ぺ ドフィリア 日本。 Gamagori H2 station open

超ド迫力の巨大ミニバン 日本導入熱望 トヨタ10年ぶりに発表 新型シエナのゴツい実力

ぺ ドフィリア 日本

トヨタは5月18日11時(日本時間19日1時)、米国で新型ミニバン「シエナ」と新型ハリアーの北米版「ヴェンザ」を発表した。 1997年に北米市場にデビューしたシエナは、これまで北米市場のほか、韓国や台湾で販売されてきた全長5mを超える大型ミニバンで、約10年ぶりのフルモデルチェンジとなり、4代目に生まれ変わった。 そしてもう1台、日本市場でも6月17日に発売される新型ハリアーの北米版、新型ヴェンザ。 北米市場において2015年に一度廃止となったが、トヨタのグローバルなSUVモデルとして、今回、北米市場に復活することになった。 いずれにしても全長5m超となるのは間違いない。 新型シエナはアルファードのような1BOXの箱型ではなく、エスティマやオデッセイのような若干背の低いスタイルが特徴だ。 ボディサイズは発表されていないが、全長は5m超となるのは間違いない。 それにしてもリアフェンダー回りの肉感的な盛り上がりはミニバンとは思えない迫力 シート配列については、8人乗りモデルに加えて、2列目にキャプテンシートを備えた7人乗りのモデルを用意。 この7人乗り仕様に用意される、2列目キャプテンシートをスーパーロングスライド機構を備えており、635mmのロングスライドが可能だ。 発表されたラインナップは最上級グレードのプラチナムと中間グレードのリミテッド、XLE、XE、そしてスポーティグレードのXSEという布陣だが、リミテッドとプラチナムグレードの2WDモデルにはオットマンが採用される。 パワートレインは、先代の3. 5、V6から、2. 5Lの直4ハイブリッドのTHSIIのみのオールハイブリッドとなった。 システム最大出力は243hpを発生。 左からXSE、リミテッド、プラチナム 駆動方式はFFのほか「Electronic on-demand AWD」と呼ばれるモーターを採用した4WDシステムも用意され、一定速度のドライブでの100:0から滑りやすい路面での20:80までのトルク配分を可変、その状況をマルチインフォメーションディスプレイに表示する。 さらに、新型シエナ全車で、最大3500ポンド(約1600kg)の牽引に対応しているという。 これはMTBなどを積んで牽引するトレーラー需要に応えたものだ。 走行モードは、EV/エコ/ノーマル/スポーツのモードを任意で選択でき、スポーツモードは、加速応答を向上。 エコモードはエンジンとバッテリーをバランスよく使って走行。 EVモードは電気のみで低速での走行が可能となっている。 左右席を分断するブリッジ・コンソールと呼ばれるセンターコンソールにはシフトレバーやカップホルダー、ワイヤレス充電、小物入れなども装備。 ブリッジ・コンソールはドライバーの肘を置けるなど人間工学的にも考えられている コクピットはRAV4や新型ハリアーなどと共通するイメージのデザインで、シフトレバーはインパネシフトではなく、ブリッジ・コンソールを呼ばれる大型センターコンソールのなかに設置されたフロアシフトが特徴。 ハイブリッドのシステムインジケーターを表示する7インチのデジタルメーターやAndroid Auto/Apple CarPlay対応の9インチのタッチ式ナビゲーションを装備。 最上位グレードには10インチのヘッドアップディスプレイとアラウンドビューモニターも採用されているなど先進装備を満載している。 プレミアムな機能としてはキックオープン/クローズ機能を備えたスライドサイドドアやリアゲートのほか、2列目シートのロングスライド機能や冷蔵庫、デジタルバックミラー、10インチカラーヘッドアップディスプレイ、12スピーカーJBLプレミアムオーディオシステムなどの装備を採用。 また、アウトドアやキャンプに向けたアクセサリーとして、キャリアやクロスバー、自転車ラック、120V ACコンセントを備えた1500Wインバーターなどをオプションで用意する。 新型シエナは2021年モデルとして今夏以降に発売予定。 エスティマが生産終了となった今、日本でも発売するのかと期待は高まるが、残念ながら北米市場メインで開発された大型ミニバンのため、日本市場に導入される可能性はゼロに近い。 日本名ハリアーの北米版がヴェンザ。 スタイルは共通だ シエナと同時に発表された新型ヴェンザは、6月17日に発売される新型ハリアーの北米版で、ほぼ日本のハリアーと共通だ。 パワートレインは、新型シエナと共通の2. 5L、直4+2モーター 四輪駆動は3モーター を搭載し、システム最大出力は219hpを発生する。 4WD車の後輪にはトランスファーケースとドライブシャフトを使用する代わりに独立した電気モーターを使用し、必要に応じて後輪に動力を供給する。 前後輪のトルク配分はフロント100:リア0からフロント20:リア80まで路面条件によって可変する。 また、ナビゲーションシステムを用いて運転習慣を分析し、道路や交通状況を記憶してリチウムイオンバッテリーへの充電を最適化、効率的なドライブが可能になるPED(Predictive Efficient Drive)と呼ばれる機能を搭載した。 このPEDは、例えば下り坂に近づいた際に、エンジンブレーキ力を加え、ドライバーがアクセルペダルを放した後にハイブリッドバッテリーをより効率的に充電するといったことが可能になるという。 装備面では9つのJBLスピーカーを備えた12. 3インチのタッチスクリーンディスプレイ、7インチのマルチインフォメーションディスプレイ、デジタルバックミラー、10インチのカラーヘッドアップディスプレイなどをグレード別に用意している。 新型ヴェンザの発売は今夏から。 3代目ハリアーは日本専売車だったが、4代目となる新型ヴェンザは世界で販売されるグローバルモデルになる。 きっと日本だけでなくアメリカや世界でも大ヒットするだろう。

