シジュウカラ 鳴き声。 シジュウカラの鳴き声が可愛い!「どんな会話してるのかな?」の答えを発見!

シジュウカラ、園内ならどこにでもいる白黒の小鳥とカラ軍団

シジュウカラ 鳴き声

シジュウカラはどんな鳥? シジュウカラという名前はよく聞きますよね。 漢字では四十雀と書きます。 分類はスズメ目シジュウカラ科となります。 漢字の中に雀が入っているのでわかりやすいですね。 生息地は日本各地、場所も市街地から庭、公園、湿原などさまざまな場所で可愛い姿を観ることが出来ます。 いち早く春を告げる鳥として、実は人のそばで暮らしているんですよ。 その形態は、大きなスズメをイメージされると分かりやすいかも知れません。 体長は14. 5cm、体重は14gくらいとなっています。 シジュウカラの特徴と言いますと、お腹が真っ白でそのセンターラインが黒いというところです。 これによって見分けがつきやすいようです。 頭が黒く、頬の部分は真っ白です。 背中や翼はグレーと黒。 少し青みかかっています。 ちなみに雄と雌の区別も付きやすいとのこと。 それは先ほどのお腹の黒い線が雄の方が太いからです。 周りの庭や公園に行かれた時に、気をつけて鳥の観察をしてみませんか?シジュウカラをご自分の目で確かめてみてはいかがでしょうか。 シジュウカラの渡り区分は? 鳥類には渡り区分というものがあります。 その種類は、夏鳥、冬鳥、留鳥、漂鳥、旅鳥の5つです。 鳥類豆知識としてそれぞれを簡単に説明します。 夏鳥 春から夏にかけて南方より渡来して、日本で子育てをします。 秋からは日本を離れ違う場所で冬を越す渡り鳥です。 (ツバメ類など) 冬鳥 秋から冬にかけて渡来し、日本で子育てしながら冬を越します。 春には日本を離れる渡り鳥です。 (カモ類など) 留鳥 季節での移動は行わず、一年中同じ地域に留まり子育てをします。 漂鳥 日本国内を季節的に移動を行う鳥です。 暑さや寒さを避けるために、子育てとも場所を分けて移動します。 旅鳥 渡る途中に日本に立ち寄る鳥です。 主には日本の北方で子育てして南方で冬を越します。 鳥類と言っても、渡ること1つを捉えてもこんなに分かれているんですね。 シジュウカラは留鳥です。 北日本の方が多く、西日本は少ないようですよ。 スポンサーリンク シジュウカラの鳴き声は? 次に鳥類と言えば、鳴き声が大きな特徴となりますね。 その鳥類の鳴き声にも種類があります。 先ずは鳴き声の種類から見てまいりましょう。 さえずり 雌への求愛や縄張りを守るために雄が鳴く鳴き声です。 美しい鳴き声であることが多いのが特徴です。 地鳴き 1年を通して雄・雌関係なく、「チッチッ」とか「ピッピッ」など単純な音で鳴く鳴き声です。 ドラミング キツツキ類の鳥が分かりやすいと思いますが、木を連打してつついて音を出します。 雌への求愛や威嚇の意味があるとされます。 クラッタリング やはり求愛や威嚇の意味となっていますが、くちばしを激しく打ち鳴らします。 鳥の鳴き声はさえずりと表現するものと思っていましたが、地鳴きなどいろいろなんですね。 公園を通った時に、鳥同士が会話しているかのように鳴いている時がありますね。 さて、シジュウカラにはすごい能力があることがわかってきました。 総合研究大学院大の鈴木博士のチームが論文を発表したとのことです。 それは、鳴き声の単語を組み合わせて文章を作るというもの。 また語順も聞き分けているとか。 危険を知らせる鳴き声と仲間や夫婦で呼び合う鳴き声と聞き分けます。 語順というのはその2つの種類を順番を替えて研究した結果、これも理解していると確認されたそうです。 生き物は言葉は話せませんが鳴き声というコミュケーション方法があります。 特に鳥類には賢さが感じられますよね。 その中でもシジュウカラは、知能の高い鳥と言えますね。 では、その鳴き声をこちらからお聞きください。 いかがですか?可愛いですね。 お腹の真ん中のラインがネクタイのようにも見えます。 思わずずっと見入ってしまいました。 こんなにマジマジと小鳥を観たことがありませんでしたが、癒される存在ということを改めて感じました。 まとめ シジュウカラは雑食で昆虫も食べます。 虫によって植物の被害が出てしまうことは多くありますが、それをコントロールしてくれると言われ、シジュウカラは別名「森の番人」とも呼ばれています。 シジュウカラが多く生息する森は、豊かな森と言えるのではないでしょうか。 残念ながら自然の森、地域を壊しているのは人間と言える昨今、シジュウカラも伸び伸び暮らしていけるような自然を大事にしたいものですね。

