グーグル ドライブ。 【スマホ】Googleドライブの使い方!アップロード/共有方法を解説!

Google ドライブの使い方

グーグル ドライブ

データを共有したい時、みなさんはどうしているだろうか。 共有の仕方はさまざまだが、ここでおすすめしたいのは、オンラインストレージサービスの「Googleドライブ」を使用する方法だ。 この記事では、「Googleドライブ」によるデータの共有について解説していく。 Googleドライブの共有方法を紹介 Googleドライブの設定やアップロード/ダウンロードの方法、共有できない時の対処法など、基本的な使い方から解説する。 Googleドライブの共有設定はどうやるの? まずはPCで共有する方法についてだ。 Googleドライブ内にある共有したいファイルを右クリックし、「共有」を選択。 あとは共有したいユーザーを追加して、「完了」を選択すればOKだ。 【参考】 共有設定の確認方法 共有設定を確認したいときは、「共有」から右下の「詳細設定」を選択。 これで、共有しているメンバーやアクセス権などを確認・修正できる。 Googleドライブではフォルダを共有できる? できない? ファイルだけではなく、もちろんフォルダの共有もできる。 共有の手順は、上記と同じだ。 共有したいアイテムをGoogleドライブにアップロードする 共有したいデータがGoogleドライブ外にある場合は、ドライブ上にアップロードする必要がある。 オススメなのは、ファイルやフォルダをGoogleドライブの「マイドライブ」にドラッグしてアップロードする方法だ。 Googleドライブの共有アイテムをPC・スマホ(iPhone・Android)でダウンロードしよう PCの場合 PCでダウンロードする時は、そのアイテムを右クリック。 「ダウンロード」を選択して、保存先を指定すればOKだ。 Androidの場合 Androidは、ファイル名の右にある「…」を選択。 あとは「ダウンロード」を選択すれば保存できる。 iPhoneの場合 iPhoneも、ファイル名の右にある「…」を選択。 「アプリで開く」を選択して、アプリでファイルを開くか、「ファイルに保存」を選ぼう。 Googleドライブで共有したアイテムが、ダウンロードできない時の対処法 共有したアイテムがダウンロードできない時の、主な原因と対処法は下記のとおりだ。 [1]複数のGoogleアカウントを使ってログインしている 一度全部のアカウントからログアウトし、メインアカウントだけでログインし直す。 [2]ダウンロードするファイルのサイズが大きい しばらく待つか、圧縮してサイズを軽くしたものを再度共有してもらう。 [3]アイテムの共有ユーザーが多い ダウンロードできるまで待つ。 または、時間をおいて再度ダウンロードをする。 [4]ネット回線が不安定 回線が安定している環境で試す。 [5]セキュリティソフトが邪魔する ソフトの動作をオフにしてから、再度ダウンロードする。 Googleドライブの共有アイテムをダウンロードしたけど、開けない原因は?【iPhone・Android】 iPhoneやAndroidといったスマホでは、ダウンロード済みなのに、ファイルが開けないトラブルもある。 主な原因は、ファイルを開くためのアプリがインストールされていないためだ。 ここでは、ファイル形式に合わせた対応アプリをご紹介しよう。 対応ソフトは、評判の良いものが日々変化している。 アプリをダウンロードするときは、使っている人の評判を情報収集するといい。 Googleドライブ内のアイテムを「URL」で共有する URLで共有する方法も紹介していこう。 共有設定画面で「共有可能なリンクを取得」を選択すると、そのアイテムのURLが作成される。 「リンクをコピー」して「完了」を選択したら、あとは相手にそのURLを送るだけだ。 初期設定では「リンクを知っている全員が閲覧可」になっているが、必要であれば「コメント可」や「編集可」などに権限を変更しよう。 この方法であれば、Googleアカウントを持っていない人とも共有ができる。 スマホからのGoogleドライブの共有はどうやるの?【Android】 アプリを開き、ファイル名の右にある「…」を選択。 「ユーザーを追加」を選択し、共有したいユーザーを選べばOKだ。 スマホからのGoogleドライブの共有はどうやるの?【iPhone】 iPhoneの共有方法はAndroidと一緒なので、上記と同じ手順で操作しよう。 Googleドライブで共有アイテムに関わるトラブル Googleドライブで共有するとき、思わぬトラブルが発生することもある。 主なトラブルと対処法は、下記のとおりだ。 Googleドライブの共有アイテムが見れない! 表示されない! 対処法は? 共有アイテムが表示されないというトラブルは、端末やアプリに不具合がある可能性が高い。 端末の再起動や、アップデートを試してみよう。 改善されない時は、共有の権限に自分が含まれていない可能性がある。 その共有アイテムのオーナーに、権限を確認してもらおう。 自分がオーナーとしてアイテムを共有している場合は、共有の「詳細設定」からユーザーの確認ができる。 Googleドライブで共有ができない! 対処法は? ユーザーを追加して共有する方法は、共有相手にもGoogleアカウントがないとできない。 URLでファイルを共有するか、共有相手にGoogleアカウントを取得してもらおう。 「変更を保存」を選択し、最後に「完了」を選択すればいい。 Googleドライブの共有アイテムを削除したいときは? 共有アイテム自体を削除したいときは、アイテムを右クリックし「削除」を選択しよう。 オーナーが削除を行うと、共有している全ユーザーの「共有アイテム」からそのデータが削除される。 Googleドライブでの共有は使い方が簡単なうえに、URLを作成すればアカウントを持っていない人とも、ファイルを共有できるのが魅力の1つだ。 今までデータの共有で面倒な思いをしてきた人は、ぜひこの記事を参考にして、Googleドライブを仕事で活用してみてほしい。 文/ねこリセット.

