スマホ グーグル アカウント 削除。 androidスマホを処分前にデータ削除する方法!初期化だけでは危険?

Googleのアカウントを完全削除する方法!削除したらどうなる?

スマホ グーグル アカウント 削除

まずは、アカウントやそれに関連付けたデータも消えてしまう完全削除の方法と、端末からアカウントを削除する方法をご紹介します。 完全に削除する場合の注意点などは後述しますので、まず注意点を確認して問題ないかよく考えて実行してくださいね。 グーグルアカウントを完全に削除する手順 基本的には、パソコンからもスマホからも同じ手順でアカウントが削除できる事になっています。 1.グーグルにログイン まず、ブラウザを立ち上げ削除したいアカウントでグーグルにログインします。 スマホを使って削除したい場合には、クロームを利用した方がスムーズなので、iPhoneなどのiOSをお使いの方は事前にクローム Chrome アプリをインストールしておくことをオススメします。 2.アカウント設定をクリック ログインできたら、右上の方にでてくるアカウントの画像をクリック タップ し、「アカウント」の項目をクリックします。 3.「アカウントやサービスの削除」をクリック アカウントの項目をクリックしたら、アカウント設定にある「 アカウントやサービスの削除」 をクリックしましょう。 4.「 Googleアカウントとデータを削除」を選択 次の画面で、グーグルが提供する特定のサービスの停止を行う「サービスを削除」と、グーグルアカウントを完全に削除する「Googleアカウントとデータを削除」の選択肢がでてきますので、「Googleアカウントとデータを削除」をクリックします。 5.パスワードの入力 パスワードを求められますので、入力していきます。 ここで、削除したいアカウントで間違いないか再度確認しておきましょう。 6.警告文が表示されるのを確認 「よくお読みください。 重要な情報が含まれています。 」と大きく書かれた画面が表示されますので、内容をよく読み、規約の2つのチェックボックスにチェックを入れていきます。 7.「アカウントを削除」をクリック 「アカウントを削除」をクリックして完了です。 端末からアカウント情報を消去したい場合 これは、使用しているスマホ android、iPhone で関連付けたグーグルアカウントの情報を削除したい時の手順です。 アンドロイド端末であれば、端末設定からの解除も可能ですが、下記の手順だとパソコン・android・iPhone iOS どれからも削除可能なので、こちらを試してみてください。 「グーグルアカウント情報」のページを開き、関連付けを外したいグーグルアカウントでログインしましょう。 「ログインとセキュリティ」の項目にある、 「端末のアクティビティと通知」を選択します。 最近使用した端末の項目から「デバイスを確認する」を選択します。 これまでにそのアカウントでログインした端末が表示されます。 削除したい端末をクリックすると、詳細が開きますので、そこの「アカウントのアクセス権」の下部にある「削除」を選択します。 「アクセス権と削除」が表示されたら、もう一度「削除」をクリックします。 「アクセス権を削除しました」の表示が出たら、完了です。 これで、関連付けの解除を行いたい端末からログアウトされる事になります。 グーグルアカウントを削除する時の5つの注意点 作成時ほど簡単ではないかもしれませんが、アカウントを削除する方法、そして端末の関連付けを解除する方法も割とスムーズにできそうですよね。 1度作成したアカウントを削除する理由は様々でしょうが、アカウントを削除するにあたっての注意点がいくつかありますので、まとめてみました。 こちらをよく確認して、作業を進めてくださいね。 グーグルが提供するコンテンツが利用不可に グーグルアカウントを使用して使っていたGメールを始め、カレンダーやGooglePlayなどが利用できなくなります。 メールの内容などはもちろんすべて削除されてしまうので、必要があればデータを移すなどの処置を取る必要がありそうです。 「アカウントを完全に削除する」ということは、ログインももちろんできなくなりますので、グーグルアカウントを使用していたコンテンを含めて、削除すべきかどうか検討する必要があります。 Gメールは特に要注意! Gメールはフリーメールの中でもかなり優秀なツールなので、仕事関係やオンラインバンキング、ネットショッピングなどの登録メールアドレスとして利用されている方も多いと思いますが、重要なものは必ずアカウント削除前にメールアドレスの変更を行いましょう。 各サイトのログインIDとして、削除しようとしているアカウントのGメールを利用している場合、ログインができなくなる可能性もありますので慎重に調べる必要がありそうです。 購入したアプリなども使えなくなる Android端末などでは特にPlayストアからアプリを購入することがあると思いますが、削除したいアカウントで購入したアプリや映画・ゲームや音楽などもすべて使えなくなります。 定期購入しているものもすべて削除される事になるので注意が必要です。 同じIDは二度と取得できない 一度削除してしまったユーザー名 〇〇@gmail. comの〇〇部 は、削除した本人はもちろん他人が新たに同じIDを取得することもできなくなります。 覚えやすいから家族に同じもので作ろう、とか、削除してしまったけどまた同じアドレスを使いたい、などと思ってもできないという事ですね。 Chromeに保存されているデータも消える グーグルアカウントにログインした状態で、Chromeに保存した情報も消去される事になります。 