胃 が 痛い とき の 対処 法。 胃が痛い時の対処法!! 寝方やツボ・飲み物のオススメはこれ

胃が痛い時の原因と対処法【吐き気や下痢】ストレスだけではない!

胃 が 痛い とき の 対処 法

今回の流れ• 胃を押すと痛い原因はなに? 胃を押すと痛い! そんな時は、「胃潰瘍」「逆流性食道炎」の可能性が考えられます。 胃潰瘍 胃潰瘍になると、胃壁が傷ついたり、胃の粘膜が破壊されるといったことが起こり、 ・胃の痛みや吐き気 ・胸やけや背中の痛み などの症状が出たり、胃壁からの出血で便が黒くなることもあります。 胃潰瘍になる原因の1つに、ピロリ菌があります。 胃の中に住み続け、 胃の粘膜を傷つけて胃潰瘍になってしまうのです。 まだ、上水道が整備されていない時に井戸水などのピロリ菌に汚染された水を飲んだことで感染すると考えられます。 そのため、 50代以上の方は感染していることが多いようです。 そして、その感染した方が、お子さんに食事を与える時に、 ・自分の食べた箸で食べさせる ・食べかけの物を食べさせる といったことで、お子さんも感染してしまう危険があります。 ピロリ菌に感染しているからといって、必ず胃潰瘍になるということではありませんが、 胃潰瘍になる可能性が高くなってしまいます。 また、ピロリ菌だけでなく、ストレスや食生活の乱れ、喫煙やアルコールが原因になって胃が荒れてしまい、胃潰瘍になることもあります。 逆流性食道炎 逆流性食道炎とは、胃の中の 胃酸が逆流して食道に流れ込んでしまう病気です。 胃酸は胃に入った食べ物を溶かすための強い酸性のものです。 そして、その胃酸が食道に流れ込んでしまうために食道が炎症を起こしてしまうのです。 逆流性食道炎になると、 ・胸やけや食後の胃のもたれ ・のどの違和感がある ・げっぷが出る ・胃を押したときや前かがみになったときの痛みや胸やけ といった症状が現れます。 逆流性食道炎の原因は、食べすぎや脂の多い物を取りすぎているなどの食生活の乱れ、アルコールや喫煙、肥満で胃が圧迫されている、ストレスや加齢などたくさんあります。 放っておくと潰瘍になってしまったり、食道がんになる危険もあります。 胃を押すと痛いときの対処法 胃を押すと痛みがある、そんな時はどうすればいいのでしょうか? 痛みの対処法について解説していきます。 温かいものを口にする できるだけ、冷たいものを飲んだり食べたりしないようにしましょう。 ・スープなどの温かいもの ・うどんやおかゆ など 消化に良くて温かい物を食べるようにしましょう。 カフェインや刺激物、アルコールなどは胃に負担がかかるので、摂取しないようにしてください。 体を温める 湯船でしっかり体を温める、カイロや湯たんぽで 体を温めると痛みを和らげることができます。 そして、ゆっくり体を休めるようにしましょう。 ストレスを発散する ストレスをためることで、胃に負担がかかってしまうので、痛みがあるときは、楽しいことを考える。 音楽を聴く、テレビを見るなど、楽しいことを考えることで、ストレスを発散できることもあります。 できるだけ、 ストレスの原因を忘れてリラックスすることが大切です。 病院を受診 胃潰瘍も逆流性食道炎も、病院を受診してきちんと検査をすることが大切です。 検査をして、原因がわかったら薬を処方してもらったり、 胃潰瘍の場合は手術が必要なこともあります。 つらい症状があるときは、できるだけ早く病院を受診するようにしましょう。 スポンサーリンク 胃を押すと痛い症状の予防法 胃を押すと痛みがでる胃潰瘍や逆流性食道炎になると、痛みだけでなく吐き気や胸やけなどのつらい症状が続きます。 