アルデ シア インベストメント。 旧村上ファンド系のレノが「レオパレス」を買い増しする理由

アルデシアインベストメントに強力なスポンサーでレオパレスの今後

アルデ シア インベストメント

経営危機に瀕したレオパレス 賃貸アパート大手のレオパレス21が経営危機に瀕している。 5月10日に発表した2019年3月期は、補修工事費用の拡大で686億円もの巨額最終赤字に陥り経営の先行きが懸念されている。 686億円の赤字はリーマンショック後の2010年3月期に計上した790億円の赤字に次ぐ水準で、2015年3月期以来の無配に転落。 レオパレスは昨年5月、自社が手がけた賃貸アパートで建築基準法違反が発覚して以降、施工不良問題が経営を揺るがしている。 こうした状況の中で、レオパレスの株価は5月10日の終値222円から5月27日の高値438円まで約2倍に上昇した。 旧村上ファンド系のレノが買い増し 株価上昇のきっかけとなったのは、である。 レノは旧村上ファンドの関係会社であり、「モノ言う株主(アクティビスト)」として有名である。 そのレノが5月14日にを提出し、レオパレス株を買い集めていた事実が明らかになったのだ。 村上ファンドが最初に世間から注目されたのは2000年。 当時東証2部に上場していた昭栄(現ヒューリック)に、日本で初めて敵対的(買い付け)を仕掛けたことで、一躍時の人となった。 最盛期の村上ファンドの純資産総額は4000億円を超え、膨大な資金力を背景に東京スタイル、大阪証券取引所、阪神電気鉄道などの株式を次々と取得。 ライブドアがニッポン放送株を取得できたのは「村上ファンド」との共闘があったことなどが明らかになっている。 2006年にニッポン放送株の容疑で代表の村上世彰氏が逮捕され、村上ファンドは解散。 その後、村上氏は活動拠点をシンガポールに移している。 今回レオパレス株を取得したレノの代表取締役に、村上ファンドで当時企画課長だった三浦恵美氏が就任しているが、実質的には村上氏が率いていると見られている。 レノはレオパレス株の買い増し、5月23日にグループの保有割合は16. 18%まで上昇。 保有目的を「投資および経営陣への助言、重要提案行為などを行うこと」としている。 レオパレス株はこれまで、英の「オディ・アセット・マネジメント」の動向が注目されていた。 施工不良問題で株価が急落する中、レオパレス株を一貫して買い進めてきたからだ。 が、レノの保有割合には及ばない。 なぜレノは、レオパレス株を買い集めているのだろうか。 まずはアクティビストファンドの手法から考えてみよう。 アクティビストファンドの手法 レノは旧村上ファンドの流れをくむ「アクティビストファンド」。 アクティビストファンドは、イベントドリブン型のヘッジファンドとも呼ばれる。 イベントドリブンとは、企業のM&A(・買収)、経営破綻、事業再編などのイベントを利用して収益を得る手法をいう。 このようなイベントが引き金となり、株価が激しく上下する。 その値動きを収益機会とするのである。 アクティビストファンドは、値ごろ感のある上場企業の株式を取得し、株価が上昇した段階で手放し、利ザヤを稼ぐ。 株主の権利をフルに活用し、事業提案を行うなど経営陣にも積極的に働きかける。 に合わせて増配や自社株買いなどの要求を突きつけることもあれば、役員を送り込んだり、経営にタッチするケースもある。 時には無理な増配などの要求をしたり、リクエストが通らないと取締役の解任を迫るなど、高圧的な態度や姿勢を見せることがある。 株価が一定水準まで上がった時点で売却し、投資収益を得るのが目的で、平均的な投資期間は1年から2年半程度である。 では、レノはレオパレスをどのように評価しているのだろうか。

