トラック ボール。 【楽天市場】マウス(マウスタイプ:トラックボール)

【トラックボール】おすすめランキング!口コミで人気のBEST3(Amazon・楽天)

トラック ボール

By: PCとマウスを繋ぐ、わずらわしいコード類がなくマウスを動かしやすいほか、デスク上がすっきりとするのが無線接続。 トラックボールマウスに省スペース性を求めている方におすすめの接続方法です。 無線接続には、Bluetoothと2. 4GHzの2種類があります。 Bluetoothに対応しているPCであれば、ペアリングするだけで簡単に接続可能。 レシーバーを挿す必要がなく、USBポートを埋めないのが利点です。 また、USBポートのないタブレット端末やスマートフォンなどで使用できるのも特徴です。 4GHzは、受信側のUSBポートに専用レシーバーを挿してマウスと接続します。 Bluetoothと比べてUSBポートが1つ埋まってしまうのが難点ですが、ペアリングの必要がなくレシーバーを挿すだけで接続可能です。 なお、製品によっては1つのレシーバーでマウスとキーボードなど複数の機器を登録できるモノもあります。 有線接続 By: PCとマウスをUSBコードで直接繋いで使用するのが有線接続です。 無線接続に比べてコードがある分、マウスを動かす際や持ち運びにデメリットがありますが、コードから電源を取るため電池や充電の必要がありません。 また、無線接続に比べてレスポンスが早いのも特徴です。 最近では無線接続の技術が向上して、レスポンス速度の差はほぼないといわれています。 しかし、音楽制作や動画編集などの用途で使う場合は、少しの遅延が原因で作業効率が下がる恐れがあるため、有線がおすすめ。 また、無線接続に比べて価格が安いほか、BIOS画面で使用できるのも有線接続のメリットです。 ショートカットを多用する方はボタンの数をチェック 単3形乾電池1本で最大18ヶ月使用できるトラックボールマウスです。 緩やかなカーブを描くデザインにより、手を支えて腕に負担をかけにくい仕様。 調節可能なレーザーセンサーやカスタマイズ可能なボタンを搭載しており、ユーザーの好みにあわせて操作性をカスタマイズできます。 接続はBluetoothではなく、ロジクールの「アドバンス2. 4GHzワイヤレステクノロジー」による無線式。 最大10m離れた場所からでも操作が可能です。 また「Unifyingテクノロジー」にも対応しているので、1つのレシーバーでトラックボールマウスと対応キーボードを接続できます。 親指で操作するタイプのトラックボールは、簡単に取り外し可能。 手入れがしやすい点もおすすめです。 角度調節機能を搭載したトラックボールマウスです。 自然な手の位置のまま操作が行えるので、腕や手首にかかる負担を軽減できます。 カーソル速度や精度は、ボタン1つで変更可能。 スクロールホイールは、水平方向のスクロールに便利な「ティルト機能」付きです。 2台のデバイスと同時接続し、画像やファイルをデバイス間で自由にコピーや貼り付けできる「Logicool FLOW」にも対応。 フル充電後は、最長4ヶ月間のバッテリー使用が可能です。 また、1分の充電で1日中使用できる急速充電に対応している点もメリット。 長時間パソコン作業を行う方におすすめのトラックボールマウスです。 4GHzのワイヤレスナノレシーバーを利用した、ワイヤレス接続式のトラックボールマウスです。 