次の

バードリサーチ鳴き声図鑑

シジュウカラ 鳴き声

鳥も「言葉」をもっている 「動物にも言葉はあるのだろうか?」 誰もが一度は抱いたことのある疑問ではないでしょうか。 しかし、そんな疑問に科学のメスがはいったのは、実はごく最近のことなのです。 僕は大学生の頃、シジュウカラという小鳥の観察を始めました。 この鳥は、都市から山林まで広くみられるとても身近な存在で、基本的に一年中、同じ地域にとどまる留鳥です。 春から夏は一夫一妻のつがいで繁殖し、秋冬は群れをなして生活します。 シジュウカラの行動や鳴き声を詳細にノートに記載していくと、彼らが実に多様な鳴き声を使い分けていることに気づきました。 シジュウカラは鳴き声を使って何を話しているのだろう。 そんな疑問から、僕の研究人生が幕をあけました。 10年以上、シジュウカラの研究を続けてきた結果、シジュウカラの発する様々な鳴き声は、厳しい自然界を生き残るための重要なコミュニケーション・ツールとして役立っていることがわかってきました。 写真提供・森本智恵 カラスだ!ヘビだ!天敵の種類を示す「単語」 4月から7月の繁殖期、シジュウカラは樹木にできた空洞(樹洞)に苔を運んで巣をつくり、毎朝ひとつずつ卵を産みます。 計7〜10個ほど卵を産むと、メスはそれらをあたためはじめ、およそ2週間でヒナが孵ります。 樹洞に巣をつくるのは、雨風をしのぐだけでなく、天敵からヒナを守るためと思われます。 たしかに、多くの天敵は樹洞にいるヒナを襲うことはできませんが、完全に安全というわけではありません。 カラスは嘴を器用に使って、樹洞の入り口からヒナをつまみだして食べてしまいます。 ヘビは樹洞に侵入し、ヒナを一羽残らず食べ尽くします。 とくに、巣立ち前のヒナはさわがしく,巣内の匂いも強まるので、多くの天敵を引きつけます。 野外での観察から、僕はシジュウカラが鳴き声(単語)を使って、ヒナたちに外界の危険を知らせていることに気づきました。 シジュウカラの親鳥は、巣をねらうカラスをみつけると、「チカチカ」と聞こえる鳴き声を発します。 この声を聞くと、樹洞の巣のなかのヒナたちは一斉に体勢を低くしてうずくまります。 このことで、カラスの嘴を逃れ,攻撃を避けることができるのです。 一方,巣に迫るヘビをみつけると、親鳥は「ジャージャー」と聞こえる声を発します。 この声を聞くと、ヒナたちは一斉に樹洞の巣を飛び出します。 このことで、ヘビの侵入を避けることができるのです。 ヒナは樹洞のなかから外界をみることができないので、これらの天敵から逃れる上で、親鳥の鳴き声は重要な手がかりです。 シジュウカラは、カラスやヘビを示す「単語」を使って、天敵からヒナを守っているのです。 単語を組み合わせて「文」をつくる シジュウカラは、上記の声以外にもさまざまな声を発します。 たとえば、親鳥の周囲に差し迫る危険を仲間に伝える際には「ピーツピ」という甲高い鳴き声を発し、仲間を集める際には「ヂヂヂヂ」という濁った声を発します。 実際に、これらの鳴き声を録音して、スピーカーを用いて再生すると、シジュウカラはこれらの声を正確に聞き分けて、異なる行動で反応します。 「ピーツピ」という声を聞くと、首を水平に振って周囲を警戒し、「ヂヂヂヂ」という声を聞くと、鳴いている音源に近づきます。 シジュウカラは、これらの鳴き声を単独で発するだけでなく、時折「ピーツピ・ヂヂヂヂ」と組み合わせます。 この音声の組み合わせは、たとえば、仲間を集めて、ともに天敵を追い払いにかかる際などに用いられます。 この声を録音して、スピーカーから再生して聞かせると、シジュウカラは周囲を警戒しながら音源に近づきます。 つまり、「ピーツピ・ヂヂヂヂ」という声から「ピーツピ(警戒しろ)」と「ヂヂヂヂ(集まれ)」の両方の意味を読み解いていたことになります。 これは、単語を組み合わせて文をつくる能力に相当します。 興味深いことに、シジュウカラはこれらの鳴き声を「ピーツピ・ヂヂヂヂ」という決まった順序にのみ組み合わせ、「ヂヂヂヂ・ピーツピ」の順に組み合わせることはありません。 実際に、人為的に組み合わせ順序を変えた合成音(「ヂヂヂヂ・ピーツピ」)を再生しても、警戒行動や接近行動などの反応は誘発されませんでした。 つまり、シジュウカラは文法をつかってコミュニケーションをとっていたといえます。 写真提供・森本智恵 いつか鳥たちと会話できるか? 前述のように、最近の研究で、鳥たちにもヒトの言語に通じるような高度なコミュニケーション能力が進化してきたことがわかってきました。 カラスやヘビといった天敵の種類を指し示す「単語」から、単語を組み合わせて「文」をつくる能力まで。 これらは長いあいだ、ヒトにおいて固有に進化したと信じられてきた能力です。 それでは、いつかヒトと鳥が自由に会話できるような未来はくるのでしょうか? 現段階では、この問いには「No」と答えざるを得ません。 もちろん、紹介してきたように、鳴き声がどのような状況で使われ、聞き手がどのような反応を示すのかを調べることで,鳥たちの鳴き声の意味を理解することはできます。 しかし、野鳥が人間の言葉の意味を理解してくれるかというと、おそらくそれはありません。 自然界で生き残る上で不要な能力は、なかなか進化しえないからです。 しかし、鳥たちは頭が悪いわけではありません。 必要に応じて、他の種類の動物の言葉を理解することも報告されています。 たとえば、西アフリカに生息するキンコブサイチョウという鳥の一種は、同所的に生息するサルの一種の鳴き声の意味を理解して、共通の天敵(タカ)から適切に逃避することができます。 ひょっとすると、ヒトが自然と密接にかかわりながら暮らしていた原始の世界では、鳥たちもヒトの言語に耳を傾けていたのかもしれません。