次の

レオパレス21【8848】の大株主

アルデ シア インベストメント

賃貸アパート大手株式を旧村上ファンド関係者が運営する投資会社レノが買い増している。 こうしたなか、レノを実質的に率いているとされる「物言う株主」の村上世彰氏によるコーポレートガバナンス(企業統治)改善に向けたレオパレスへの圧力の存在が伝わった。 レノは18日受付で関東財務局に大量保有の変更報告書を提出し、同社と共同保有者によるレオパレス株の保有比率が13. 28%から14. 46%に上昇したと明らかにした。 報告義務発生日は11日。 レノによる変更報告書の提出は今月に入り4度目。 レノは保有目的を「投資及び状況に応じて経営陣への助言、重要提案行為などを行うこと」としている。 レノによるレオパレス株の保有比率は10月末時点で9. 46%まで低下。 その後、再び上昇に転じた。 物言う株主の動向 レオパレスは16日、「2020年6月開催予定の定時株主総会において、取締役の過半数を社外取締役とする議案を提出する方針を決定した」とのリリースを突如発表した。 対応が進まないレオパレスの施工不良問題に不満を持つ村上氏が、16日までにガバナンス改善策が示されなければ、17日に全取締役の解任を求める臨時株主総会の開催を請求するとレオパレスに通知したことがこの背景にあったと16日付の日経ビジネス(電子版)が伝えている。 期限最終日のリリース発表により17日の臨時株主総会請求は回避されたが、仮に臨時株主総会が請求され、レノと同様に大株主であるアルデシアインベストメントとオデイ・アセット・マネジメントが村上氏の提案に賛成すれば、全取締役解任の議案が通る可能性は十分あったとみられている。 当局への最新の報告書によると、レオパレス株の保有状況は国内運用会社のアルデシアが16. 10%、英オデイが14. 34%。 レノを含めた3社のレオパレス株の保有比率は全体の4割を大きく超える。 株価 19日の東京株式市場でレオパレスは反発。 前場終値は前日比14円(4. 2%)高の347円。 との提携の下、が、国内の不動産賃貸仲介事業でのヤフーとの合弁を解消していたと伝わった前日は大幅に下げていた。

