私は善だと思わぬが。 今日私が思わず納得した動画は「なにをやってもうまくいかない」人に伝えたいこと。

映画『裸の十九歳』から学んだこと

私は善だと思わぬが

廃墟遊園地を売ってほしい!? だが、挨拶もそこそこに後藤さんが切り出した要件は、全く予想もしていない話だった。 「私ももう85歳だから、(廃墟遊園地を)手放そうと思いましてね。 買ってくれる人を、ぜひ鹿取さんに見つけてほしいと思って来たんですよ」 そう言って後藤さんは、「化女沼レジャーランドの概要」と書かれた冊子を取り出し、私に手渡した。 敷地面積は4万5000坪、温泉の源泉もついている。 断っておくが、私は不動産業者ではない。 化学系企業のサラリーマンだ。 後藤さんが廃墟遊園地の所有者で、私は一人の廃墟マニア、という関係に過ぎない。 2001年の閉園から何年か経つと、「宮城県に廃墟遊園地がある」との噂が廃墟マニアの間で広まり、私もいつか行ってみたいと思っていた。 そんな矢先、廃墟マニアに密着するドキュメンタリー番組の取材を受けた私は、その一環で化女沼レジャーランドを訪問し、後藤さんと出会ったのだ。 そこで後藤さんから聞いた話は、どれも衝撃的だった。 銀行を駆け回って開業資金を調達した話や、アメリカやヨーロッパに渡って遊具を買い付けてきた話、有名歌手のコンサートの裏話など、どの話題にも興味が尽きなかった。 そして私は、閉園してもなお、遊具をそのまま残しているのはなぜかと、後藤さんに尋ねてみた。 「ここには、遊んだ人の思い出と、私の夢がギッシリ詰まってるんですよ。 そのシンボルである遊具は、どうしても撤去できなかった。 できればまた遊園地にしたいんです。 それが無理でも、みんなが笑顔になる場所にしたい」.

次の

息子たちの「見えないお友達」。その存在の正体に思わず涙!(ファンファン福岡)

私は善だと思わぬが

映画には、その映画を観たことによって、大袈裟ではありますが善かれ悪しかれその後の人生に大きな影響を与える場合があります。 以前にも何度か書いたような気もしますが、私の場合もそれまでと映画の見方が変わったと思わせる映画がいくつかあります。 ・ニやジャン・リュック・などのような著名なの作品やカン・ニューシネマなど、それまでの小中学校時代にのような娯楽一辺倒の作品とは違った作品を観ることによって、新しい映画観というものが出来上がったような気がしています。 もちろん娯楽映画も大好きです。 それとは別に、その映画を観ることによって、映画そのものではなく、その映画を通して社会を見る目に変化があったという映画もあります。 その一つが監督の 『裸の十九歳』という映画です。 監督: 主演:、、草野大吾、 制作:日本 1970年公開 この映画は連続射殺魔であるをモデルにした映画です。 当時高校生だった私が、1968年に起きた連続射殺事件の犯人を描いた映画であるということを知って映画を見に行ったのか、あるいは映画を観てからその事実を知ったのか、どちらだったのかは憶えていませんが、かなりの衝撃を受けたのを憶えています。 北海道の網走で生まれた永山は8人兄弟の7番目の子供(四男)で、父親はリンゴの剪定職人で浮気男。 母親はそんなダメ男との間に8人もの子供を作り、育てきれず永山を含む4人を置いて、実家の青森に引っ越してしまいます。 残された4人はゴミ箱を漁ったりして何とか生き延びます。 その間、永山は兄弟から虐待されていました。 ようやく警察に保護され、青森の母親の元に送られます。 中学卒業と共にで東京へ上京します。 渋谷のフルーツパーラーに就職しますが長続きしません。 その後も職を転々として、海外への密航を図って警察に捕まったりします。 