女性のための。 女の転職type-女性の転職サイト

コロナで解雇された23歳女性。生きていくために見つけた仕事は…

女性のための

20代後半は、充実した30代を送るための大切な準備期間です。 目の前のことに必死だった20代前半に比べ、20代後半はさまざまなことに少し余裕がでてくる時期。 だからこそ、今まで意識していなかったことに目を向けてみたり、今だからこそできることにたくさん挑戦してみてください。 女性として、大人として、一回り成長するためにも、20代後半はとても貴重な時間です。 そこで今回は、「20代後半に『やっておくべきこと』」をご紹介したいと思います。 1. 落ち着ける恋愛を探す 20代前半の恋愛は、駆け引きをしたり、彼の気持ちがわからず不安になったり、スリルを味わってみたり、さまざまな楽しみ方で恋愛をしてきたかもしれませんが、20代後半になったら落ち着ける恋愛を探してみてください。 落ち着いた恋愛をすれば、仕事にも集中できますし、何より自分自身が安定することになります。 まずは恋愛の基盤を強くし、大人としての土台を作っていってみてくださいね。 2. 勉強をする 仕事だけをこなしていくのに必死だった20代前半と比べ、20代後半になると精神的な余裕がでてくるため、仕事以外の時間を有意義に使うことが大切です。 仕事に関係することを勉強するのもいいですし、仕事とは全く関係のないことを学ぶもよし。 勉強が無駄になることはありません。 自分自身の視野を広げるためにも、仕事のスキルアップのためにも勉強は必要。 20代後半は自分自身のレベルアップの時間にしてくださいね。 3. 旅行へ行く お金にも余裕ができ、仕事が忙しくなる時期もわかってきた20代後半には、積極的に旅行へ行ってください。 たとえ1泊の旅行だとしても、知らない場所へ行き、初めてのものを目にしたり触れたりすることは、豊かな人生を送るために必要なことです。 これから先、結婚や出産をした場合、旅行へ行く機会が少なくなってしまうこともあります。 だからこそ、たくさん旅行へ行ってくださいね。 4. 結婚について考える 結婚について考えることも、20代後半では大切なことです。 何も考えずに自然の成り行きに任せすぎてしまうと、後々、後悔することにもなってしまいます。 計画的に物事がうまく進むかどうかは別として、結婚や出産などについて自分はどうしたいのか、少し考えてみてください。 5. 転職にチャレンジする 20代後半になってくると、自分の仕事へ疑問を持つ人もでてくると思います。 そんなとき、前向きに転職へチャレンジできるのも20代後半だからこそ。 30代になってしまうと重要なポジションにつき身動きがとれなくなってしまうこともあります。 20代後半に動けば転職自体もしやすく、また、転職したあとも仕事がやりやすいものです。 6. 少し贅沢な親孝行を始める 20代後半からは、ぜひ、少し贅沢な親孝行を始めてみてください。 花束を贈るだけではなく、高級なレストランへ招いたり、旅行へ誘ってみたり、親のためにお金を使ってください。 20代前半のときは親も遠慮してしまいますが、20代後半であれば、贅沢な親孝行をしてくれることを素直に喜んでくれるはず。 まとめ いかがでしたか? 仕事や私生活が充実している20代後半は、あっという間に過ぎ去ってしまいます。 だからこそ、意識を持って日々を過ごすことが重要です。 20代後半は充実した30代を送るための準備期間でもあり、20代の総まとめの時期でもあり、何より、人生の中で最も輝ける時期でもあります。 ぜひ、大切に過ごしてくださいね。 外部サイト.

