津国汽船。 【おすすめ】両津のおしゃれカフェ「mikawa」でスイーツを♪

1 第20课课时检测夯基提能

津国汽船

以下是本公司关于本服务所制定的使用条款。 使用本服务需要同意并遵守本使用条款。 从用户开始使用本服务时起,即视为已同意本使用条款。 授权 本公司授权用户拥有通过个人使用的电脑、智能手机及平板终端设备使用本服务的权利,及通过网页浏览器印刷本服务部分内容的权利。 关于本服务,除本公司明确授予的权利外,用户不享有任何其他权利。 知识产权 包括本服务相关的编辑版权在内的一切知识产权以及权利均归属本公司或授权于本公司的信息提供者所有。 另外,上述知识产权中也包括观光设施在内。 严禁擅自转载、复制、修改、改变本服务的内容(包括照片、插图),以及转让第三方的行为。 禁止事项 1. 用户使用本服务仅限于个人用途。 禁止使用本服务的内容进行商业二次利用。 禁止用户危害、限制或干扰与本服务相关的本公司以及其他第三方的权利,包括可能导致此类行为的任何行为。 禁止用户将本使用条款相关的任何权利或义务转让、承袭给第三方,或做其它处理。 免责事项 对于因使用本服务而造成的损害,本公司以及授权于本公司的信息提供者不承担任何赔偿责任。 虽然本公司尽力确保内容万无一失,但不能保证没有任何错误。 仅供参考。 中断及停止运营 本公司有可能在没有事先通知的情况下进行维护、复原作业,或是因为天灾等不可抗力的因素造成本服务运营中断、停止。 这种情况下,本公司对于涉及中断、停止的一切责任均不予以承担。 变更及终止 本公司有权在任何时候变更、停止及终止本服务的内容、显示以及操作方法等。 本条款的修改等 用户须知,本公司可以在没有事先通知用户的前提下,对本条款进行改定、补充、更新及删除操作。 准据法及管辖权 该使用条款的准据法为日本法。 关于使用环境 阅览本服务查询结果页面所需的运行环境以及推荐浏览器如下。 请您变更为使用JavaScript后再次输入,重新查询。 0以上) Safari最新版 【Android】(Android4. 4以上) Google Chrome最新版 其他 边看终端边步行是非常危险的行为,要确认终端时请站定在安全的场所进行确认。 禁止擅自对此时刻表数据进行转载、复制或加工成纸质媒体、电磁媒体以及一切其他媒体的行为。 禁止擅自对此时刻表数据进行转载、复制或加工成纸质媒体、电磁媒体以及一切其他媒体的行为。 (以下排名不分前后) ・公益财团法人东京都公园协会 ・东京都观光汽船株式会社 ・观光汽船兴业株式会社 ・株式会社KMC有限公司 ・株式会社东京湾巡游 ・东京水上出租车有限公司 ・隐岐汽船株式会社 ・隐岐旅游株式会社 ・OCEAN-TRANS株式会社 ・阪九渡轮株式会社 ・向日葵渡轮株式会社 ・四国开发渡轮株式会社(橙色渡轮) ・小豆岛巨舶轮船株式会社 ・宫崎汽车渡轮株式会社 ・A-LINE渡轮株式会社 ・淡路JENOVA-LINE株式会社 ・OM KOBE株式会社 ・沼岛汽船株式会社 ・南海渡轮株式会社 ・伊岛连络交通事业有限会社 ・出羽岛连络事业有限会社 ・高速家岛株式会社 ・高福快线有限会社 ・坊势汽船株式会社 ・坊势渡船有限会社 ・辉观光 ・大生汽船株式会社 ・一般社团法人濑户内市绿之村公社 ・丰田一男 ・濑户内观光汽船株式会社 ・两备渡轮株式会社 ・小豆岛丰岛渡轮株式会社 ・四国汽船株式会社 ・四国渡轮株式会社 ・巨舶轮船株式会社 ・内海渡轮株式会社 ・国际渡轮株式会社 ・小豆岛渡轮株式会社 ・雌雄岛海运株式会社 ・本岛汽船株式会社 ・六口丸海运有限会社 ・备赞渡轮株式会社 ・笠冈渡轮有限会社 大福丸 ・三洋汽船株式会社 ・粟岛汽船株式会社 ・香川县观音寺市 ・走岛汽船有限会社 ・福山市渡船管理事务所 ・备后商船株式会社 ・歌户运航株式会社 ・尾道渡船株式会社 ・福本渡轮株式会社 ・向岛运航株式会社 ・濑户内巡游株式会社 ・尾道市因岛综合支所施设管理课 ・土生商船株式会社 ・三光汽船株式会社 ・长江渡轮有限会社 ・上岛町生名渡轮 ・家老渡渡轮汽船有限会社 ・上岛町鱼岛综合支所 ・岩城汽船株式会社 ・艺予汽船株式会社 ・MARUTO汽船有限会社 ・HORAI汽船有限会社 ・新居滨市营渡海船 ・SHI-SEVEN有限会社 ・津岛渡船有限会社 ・今治市吉海支所 ・大三岛渡轮株式会社 ・休暇村 大久野岛 ・山阳商船株式会社 ・大崎汽船株式会社 ・大崎上岛町 ・安艺津渡轮株式会社 ・大三岛BLUE-LINE株式会社 ・今治市关前支所 ・SHIMANAMI海运株式会社 ・来岛有限会社 ・斋岛汽船株式会社 ・音户渡船 ・樱花海运株式会社 ・上村汽船株式会社 ・似岛汽船株式会社 ・濑户内海汽船株式会社 ・石崎汽船株式会社 ・濑户内SEA-LINE株式会社 ・宫岛松大汽船株式会社 ・JR西日本宫岛渡轮株式会社 ・AQUA-NET广岛株式会社 ・阿多田岛汽船有限会社 ・新喜峰有限会社 ・松山市 ・中岛汽船株式会社 ・兴居岛株式会社 ・岩国柱岛海运株式会社 ・周防大岛松山渡轮株式会社 ・防予渡轮株式会社 ・周防大岛町政策企画课 ・平群航路有限会社 ・上关航运有限会社 ・上关町 ・熊南综合事务组合 ・牛岛海运有限会社 ・野岛海运有限会社 ・大津岛巡航株式会社 ・萩海运有限会社 ・下关市 ・青岛海运有限会社 ・田中输送有限会社 ・盛运汽船株式会社 ・周防滩渡轮株式会社 ・关门汽船株式会社 ・松山、小仓渡轮株式会社 ・国道九四渡轮株式会社 ・宇和岛运输株式会社 ・九四橙色渡轮株式会社 ・西海观光船 ・BUNKER-SUPPLY有限会社 ・淡路关空线株式会社 阅览地图条款 本服务使用以下的地图服务API。 关于地图的阅览需遵守各地图服务的使用条款。 ・Google地图 ・百度地图 ・濑户内航路图(Stroly API) ・日本东北地区手绘地图(Stroly API) ・Sanin Illustrations Map(MaplatAPI) ・Tokyo Route Map Rendezvous , machi-pla API 联系我们 JORUDAN株式会社 換乗指南 VISIT 客服 norikae-visit jorudan.