レシーバーがコンパクトで、使用しないときにはトラックボール内に収納できます。 トラックボールを囲むリングに指を滑らせれば、Webページやドキュメントファイルのスクロールが可能。 精度の高いオプティカルセンサーを採用しているので、正確なカーソル操作が行えます。 32mmのトラックボールを中央に備えており、左右対称なデザイン。 右利き左利きを問わず使用できる点も魅力です。 無料ソフトウェア「TrackballWorks」を使用すれば、ボタンに好みの機能を割り当て可能。 カーソルやスクロールのスピードも調節できます。 ワイヤレスレシーバーをデバイスに装着するだけで、ドライバーが自動ダウンロードされるので接続も簡単。 初めてトラックボールマウスを購入する方にもおすすめです。 手のひらにフィットしやすい形状のトラックボールマウスです。 ワイヤレス接続にはBluetooth 5. 1を使用。 電波障害に強い2. 4GHzデジタル帯を利用しており、半径10mの範囲で安定した接続が可能です。 搭載されているすべてのボタンが静音設計なので、周囲に人がいる環境や夜間の使用に最適。 本体上部に備えられたボタンを押せば、600・800・1200・1600の4段階でカウント切り替えができます。 単4形乾電池2本で駆動し、最大約255時間の連続使用が可能。 1日8時間パソコンに向かい、5%ほどマウスを操作した場合には、約637日間使用できます。 トラックボールが手軽に取り外せるので、内部のメンテナンスも簡単。 Bluetooth接続できるので、スマホやタブレットに使用するトラックボールマウスとしてもおすすめです。 手のひらで握って使用するハンディタイプのトラックボールです。 本体サイズは幅約40. 6mmとコンパクト。 デスクに設置せず、手で握って使える点が特徴です。 小型ながら合計で10個のボタンを搭載しており、好みの機能割り当ても可能。 ボタンのカスタマイズには「エレコム マウスアシスタント」ソフトを利用します。 トラックボールに最適な反射型レンズ搭載光学式センサーを採用。 ボールの色やコーティング層の厚みにもこだわり、カーソルの追従性を高めています。 カーソルの移動速度は、500・1000・1500の3段階で切り替え可能。 右利き左利きを問わず使用できるのもメリットです。 本体側面には電源スイッチを備えており、不使用時の電池消耗を防止可能。 交換時期は、電池残量表示ランプが知らせます。 再生や一時停止、音量上げ下げなどを操作できる「メディアコントロールボタン」を搭載しているので、音楽や動画の鑑賞におすすめです。 直径52mmの大型トラックボールを搭載。 1度の操作でカーソルを広範囲動かせる、人差し指と中指で操作するトラックボールマウスです。 支持球には直径2. 5mmの人工ルビーを採用し、操作性を向上。 支持球を大型にしており、メンテナンス頻度の軽減も実現しています。 ゲーミンググレードの高性能光学式センサーを搭載しているので、繊細なカーソル操作が可能。 カーソルの移動速度は、500・1000・1500の3段階で切り替えできます。 また、サイドにはWebページの閲覧に便利な「進む」「戻る」ボタンも搭載。 合計8個のボタンとチルトホイールには、好みの機能を割り当てられます。 無料でダウンロードできる「エレコム マウスアシスタント」を利用すれば、設定も簡単です。 本体上部には、手首の負担を軽減する低反発パームレストを搭載。 長時間のパソコン作業におすすめです。

