七 つの 大罪 ネタバレ 336。 【ネタバレ注意】七つの大罪、第234話「魔神王復活の刻来る!?」の巻

▷ 七つの大罪336話ネタバレ 感想 !

七 つの 大罪 ネタバレ 336

Contents• 偽物ゲルダに気付いていたゼル 精神世界の偽物ゲルダはメリオダスに言います。 「メリオダス・・・キミは本当に自分勝手よね」 「二度もゼルを見捨てたくせに・・・今度は自己満足のために弟を救おうとしてる・・・」 「ゼルドリスはやっと安らぎを手に入れたの、キミにゼルの眠りを妨げる権利は・・・」 ゼルドリスの名前を大きく叫ぶメリオダス 「ゼル!!」 メリオダスの呼びかけに目を覚ますゼルドリス。 「メリオ・・・ダス・・・?」 「何しに・・・ここへ?」 メリオダス 「お前を救うためだ」 ゼルドリス 「クッ・・・ハハハ」 「・・・貴様が俺を?本気か?」 メリオダス 「ああ」 偽物ゲルダ 「ゼル!!奴の声に耳を貸さないで!奴が私を殺した!奴は大嘘つきの大罪人なのよ!」 「あの男はまた、きっとキミを裏切るわ・・・!」 「ゼルを心の底から愛しているのはこの私だけなの!」 ゼルドリス 「・・・わかってる」 「・・・いや・・・わかってた」 偽物ゲルダ 「?」 ゼルドリス 「お前が本物のゲルダじゃないことは・・・」 驚いた表情をする偽物ゲルダ。 ゼルドリス 「それでも心のどこかで本物のゲルダだったらと・・・そう願っていたのも事実だ・・・」 偽物ゲルダ 「私が・・・偽物だって言うの!?誰よりもキミを愛してるのに!!」 ゼルドリス 「・・・だから偽物なんだ、本物の彼女は俺にそんなセリフは絶対に囁かない!」 悲しそうな表情を見せる偽物ゲルダですが、そのままミイラになっていきます。 偽物ゲルダ 「・・・バカめ」 「結局は貴様も兄と同じ末路を歩むわけだな・・・」 偽物ゲルダが消え、ゼルドリスのもとへ駆け寄ろうとするメリオダスとゴウセルですが、霧が発生し辺りが見えなくなります。 メリオダス 「ゼル!!どこだ、返事をしろ!!」 その時、上空からゼルドリスの声が 「メリオダス、ここだ・・・!!」 メリオダス 「ゼル!!」 上空には本物のゼルドリスと幻のゼルドリスが 七つの大罪323話 ゼルドリス達は言います。 「厄介な・・・!」 「く・・・身動きさえとれれば!」 「幻に騙されるな!!」 メリオダス 「待ってろ、今すぐ・・・」 ゴウセル 「団長、何をする気!?」 メリオダス 「片っ端から糸を断つ!」 ゴウセル 「待って」 糸を剣で切ろうとするメリオダスですが、ゴウセルが止めます。 メリオダスの斬撃を受け吹き飛ぶゴウセル。 そしてそのまま幻のゼルドリスとぶつかり、消えていく幻のゼルドリス。 ゴウセル 「団長、よく聞いて・・・!精神世界に存在する物に刺激を与えれば、俺たちは異物として強制的に排除される」 「たとえそれが糸一本でも!!」 「いい?この状況でゼルドリスを救えるチャンスはおそらく一度きり、なんとかして・・・本物と幻覚を見極め・・・」 そしてゴウセルも消えていきます。 メリオダス 「ゴウセル・・・すまねえ!!」 吸血鬼ゲルダの再生能力 現実世界に戻ったゴウセル。 ディアンヌ 「ゴウセルが戻ってきた!!」 エリザベス 「ゴウセル様、メリオダスたちは・・・!?」 