ある時、横須賀のカ軍人の住宅に侵入し、そこで拳銃を手に入れます。 1968年10月、の東京のベンチで寝ているところをガードマンに職質され、射殺してしまいます。 それから同じく10月、京都に行き八坂神社でやはり守衛を射殺します。 今度は函館に行き、タクシーに乗って運転手を射殺。 金銭を強奪します。 次に名古屋に行って、同じくタクシー運転手を射殺します。 その後は東京に戻り、新宿でキャバレーやジャズ喫茶で働きます。 ところが1969年、一橋スクール・オブ・ビジネスに強盗に入りますがガードマンに発見され、発砲。 その間に逃げますが、その後手配中の警察に逮捕されます。 映画はそんな永山の生い立ちと、母親の悲惨な人生を重ね合わせながら進行します。 私がこの映画で影響を受けたというのは、この映画によってという人物を知ったということです。 もっと言うと興味を持ったと言った方がいいかもしれません。 この後も、は何度も私の前に顔を出すことになるのです。 1979年の第1審で死刑判決。 1981年のでは。 そして1987年のの判決は再び死刑判決。 1990年上告棄却で死刑確定。 そして1997年8月1日死刑執行。 48歳でした。 この時の判決がいわゆる「」と呼ばれ、犯行の動機、犯人の年齢や被害者の数など9項目が死刑判決の判断基準とされるようになりました。 こうした出来事がニュースになるたびにのことが頭をよぎります。 逮捕当時は文字の読み書きも満足に出来なかった永山は獄中での猛勉強での『』を読破するまでになり、社会批判を展開し、『』『人民をわすれたカナリヤたち』や小説『』などを執筆しました。 『』は賞も受賞しました。 書籍の売上金は被害者への見舞金として当てられました。 その間、ミミこと新垣和美さんと獄中結婚もしています。 その後離婚しました。 私は彼の生い立ちやその後の獄中での活動にいたく興味を持ち、の『死刑囚 』をはじめ多くの書籍を読むほどになってしまいました。 もちろん本人の著作も読みました。 なんとも興味深い人物です。 貧困・貧乏による無学・無知がイコール犯罪者になるなどとは毛頭思ってはいませんが、に関して言えば本人も認めているように無知であったことが一つの要因であったことは確かでしょう。 しかし他の兄弟は犯罪者にはなっていません。 従って彼は特異な人間だったのです。 たった1本の映画がその後の人生に一つの問題提起をするということがあるのだということをこの映画が教えてくれました。 この映画がきっかけとなって、これ以後、様々な凶悪事件の真相や数々の冤罪事件の存在、さらには死刑制度そのものに興味を持つようになり、自分なりに勉強することができました。 その結果、昭和史の闇というものの存在も知ることができました。 そういう意味では私の中では重要な1本でした。 『裸の十九歳』のなかでが函館に向かう汽車の中で、参考書の空欄に詩を書いています。 この詩が印象に残って、今でも忘れることが出来ません。 「私の故郷(北海道)で消える覚悟で帰ったが死ねずして函館行きのどん行に乗る。 この One Week どうして、さまよったかわからない。 私は生きる。 せめて二十歳のその日まで。 最悪の罪を犯しても、残された日々を、せめて、みたされなかった金で生きるときめた。 母よ、私の兄姉妹よ。 許しは乞わぬが私は生きる。 寒い北国の最後のと思われる短い秋で、私はそう決めた」 の生い立ちには貧困や虐待、ネグレクトといった、今の時代にも共通する多くの課題を含んでいます。 なんか支離滅裂になってしまいました。 それでは今日はこの辺で。 lynyrdburitto.