ブックマークや履歴などももちろんすべて閲覧できなくなってしまいますので、注意が必要です。 Android端末利用者への注意点 端末との関連付けだけでなく、アカウント自体を削除しようとしたときに、これまでにGoogle Playストアで購入したり、入手したアプリやゲームは使用できなくなります。 また、アカウント情報がないと、新たにアプリやゲームを入手することはもちろん、更新なども行えなくなるようです。 音楽や映画、書籍等ももちろん、購入したデータそのものが削除される事になりますので、利用できなくなってしまいます。 また、連絡先をGoogleアカウントに保存している方は、連絡先もすべて失う事になりますので、端末にすべて保存されているかどうか確認しておきましょう。 また、グーグルドライブを利用していた場合、ドライブの利用もできなくなるため、端末で撮った写真やダウンロードしたファイルなどが無くなってしまいます。 1度削除したグーグルアカウントは復元できない? グーグルアカウントを削除してしまったけどやっぱり復元したい!!と思った場合、時間との勝負になりそうです。 Googleは「一定期間内であれば復元できるかも」としていますが、一定期間というのが果たしてどれくらいの時間や日数の事をさしているのかは明言されていません。 ごく最近のものであれば、アカウントはもちろんデータも復元できるかも…、ということで、手順をまとめていきます。 グーグルアカウントの復元手順• Chromeなどのブラウザで「Googleアカウントサポート」を開く。 復元したいグーグルアカウントのログイン用メールアドレスを入力し、「次へ」をクリック。 「このアカウントは削除されました。 」という表示と一緒に、「アカウントの復旧を試す」のリンクが設定されていますので、「アカウントの復旧を試す」をクリックします。 「覚えている最後のパスワードを入力して下さい」と表示されますので、最後に使っていたパスワードを入力していきます。 終わったら「次へ」をクリック。 パスワードが正しければ、これでグーグルアカウントの復旧作業は終了です。 画面に「成功」の文字が出ているのを確認して、「次へ」をクリックします。 復元できない場合は? グーグルアカウントを削除してから、2~3週間以内であれば、復元可能「かも」しれないとされていますが、上記手順の【2】を入力した時に「Google アカウントが見つかりませんでした。 もう一度お試しください。 」と表示された場合には、もう日数の経過により復元できなくなっています。 この場合は残念ながら、一度削除したアカウントの復旧は完全に不可能になります。 」のリンクを選択します。 確認ページが表示されますので、削除対象となる内容をすべて確認していきます。 確認ができたら、下部のチェック欄にチェックを入れ、「選択したサービスを削除」を選択します。 >> Googleアカウントを復旧するとアプリのデータは戻る? Googleアカウントの復旧が無事に完了すると、• Gmail• フォト• Google Play• その他Googleサービス が通常通りログインできるようになり、再び利用することができるようになります。 そこで、以前使用していたアプリやアプリの設定・データも戻ってくるの?という所が気になる方は多いと思います。 これはアプリの種類や仕様により異なるため一概に断言することはできませんが、• Google Playでダウンロードした• Googleアカウントと同期済み この2つを満たすアプリのデータや設定は原則、復旧されることになります。 ただし、アプリによっては例外も存在しますので、可能な方はGoogleアカウントを削除する前にアプリ単体でのバックアップや、Googleアカウントを使用したバックアップを保存するのが推奨されています。 一部例外のアプリも存在!? Googleアカウントの復旧で、アプリやアプリのデータ・設定が復旧できるか否かは、アプリによって異なるようです。 まず、Googleアカウントの復旧で、アプリのデータも復旧するための条件の1つとして『Googleアカウントに同期済みであること』が挙げられます。 特にゲームなどのアプリの場合、データを紐づける「アカウント連動」の機能がついていて、連動先がGoogleアカウント以外の場合がありますよね。 万が一、データの同期先がGoogleアカウント以外になっていた場合は、Googleアカウントの復旧をしてもアプリのデータを元に戻すことができません。 他にも、アプリによっては、アプリ単体のデータを保存するためのバックアップ機能が備わっているアプリがあります。 そのような仕様のアプリの場合は、Googleアカウントを復旧してもアプリのデータが復旧されない可能性があるようです。 残念ながらGoogleアカウントを復旧しても戻らなかったアプリのデータの復旧方法については、それぞれのアプリやサービスのヘルプなどでご確認ください。 まとめ 今回は、グーグルアカウントの削除方法と、削除後どうなるのか?も復元はできないのか?についてご紹介してきました。 削除後も一定期間であれば復元できるとの事でしたが、Googleヘルプでは2~3週間とされているところを、「3日後にはダメだった」などという例もあるようです。 Googleが提供する様々なサービスを多くの方が日々利用していますので、削除するというのはなかなか無いかもしれませんが…。 削除しようかな?と検討している人の参考になったのではないでしょうか。 Youtubeなどの提携するサービスへの使用もできなくなりますし、利用しているサイトのほとんどに該当アカウントのGメールアドレスを設定している場合は、削除する前にかなりの準備が必要となりそうです。 十分に気を付けて判断していきましょう!.

