番長 3 ベル 天井 期待 値。 番長3

番長3 ベル回数のゾーン狙い考察 損をしないヤメ時は?

番長 3 ベル 天井 期待 値

突入契機 特訓非経由の対決敗北時の一部 継続G数 不明 ART期待度 約50%(実践値) 内容 化石が大きくなるほどチャンス。 特訓後、再度 対決へ こちらもお馴染みの特訓演出。 特訓非経由の対決でベル・レア役を引いて負けた時の50%以上で特訓へ突入します。 対決中に何かしら引いた時は数G様子見しましょう。 薫先生のビラが飛んだり、シャッター演出に薫先生のシルエットがでたりすると特訓に入るかも?という煽りです。 緑対決カウンターはベル32回以内で対決確定 対決カウンターの背景色が緑色なるとベル32回以内での対決確定です。 0~から追う必要はないと思いますが32回間近の台はヤメ時注意です。 緑対決カウンター狙いの実践記事を以下に上げました。 「」 紫対決カウンターは7回以内での対決確定 おそらくほぼ落ちていないと思いますが、 紫対決カウンターは7回以内での対決確定 もし落ちるならART中の豪遊廓ステで対決発展できず通常落ちした場合。 その場合は必ずベル7回までフォローしましょう。 対決の前兆 No 前兆 前兆のG数 チャンスパターン 1 対決発展前兆 最大10G 10Gでの対決 2 直特訓前兆 最大32G 特訓含め 特訓から14~17G以外での対決 3 敗北後特訓前兆 最大28G 特訓含め 特訓から7~9G、14~17G以外での対決 4 BET特訓前兆 不明 特訓から18G以降での対決 1. or 4. に行くことあり) 2. 敗北後特訓前兆 1. BET特訓前兆 1. 61 ART後に特定G数まで回した時の初当たりを簡易計算しました。 0円 より 狙い目まとめ 【対決天井狙い】 ・ベル50回以上 (緑対決カウンターは21回以上) 【対決ゾーン狙い】 基本的には、狙わない。 なんとかして、番長3を打ちたい人は ・ベル4回~(ART後のみ) ・ベル16回~ ・ベル29回~ ぐらいから打つと良いかも。 ART後即ヤメ派は数G回して対決・特訓の前兆挙動なしでヤメ。 対決後は特訓の前兆確認後ヤメ。 数台ベルゾーン狙ってみての感想。 基本の初当たり契機の対決のART期待度が20%なだけあってベルゾーン狙いしてもなかなか当たりません。 対決ゾーン狙いは当たりを引くまでの10、20台消化してやっと1台あたるかどうかぐらいの展開になると思われます。 個人的には、優先度は低めの狙い目です。 他に狙える台があればそっちを優先しましょう。 番長3をどうにかして打ちたい人向けの狙い目ですねー 以下でベルゾーン狙いの実践記事を更新しました。

次の

押忍!番長3

番長 3 ベル 天井 期待 値

パチスロ専業時代には月収60万円以上を安定的に稼ぎだし、たった2年で1000万円を稼ぎました。 その後仕事の隙間時間を使って毎月10~50万円を稼ぎ、気が付くと2000万円プラスを達成することに。 といってもこれはここ最近の話。 学生時代はスーパーのバイトで貯めた150万円をパチスロに使いこみ、失ってしまう。 そして親に嘘をついて詐欺教材を借金をして購入し、さらに失敗。 しかしあるときスロプロと出会い、正しい勝ち方を学び、実践したことで勝ち組へと転換。 その結果、勝ったお金を活用して趣味の旅行に行って楽しむことに成功。 (プロフィール画像は北海道旅行で日本一危険な動物園に行ったときの写真です) 現在はパチスロで勝ち続けたいと思う人に、直接勝ち方を教えたり、一緒にホールへ行って実践をしたりしています。 直接教えている人はサラリーマン・主婦・学生さんなど多数。 続々と月10万円を達成し、勝ち組を輩出中。 (プラス50万円を達成した人も数多く在籍) 僕の信念は「パチスロで勝つことで一度きりの人生を楽しむこと!」です。 もしあなたが今、パチスロで負けて困っているのであれば、ぜひ勝つ世界へ一緒に進みましょう。 当ブログでは、自分自身が苦労や失敗した経験をもとに、パチスロ初心者が月10万円以上稼げるようになるための知識をどんどん共有します!.

次の

「押忍!番長3」ゾーン狙い・規定ベル回数・モード移行率についての考察(4/14追記・更新)

番長 3 ベル 天井 期待 値

最近の新台と同じく、天井到達時には強力な恩恵がないため、天井はあくまで投資を抑えるための保険と捉えておくべきですね。 なお、前作までのように複数の内部モードも存在しますが、番長3では初当たりの鍵となる 「対決」発展までのベル回数に関わるモードとなっています。 モード別にベル天井回数が異なりますが、ベル天井到達時は「対決」発展が確定となるだけなので、混同しないよう気をつけてください。 狙い目 現時点での天井狙い目は、 900Gハマリ付近を目安ということで。 ただ、解析次第では大幅にボーダーを優遇できるかもしれないので、続報が判明次第狙い目は微調整していきます! また、番長シリーズと言えばゾーン狙いが効果的だったので、番長3では特定ベル回数が狙い目になってくるかもしれません。 やめどき やめどきに関しては、 対決連チャン否定となるベル成立7回までフォローしてやめということで。 こちらもモード移行率解析が判明しないことには何とも言えないので、 即前兆のみ確認してやめという形もアリですね。 ただ、屋上ステージは高確示唆ステージ、商店街ステージは前兆示唆ステージとなっているため、即やめ派の方も移行した場合はしばらく様子を見ておいた方がよさそうです。 また、高確&前兆確認中にベルがある程度成立した場合は、そのまま対決連チャン否定までフォローしてしまった方がいいと思います。 それと、番長3は MB(右下がり「リプ・リプ・ベル」)を搭載しているため、入賞を確認できたら必ずもう1G回してからやめましょう。 具体的には、「15~17回」「30~32回」「45~47回」と最深ベル天井である「56~64回」、そして対決連チャン天井である7回に近い場合です。 また、当選率は高くないと思いますが、ART後には引き戻し抽選も行われているようなので、解析が出るまで慎重に立ち回りたいという場合は、多少余裕を持って引き戻し前兆を確認しておいてもいいと思います。 <解析まとめ・記事一覧>.

次の