次の

ぺドフィリアとロリコンの違い

ぺ ドフィリア 日本

バカどもに流布される日本危機論に目を奪われるな! 重要な政策決定にかかわってきた。 著 者の主張は、いずれも数理的でロジカルに展開されるのでわかりやすく説得力があ る。 たとえば、日本の財政破綻確率は5年間に1%以下と表現する。 昔は日本人の素養の最低限は「読み、書き、ソロバン」だったが、現在は「英語、 会計、数学」にせよと著者はいう。 数学が苦手のド文系としては耳の痛い話である が、会計の素養があれば、わが国は国の借金が1000兆円もあるから財政破綻寸前と いう議論に惑わされずにすむ。 借金の多いが資産も多いことがわかるからだ。 トランプが大統領に当選したとき、安倍総理は就任前のトランプと接触して世界を 驚かせた。 そのお膳立てに著者がかかわった。 会談実現の内幕話はなかなか興味深 い。 大統領就任直後に安倍総理は日米首脳会談を行い、フロリダの別荘に宿泊、翌 日はゴルフ外交に臨むなど、端倪すべからざる外交能力を見せた。 トランプ政権は中国に対して貿易戦争を仕掛けた。 外貨準備が激減し、国内の建設 ラッシュはストップした。 中国経済は破綻に瀕しているといってよい。 日本として は日米関係重視一択しかない。 安倍総理が集団的自衛権を認めて日米関係を強化し たのは正解であった。 最強国家と組んだほうが戦争確率は低くなることがわかって いるからだ。 アメリカも日本もマスコミは反トランプと相場が決まっているが、トランプは偏向 したマスコミ経由ではなくツイッターなどを通じて直接国民に語りかけている。 ト ランプにとってマスコミはもはや第四の権力ではない。 マスコミがカリカリするの も無理はない。 財政問題、年金問題、外交関係、いずれをとってもわが組のマスコミ、コメンテー ターは何の根拠もなく不安を煽るいい加減な論調が多い。 マスコミに騙されないた めにも本書は一読の価値がある。 この本に限ってのレビューではないが、以前から著者は著書にて政府・省庁等の発表している一時資料をネットで見るようにすすめていて、最近私もその習慣がついてきた。 財政収支から年金までそれらをみてみれば、財務省やメディアのウソがわかる。 ちなみに、最近検索がしずらくなってきているように感じる。 まさか財務省等が資料の検索をしずらく細工しているわけではないとおもうが,財政や年金の将来不安をあおるサイトがそれぞれの一次資料の周辺にたくさんあるのだ。 いつもながらの「高橋本の限界」がハッキリ見えてくる。 2013年にご自身の著書で「アベノミクスで日本経済は大躍進する!」と高らかに宣言された筈の高橋先生が、それから5年以上経っても「大躍進の実態」が生じない事に焦燥感を持ち、何とかその「原因」を(安倍政権以外のところから)探し出さねばならない、というご事情は拝察する。 それゆえか、最近の高橋氏の著書は「野党」「マスコミ」「財務官僚」等々の「敵」を仕立てて、それらを躍起になって攻撃する内容ばかりになった。 最近は「文系」を蛇蝎の如くに嫌悪し、「バカ」呼ばわりし、「理系的」な思考に基づけば森羅万象全ての事は解決だ!みたいな書の連発に一生懸命だ。 しかも、本書を含め「年金」「少子化」「国債」等々、「同じネタの繰り返し」ばかりが目立つ。 「高橋本」に接しての感想はいつもほとんど変わらない。 著者の主張は間違いとは思わないし、賛同出来る部分も確かにあるが、その「正しい理論」を実現出来るか否かは「生身の人間の計画性、責任感、実行力」次第である、という観点がサッパリ感じられない。 上記の「文系バカ」の本に顕著だが、「ご幼少の砌から孤高の天才であり続けた」と自負される著者には、私のような「下賤の民」が一体何を不安に感じ、何に怒っているのかを実感として理解するのは不可能なのだろう。 