次の

Googleのアカウントを完全削除する方法!削除したらどうなる?

スマホ グーグル アカウント 削除

もくじ• Twitterを辞めたい場合は、アカウントの削除は必要? Twitterを完全にやめる場合には、アカウントの削除が必要になります。 Androidスマホの中にあるTwitterアプリを削除(アンインストール)しても、Twitterアカウントは残ったままです。 Twitterアカウントに登録してある携帯電話番号やメールアドレスもそのままの状態になっています。 別のTwitterアカウントを新規登録しようとしても、既に他のTwitterアカウントに登録されている携帯電話番号やメールアドレスは使うことができません。 こういった点を考慮すると、Twitter自体を完全にやめる場合は別として、他にTwitterアカウントを新規登録する可能性がある場合は、きちんとアカウントを削除しておいた方が無難です。 Twitterのアカウントを削除する際の注意点 Twitterアカウントを削除する際の注意点としては、Twitterアカウントを削除してしまうと、これまでに投稿した文章、画像、動画なども当然ながら、一緒に削除されてしまいます。 特に画像や動画など、後日見返す可能性があるものについては、きちんとスマホのストレージに保存されているのかを確認してからアカウントを削除するようにしてください。 アカウントを削除した後に気が変わって復活したい場合は? Twitterアカウントは削除してから30日以内であれば、アカウントを復活することができます。 アカウントの復活方法については、Twitterアカウントにログインすると、自動的に復活するようになっています。 逆にいえば、30日間を過ぎるとアカウントのデータが失われてしまい、復活することができなくなってしまいます。 AndroidスマホからTwitterのアカウントを削除する手順 AndroidスマホからTwitterアカウントを削除する場合、Twitterアプリからではアカウントを削除できないので注意してください。 AndroidスマホからTwitterアカウントを削除するには、ブラウザからモバイル版のTwitter()へアクセスし、アカウントの削除を行います。 (この記事では、Androidスマホで最も多く使われているウェブブラウザ「Googlechrome」を使って説明します) モバイル版のTwitter()へアクセスしても、Twitterアプリが起動してしまう場合は、 をロングタップして、「新しいタブで開く」をタップしてみてください。 モバイル版のTwitterにアクセスしたら、画面右上の「三点アイコン」をタップします。 「メニュー」が表示されるので、「PC版サイトを見る」をタップします。 PC版サイトのTwitterが表示されます。 ここでURLがきちんと、PC版のTwitter( になっているか、きちんと確認してください。 PC版のTwitterが表示されない場合は、URLをタップして、直接と入力してみてください。 きちんとPC版のTwitterが表示されたら、「自分のアイコン」をタップして「メニュー」を表示させます。 メニューの中から、「設定とプライバシー」をタップします。 「設定とプライバシー」をタップすると、ユーザー情報が表示されるので、一番下の「アカウントを削除する」をタップします。 最後に「アカウントを削除して退会しますか?」という画面が表示されます。 画面の下のほうにある「ユーザー名を削除」という青いボタンをタップします。 青いボタンをタップすると、「退会する」というメニューが表示されますので、パスワードを入力して「退会する」をタップします。 「アカウントは退会処理がされました」と表示されます。 これでTwitterアカウントの削除が終了です。

次の

Androidでgoogleアカウントからログアウトする方法・仕方を紹介!