ゴウセル 「団長はまだ精神世界だ、けど状況がかなり悪い」 魔神王 「この器は我の物!貴様らごときの好きにはさせん」 「馬鹿息子共が・・・己の無力さに打ちひしがれるがよいわ・・・!!」 その時、ゲルダが魔神王の背後から首元に噛みつき血を吸います。 エリザベス 「ゲルダ!?」 魔神王 「息子を誑かす雌犬か」 「わざわざ殺されに来たか・・・」 魔神王はゲルダの首と頭を掴みます。 エリザベス 「やめて!!」 そしてそのままゲルダの頭を引きちぎり投げ捨てる魔神王。 ディアンヌ 「ギャー!!生きてる!?」 ゲルダ 七つの大罪323話 「・・・吸血鬼の再生能力を侮らないで、何より私はゼルの血によってさらに強化されてるの・・・」 ゲルダもゼルの精神世界へ 頭と体がくっつき再生したゲルダ。 魔神王はゲルダに聞きます。 「それがどうした?貴様なぞこの場においてなんの戦力にも・・・」 ゲルダ 「話はまだ終わってないわ、せっかちジジイ」 「私があなたを噛んだのは攻撃のためじゃない」 「血で繋がるためよ・・・私もゼルとあなたの精神の内側に潜らせてもらうわ・・・」 精神世界のメリオダスは本物のゼルドリスを見抜けません。 「くそ・・・!どうやって見極めりゃいい・・・!?」 ゼルドリス 「・・・もういい、ここを出ろ!」 「そして父上・・・魔神王ごと俺を討て!」 メリオダス 「ゼル・・・何を?」 ゼルドリス 「奴に体を奪われ生きるくらいなら俺は死を選ぶ!」 メリオダス 「ゼルドリス諦めんな!ゲルダは今もお前を待っているんだぞ!」 ゼルドリス 「・・・フッ、こいつらはどうやら俺の意識を反映させた幻のようだ」 「つまり俺自身でも見分けるのは不可能・・・」 「メリオダス、頼みがある、戻ったらゲルダに伝えてほしい・・・」 メリオダス 「ダメだ!自分で伝えろ!いいなゼル!!」 その時、精神世界へ潜ってきたゲルダの声が 「ええ、直接私も聞きたいわ!!」 「だから、私がキミを見つける!!」 七つの大罪のアニメと漫画の最新刊が無料で読める!? 七つの大罪のアニメと漫画の最新刊を無料で読めるのをご存知ですか? その方法とは、 U-NEXTという動画配信サービスを活用する方法です。 U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスで、120,000本もの映画やアニメ、ドラマの動画を配信しているサービスですが、実は電子書籍も扱っています。 U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると、 「登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイント」が配布されます。 このポイントで七つの大罪の最新刊を 1冊無料で読むことができます。 最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。 七つの大罪323話の感想 精神世界へ潜ったゲルダ。 吸血鬼の再生能力、強いですね。 完全に頭と体が引き離されていましたが、普通に再生していました。 そしてゼルドリスと血で繋がることで精神世界へ潜りました。 真の恋人ゲルダは本物のゼルドリスを見抜くことができるのか!? 七つの大罪324話のネタバレはコチラになります。