年金は福祉で無く保険である、という著者の主張は全くその通りだ。 ならば尚更、「国民から強制的に集めたカネをキチンと管理する能力も責任感も無い」ような連中に大事なカネを(私は)託したくは無い。 「歳入庁」の設置には私も賛成だ。 ただ、そこで働く人間が、相も変わらず公文書の管理もろくに出来ずに紛失、改竄し放題という状態であれば、結局何も改善されない。 「人口減少=経済後退では無い」というのも正しいが、そう言えるのは「人口減少を踏まえた政策を、中長期的ビジョンを持って『実行』出来ている」国だけだろう。 国政選挙前になると、自分たちに不利な事柄に対しては議論の入り口にも立たずに逃げ回っている政権与党が跋扈する国は、人口減少を待つまでもなく「後退」していくと思うが。 AIに対して随分楽観的な著者だが、テクノロジーの進化は日進月歩。 もう5年後には「AI並みの仕事しか出来ない」人間はどんどん淘汰される時代になるだろうと想像する。 AIを甘く見るべきでは無い。 「日米重視」は結構だが、トランプに対して(他の主要同盟国の首脳のように)「ダメなものはダメ」とハッキリ言う事も出来ない安倍氏に何が期待できるのか。 本書を含む最近の「高橋本」での著者の主張は、政権与党が、著者の言うところの「理系的」な理論をもって「能動的に考え、動き、産み出した結果」に対して論じているとは思えない。 高橋先生に是非お伺いしたいのだが、これ程までに「理系」を賛美し「文系」をこき下ろす貴方が、「論理的・数学的思考」など皆無と思える安倍政権を躍起になって擁護するのは何故なのか。 安倍政権がそれ程「バカな民主党政権」とは次元の異なる立派な政権であると主張するのなら、外野から「こんなに立派な人なんです」とチヤホヤするのではなく、その「立派な首相」ご自身から、万人を納得させるに足る「立派な行動」「論理的な説明」を実践して頂くようにご説得頂けないか。 「丁寧な説明をする」というのならキチンと説明してほしい。 「責任を痛感する」ならハッキリ責任をとってほしい。 そして何より、こんな中学生レベルの注文を有権者から一国の首相に向かってさせないでほしい。 国会で質問された事に簡潔、的確に答弁する事すら出来ず、ただ一方的に自分の主張を垂れ流し、「アベノミクスは道半ば」と何度も言うのに「アベノミクスのゴールはどこと認識し」「そのゴールに到達するために、いつまでに何をやる」という(一般社会では当たり前に求められる)明確な説明もしない。 消費増税の増収分を何に充てるかも、選挙のたびに言う事が変わる。 こういう首相のどこに「論理的・数学的思考」が存在するのか、万一存在しないのであれば、なぜ貴方はそういう人を熱烈に支持出来るのか、是非「ド文系」でボンクラの小生にも理解出来るような「論理的」なご説明を切望する。 「国を動かす人々」がキチンと仕事をせず、約束すらも守らないという惨状を放置したまま、「正しい理論」ばかり振り回したところで、「仏作って魂入れず」そのものではないか。 これで本気で「日本復活」が果たせると思っているのなら、著者はあまりにお気楽だ。 一読して百田尚樹氏が日本経済について語っているのかと思いました。 著者の数学信仰はよくわかりましたが、例えば、京都大学名誉教授の佐和隆光氏や野村総研のリチャード・クー氏は、経済学の数学への異常なこだわりを警告されています。 私は高校レベルの数学理解力しかないド文系の「バカ」ですが、文章理解力は多少あります。 著者が「 」書きしてこきおろす他人の発言は誰が言っているのでしょうか? 誰もそんなふうには言っていないのに罵倒して、自説を鼻息荒く繰り広げている、というのが本書を読んだ感想です。 とはいえ、著者が大変優秀な方であるのはわかりますので、もう少し落ち着いた、ド文系の「バカ」にもよくわかる本を出されることを期待します。