次の

グーグルドライブで動画を共有。子供の動画を家族や祖父母と共有するには?

グーグル ドライブ

テキストファイル ワードやエクセルなど• 動画 などのデータを保存できます。 Google ドライブに保存する方法 ではさっそくGoogleドライブにデータを保存する方法を紹介します。 パソコンからGoogleドライブに保存する方法 パソコンからGoogleドライブにデータを保存する場合は、Chromeなどブラウザからにアクセスします。 左上の「新規」をクリックします。 「ファイルのアップロード」から保存したいファイルを選択して「開く」をクリックします。 特定のフォルダにデータを保存したい場合は、特定のフォルダをダブルクリックして選択してからアップロードします。 パソコンからGoogleドライブを利用する場合はGoogleの「バックアップと同期」を利用すると更に便利になります。 iPhoneの場合 iPhoneの場合はGoogleドライブアプリの右下の追加アイコンをタップします。 「アップロード」をタップします。 写真や動画を保存する場合は「写真と動画」、それ以外のファイルを保存する場合は「参照」をタップします。 保存したい写真やファイルを選択して右上の「アップロード」をタップするとGoogleドライブに保存されます。 アンドロイドの場合 アンドロイドの場合はGoogleドライブのアプリの右下の追加アイコンをタップします。 「アップロード」をタップします。 アップロードしたい写真やファイルをタップするとそのまま保存されます。 スマホの「Googleドライブ」アプリの詳しい操作方法はこちらを参考にしてください。 Googleドライブのデータをパソコンやスマホに保存する方法 Googleドライブに保存された写真やファイルを、パソコンやスマホなどの端末に保存する方法を紹介します。 パソコンに保存する方法 Googleドライブの写真やファイルをパソコンに保存する場合は、保存したいファイルを選択して右上の「︙」アイコンから「ダウンロード」をクリックします。 スマホに保存する方法 Googleドライブに保存されている写真やファイルをスマホに保存する方法を紹介します。 iPhoneの場合 iPhoneの場合はGoogleドライブアプリのファイルの右下の「︙」アイコンから「コピーを送信」をタップします。 「画像を保存」をタップするとスマホに保存されます。 アンドロイドの場合 アンドロイドスマホの場合はGoogleドライブアプリからダウンロードしたいファイルの右下の「︙」マークをタップします。 「ダウンロード」をタップします。 Googleドライブの共有 Googleドライブはほかのユーザーとデータを共有することが出来ます。 たとえば友人と旅行に行った写真をGoogleドライブに保存して共有すれば一緒に写真を見たり、写真の受け渡しも出来ます。 仕事でも作成したファイルを共有すればメール等でやり取りすることなく常に更新されたファイルを参照することが出来ます。 ほかにもメールで送れない大きなデータはGoogleドライブで共有して受け渡しも可能です。 パソコンで共有する方法 パソコンでGoogleドライブのデータをほかのユーザーと共有する方法は「メールアドレス」か「リンク URL 」の2つの方法があります。 