次の

姉妹のコンプレックスに共感しちゃう『私の恋人』【『思い、思われ、ふり、ふられ』完結記念!咲坂伊緒フェア】

私は善だと思わぬが

「……そんなある日、車の中からフロントガラス越しに街を見たの。 仙台の街ね。 そこで、ふと目の前の横断歩道を歩く女性たちの歩く姿を見て、ハッと驚きました。 これはいけない、女性たち、みんなそんな歩き方をしていてはいけない。 疲れたような、前かがみの歩き方はいけない。 このときの強い思いが、私がこの仕事を始めたきっかけです」。 ウォーキングスタイリストとして20年以上スタジオを運営し、手がけた教え子をどんどんコンテストに送り込む「仙台の魔女」櫻田千晶先生。 これまでの半生、そして「歩く」ことへの情熱を聞けば、誰もが「私も綺麗に歩きたい」という熱に感化されることでしょう。 オトナサローネでそのエッセンスを教えていただきます。 (編集部) 美人はつねに姿勢がいい。 その理由は「印象」にあります あなたは歩き方を意識した事はありますか? 私、櫻田千晶は、ウォーキングスタイリストとして、これまで に たくさんの女性に「美しい歩き方」をレッスンしてきました。 そのきっかけになったのは、上記の通り、車の中からフロントガラス越しに 目の前の横断歩道を行き交う女性の歩く姿を見た時でした。 あなたはどのように歩いていますか? 姿勢が悪く綺麗に歩けないと、何がもったいない の か? その理由はたくさんあります。 まず第一に、姿勢が悪い女性は、 決して「 美しい女性」とは思われないことです。 日ごろ、あなたが美しいと思っている方は、必ずと言っていいほど姿勢が良く、綺麗に歩ける方ではありませんか? 立ち姿や歩く姿は、自分で確認するのが意外と難しいものです。 でも、自分が周囲に与える第一印象に大きく影響します。 「雑な性格」「攻撃的な性格」、「 女性らしくない人」と印象づけます。 いわば正体がバレた状態になるのです。 歩き方 は、性格のほか、精神状態や 感情、過去のスポーツの経験や 事故や 怪我など、さまざまなことを写し出します。 私たちは常に自分の姿勢を通じて情報を発信しているのです。 ご存知の通り、「第一印象」というものは最初に会った瞬間の数秒で決まります。 会話をする前から、すでに「第一印象」を感じ取られて しまって いるのです。 美しい姿勢には経済的なメリットも生まれます! 私たちが子どもの頃から比べても、日本は豊かになりました。 世界中の一流ブランド の こだわりの一着から、 安価でおしゃれなファストファッションまで、何でも 簡単に 手に入ります。 個人が自由に、さまざま なおしゃれを楽しむことができるようになりました。 しかし、姿勢や歩き方の悪さのせいで、その服が持つ本来の美しいシルエットが失われてしまう 事もある のです。 私はファッションモデル出身ですので、服は本来持つそのシルエットを生かして着る指導をします。 ダメな代表が、例えば猫背。 「悪い姿勢」の見本ですね。 文字通り猫のように背中を丸めたような姿勢です。 猫背のままジャケットを着ると、服のシルエットはどう変わるでしょうか? 背中の裾が持ち上げられてしまい、背中が突っ張ったり、肩が盛り上がり、前の裾は垂れ下がってしまいますね。 要するに「台無し」です。 よく考えれば、店頭のマネキンや写真のモデルも必ず姿勢がよいものです。 よい姿勢で着用された シルエットを気に入って購入しても、 残念なことに本人の姿勢が悪いとまったくの別物になってしまうのです。 高価なものも台無しです。 逆を言えば、姿勢や歩く姿の素敵な方は 、 白い T シャツにデニムだけで充分魅力的です。 それほど、 格好よく見える事は 重要で、 それを 意識しないことは非常にもったいないことなのです。 ファッションもメイクもエステも、すべてはその人の「体の姿勢」というベースの上に重ねていくものなので、ベースが歪んだり傾いていては意味がなくなってしまうのです。 経済的な面でのデメリットも挙げましょう。 靴がわかりやすいです。 歩き方が悪い人の靴は長持ちしません。 内股 でこすれてつく傷、カカトやヒールが早く減る、 つまづきやすいせいで 靴が変形する、こんな理由で 早く消耗してしまうのです。 綺麗に歩けると靴は断然長持ちします。 「自分がずっと健康でいるため」にも普段の姿勢は重要です 正しく歩くことは、健康の維持にも強い関係があります。 歩かないよりは歩いたほうが健康的なのは当然ですが、 それは正しい歩き方ができ、ある程度の歩数を日常生活で歩いている人の場合です。 運動になるばかりでなく、季節を感じたり素敵な出会いも期待できますし! しかし、間違った歩き方の場合はせっかく歩いても消費するカロリーがとても低かったり、かえって体の不調を起こしてしまう場合もあります。 トラブルは予想以上に多いのです。 人間はラクをすることについてはとても要領が良いもので、無意識で歩いていると自然と運動量の少ない歩き方になってしまいます。 例えば、上半身を前に傾むけ、腕の振り幅や歩幅を小さくして、できるだけ疲れないようにしようとするのです。 これは本能ですから、仕方ありません。 さらに、そのような間違った歩き方に悪いクセがプラスされると、肩こりや腰痛など慢性的な痛みに繋がることも珍しくありません。 「歩く」という運動では、左右の片方の脚に交互に全体重がかかります。 特に着地する時には体重以上の重さがかかります。 それを 1 分間で約 120 回繰り返すのです。 ドスンドスンと歩くクセのある人ならば膝や腰に、膝が曲がった歩き方ならば太ももなどに余計な負担がかかります。 オトナサローネの読者の皆さんは「体のゆがみ」に関する記事に興味があると聞いていますが、ゆがみがある状態で歩くこともリスクです。 つま先の向き、肩や腕の高さ、腕の振り幅が左右対称でない場合。 O 脚、内股などの骨格のトラブル。 こうした状態で連続的な運動である歩行を続けると、小さなダメージが蓄積され、やがて大きな体の不調となって現れることがあります。 陸上競技など「走る」ことがメインのスポーツでは「フォーム」がとても大切ですが、そう考えるとフォームは「歩く」ということでも非常に重要なのです。 人類の生活はここ 100 年でより快適に進化しましたが、便利を通り越して「楽」が手に入ると、それは体を動かすことと引き換えたことになります。 日本人の平均寿命が伸びた今、とても大切なのが「健康寿命」 健康寿命という言葉を聞いたことがあると思います。 「日常生活に制限のない期間」のことです。 平均寿命と健康寿命の間には、男性で約 9 年、女性で約 12 年もの開きがあります。 要するに寝たきりだったり、身体が不自由な状態で過ごす期間が老後に10年もあるのです。 他人ごとではなく、私たちの未来がそうなっているのです。 (厚生労働省「」) 「歩く」ということを意識して 「第一印象」で得をして 素敵なおしゃれを楽しんで できる限り迷惑をかけずに長生きな人生を楽しむために、 筋トレにもなる 「ウォーキング」を始めてみましょう。 次回は歩き方についてご説明します。

次の