次の

Gamagori H2 station open

ぺ ドフィリア 日本

みなさん、こんにちは。 「日本で2番目にドSな社労士試験対策講師」の塚野です。 毎日、ありがとうございます。 はじめましての方、ようこそいらっしゃいました。 僕はこんな人です。 本試験(令和2年8月23日)まで、残り60日(8週と4日)です。 さあ、残り2カ月となりました! 気分だけでなく、実力も盛り上がってきましたね? マに例えると、ゴールまで残り10キロを切りました。 ラストスパートを掛けましょう! それと「動画」も始めました。 ブログとは別の論点をピックアップしているのと、問題文をどう読み解いたらいいのかについて解説していますんで、チャンネル登録もお願いします。 だいたい日付が変わるころにアップしますが、特にアップ時刻は決めてません。 ノリです。 も始めました。 フォローやしていただけると嬉しいです。 1日1日を大切に過ごしましょう。 仮に1週間平均の勉強時間が20時間だとすると残り時間は約170時間です。 あなたを追い込むつもりは1ミリもありませんが、ゴールからの逆算で、どのくらいの時間をかける必要があるかはシビアに見積もった方がいいと思います。 まとまって勉強できる土曜日曜は残り8回です。 時間の使い方やスケジューリングは、順調ですか? また、「時間がない or 足りない。 」と気が焦り気味な方は、1日及び1週間の時間の使い方を棚卸ししましょう。 まさか、睡眠時間、お仕事の時間、ご飯の時間、家事の時間、家族との時間以外に30分程度まとまった時間や5~10分のスキマ時間が全くないという方はいらっしゃらないでしょうから、勉強時間の確保はできるはずです。 また、少しであったとしても勉強に割けられる時間当たりの生産性をあげることも必要でしょうね。 勉強時間の確保や環境の整備は、あなた自身がやると決めてやらないことにはどうにもなりません! いつまでたっても「時間がない。 」「家のことが」などと できない理由を挙げている方は、合格する覚悟ができていませんよ! 机の前に座るだけが勉強ではありません。 5分、10分でもいいから勉強する習慣を身につけましょう! 座って勉強できる間がないのであれば、立ってでも勉強しましょう。 できない理由をいくら挙げたとしても勉強は進みません。 また、効率の良い勉強は頭の中であーでもない、こーでもないと考えあぐねたとしても答えは出ません。 実際に試してみて自分流に使いこなせ、かつ、学んだ内容が残っているように微調整していくものです。 あなたがやりたいことは、勉強できないことへの不満をタラタラこぼすことですか? それとも、腹をくくって勉強に集中することですか? とはいえ、テンション抑え目で、じっくり準備していきましょう。 でだ、あなたは、1週間平均でどれだけ、 脳みそに汗をかく「正味の」勉強時間を費やしていますか? (テキストをマーカーで塗り絵していたり、眺めているだけの時間はノーカウントですよ。 ) 焦りは禁物ですが、お仕事、睡眠、食事、家事、ご家族とのコミュニケーション以外の時間で、 ボーっとしてたり、無駄にイライラしてたりする時間を過ごしてはいませんか? 大事なのは、 毎日1%ずつ成長することだけです。 本試験が終わったときの やりきった感をイメージしながら勉強していきましょう! 想像してみてください。 本試験が終わったときの瞬間を。 その時、どんな感情に浸りたいですか? このブログでは、今年の本試験向けに択一で50点を取るための準備として、毎日、過去問を1題例に挙げ、その問題を解くことで、どんな知識を本試験会場に持っていくかを検討してきました。 必要な論点知識に関しては、「記事を検索」の窓に必要なキーワードを入力して、探してみてください。 ただし、過去記事は予告なく限定閲覧記事に変更する場合があります。 今日もメインシリーズ 「過去問はこうやって本試験の知識に変える」を学んでいきましょう。 【もくじ】• 昨日の振り返り 昨日は「離婚等をした場合における特例」を整理しました。 離婚時合意分割時の請求すべき按分割合はどのくらいの範囲でしたっけ? はい、思い出して! ………、 「請求すべき按分割合は、当事者それぞれの対象期間標準報酬総額(対象期間に係る被保険者期間の各月の標準報酬月額(第26条第1項の規定により同項に規定する従前標準報酬月額が当該月の標準報酬月額とみなされた月にあっては、従前標準報酬月額)と標準賞与額に当事者を受給権者とみなして対象期間の末日において適用される再評価率を乗じて得た額の総額をいう。 