次の

シジュウカラの特徴や生態、生息地について!鳴き声ってどんなの?

シジュウカラ 鳴き声

体長は14. 5㎝程度。 スズメとほぼ同じくらいの大きさで体重は11~20gほどです。 上面が青みがかかった灰色、黒褐色で下面が淡褐色の羽毛をしています。 頭部は黒い羽毛で覆われていて、頬と後頚部に白い斑紋が入っています。 留まった時には翼に左右一本ずつの白い筋模様が見えるのも特徴です。 嘴は黒く、足は淡褐色をしています。 オスは喉から出ている黒い縦線がメスよりも太いのが特徴。 基本的には留鳥ですが、寒さが厳しく、食べ物の少ない所では渡りを行うこともわかっています。 非繁殖期の秋から冬にかけては数羽から数十羽の群れをつくります。 シジュウカラは漢字で書くと「四十雀」となり、四十羽ほどの雀くらいの鳥が群れているところから名がついたと言われています。 食性は雑食で果実や種などのほかに昆虫やクモなども捕食します。 地表の上や樹上を問わず食事する姿が見られています。 繁殖は樹洞やキツツキの開けた穴にメスが苔などを組み合わせて巣を作り、行われます。 4~7月にかけて1~2回の産卵の間に7~10個の卵を産みます。 卵は白色で赤褐色や灰色の斑点が入った模様をしており、メスが12~14日抱卵し孵化し、 その後16~19日で巣立ちます。 石垣や民家の隙間などに巣を作ることもあり、人間の設置した巣箱を巣にすることもあります。 シジュウカラと人間の関係 シジュウカラは日本人には親しみやすい存在として、切手のデザインになったりしています。 1997年から2014年まで70円切手にデザインされていました。 イギリスでは牛乳配達車の後を追い、配達された牛乳の蓋をこじ開けて、中身を飲むという事例も報告されるほど、賢い鳥でもあります。 シジュウカラの鳴き方 シジュウカラには幾種かの鳴き方があり、しかもその鳴き方を組み合わせることで文章を作っているのではないかとも言われています。 例えば仲間に危険を知らせる時に出す「ピーッピ」という声。 このことから、シジュウカラの鳴き方の組み合わせにはきちんとした文法があるのではないか、と言われているんです。 ちなみに繁殖期のさえずりは「ツィピーツィピーツィピーツィピー」と繰り返す鳴き方。 「ツィピーツィピーツィピーヂヂヂヂヂヂ」だったら、みんなで集まって繁殖しよう!!!???ってそんなわけないか・・・・ シジュウカラのまとめ シジュウカラは日本、韓国、東アジア、ロシア極東に分布している。 日本には4種の亜種がいて、北日本を中心に生息している。 食性は雑食で地上でも樹上でも食事する。 石垣や民家の隙間、人間の設置した巣箱などにも営巣する。 非繁殖期は群れでいることが多く、名前も40羽の雀 のような鳥 が群れている様子からついたと言われている。 鳴き方は幾種類かあり、鳴き方を組み合わせることで文章を作っているという研究結果が報告されている。 ライター ナオ.

次の