります。 2位:宇宙よりも遠い場所 女子高生が南極を目指す青春物語 同アニメ第1話より引用 キマリは報瀬と共に南極行きを決意する 様々な方法を模索しながら、何とか南極に行けることになったキマリたちは、 日向 ( ひなた )と 結月 ( ゆづき )を加えた4人で旅立ちます。 南極という美しくも過酷な環境で、自分の辛い過去や弱さを乗り越えながら成長していく彼女たちの様が、観ている人に爽やかな感動を与えてくれる作品になっています。 POINT:魅力&面白さ 圧倒的な描写力がよりストーリーを面白くしている このアニメはストーリーの良さに加え、各キャラや背景などが美しく描かれているため、見ている人により深い感動を味あわせてくれます。 夢を追いかける彼女たちの真っ直ぐな表情と美しい南極の風景は、本作の1番の魅力であり、全話を通して高い満足度を与えてくれます。 笑いあり!涙あり!のエンターテインメント 真っ直ぐだけど、どこか抜けている彼女たちのギャップが笑いを誘う作品でもあります。 特に強い意志を持った 報瀬 ( しらせ )は、人前やカメラの前が苦手で、緊張のあまり視聴者も驚くほどのボケをかましてくれます。 そんな人間身溢れる彼女たちだからこそ、苦悩する場面では、ユーザーを号泣へといざなってくれるのです。 おすすめアニメ 【サスペンス】 1位:約束のネバーランド 彼らはなぜ出荷されるのか?謎が謎を呼ぶ良サスペンス 同アニメ第1話より引用 どこからどう見ても優しいママなのだが… ある晩、主人公のエマはその事実を知ってしまい、ママのイザベラも鬼たちのグルであるという過酷な現実を悟ってしまいます。 エマは、孤児院1の天才であるノーマンと協力して、孤児全員を助ける決意をしますが、周囲は断崖絶壁で逃げられるような状況ではありませんでした。 POINT:魅力&面白さ 残酷かつスリリングな世界観 本作は少年ジャンプで連載が開始され、アニメ化された作品ですが、少年漫画らしからぬ残酷な世界観で、大人もスリリングな気持ちで物語に没入することができます。 優しいママを絵に描いたようなイザベラが、実は孤児たちを管理する責任者で、質の良い食用肉を育てるために子供たちを騙しているという序盤からの展開は、視聴者を一気に恐怖の世界に引きずり込んでくれます。 見ている人も騙されるストーリー グレイスフィールドの真相を打ち明ける度に、エマの周りには次第に仲間が増えて行くのですが、それにより、ママ側と内通しているスパイの存在が明らかになります。 スパイが誰なのか?については、すぐには判明せず、視聴者も謎を引きずったまま、各話を見ることになるので、かなり続きが気になる展開になります。 さらに、育ての親であるママを裏切れないという子供もいたりと、様々な角度から見ている人の心を揺さぶってくれるサスペンスです。 シリーズ時系列 放送された順番 同アニメ第1話より引用 昭和63年にリバイバルしてしまった主人公 そこには、事件の前兆となる重大な問題が隠されており、その問題を取り除かなければ、最悪の結末を回避できないというわけです。 POINT:魅力&面白さ アニメとは思えない重厚なサスペンス 物語の肝は、 悟 ( さとる )の少年時代に起こった北海道での連続誘拐殺人事件になります。 悟 ( さとる )自身は、大人になるにつれて、この事件の存在自体を忘れてしまっていましたが、子供時代にタイムリープすることにより、徐々に詳細を思い出していきます。 ストーリーが進むにつれて、この事件と 悟 ( さとる )との重大な関係が明かになっていきます。 まさかの展開が待ち受けている 本作は、子供に対する誘拐や虐待などのシリアスな内容が含まれています。 大人だけでは解決できない問題、逆に子供だけでは解決できない問題に対して、大人の記憶を持ったまま子供になった主人公が解決作を見い出していきます。 胸をえぐられるような内容もありますが、終盤にかけて一気に回収されていく伏線は、サスペンスとしての王道的な面白さがあります。 果たして犯人は誰なのか?考えを巡らせながら、鑑賞するのも一興です。 