「メールアドレス」で共有する方法 メールアドレスで共有する場合は、共有したいファイルを選択して右上の「共有」アイコンをクリックします。 共有画面から共有したいユーザーのメールアドレスを入力します。 右の鉛筆マークから「編集」「コメント可」「閲覧のみ」を選択できます。 「編集」はファイルを閲覧・コメント・編集ができる権限• 「コメント可」はファイルに閲覧とコメントができる権限• 「閲覧」は閲覧のみできる権限 「送信」ボタンを押すと送り先にメールを送信します。 メールが届いたユーザーはメールの「開く」をクリックすると共有したファイルを閲覧することができます。 「リンク URL 」で共有する方法 リンク URL で共有する方法はファイルのリンク URL を送信して、そのリンク URL をクリックして共有します。 リンク URL で共有する方法は共有するファイルを選択して右上の人マークのアイコンをクリックします。 右上の「共有可能なリンクを取得」をクリックします。 リンク URL をコピーしてメールなどで相手に送れば完了です。 スマホの共有 Googleドライブのデータはスマホから共有することもできます。 スマホの場合はリンク URL の共有のみで、メールの共有はできません。 操作はiphoneとアンドロイドも同じです。 共有したいファイル右下「︙」から「リンクの共有がオフです」をタップしてオンにします。 ファイルのリンク URL がそのままコピーされるのでメールなどに貼り付けて送信します。 共有を解除したい場合は再度ファイルの右下「︙」から「リンクの共有がオンです」をタップすると解除されます。 共有が解除された写真やファイルは閲覧できなくなります。 ワード、エクセル、パワーポイントもGoogleドライブで編集できる マイクロソフトのワード、エクセル、パワーポイントのファイルもGoogleドライブに保存して編集できます。 編集方法は保存したワードなどのファイルをダブルクリックしてからプレビュー画面の上にあるGoogleのオフィスソフトを選択します。 編集画面になりそのまま編集できます。 ワードの場合はGoogleドキュメント• エクセルの場合はGoogleスプレッドシート• パワーポイントの場合はGoogleスライド をそれぞれ選択します。 普段、ワードやエクセルなどマイクロソフトのオフィスソフトを使っている方もGoogleドライブで保存して編集できるのはすごいですね。 Googleドライブの容量をチェック Googleドライブの画面右下で現在の容量を確認できます。 容量を圧迫している不要なファイルがあればここから削除できます。 Googleドライブは無料で15GBまで利用できますが、容量を増やしたい場合は月額250円で100GB、月額380円で200GBまで増やすことも出来ます。 まとめ Googleドライブを紹介しましたが、いかがだったでしょうか。 では最後にGoogleドライブについてまとめていきます。 Googleドライブは.

次の

Google(グーグル)ドライブの基本的な使い方を解説 [スマホ・パソコンでの保存・共有・ダウンロードなど]