スマホ グーグル アカウント 削除

検索履歴を削除する方法を尋ねる方が多くて特にGoogleの検索がデバイスの隅々には姿が見られますので、人に見せたくない場合は削除する必要があります。 本記事はAndroidの検索履歴を削除する方法を紹介します。 スマホ、タブレットそれとパソコンにもすべて通用できます。 特定のデバイスのGoogle検索履歴だけでなく、全デバイスのGoogle検索履歴を削除できます。 「OK Google」との音声検索、 「Google Now」あるいはブラウザー検索を使用する場合、検索履歴も保存されます。 他人に見せたくない検索履歴があれば、削除しなければなりません。 ブラウザーの検索履歴を削除する方法 ここで、Chromeのブラウザを例として説明します。 ブラウザーを開いた状態で、右上のメニューボタンをタップします。 全部の履歴を削除しようとしたら、 「閲覧履歴のデータの消去」をタップします。 閲覧履歴にチェックを入れて削除すれば、履歴は削除されます。 どの機種、どのブラウザーを使っても、ブラウザー検索履歴を削除する手順は大体同じです。 他人に見られないため、より真剣に検索履歴を隠れる方法を読んで検索履歴を削除してください。 近頃、大部分のAndroidユーザーはロック画面のパスワード、PINあるいは指紋を使用し、検索履歴情報にふれることを防止することもできます。 しかし、検索履歴を削除することはやはり一番頼りになる方法です。 Googleのウィジェット検索履歴を削除する方法 まずGoogleのウィジェットから検索履歴を削除しましょう。 これは直近活動履歴を削除する一番早い方法です。 多くのユーザーはホームスクリーンでのGoogle検索バーをクリックしたりGoogleナウを使ったりしていますので、一番見られやすいところでもあります。 ウィジェットの検索履歴を削除するためには、いつも通りにGoogle検索を開きます。 一度タップしたら、直近の検索結果が見られます。 次のステップに従い、検索結果を完全に削除できます。 Google NowまたはGoogleウィジェットを開き入力しようとすると、以前の検索結果が表示されます。 Googleウィジェットを開きます。 検索バーをタップし、キーボードを開き、結果を探します。 削除しようとする内容を長押しします。 表示されたダイアログで「削除」をタップします。 長押しすると必要ではない検索履歴を削除できます。 しかし、ご覧のように過去の履歴も次々と上に浮かんで現れる。 消す必要があれば、全部削除しても良い。 Googleアカウントから検索履歴を削除する方法 一つずつ履歴を選んで削除するには時間がかかります。 そのため、一気に全部を消すこともできます。 以下はGoogleアカウントのGoogle検索履歴を一気に削除する方法です。 適当にGoogle関連のアプリを起動して、メニューから 「設定」>「アカウント&プライバシー」を順に進み、 「わたしのアクティビティ」を閲覧するまたは、myactivity. google. comというページを開きます。 当ページとはアカウントに入れるため、すべてを保存したり、表したりするGoogleアクティビティセンターです。 Googleアカウントのパスワードを入力し、検索履歴を削除し続けます。 それに、検索とGoogle Chromeなどの限定内容または期間内容を一気に消せます。 任意のアクティビティの左側にある3つの点をタップし、削除を選択し、メッセージに従って確認します。 削除されているコンテンツが詳しく見られ、 「削除」を再び選定します。 こうすると、連日間のGoogle検索結果を削除します。 一気に削除する方法もあります。 次の手順で操作してください。 myactivity. google. comを開きます。 検索窓の左端にある三本のボタンをタップします。 「アクティビティを削除する基準」を選定します。 「すべてのサービス」をクリックし、 「検索」を選定します。 今日、過去一週間、または全期日を選びます。 「削除」をタップし、 「OK」を確認し、削除を確認します。 すべてを削除すると、サービスを改善する機密且つ重要な情報が削除される可能性があることをGoogleより警告されます。 OKをヒットしGoogle検索結果を削除します。 また、この削除方法は、操作している端末だけではなく、Googleアカウント全体のすべての履歴を削除しますので、ご注意ください。 その他 こうしたら、選択した時間枠の検索履歴は永遠に消えています。 ユーザーは手順通りに再度実行し、より長い期間を削除したり、商品のドロップダウンより別のカテゴリを選択したりすることができます。 削除する前、まずそれぞれを調べることをお勧めします。 終了すると、Androidスマホやタブレットの履歴や結果だけでなく、アカウントが登録したデバイスでの検索履歴全体が削除されます。 検索履歴の削除はそれほど難しいテクニックではありませんが、最初から履歴を残したくない場合は、シークレットモードでウェブブラウジングを行う方法があります。 ここでは、Google Chromeを例にして説明します。 ページを開いたまま右上のメニューをタップし、 「新しいシークレットタブ」を選択します。 すると、シークレットモードの説明が表示されます。 この状態で検索したりアクセスした記録は残りません。

次の