次の

【おすすめ】両津のおしゃれカフェ「mikawa」でスイーツを♪

津国汽船

國內地域之間航線 [ ] 集團• ( 日語 : )• ( 日語 : )(舊: ( 日語 : ), ( 日語 : ))• ( 日語 : ) ( 日語 : )集團• ( 日語 : )• ( 日語 : )• ( 日語 : )(舊: ( 日語 : )) 其他• ( 日語 : )• ( 日語 : )• ( 日語 : )• ( 日語 : ) 北海道・東北地方間 [ ]• ( 日語 : )(舊:下北汽船)• ( 日語 : )• ( 日語 : ) 關東地方 [ ]• ( 日語 : ) 東海地方 [ ]• 神新汽船:Aseria渡輪 下田〜伊豆諸島• ( 日語 : ) 近畿地方 [ ]• 四國渡輪集團• 小豆島豐島渡輪• 兩備集團• ( 日語 : )• ( 日語 : )• ( 日語 : )• ( 日語 : )• ( 日語 : )• (JR)• ( 日語 : )• ( 日語 : )• 日鮮海運集團• ( 日語 : )( ( 日語 : )- ( 日語 : ))• 石崎汽船集團• ( 日語 : )• ( 日語 : )• 瀨戶內海汽船集團• ( 日語 : )• ( 日語 : )• ( 日語 : )(舊・岩國松山高速:在2007年6月1日改公司名稱)• ( 日語 : )• 島波渡輪• ( 日語 : )• ( 日語 : )• ( 日語 : )• ( 日語 : ) 山陰地方 [ ]• ( 日語 : )(周防灘渡輪) 四國・九州地方之間 [ ]• ( 日語 : )(舊・宿毛觀光汽船:在公司解散後繼承)• ( 日語 : ) 九州地方 [ ]• 九州商船集團• ( 日語 : )• 岩崎集團• ( 日語 : )• (Kakeroma渡輪) 沖繩縣 [ ]• (座間味3渡輪)• (渡嘉敷渡輪)• (粟國渡輪)• ( 日語 : )(大東)• (伊是名尚圓渡輪)• (伊平屋3渡輪)• (伊江村營渡輪)• 神谷觀光(久國渡輪)• 久高海運(久國渡輪III)• ( 日語 : )(Taramayu渡輪)• ( 日語 : )• ( 日語 : )• ( 日語 : ) (夢渡輪)• (與那國渡輪) 國際 [ ]• ( 日語 : )集團• ( 日語 : )(下関~釜山)• ( 日語 : )(下関~太倉 貨物航線)• (、 ( 日語 : )、 ( 日語 : )、 ( 日語 : )、 ( 日語 : )等) - 當於橋粱與隧道開通(、 、 ( 日語 : )、 、),以及與民間航線( ( 日語 : ))進行競爭因而廢止。 ( ( 日語 : )、 ( 日語 : )、 ( 日語 : )、 ( 日語 : )等四條航線) - 厚岸渡輪因建設橋粱後廢止,其餘均轉讓事業。 在轉讓事業後還繼續營運的航線只有國道九四渡輪。 長距離渡輪• ( 日語 : )(東京至釧路)・・・在1999年10月,取消旅客服務,只餘下貨物運輸服務• ( 日語 : )・・・改名為藍色公路線後,分割為 ( 日語 : )及 ( 日語 : )• ( 日語 : )・・・1975年經歷經營危機後縮小規模,在1990年11月把最後營運的航線經營權轉讓給日本沿海渡輪,隨即公司解散。 該航線截至2010年現時還在營業,為大阪~鹿兒島(志布志)航線( ( 日語 : ))。 