グーグル ドライブ

データを共有したい時、みなさんはどうしているだろうか。 共有の仕方はさまざまだが、ここでおすすめしたいのは、オンラインストレージサービスの「Googleドライブ」を使用する方法だ。 この記事では、「Googleドライブ」によるデータの共有について解説していく。 Googleドライブの共有方法を紹介 Googleドライブの設定やアップロード/ダウンロードの方法、共有できない時の対処法など、基本的な使い方から解説する。 Googleドライブの共有設定はどうやるの? まずはPCで共有する方法についてだ。 Googleドライブ内にある共有したいファイルを右クリックし、「共有」を選択。 あとは共有したいユーザーを追加して、「完了」を選択すればOKだ。 【参考】 共有設定の確認方法 共有設定を確認したいときは、「共有」から右下の「詳細設定」を選択。 これで、共有しているメンバーやアクセス権などを確認・修正できる。 Googleドライブではフォルダを共有できる? できない? ファイルだけではなく、もちろんフォルダの共有もできる。 共有の手順は、上記と同じだ。 共有したいアイテムをGoogleドライブにアップロードする 共有したいデータがGoogleドライブ外にある場合は、ドライブ上にアップロードする必要がある。 オススメなのは、ファイルやフォルダをGoogleドライブの「マイドライブ」にドラッグしてアップロードする方法だ。 Googleドライブの共有アイテムをPC・スマホ(iPhone・Android)でダウンロードしよう PCの場合 PCでダウンロードする時は、そのアイテムを右クリック。 「ダウンロード」を選択して、保存先を指定すればOKだ。 Androidの場合 Androidは、ファイル名の右にある「…」を選択。 あとは「ダウンロード」を選択すれば保存できる。 iPhoneの場合 iPhoneも、ファイル名の右にある「…」を選択。 「アプリで開く」を選択して、アプリでファイルを開くか、「ファイルに保存」を選ぼう。 Googleドライブで共有したアイテムが、ダウンロードできない時の対処法 共有したアイテムがダウンロードできない時の、主な原因と対処法は下記のとおりだ。 [1]複数のGoogleアカウントを使ってログインしている 一度全部のアカウントからログアウトし、メインアカウントだけでログインし直す。 [2]ダウンロードするファイルのサイズが大きい しばらく待つか、圧縮してサイズを軽くしたものを再度共有してもらう。 [3]アイテムの共有ユーザーが多い ダウンロードできるまで待つ。 または、時間をおいて再度ダウンロードをする。 [4]ネット回線が不安定 回線が安定している環境で試す。 [5]セキュリティソフトが邪魔する ソフトの動作をオフにしてから、再度ダウンロードする。 Googleドライブの共有アイテムをダウンロードしたけど、開けない原因は?【iPhone・Android】 iPhoneやAndroidといったスマホでは、ダウンロード済みなのに、ファイルが開けないトラブルもある。 主な原因は、ファイルを開くためのアプリがインストールされていないためだ。 ここでは、ファイル形式に合わせた対応アプリをご紹介しよう。 対応ソフトは、評判の良いものが日々変化している。 アプリをダウンロードするときは、使っている人の評判を情報収集するといい。 Googleドライブ内のアイテムを「URL」で共有する URLで共有する方法も紹介していこう。 共有設定画面で「共有可能なリンクを取得」を選択すると、そのアイテムのURLが作成される。 「リンクをコピー」して「完了」を選択したら、あとは相手にそのURLを送るだけだ。 初期設定では「リンクを知っている全員が閲覧可」になっているが、必要であれば「コメント可」や「編集可」などに権限を変更しよう。 この方法であれば、Googleアカウントを持っていない人とも共有ができる。 スマホからのGoogleドライブの共有はどうやるの?【Android】 アプリを開き、ファイル名の右にある「…」を選択。 「ユーザーを追加」を選択し、共有したいユーザーを選べばOKだ。 スマホからのGoogleドライブの共有はどうやるの?【iPhone】 iPhoneの共有方法はAndroidと一緒なので、上記と同じ手順で操作しよう。 Googleドライブで共有アイテムに関わるトラブル Googleドライブで共有するとき、思わぬトラブルが発生することもある。 主なトラブルと対処法は、下記のとおりだ。 Googleドライブの共有アイテムが見れない! 表示されない! 対処法は? 共有アイテムが表示されないというトラブルは、端末やアプリに不具合がある可能性が高い。 端末の再起動や、アップデートを試してみよう。 改善されない時は、共有の権限に自分が含まれていない可能性がある。 その共有アイテムのオーナーに、権限を確認してもらおう。 自分がオーナーとしてアイテムを共有している場合は、共有の「詳細設定」からユーザーの確認ができる。 Googleドライブで共有ができない! 対処法は? ユーザーを追加して共有する方法は、共有相手にもGoogleアカウントがないとできない。 URLでファイルを共有するか、共有相手にGoogleアカウントを取得してもらおう。 「変更を保存」を選択し、最後に「完了」を選択すればいい。 Googleドライブの共有アイテムを削除したいときは? 共有アイテム自体を削除したいときは、アイテムを右クリックし「削除」を選択しよう。 オーナーが削除を行うと、共有している全ユーザーの「共有アイテム」からそのデータが削除される。 Googleドライブでの共有は使い方が簡単なうえに、URLを作成すればアカウントを持っていない人とも、ファイルを共有できるのが魅力の1つだ。 今までデータの共有で面倒な思いをしてきた人は、ぜひこの記事を参考にして、Googleドライブを仕事で活用してみてほしい。 文/ねこリセット.

次の