次の

【七つの大罪ネタバレ最終回346話】動き始める新しい時代|ワンピースネタバレ漫画考察

七 つの 大罪 ネタバレ 336

漫画七つの大罪の最新話&話数ごとのネタバレ一覧はこちらの記事にまとめてあります。 ちなみに335話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はまずこちらから。 これから七つの大罪【第336話】のネタバレを含む内容をご紹介します。 もし文章のネタバレではなく絵付きで七つの大罪【第336話】が読みたい!ということであれば U-NEXTで今すぐに週刊少年マガジン2020年4・5号が無料で読めますよ。 七つの大罪【第336話】のネタバレ 混沌の王、アーサー… マーリンは、湖の魔力を使いアーサーを復活させました。 しかし、アーサーは混沌の王として覚醒し苦しんでいました。 体の異変に苦しみ叫び続けるアーサー。 アーサーの下にメリオダスは向かいます。 メリオダスを見るなり、ブリタニアを魔神族の好きにさせないと怒り出すアーサー。 するとメリオダス達の世界が変化します。 不思議な空間と異形の魔物達がメリオダス達に襲い掛かります。 それを倒していくメリオダス。 するとアーサーの声が聞こえてきました… マーリンの助言… アーサーは嘆いていました。 メリオダスは、自分の憧れだったのに裏切られてしまった。 そこにマーリンが優しく呼びかけ抱いてきます。 メリオダスは、決してアーサーを裏切っていない。 心を鎮め、己の力に呑まれるなとアドバイスするマーリン。 するとアーサーは落ち着きを取り戻します。 空間と魔物が消滅しました。 メリオダスは、アーサーの魔力の力の成せる技だと確信していました。 暴食の過去の記憶… アーサーは、メリオダス達に謝ります。 それを許すメリオダス達。 メリオダスは、マーリンに混沌は何かと質問します。 マーリンは、混沌は魔神族すらも恐れる闇と女神も崇める光を持つ不純で純粋な存在。 その力は強大で世界の様々な種族を生み出した。 魔神王や最高神も… 驚愕するメリオダス達。 そして、アーサーこそが混沌を統べブリタニアを新世界に導く王だと告げます。 メリオダスは、マーリンがアーサーを目醒めさせる企みに不信感を抱きます。 笑うマーリン。 すると、湖の巫女がマーリンの代わりにその問いに答えると語り始めました。 それは、マーリンの過去。 彼女の望みを、本心を語るのでした… 漫画七つの大罪の最新話&話数ごとのネタバレ一覧はこちらの記事にまとめてあります。 U-NEXTは31日間の無料期間があり無料登録直後に600Pが貰えるので直ぐに週刊少年マガジンが無料で読めます! 今回の七つの大罪の最新話を読みたい方は、これを機会にチェックしてみてください! また違約金もなく解約自体も非常に簡単ですのでご安心ください! >>「七つの大罪」を全巻読みたい方はコチラ! 七つの大罪【第336話】の感想と考察 混沌の王として覚醒し苦しむアーサー。 異形の空間と魔物を生み出す力が凄いと思いました。 憧れのメリオダスに裏切られたと悲しむアーサー。 心を鎮め力に呑まれるなと助言するマーリン。 何とか落ち着きを取り戻しました。 混沌が魔神王や最高神を生み出した存在であり、アーサーこそがそれを制御しブリタニアの王となると教えるマーリン。 湖の巫女が、マーリンの過去を語り始めます。 マーリンの過去が非常に気になりますね! 次回も楽しみです。 次回の七つの大罪【第337話】掲載の週刊少年マガジン2020年6号発売日は1月8日になります! まとめ 以上、七つの大罪【第336話】のネタバレ・感想を紹介しました。 漫画は絵と一緒に読むとでさらなる面白みがあります。 無料で漫画を読めるサービスをまとめていますので、是非ご覧になって見てください!.

次の

【七つの大罪考察】ななしの強さと正体は!?闘級は1万以上!?なぜキャスを知っている!?