次の

トラックボールマウス販売メーカー・製品ラインナップ【比較】

トラック ボール

By: PCとマウスを繋ぐ、わずらわしいコード類がなくマウスを動かしやすいほか、デスク上がすっきりとするのが無線接続。 トラックボールマウスに省スペース性を求めている方におすすめの接続方法です。 無線接続には、Bluetoothと2. 4GHzの2種類があります。 Bluetoothに対応しているPCであれば、ペアリングするだけで簡単に接続可能。 レシーバーを挿す必要がなく、USBポートを埋めないのが利点です。 また、USBポートのないタブレット端末やスマートフォンなどで使用できるのも特徴です。 4GHzは、受信側のUSBポートに専用レシーバーを挿してマウスと接続します。 Bluetoothと比べてUSBポートが1つ埋まってしまうのが難点ですが、ペアリングの必要がなくレシーバーを挿すだけで接続可能です。 なお、製品によっては1つのレシーバーでマウスとキーボードなど複数の機器を登録できるモノもあります。 有線接続 By: PCとマウスをUSBコードで直接繋いで使用するのが有線接続です。 無線接続に比べてコードがある分、マウスを動かす際や持ち運びにデメリットがありますが、コードから電源を取るため電池や充電の必要がありません。 また、無線接続に比べてレスポンスが早いのも特徴です。 最近では無線接続の技術が向上して、レスポンス速度の差はほぼないといわれています。 しかし、音楽制作や動画編集などの用途で使う場合は、少しの遅延が原因で作業効率が下がる恐れがあるため、有線がおすすめ。 また、無線接続に比べて価格が安いほか、BIOS画面で使用できるのも有線接続のメリットです。 ショートカットを多用する方はボタンの数をチェック 単3形乾電池1本で最大18ヶ月使用できるトラックボールマウスです。 緩やかなカーブを描くデザインにより、手を支えて腕に負担をかけにくい仕様。 調節可能なレーザーセンサーやカスタマイズ可能なボタンを搭載しており、ユーザーの好みにあわせて操作性をカスタマイズできます。 接続はBluetoothではなく、ロジクールの「アドバンス2. 4GHzワイヤレステクノロジー」による無線式。 最大10m離れた場所からでも操作が可能です。 また「Unifyingテクノロジー」にも対応しているので、1つのレシーバーでトラックボールマウスと対応キーボードを接続できます。 親指で操作するタイプのトラックボールは、簡単に取り外し可能。 手入れがしやすい点もおすすめです。 角度調節機能を搭載したトラックボールマウスです。 自然な手の位置のまま操作が行えるので、腕や手首にかかる負担を軽減できます。 カーソル速度や精度は、ボタン1つで変更可能。 スクロールホイールは、水平方向のスクロールに便利な「ティルト機能」付きです。 2台のデバイスと同時接続し、画像やファイルをデバイス間で自由にコピーや貼り付けできる「Logicool FLOW」にも対応。 フル充電後は、最長4ヶ月間のバッテリー使用が可能です。 また、1分の充電で1日中使用できる急速充電に対応している点もメリット。 長時間パソコン作業を行う方におすすめのトラックボールマウスです。 4GHzのワイヤレスナノレシーバーを利用した、ワイヤレス接続式のトラックボールマウスです。 レシーバーがコンパクトで、使用しないときにはトラックボール内に収納できます。 トラックボールを囲むリングに指を滑らせれば、Webページやドキュメントファイルのスクロールが可能。 精度の高いオプティカルセンサーを採用しているので、正確なカーソル操作が行えます。 32mmのトラックボールを中央に備えており、左右対称なデザイン。 右利き左利きを問わず使用できる点も魅力です。 無料ソフトウェア「TrackballWorks」を使用すれば、ボタンに好みの機能を割り当て可能。 カーソルやスクロールのスピードも調節できます。 ワイヤレスレシーバーをデバイスに装着するだけで、ドライバーが自動ダウンロードされるので接続も簡単。 初めてトラックボールマウスを購入する方にもおすすめです。 手のひらにフィットしやすい形状のトラックボールマウスです。 ワイヤレス接続にはBluetooth 5. 1を使用。 電波障害に強い2. 4GHzデジタル帯を利用しており、半径10mの範囲で安定した接続が可能です。 搭載されているすべてのボタンが静音設計なので、周囲に人がいる環境や夜間の使用に最適。 本体上部に備えられたボタンを押せば、600・800・1200・1600の4段階でカウント切り替えができます。 単4形乾電池2本で駆動し、最大約255時間の連続使用が可能。 1日8時間パソコンに向かい、5%ほどマウスを操作した場合には、約637日間使用できます。 トラックボールが手軽に取り外せるので、内部のメンテナンスも簡単。 Bluetooth接続できるので、スマホやタブレットに使用するトラックボールマウスとしてもおすすめです。 手のひらで握って使用するハンディタイプのトラックボールです。 本体サイズは幅約40. 6mmとコンパクト。 デスクに設置せず、手で握って使える点が特徴です。 小型ながら合計で10個のボタンを搭載しており、好みの機能割り当ても可能。 ボタンのカスタマイズには「エレコム マウスアシスタント」ソフトを利用します。 トラックボールに最適な反射型レンズ搭載光学式センサーを採用。 ボールの色やコーティング層の厚みにもこだわり、カーソルの追従性を高めています。 カーソルの移動速度は、500・1000・1500の3段階で切り替え可能。 右利き左利きを問わず使用できるのもメリットです。 本体側面には電源スイッチを備えており、不使用時の電池消耗を防止可能。 交換時期は、電池残量表示ランプが知らせます。 再生や一時停止、音量上げ下げなどを操作できる「メディアコントロールボタン」を搭載しているので、音楽や動画の鑑賞におすすめです。 直径52mmの大型トラックボールを搭載。 1度の操作でカーソルを広範囲動かせる、人差し指と中指で操作するトラックボールマウスです。 支持球には直径2. 5mmの人工ルビーを採用し、操作性を向上。 支持球を大型にしており、メンテナンス頻度の軽減も実現しています。 ゲーミンググレードの高性能光学式センサーを搭載しているので、繊細なカーソル操作が可能。 カーソルの移動速度は、500・1000・1500の3段階で切り替えできます。 また、サイドにはWebページの閲覧に便利な「進む」「戻る」ボタンも搭載。 合計8個のボタンとチルトホイールには、好みの機能を割り当てられます。 無料でダウンロードできる「エレコム マウスアシスタント」を利用すれば、設定も簡単です。 本体上部には、手首の負担を軽減する低反発パームレストを搭載。 長時間のパソコン作業におすすめです。