このつらい症状を出さないためには、どのようなことに気を付けて生活すればいいのでしょうか? 胃潰瘍や逆流性食道炎を予防する方法について解説していきます。 胃潰瘍の予防法 胃潰瘍の原因はいくつかありますが、ストレスも胃潰瘍の原因の1つです。 ストレスは胃に大きな負担をかけてしまいます。 ストレスがかかると自律神経のバランスが崩れてしまい、内臓の働きが悪くなり、血流が悪くなって 粘膜が傷つき潰瘍ができてしまうのです。 ストレスは免疫力を下げ、体調不良の原因にもなります。 ストレスをためないように、日ごろから、 ・体を動かす ・リラックスする時間をつくる ・ゆっくりお風呂に浸かる などストレスを解消する方法を見つけておくことが大切です。 そして、しっかりとお風呂で温まり、ゆっくりと睡眠をとることで心と体の健康を保ちましょう。 次に大切なのは食事です。 食べすぎや脂の取りすぎには注意が必要です。 胃に負担をかけないように、栄養バランスの取れた食事を食べるようにしましょう。 ・味の濃いものや糖分をたっぷり含んだもの ・アルコールやタバコ といったものはできるだけやめるようにしましょう。 そして、次に気を付けなければいけないのは、ヘリコバクター・ピロリ菌です。 一般的には、ピロリ菌と呼ばれているこの菌は胃潰瘍になった多くの方の胃に存在しています。 このピロリ菌が 胃の粘膜に住み着き胃に穴をあけてしまうのです。 ピロリ菌がいるかどうかは、病院で検査をするとわかります、もしピロリ菌がいたら除菌することで、胃潰瘍を予防することができます。 ピロリ菌は自然にいなくなることはありません、必ず病院を受診して除菌をしましょう。 ピロリ菌がいることで、胃潰瘍だけでなく胃がんになるリスクも高くなってしまいます。 早めの治療が大切です。 逆流性食道炎の予防法 逆流性食道炎の予防には、やはり胃に負担をかけないために、 ・脂の多い食事や刺激物 ・カフェインやアルコールの摂取 は控えた方がいいでしょう。 暴飲暴食は避け、腹八分目を心がけることも大切です。 そして、食後3時間は横にならないようにしましょう。 昔から「食べてすぐ寝ると牛になる」といわれていますが、 食べ物を消化するまでに2~3時間かかってしまいます。 こ の時に体を横にすると、胃酸が逆流しやすくなるためです。 食べ物を消化しようとたくさんの胃酸が出ているので、逆流しやすいというわけですね。 ストレスをためないということも大切ですし、体重の管理も大切になってきます。 お腹に脂肪が付きすぎてしまうと、胃を圧迫し、胃酸が逆流する原因になってしまいます。 ストレス解消と体重管理のために、 運動習慣をつけることをおすすめします。 また、胃を圧迫するという意味で気を付けていただきたいことが2つありあります。 1つ目は、きつい下着を着けたり、ベルトなどで締め付けることです。 とくに女性の方は、体型を保つために体を締め付けている方が多いと思いますので、注意してください。 2つ目は、 姿勢を良くすることです。 猫背で体が前かがみになっている方は、胃を圧迫し続けていることになります。 普段から姿勢を正しくするように心がけてください。 たばこも逆流性食道炎の原因になるので、できれば禁煙することをおすすめします。 このように、胃を押すと痛い胃潰瘍や逆流性食道炎は、胃に負担のかからない食生活と、普段の生活である程度予防することができます。 しかし、胃に異常を感じた場合は無理をせず、早めに病院を受診するようにしましょう。 スポンサーリンク.