以下同じ。 )の合計額に対する第2号改定者の対象期間標準報酬総額の割合を超え2分の1以下の範囲(以下「按分割合の範囲」という。 )内で定められなければならない。 」 でしたね。 あなたは、昨日勉強してストックした論点知識を 夜寝る前と、朝起きた時に繰り返しましたか? 記憶のコツは、 コンパクトな情報を常に繰り返すことです! 1回で覚えたつもりになってはいませんか? もちろん、そのまえに、テキストなどの 情報を自分の言葉でコンパクトに凝縮すること も大事です。 それと、白書対策は法令の知識以上に情報に興味を持つことです。 ボーっと資料を眺めているだけだったり、暗記に走ろうとしても身にはつきませんよ。 分かりやすい講義を聴いたり、テキストを読むだけの 受け身な勉強では記憶は身につきません。 受験経験があって、択一合格点に届いたことのない方は、 今のやり方で、本試験会場でスラスラ問題を解き、 11月に合格している自分の姿をイメージできますか? 今一度、勉強方法を見直してみてはいかがですか? 今日の過去問検討 今日のテーマと本試験に持っていく知識の個数 では、過去問検討に移りましょう。 今日は「離婚時の」のうち「被扶養配偶者である期間についての特例」(厚年法78条の13~78条の20)、いわゆる「3号分割」を整理します。 僕が持っているクレアール過去問集(2020年度向け。 )では、 「被扶養配偶者である期間についての特例」は13肢(それと選択式が1問)、載っています。 ただ、僕の検討では、問題の数だけ知識が必要なのではなくて、 「被扶養配偶者である期間についての特例」は「9個」の知識で、パーフェクトだとまとめました。 細かい話が多いですね。 その中でみなさんは、お持ちの過去問集から、 本試験に持っていく知識はどのように準備していますか? では、そのうちの1つを見てみましょう。 今日の1問 「離婚をし、その1年後に、特定被保険者が死亡した場合、その死亡の日から起算して1か月以内に被扶養配偶者(当該特定被保険者の配偶者として法に規定する第3号被保険者であった者)から3号分割標準報酬改定請求があったときは、当該特定被保険者が死亡した日の前日に当該請求があったものとみなされる。 」 (平成28年度問2E) この問題、問われている知識は何でしょう? では、シンキングタイム、スタート! いつものようにの疑問形になるように考えましょうね。 ………、 「特定被保険者の死亡後でも3号分割ができるときはどんなときか?」 ですね。 では、答えは? ………、 本試験に持っていく論点知識 「特定被保険者が死亡した日から起算して1月以内に被扶養配偶者(当該死亡前に当該特定被保険者と3号分割標準報酬改定請求の事由である離婚又は婚姻の取消しその他第3条の12の10に規定する令で定めるこれらに準ずるものをした被扶養配偶者に限る。 )から3号分割標準報酬改定請求があったときは、当該特定被保険者が死亡した日の前日に3号分割標準報酬改定請求があったものとみなす。 」 ですね。 まず、その前に「特定被保険者」ってどんな人ですか? はい、思い出して! ………、 「被保険者であった者を含み、また、3号分割の規定により標準報酬が改定(減額)されるもの」ですね。 たいていは夫のことを指します。 人を指す言葉が意味不明なときは、必ずどんな人なのかの確認をしていますね? 誰のことを言っているのかが分からないまま問題を解いたり、テキストを読んだとしても身にはつかない(むしろ勉強したふりだけの時間が増える。 )ですし、今の時期、1分1秒でも惜しいですよね。 回り道をしているようなことであったとしても、結果として近道になることってのは、言葉の定義だあったり、条文のまどろっこしい言い回しをかみ砕いて表現するために脳みそに汗をかいている時間ですからね。 決して、分かりやすい講義を聴いて満足したり、僕のブログを読んだだけで満足したりしないでくださいね。 学びが本当にあなたにとって身に付くのは、主体的に学び取ろうと頭を働かせているときです。 残り2か月、それをやりきるかどうかが達成感と実力の差となって、本試験当日を迎えることになりますよ。 話を戻しましょう。 条文にはカッコ書きがついていますから、それをすっ飛ばすと、 「特定被保険者が死亡した日から起算して1月以内に被扶養配偶者から3号分割標準報酬改定請求があったときは、当該特定被保険者が死亡した日の前日に3号分割標準報酬改定請求があったものとみなす。 