次の

女性のためのITキャリアアップ塾 受講生を募集します

女性のための

20代後半は、充実した30代を送るための大切な準備期間です。 目の前のことに必死だった20代前半に比べ、20代後半はさまざまなことに少し余裕がでてくる時期。 だからこそ、今まで意識していなかったことに目を向けてみたり、今だからこそできることにたくさん挑戦してみてください。 女性として、大人として、一回り成長するためにも、20代後半はとても貴重な時間です。 そこで今回は、「20代後半に『やっておくべきこと』」をご紹介したいと思います。 1. 落ち着ける恋愛を探す 20代前半の恋愛は、駆け引きをしたり、彼の気持ちがわからず不安になったり、スリルを味わってみたり、さまざまな楽しみ方で恋愛をしてきたかもしれませんが、20代後半になったら落ち着ける恋愛を探してみてください。 落ち着いた恋愛をすれば、仕事にも集中できますし、何より自分自身が安定することになります。 まずは恋愛の基盤を強くし、大人としての土台を作っていってみてくださいね。 2. 勉強をする 仕事だけをこなしていくのに必死だった20代前半と比べ、20代後半になると精神的な余裕がでてくるため、仕事以外の時間を有意義に使うことが大切です。 仕事に関係することを勉強するのもいいですし、仕事とは全く関係のないことを学ぶもよし。 勉強が無駄になることはありません。 自分自身の視野を広げるためにも、仕事のスキルアップのためにも勉強は必要。 20代後半は自分自身のレベルアップの時間にしてくださいね。 3. 旅行へ行く お金にも余裕ができ、仕事が忙しくなる時期もわかってきた20代後半には、積極的に旅行へ行ってください。 たとえ1泊の旅行だとしても、知らない場所へ行き、初めてのものを目にしたり触れたりすることは、豊かな人生を送るために必要なことです。 これから先、結婚や出産をした場合、旅行へ行く機会が少なくなってしまうこともあります。 だからこそ、たくさん旅行へ行ってくださいね。 4. 結婚について考える 結婚について考えることも、20代後半では大切なことです。 何も考えずに自然の成り行きに任せすぎてしまうと、後々、後悔することにもなってしまいます。 計画的に物事がうまく進むかどうかは別として、結婚や出産などについて自分はどうしたいのか、少し考えてみてください。 5. 転職にチャレンジする 20代後半になってくると、自分の仕事へ疑問を持つ人もでてくると思います。 そんなとき、前向きに転職へチャレンジできるのも20代後半だからこそ。 30代になってしまうと重要なポジションにつき身動きがとれなくなってしまうこともあります。 20代後半に動けば転職自体もしやすく、また、転職したあとも仕事がやりやすいものです。 6. 少し贅沢な親孝行を始める 20代後半からは、ぜひ、少し贅沢な親孝行を始めてみてください。 花束を贈るだけではなく、高級なレストランへ招いたり、旅行へ誘ってみたり、親のためにお金を使ってください。 20代前半のときは親も遠慮してしまいますが、20代後半であれば、贅沢な親孝行をしてくれることを素直に喜んでくれるはず。 まとめ いかがでしたか? 仕事や私生活が充実している20代後半は、あっという間に過ぎ去ってしまいます。 だからこそ、意識を持って日々を過ごすことが重要です。 20代後半は充実した30代を送るための準備期間でもあり、20代の総まとめの時期でもあり、何より、人生の中で最も輝ける時期でもあります。 ぜひ、大切に過ごしてくださいね。 外部サイト.

次の

コロナで解雇された23歳女性。生きていくために見つけた仕事は…

女性のための

正社員からまさかの解雇… 「5月末で解雇。 正直、そんなニュースは他人ごとだと思ってました」 地方の国立大学を卒業し、広告代理店に入社した小泉唯さん(仮名・23歳)はそう語る。 順風満帆な社会人生活が狂いだしたのは、今年の3月末に新型コロナの影響で会社が休業するというメールが届いた頃だった。 「コロナが落ち着けば、また元通りになるだろうし、『 休業補償でお金をもらいながらニートできるなんてラッキー』ぐらいに思っていたんです。 復帰したときに即戦力になれるようにと一人で勉強もしていました」 ところが5月初旬。 仲の良い先輩とのLINE中に「解雇の通知が来た」というメッセージが届く。 慌ててパソコンのメールを開き、 自分宛ての解雇通知を見た瞬間は頭が真っ白になったという。 5月中旬には転職活動を始めるが… 現在は大学生の妹と2人暮らし。 家賃や光熱費、日用品など毎月17万円ほどかかる固定費は小泉さんの給料から賄っているうえ、 妹の学費も彼女が払っている。 田舎に一人で住む母には、「余計な心配をかけたくない」と解雇されたことは言えなかった。 「5月中旬には転職活動に取りかかりました。 なるべく節約するためスマホで証明写真を撮って、IT企業に絞り履歴書を100社以上は送りましたね。 でも最終面接まで行けたのは3社のみ。 うち1社に内定をもらえそうでしたが、コンプライアンスに不安が残る対応をされ、かなりのブラック企業だと判断して辞退しました。 でも、その後は応募してもどこにも引っかからない。 『どうにかなる』と、甘く見ていた自分にとっては厳しい現実を突きつけられました」.

次の