次の

胃が痛い(みぞおちがキリキリ)ときの対処法。食後にげっぷや吐き気がある場合は要注意!

胃 が 痛い とき の 対処 法

最近、という人は必見です。 胃の痛みは急に痛くなる事が多く、だらだらと痛かったり、我慢できないほどの痛みだったりと症状は様々です。 ここでは胃が痛い原因と対処法を見ていきます。 胃が痛いときの考えられる原因と症状とは 胃が痛いときには、その症状に応じて原因があります。 忙しいとき、大きな悩みやストレスがあるとき、空腹時、逆に食後にも胃が痛くなることがあります。 胃が痛くなる原因とは何でしょうか。 以下に考えられる原因を挙げてみましょう。 過度なストレスが原因の場合 胃が痛いときの大きな原因として挙げられるのが、ストレスだとされています。 過度な精神的ストレスが胃に悪影響を与えます。 仕事の忙しさや労働環境、住居環境などライフスタイルの様々な場面でのストレスが大きくなると、私たちの自律神経はすぐに乱れてしまいます。 自律神経は胃酸の分泌や胃の動きを制御しており、自律神経が乱れることで胃酸が必要以上に分泌され、胃粘膜を守るしくみとのバランスが崩れ、胃の粘膜が傷つくといったことが起こります。 最近、胃が痛いことが増えたなと感じるようであれば、今一度環境を見直しストレスが過度にかかっていなかったか振り返ることが大事です。 自分でも心身を休めるように努めて、労わってあげましょう。 神経性胃炎、過敏性腸症候群の場合 神経性胃炎・過敏性腸症候群はいずれもストレスに大きく関係する病気ですが、これらがある場合、胃痛に加えて下痢・便秘も併発することがあります。 過食気味、食べ過ぎが原因の場合 これは、先のストレスに大きく関わりがありますが、人はストレスなどの精神的負荷がかかると飲食でストレスを発散しようとしてしまいます。 忙しさとストレスで、食べられるときに思い切り食べ、飲めるときに思い切り飲むといったように暴飲暴食をしてしまいがちです。 仕事が忙しいと、夕食の時間も遅い時間になりがちで体への負担は非常に大きくなってしまいます。 また、アルコール・タバコなど刺激物も痛みの原因となります。 コーヒーやお酒、香辛料や熱い食べ物、極端に冷たい食べ物などは極力控えるようにしましょう。 なるべく飲食でのストレス解消を避け、自分なりの健康的なストレスの発散方法を見つけることが重要です。 空腹が原因の場合 空腹が原因で胃が痛いという場合には胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍などが考えられます。 胃は胃酸から粘膜を守る仕組みがありますが、十二指腸にはそのような仕組みが手薄で、胃よりも酸に弱いと言われており、過分に分泌された胃酸によって粘膜が傷ついてしまいます。 急性胃腸炎 胃の痛みに加え、水のような下痢、止まらない嘔吐、発熱など付随症状が激しい場合、急性胃腸炎が挙げられます。 ノロウイルスやロタウイルスといったウイルス性の胃腸炎が有名です。 風邪症状を伴うこともあり、「お腹の風邪」などと呼ばれることもあります。 胃がん 一般的にはがんは痛みが乏しいですが、胃の痛みに加えて胃のむかつき、吐き気、嘔吐、食欲低下、体重減少、全身の倦怠感、吐血といった症状があると胃がんを疑う場合があります。 ピロリ菌という細菌感染があり慢性的な胃炎があると胃がんの発生率が上がると言われています。 胃潰瘍 胃潰瘍の痛みは強いズキズキとした痛みがみぞおちの辺りに起こります。 食事前後にこのような痛みが現れる場合は胃潰瘍の可能性が考えられます。 原因としては、ピロリ菌感染に加え、非ステロイド性消炎鎮痛剤、ステロイド薬などといった薬物が胃の粘膜を傷付け、胃が溶かされることが原因とされます。 胆のう・胆道・膵臓の病気 胃以外にもみぞおちのあたりにある臓器として、胆のう・胆道・膵臓などがあります。 胆のうの中にいつの間にか胆石ができていて、それが何かのきっかけで移動し、狭い胆道に詰まると、胆汁の流れが妨げられ、胆道の筋肉がけいれんして強い痛みが起こります。 放置すると高熱、黄疸が起こります。 脂っこいものを食べた後に、みぞおちから右わき腹に強い痛みがある場合に胆石発作を疑います。 