」 となって、とってもシンプルです。 シンプルですが、注意して記憶することがいくつかありますね。 まず「特定被保険者が 死亡した日から起算して1月以内」ということ。 珍しく「当日起算」ですね。 また「当該特定被保険者が 死亡した日の前日に3号分割標準報酬改定請求があったものとみなす。 」ということ。 カッコ書きの中は「被扶養配偶者」の言葉の説明なのですが、「~に限る。 」とありますので、さらっと意味を取っておくと、要は、特定被保険者の死亡前に婚姻関係を解消している場合に限るということを言っています。 よくよく考えてみると、シュールな制度ですね。 自分が死んだ後に、元嫁に標準報酬の記録の半分を持っていかれるんですから………。 まとめると、 「Q:特定被保険者の死亡後でも3号分割ができるときはどんなときか? A:特定被保険者が死亡した日から起算して1月以内に被扶養配偶者から3号分割標準報酬改定請求があったときに、当該特定被保険者が死亡した日の前日に3号分割標準報酬改定請求があったものとみなす。 ただし、被扶養配偶者は特定被保険者の死亡前に婚姻関係を解消している場合に限る。 」 こんな感じでしょうか。 で、昨日の記事にも書きましたが、「3号分割」って何のことかが、自分の言葉で説明できる状態になっていますね。 また、「離婚時合意分割」と「3号分割」は似て非なる制度ですから、ざっとでいいんで、違いは比較しておきましょうね。 参考までにの資料のリンクを貼っておきます。 今日のまとめ 今日は、「被扶養配偶者である期間についての特例」を整理しました。 また、残り時間が少なくなるほど、基本が大事だということについてもお伝えしました。 下の方にあるコメントから一言いただけると嬉しいです。 コメントはアカウントなしでも投稿できますが、承認制です。 質問や要望もOKですが、内容の誤りに対する指摘なのか、ご自身の理解を確認したいのか、要望なのか、感想などなのかが判読しにくいものについてはスルーいたします。 例えば、誤りを指摘するのであれば、該当箇所を引用し「記事には『~~。 』と書いてありますが、自分は『………。 』だと思います。 いかがでしょうか?」と尋ねていただかないことには回答のしようがありません。 また、解説文は、考えればわかることにはいちいち言及していませんから、ご自身の理解を確認したいのであれば、やはり記事の該当箇所を引用し「記事の『~~。 』からは、自分は『………。 』と理解しましたが、合っていますでしょうか?」と尋ねていただければ回答することはできます。 回答するからには手間がかかります。 書き込みの趣旨をこちらが考えて回答しなければならないような無用な手間はかからないようにご配慮ください。 さらに、ネットという匿名性の高い媒体であるとはいえ、名乗りもせずにいきなり質問めいたことをされても回答する義務はこちらにはないと考えておりますので、人にものを尋ねる態度については社会人としての節度をお守りください。 また、記事に「いいね!」をポチッとしていただけると、私、喜びます。 (最後の行「読んでくださって、ありがとうございます。 zoomを使って勉強方法や論点知識の質問会みたいなのって、興味あります? リクトいただけると嬉しいです。 そちらもコメント欄からメッセージしてください。 ランキングにも参加しています。 バナーをそれぞれポチットしていただけると嬉しいです。 応援、ありがとうございます!! 受験相談はいつでも受け付けてます。 こちらも、続々とお申し込みをいただいています! 「zoomを使ったことがなくて不安だ。 」という方でも安心です。 導入マニュアルをお送りしますので、その通りにやればほぼどなたでも使いこなせます。 ただし、パソコンであれば、内臓または外付けのカメラとマイクが必要です。 、の方は、マイク付きヘッドホンが必要です。 パソコンにカメラやマイクがなくても、このご時世、かはお持ちだと思います。 であれば、付属のマイク付きイヤホンがありますから、導入障壁は低いですよ。 なお、自動的にアンケートの回答内容を返信するように設定しました。 もし、僕からの返事がない場合には、あなたのアンケートが送信できていない可能性があります。 その場合は、お手数ですが、再度、アンケートを送信して、自動返信メールが届いているかをご確認ください。 読んでくださって、ありがとうございます。 onselectstart! style. MozUserSelect! style. style.

次の