おすすめアニメ 【ホラー/恐怖】 1位:Another 3年3組に襲いかかる恐怖の災厄システム 同アニメ第1話より引用 謎の少女と話す恒一。 他の生徒には彼女が見えない? 次第に 恒一 ( こういち )は、その女子生徒と親しくなり、長年にわたり3年3組に襲いかかっている災厄の存在を知ることになるのです。 その災厄とは、一度起こると卒業まで止められない現象で、クラスの仲間やその家族が、次々に死んでしまうという恐ろしいものでした。 POINT:魅力&面白さ 驚かすだけの単純なホラーとは全く違う このアニメは、不気味な音楽と大きな効果音で驚かすだけの単純なホラーとは違い、しっかりと作り込まれたストーリーに沿って、災厄の原因や止め方を探っていく作品です。 ホラー表現やグロテスクな描写もあるものの、どちらかと言うとサスペンス寄りで、序盤の何気ない会話や出来事が、最終的には1本の線につながっていくことになります。 視聴者も災厄の元凶は何か?を自然と考えてしまう このアニメの肝となる災厄は、災害のように不規則に発生するものではなく、まるで1つのシステムのような現象で、あるルールに基づいて起こります。 たくさんの犠牲を払いながらも、物語が進むにつれて、少しずつ災厄の止め方が判明していくので、アニメを見ている視聴者も自然と考えを巡らせながら楽しむことができます。 2位:地獄少女 長期でシリーズ化されている勧善懲悪のホラーアニメ 同アニメ第1話より引用 地獄通信に名前を入れて「送信」を押すと… ここで依頼をすることで、地獄少女の閻魔あい達が、極悪な人間を地獄へと送ってくれるお決まりの展開となります。 POINT:魅力&面白さ 勧善懲悪の展開が癖になる このアニメには、毎話、とんでもない極悪非道な人間が登場します。 どいつも胸くそが悪くなるようなヤツらで、各話の序盤は、被害者を心底苦しめる展開となります。 ここから後半にかけて、地獄少女たちが依頼者に代わってヤツらを懲らしめるという、先が読める展開なのですが、極悪人が地獄へ落ちる瞬間、本当にスッキリした気持ちになるので、また次の話も見たくなってしまいます。 依頼者も地獄へと落ちる究極の設定 全てが丸く収まらないのが、この地獄少女の少しひねった要素で、実は、地獄通信に依頼した本人も、恨んだ相手を地獄に落とす代わりに、死後は地獄に落ちて永遠に苦しむことになってしまいます。 物語とはいえ、かなりシビアな設定ですが、それを知った上で、揺れる依頼者たちの心境が、このアニメの、もう1つの醍醐味となっています。 シリーズ時系列 放送された順番 同アニメ第1話より引用 レナと話す圭一。 何か重要な秘密を隠しているようなのだが… それは、過去の村人同士の争いが発端となっている連続殺人及び失踪事件で、毎年行われる夏祭りに発生するのです。 おやしろ様の祟りと呼ばれる、この事件の真相を知りたくなった 圭一 ( けいいち )は、絶対に知ってはいけない村の秘密を知り、最悪のストーリーラインに乗ってしまうのです。 POINT:魅力&面白さ 少女たちの豹変ぶりが、まさにトラウト級 物語の出だしは、凄惨なシーンから始まりますが、その後はしばらく、クラスメイトの少女達と仲良くなった 圭一 ( けいいち )の充実した時間が続きます。 しかし、過去に村で起きた惨劇を知ろうとするうちに、彼女たちは次第に豹変していくこととなります。 今まで仲間だと思っていた登場人物が、実はもの凄く危険な存在で、おやしろ様の祟りと密接につながっていることが明らかになっていきます。 残酷な描写で精神的なダメージが大きい 本作はゲームからアニメ化されたもので、主人公の選択肢によってストーリー展開が変わるパラレルワールドのような筋書きになっています。 アニメでは、しばらくバットエンドが続き、入れ代わり立ち代わり、登場人物が凄惨な死を遂げることになります。 その描写はまさにトラウト級で、何度も繰り返される鬱展開は、見ている人の脳裏に焼きついて離れなくなる閲覧注意作品と言えるでしょう。 シリーズ時系列 放送された順番.

次の