次の

株主プロ 【 大量保有報告書 提出者 | アルデシアインベストメント 保有銘柄検証 】

アルデ シア インベストメント

決算年月日 2015年3月31日 2016年3月31日 2017年3月31日 2018年3月31日 2019年3月31日 現預金等 75,221 88,043 104,432 106,543 84,536 その他流動資産 現預金等以外の流動資産。 売掛金・受取手形・立替金・前払費用など。 27,042 26,861 29,354 23,624 26,221 有形固定資産 建物・構築物・機械・器具備品・車両・土地など。 169,430 172,036 155,267 143,344 123,215 無形固定資産 連結調整勘定・営業権・特許権など。 8,740 10,985 11,347 10,426 7,251 投資等 投資有価証券・出資金・長期貸付金・繰延資産など。 27,841 29,684 37,428 53,197 50,567 総資産 資産合計。 308,274 327,609 337,828 337,134 291,790 流動負債 買掛金・支払手形・短期借入金・前受金・賞与引当金など。 164,195 140,998 138,937 136,867 175,547 固定負債 長期借入金・社債・退職給与引当金など。 17,606 41,766 40,041 40,938 34,922 資本 純資産 合計 資本金・資本準備金・利益剰余金など。 126,473 144,845 158,850 159,329 81,321 負債資本合計 負債と資本の合計。 総資産の金額と一致する。 売掛金・受取手形・立替金・前払費用など。 27,017 26,221 25,992 25,545 19,170 有形固定資産 建物・構築物・機械・器具備品・車両・土地など。 - 123,215 - - - 無形固定資産 連結調整勘定・営業権・特許権など。 10,122 7,251 8,973 7,400 5,975 投資等 投資有価証券・出資金・長期貸付金・繰延資産など。 177,915 50,567 169,463 153,249 140,313 総資産 資産合計。 304,313 291,790 275,737 255,046 244,825 流動負債 買掛金・支払手形・短期借入金・前受金・賞与引当金など。 125,050 175,547 133,503 100,718 93,054 固定負債 長期借入金・社債・退職給与引当金など。 71,823 34,922 66,338 98,120 94,726 資本 純資産 合計 資本金・資本準備金・利益剰余金など。 107,440 81,321 75,896 56,208 57,045 負債資本合計 負債と資本の合計。 総資産の金額と一致する。 407,433 422,604 427,820 434,762 428,988 その他費用収益 販売管理費・営業外収益・営業外費用・特別利益・特別損失・法人税等を合算した純額。 一般的にはプラスとなりますが、営業外収益や特別利益が多いときはマイナスになります。 「粗利益」とも言う。 マイナスの場合は税引前当期損失。 104,755 113,342 102,042 106,016 98,135 その他費用収益 販売管理費・営業外収益・営業外費用・特別利益・特別損失・法人税等を合算した純額。 一般的にはプラスとなりますが、営業外収益や特別利益が多いときはマイナスになります。 「粗利益」とも言う。 マイナスの場合は税引前当期損失。 会社の本業によって稼ぎ出した現金であり、プラスである方が好ましい。 15,716 22,104 27,504 27,338 -7,212 投資活動によるキャッシュフロー 投資活動によるキャッシュフロー。 設備投資や出資などに関するキャッシュの流れ。 プラスの場合は設備や投資有価証券などの売却、マイナスの場合は設備や投資有価証券などの購入。 -17,550 -11,087 -8,653 -2,336 7,379 財務活動によるキャッシュフロー 財務活動によるキャッシュフロー。 借入金や社債などに関するキャッシュの流れ。 プラスの場合は借り入れ、マイナスの場合は返済。 1,747 1,374 -14,048 -18,354 -15,181 現預金等の換算差額 為替変動などによる現預金等の換算差額。 会社の本業によって稼ぎ出した現金であり、プラスである方が好ましい。 - -6,025 - -25,306 - 投資活動によるキャッシュフロー 投資活動によるキャッシュフロー。 設備投資や出資などに関するキャッシュの流れ。 プラスの場合は設備や投資有価証券などの売却、マイナスの場合は設備や投資有価証券などの購入。 - 14,079 - 15,475 - 財務活動によるキャッシュフロー 財務活動によるキャッシュフロー。 借入金や社債などに関するキャッシュの流れ。 プラスの場合は借り入れ、マイナスの場合は返済。 - -4,801 - -6,181 - 現預金等の換算差額 為替変動などによる現預金等の換算差額。 利益を源泉とした剰余金を示す。 会社の本業によって稼ぎ出した現金であり、プラスである方が好ましい。 利益を源泉とした剰余金を示す。 会社の本業によって稼ぎ出した現金であり、プラスである方が好ましい。 -12. 会社の本業によって稼ぎ出した現金であり、プラスである方が好ましい。 525位 441位 401位 386位 3,603位 総資産 資産合計。 481位 474位 480位 495位 562位 現預金等 293位 273位 268位 277位 333位 資本 純資産 合計 資本金・資本準備金・利益剰余金など。 8歳 35. 9歳 36. 3歳 36. 9歳 37. 6歳 平均勤続年数(単独) 7. 5年 7. 8年 8. 3年 8. 9年 9. すべて• powered by 訂正有価証券報告書や大量保有報告書等の内容を確認するにあたっては、当サイト内の「EDINET提出書類一覧」ページ、あるいはをご参照頂きますようお願い致します。 『Ullet』では投資に関連する情報を提供しておりますが、投資の勧誘を目的とするものではありません。 当サイトを利用しての情報収集・投資判断は、利用者ご自身の責任において行なって頂きますようにお願いいたします。 また、当サイトは、相応の注意を払って運営されておりますが、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 当サイトの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社は一切の責任を負いかねます。

次の