七 つの 大罪 ネタバレ 336

今週の内容 第233話「ダメージ」 エスカノールによりメリオダスは倒れた・・・・ ディアンヌ「ねぇマーリンキャメロットを覆う次元のひずみはどうなったの?」 マーリン曰く、メラスキュラを倒した時に魔力の消滅と共にバリアも解除されたらしい ついにキャメロットに乗り込むのだが・・・・・ メリオダスとエスカノールのダメージは深刻だった・・・ エスカノールもマーリンのパンチ一発で倒れてしまう マーリン「エスカノールのダメージは正直団長よりも深いサンシャインは強大すぎる魔力団長殿を止めるためとはいえ力を使いすぎたようだな」 その時メリオダスが起き上がろうとする 即座にマーリンが止めるが、殲滅状態は解除されていない マーリンはメリオダスをパーフェクトキューブに閉じ込めようとするがメリオダスの力を抑えるためエリザベスも一緒に入ることになった エリザべス「私を彼と一緒に閉じ込めて・・・」 ゴウセル「団長のダメージ78%に対してエスカノールのダメージは98%。 団長は回復しても元に戻る可能性はゼロに近い・・・」 その頃、キャメロットではマーリンのしもべであるオルロンディが身を潜めていた・・・・ オルロンディ「こんな生活もうヤダ!!マーリン様早く助けて!!」 「その人の話をよく聞かせてくれないか?」 そこにいたのはアーサーだった 第234話「未知への扉」に続く。 今週の考察と感想 さてさてさーて! エスカノールvsメリオダスの戦いも素直に決着という事で! 最強エスカノールの勝利でした!エスカノールの負ける姿が想像できなかったので負けなくて何よりですw 展開もいよいよ動き出しました! 今週も気になるポイントをピックアップしていきます! エスカノールとメリオダスのダメージ 死闘を繰り広げたエスカノールとメリオダスなんですが・・・・ ダメージは深刻です。 メリオダスは随時闇の力で回復しようとしているようですが相当な時間がかかるでしょう・・・ という事で、とりあえず二人とも戦線離脱のようですね。 ここで問題なのが 殲滅状態 アサルトモード は解除されていないという事です。 エスカノールがメリオダスを倒せば殲滅状態も解除されるのかな?とも思っていましたが・・・甘かったですねw という事で・・・・それをどうにかするためにエリザベスと完全なる立方体へ入ることになりました。 しかし、エリザベスでもこの状態を治すことはできない?ようです。 出来て現状維持という事らしいのですが・・・・ 完全なる立方体の中にメリオダスとエリザベスが入りましたが、何かあった時のためにマーリンがそばで見張るという事になりました。 つまり、 エリザベス・マーリンも戦線離脱! 4人が抜けるとなると残りは・・・• ゴウセル• キング• ディアンヌ• ホーク となります。 このままキャメロットに向かって大丈夫なのか不安が残りますね。 キャメロット。 向かいます! そもそも当初の目的はキャメロットの奪還です! エスカノールvsメリオダスのインパクトの強さに忘れている人もいるんじゃないですか?! とまぁ・・・4人も戦線離脱するなかでこのままキャメロットに乗り込んでも大丈夫なのか?心配ですが・・・・ 戦力的に考えて大丈夫ではないでしょうね。 しかし、エリザベスの命はあと3日という事で足を止めるわけにはいかないようです。 この先どうなってしまうのでしょうか? 気になるのは、エリザベスの呪いを解くこととメリオダスの殲滅状態を解くことです。 もしかすると両方ともゼルドリスがキーマンなんじゃないか?とも考えています。 エリザベスでもメリオダスの殲滅状態を治せないという事なのでゼルドリスかなと・・・・・ オルロンディの謎 ちょっと新事実が出てきました。 以前、出てきたマーリンの下部であるオルロンディを覚えているでしょうか? キャメロットに偵察にいってゼルドリスに見つかったモンスター的な見た目の生物ですね。 そもそも!オルロンディとはエジンバラの吸血鬼編で登場した吸血鬼の一人なのですが、それを回収したマーリンが自分の下部にしています。 そして、今回オルロンディからこんな発言がありました。 オルロンディ「 仮にも僕は混沌の母よりうまれし吸血鬼王族なんだぞ」 はい!久しぶりに出ました 混沌の母! 吸血鬼王族は混沌の母から生まれたようですね。 吸血鬼は種族?でカテゴリーわけされるのか疑問でしたがどちらかというと種族というより生物っぽい感じかなと思います。 となると混沌の母から生まれた生物は他にもいそうですよね?! ホークとか・・・キャスとか・・・・ アーサー登場!! アーサーの安否が心配されましたが、とりあえず生きていたようです! しかも、何かが変わったようですね。 確かに余裕がある雰囲気が漂っていますが・・・・・ あっ!!!キャスが頭から離れている!? 今まで頭の上に載っていたキャスが腰ポケットの中にインしています!! この変化に意味があるのかはわかりませんが・・・ もしかすると、いつの間にかアーサーも覚醒しているパターンもあり得るかもしれませんね。 次回に期待です! ps. バンがんばれ!.

次の