また、膵臓に炎症や何らかの問題があると、みぞおちから背中にかけて痛みが起こります。 心臓の病気 狭心症や心筋梗塞といった心臓の病気が、胸ではなくみぞおちの痛みとして自覚される場合もあります。 胃が痛いときは無理をせず専門医療機関の受診を 軽い胃の痛み、またいつもの痛みなどといって放っておかず、無理をせずに専門の医療機関を受診しましょう。 胃が痛いときの対処法とセルフケア 上記のように、胃が痛い原因は様々です。 胃が痛いときに、とにかくすぐに出来る対処法を挙げてみましょう。 静かに横になって寝る 環境的に可能な限り、横になって安静にして胃が痛いのが和らぐのを待ちましょう。 食後の場合、胃の出口がある右を下にして休むと、胃の中身の流出を促すことができます。 ゆったりとリラックスを心がけることが大切です。 温かい飲み物を飲む 油っこい食事や刺激物を控えて、温かい飲み物を飲むようにしましょう。 白湯やホットミルクが良いでしょう。 軽いストレッチと深い深呼吸をする ゆったりとリラックス状態を心がけて、優しく体をストレッチすることと深呼吸することをおすすめします。 痛みが和らぐかどうか、様子を見ながら行ってみてください。 胃が痛いときの薬の服用はどうすればよい? 胃が痛い症状のなかでも、食べ過ぎ、飲みすぎの場合には胃腸薬が効くことが多いです。 胃腸薬のなかでも、総合胃腸薬などといったものはいずれの胃痛にも効果的とされています。 しかし、胃が痛い原因の特定が必要ですので、いつまでも市販薬に頼るのではなく、早めに専門医療機関の受診をおすすめします。 胃が痛くなる前にしておきたいこと 胃痛の大きな原因である「ストレス」を極力なくすことが重要です。 ストレス原因を遠ざけることが自分の身を守ることにつながります。 環境を変える、気分転換を工夫するなど、自分に合ったストレス発散法を見出しましょう。 どういった時間を過ごせば自分がリラックスできるか把握しておくことはとても重要です。 バランスの取れた食事と良質の睡眠、適度な運動といった、健康的な規則正しい生活スタイルを心がけましょう。 生の大根に含まれるジアスターゼ、生のキャベツに含まれるビタミンUなど、消化を助ける酵素が含まれる食品をうまく取り入れましょう。 最後に医師から一言 胃が痛いときはセルフケアを行うこと、そして早めに消化器内科など医療機関を受診するように心がけましょう。 監修:Doctors Me 医師• 今井 さいこ 私は「心の健康を保つためには、『I love you』より『I love me』を大切にしましょう」とクライエント様に発信し続けています。 自分を大切にできない人は周りも大切にすることはできない、と考えているからです。 悩みを抱える方がこのことに気づけば、自分自身で問題を解決していく力を持っています。 変えられない環境に振り回されるのではなく、どんな環境にいても「あなた」でいられる軸を一緒に見つけるお手伝いをいたします。 また、悩みを抱える多くの方が「眠れない」悩みも抱えていることに気づき、睡眠指導者の資格を取得しました。 睡眠習慣についてのお悩みもお伺いいたします。 「こんな悩み、相談してもいいのかな」と思わず、どんな悩みでもご相談ください。 妊活、不妊治療、産前産後うつ、夫婦間コミュニケーション、親子間コミュニケーション、対人コミュニケーション、依存症、... 斉藤 恵一 企業や商品・製品には様々なブランドがありように、これからの時代は個人にもブランドが求められる時代です。 あなたにとって、自分ならではの強みや価値は何ですか?「パーソナルブランド」を築くことを通じて、より活き活きと自分らしく、輝くことができると考えています。 誰もが持つ「可能性」を最大限に引き出すための 「知識」、「技術」、「マインド」を磨き、セルフマネジメントすることで誰もが「なりたい自分」を手に入れ、夢の実現を引き寄せることができるのです。 世間のモノサシに依存するのではなく、自分のモノサシを持ち、セルフイメージを上げて自分の可能性を信じ行動することこそが夢を叶えるために大切なことです。 メンタルトレーニング、コミュニケーションスキル、パーソナルマネジメント、人材育成、対人関係.