次の

トラックボールとは?基本情報や選び方、おすすめ商品を紹介!

トラック ボール

『親指操作タイプ』と『人差し操作タイプ』の構造の違い 最初に、その構造の違いを同じ会社の製品で見てみましょう。 【親指操作タイプ】 【人差し指操作タイプ】 画像引用:より 同じ会社の物でも、ボタンの配置が大きく変わっていますね。 それにより、ボタン操作も変わってきます。 クリックの違い• 親指操作タイプでは従来通り、人差し指でクリック・中指で右クリックができます。 対して人差し指操作タイプでは、親指でクリックする事になります。 この比較だけで言うと、「 親指でのクリックは慣れないから使いにくそう」と思われそうですが、全くそんな事なくて、 使い始めてすぐからスムーズにクリックができます。 違いを一言で言うと「使う指が違う」のですが、一言では言い表せないぐらいに その操作性には大きな差があります。 それは、『親指の動き』と『人差し指の動き』の差とも言えます。 指の構造の違い そもそも、親指と人差し指では構造が違います。 指の先から関節を第1関節・第2関節…と数えていくと、人差し指の第2関節に当たる部分が 親指には ありません。 また、親指では人差し指では動かない手首付近の関節も動きます。 (下図の4) 加えて、お互いにある(3)の関節は動きに差があります。 人差し指ではクルクルと自由に動かせるのに対して、親指は曲げ伸ばしだけに限られています。 その変わり、親指は(4)の関節でクルクルとした動きをすることができます。 結局は、お互いに第1・第2関節で曲げ伸ばしをし、第3関節でクルクル回すという動きをします。 トラックボールマウスではボールを転がして操作するので、この クルクルの動きが重要です。 つまり、 親指の4と人差し指の3の関節ですね。 重要な関節とボールとの位置関係の違い ボール操作のしやすさについては、この関節とボールの位置関係が重要になります。 位置関係が近ければそれだけ操作しやすくなり。 逆に、 位置関係が遠ければそれだけ操作しにくくなります。

次の