次の

胃痛による突然の痛みを和らげる対処法と痛くならないための予防法を解説

胃 が 痛い とき の 対処 法

Sponsored Link 胃に負担をかけない食事のポイント 胃の痛みが出る理由には様々なものが考えられますが、多くは食生活の乱れや胃に負担のかかる食事の摂りすぎ、ストレスなどによって起こる胃の荒れが原因です。 食事で言えば、 アルコールやカフェイン、脂っこいもの、甘いもの、辛いもの、冷たすぎるものや熱すぎるものの摂りすぎは、胃が荒れる原因になると考えておきましょう。 つまり、 胃の荒れによる胃痛を早く治すためには、こういった胃に負担のかかる食べ物や飲み物を避けて食事をする必要があるというわけですね。 では、どんな食事が胃に負担をかけないのかというと、簡単に言ってしまえば以下のような特徴を持つ食べ物や飲み物ですね。 消化の良いもの• 刺激の少ないもの• 胃の粘膜を保護してくれるもの 消化の良いもの、刺激の少ないものを摂ることで、胃の仕事量を最小限に抑えることが出来ます。 また、自分の胃酸で胃が荒れないように、胃の粘膜を保護してくれるものも効果的と言えますね。 胃の荒れは、胃に負担さえかけなければ数日で良くなる症状です。 つまり、 胃に余計な負担をかけず、胃を出来るだけ休めることの出来る食事こそ、胃の痛みを早く治す食事というわけですね。 Sponsored Link 胃が痛い時に良い食べ物や飲み物 食べ物を食べると胃が痛い場合、「食事をしない方が良いのかも…?」と考えてしまいがちですが、実は少し違います。 確かに、胃を休めるのに最も効率の良い方法は食事を食べないことなのですが、 荒れた胃を治すためには、エネルギーも必要です。 食事を摂らないとエネルギーが十分に補給出来ませんから、 胃の痛みを自宅で治療するには、しっかりと食事を摂ることが必要になるというわけですね。 また、 栄養もバランス良く摂るのがベストです。 特にたんぱく質は、荒れた胃の粘膜を治すために必要な栄養素なので、しっかりと食べるようにしましょう。 以下では、胃が痛い時におすすめの食べ物や飲み物をまとめておきます。 この中から、好きなものをバランスよく摂るようにしてください。 炭水化物• おかゆ• 煮込みうどん• にゅうめん• 食パン 炭水化物の中でも柔らかいもの、刺激物などが含まれていないものが消化に良いのでおすすめです。 ただ、同じ炭水化物でも玄米やそば、コーンフレーク、ラーメンなどは消化によくありませんので、注意をしておきましょう。 たんぱく質• 豆腐、高野豆腐• たまご豆腐• きな粉• 半熟たまご• 鶏ささみ、鶏ひき肉• 白身魚• はんぺん• 茶碗蒸し たんぱく質についても、柔らかいものや刺激物が含まれていないものが胃に優しい食べ物になりますね。 ただ、肉や魚については、脂が少ないものを選ぶようにしましょう。 脂の多いベーコンやソーセージ、脂身などはNGです。 キャベツ• ほうれん草• じゃがいも 野菜については、消化の良いものと悪いものが存在します。 食物繊維の多い野菜は胃に負担がかかると考えておきましょう。 例えば、ごぼうやれんこん、たけのこ、こんにゃく、キノコ類などは食物繊維が多く、胃に負担がかかってしまいます。 上に箇条書きしているような消化の良い野菜を使うようにしましょう。 りんご• バナナ• 白桃(もも) 風邪の時にもよく出てくるりんご、バナナ、白桃の3つが胃に優しい果物ですね。 すりおろしたりジュースにすると、より胃腸に負担がかかりにくくなりますよ。 一方、その他の果物は食物繊維が豊富で胃に負担がかかりやすく、あまりおすすめ出来ません。 特にレモンやキウイ、ブルーベリー、梨などは避けておいた方が良いでしょう。 飲み物• ココア• ホットミルク 胃に痛みがある時は、温かい、刺激が少ない、胃の粘膜を守ってくれるといった特徴のある飲み物を選ぶと良いでしょう。 中でもホットミルクや牛乳を使ったココアは、胃の粘膜を保護する働きがあるのでおすすめです。 ただ、牛乳を大量に飲むと下痢をすることがありますので、普段は白湯、食事後や朝晩にホットミルクやココアといった風に使い分けるようにしましょう。 乳酸菌を含むもの• ヨーグルト• 乳酸菌飲料 ヨーグルトや乳酸菌飲料には、牛乳と同じで胃の粘膜を保護する働きがあります。 胃痛や胃もたれが起こりがちな人は、普段から摂っておくと良いでしょう。 中でも 「LG21」という乳酸菌は、様々な胃痛の原因となるピロリ菌の繁殖を抑えるのでおすすめですよ。 胃が痛い時の調理や食べ方のポイント 胃が痛い時の食事では、調理や食べ方にも注意しておきたいポイントがあります。 具体的には、以下の4つのポイントを押さえておきましょう。 食べ物は出来るだけ柔らかくする• 煮る、蒸すなど油を使わないように料理する• 熱すぎない程度に温めた状態で食べる• ゆっくりとよく噛んで食べる 食べ物は出来るだけ柔らかくする 硬い食べ物は消化に時間がかかるため、胃の負担になってしまいがちです。 出来るだけ消化を良くするためにも、食べ物は出来るだけ柔らかく調理するようにしましょう。 元々柔らかい食材を使う、野菜などは細かく切る、しっかりと火を通すなど、出来るだけ柔らかくするための工夫をしてみてくださいね。 煮る、蒸すなどの油を使わない料理にする 油を使ってしまうと消化が悪くなり、胃に負担がかかってしまいます。 焼いたり揚げたりすると油を使ってしまいますので、出来るだけ 煮る・蒸すなどの調理法で食事を作るようにしましょう。 これは料理する際に限らず、コンビニなどで買ったものを食べる時も同じですね。 特にジャンクフードや揚げパンなどはうっかり買ってしまいがちなので、注意しておきましょう。 熱すぎない程度に温めた状態で食べる 熱すぎるものや冷たすぎるものは、辛いものなどと同じで胃に刺激を与えてしまい、胃に余計な負担をかけてしまいます。 ただ、適度に温かいものは胃の痛みを緩和してくれますので、 食べ物は舌に乗せても熱くない程度まで冷まして食べる、飲み物は人肌くらいの温度にして飲むなど、うまく調整しながら食事を摂るようにしましょう。 ゆっくりとよく噛んで食べる 上でもお話した通り、 食べ物は細かく柔らかいほど消化が良くなります。 つまり、よく噛んで食べることも、食べ物の消化を助けることに繋がるわけですね。 特に、硬いものや形のはっきりと残っているものについては、 30秒くらいよく噛んでから食べ物を飲み込むと、胃の痛みを悪化させずに済むでしょう。 Sponsored Link 胃に良くない食べ物や飲み物を避ける 胃の痛みがあるにも関わらず胃に良くない食べ物や飲み物を摂ることは、治りにくくなるだけでなく胃炎や胃潰瘍、胃がんなどの原因になる可能性があります。 症状を悪化させないためにも、基本的には上で説明したような胃に優しい食べ物を食べることを心掛けましょう。 胃に負担のかかる食べ物や飲み物としては、例えば以下のようなものが挙げられます。 脂っこいもの(揚げ物全般、脂身の多い肉など)• 辛いもの(香辛料、とうがらしなど)• 甘いもの(ケーキ、ドーナツなど)• 冷たすぎるもの(かき氷、アイス、冷たい飲み物など)• 熱すぎるもの(アツアツの鍋やスープ、熱い飲み物など)• 食物繊維が多いもの(ごぼう、れんこん、キノコ類など)• 胃に負担のかかる果物(柑橘類、キウイ、梨など)• カフェインを含む飲み物(コーヒーや緑茶など)• アルコールを含む飲み物全般 胃の調子が悪い間は、このような食べ物や飲み物を摂らないように注意しましょう。 まとめ 以上が、胃が痛い時の食事の全てですね。 何を食べれば良いのか、どんな風に食べれば良いのかがご理解頂けたのではないかと思います。 簡単にまとめておくと、胃が痛い時に気を付けておきたい食事のポイントは、以下の通りです。 消化が良く、胃の負担にならない食べ物や飲み物を摂る• 食材は細かく切り、出来るだけ柔らかく調理する• 油を使わない(煮る、蒸すなど)• 適度に冷まして食べる• よく噛んで食べる• 胃に良くない食べ物や飲み物は避ける 胃が痛い時には、このようなポイントをしっかりと押さえて食事を摂るようにしていきましょう。 軽い胃痛であれば、食事を意識するだけでも数日で治まりますよ。 なお、胃の痛みだけでなく下痢や吐き気まである場合には、『胃が痛い時の下痢や吐き気の対処法は?すぐ出来る対策まとめ』も合わせてチェックしておきましょう。 胃痛がひどい時には、を参考にしてください。 Sponsored Link•

次の