而東京~那智勝浦~高知航線於2001年10月廢止• ( 日語 : )(川崎 - 大阪、神戶航線)・・・由於沒有盈利,在1972年廢止• 西日本渡輪(神戶 - 苅田航線)・・・由於沒有盈利,在1975年轉讓給 ( 日語 : )後隨即公司解散• ( 日語 : )(大阪 - 廣島航線)・・・由於沒有盈利,在1982年廢止• 富士渡輪(東京 - 松阪航線)・・・由於沒有盈利,在1979年轉讓給 ( 日語 : )後隨即公司解散• ( 日語 : )・・・重組為 ( 日語 : )• ( 日語 : )(第一代)・・・被 ( 日語 : )收購• ( 日語 : )・・・重組為 ( 日語 : )• ( 日語 : )(松山 - 神戶航線)・・・由於經營惡化結業• ( 日語 : )(松山 - 神戶航線)・・・由於經營惡化結業• ( 日語 : )• ( 日語 : )((以前為 ( 日語 : )) - ( 日語 : ) - )・・・由於經營惡化結業• ( 日語 : )(大阪南港 - 高知港)・・・2005年6月30日起航線廢止• ( 日語 : )・・・2005年12月破產。 只有宮崎航線由 ( 日語 : )繼續營運• ( 日語 : )・・・與 ( 日語 : )合併,成為 ( 日語 : )• ( 日語 : )・・・改名為 ( 日語 : )• ( 日語 : )・・・與 ( 日語 : )合併,成為 ( 日語 : )• ( 日語 : )・・・重組為 ( 日語 : )• ( 日語 : )・・・與 ( 日語 : )合併,成為 ( 日語 : )• ( 日語 : )・・・與 ( 日語 : )合併,成為 ( 日語 : )• 現時子公司還存在• ( 日語 : )・・・在2003年申請公司更生法後,與里維拉合併,在2006年成為子公司,在2009年與Blue Ocean旗下的 ( 日語 : )合併。 除了由津輕海峽渡輪承繼,由函館港為起點的航線外,其他航線全部廢止• ( 日語 : )・・・被裏維拉收購合併,於2006年航線暫停營運,在2008年航線廢止• ( 日語 : )・・・改名為 ( 日語 : )• ( 日語 : )・・・在2006年9月18日結束旅客運送事業• ( 日語 : ) ・・・貨物專用。 2007年6月1日與 ( 日語 : )合併• ( 日語 : ) 2007年7月1日與 ( 日語 : )合併• ( 日語 : )(橫須賀 - 大分航線)・・・在2007年9月3日自行申請破產,航線廢止• ( 日語 : )・・・破產• ( 日語 : )・・・與王子海運合併,成為 ( 日語 : )• ( 日語 : )・・・與鑽石渡輪合併成為太陽花渡輪• ( 日語 : )・・・與關西汽船合併,成為太陽花渡輪 中、短距離渡輪• ( 日語 : )• ( 日語 : )• ( 日語 : )• ( 日語 : )• 臨空渡輪(泉佐野至德島航線)・・・航線沒有盈利• ( 日語 : )• ( 日語 : )(東神戶 - 泉大津航線)・・・航線沒有盈利• 兒坂汽船(兒島-坂出航線)・・・在建成後廢止• ( 日語 : )(垂水 - 井口航線)・・・在建成後廢止• ( 日語 : )(竹原 - 波方)・・・2009年4月30日廢止,航線沒有盈利• ( 日語 : )・・・2009年6月30日廢止,航線沒有盈利• ( 日語 : )(柳井 - 開作,松山 - 伊保田 - 岩國航線)・・・ ( 日語 : )建成後廢止• ( 日語 : )(松山 - ( 日語 : ) - 吳、廣島。 高速快艇)・・・出售並私有化(現時: ( 日語 : ))• ( 日語 : )(宿毛 - 佐伯航線)・・・公司倒閉後由 ( 日語 : )承繼• ( 日語 : )(大阪南港、神戶 - 德島航線)・・・在建成後廢止• 德島渡輪( ( 日語 : ) - 德島航線)• ( 日語 : )(大阪南港 - 小松島)• ( 日語 : )(海港園 - 大磯航線、須磨 - 大磯航線、阿那賀 - 龜浦航線)・・・在、明石海峽大橋建成後廢止• ( 日語 : )(西宮 - 津名航線)・・・在明石海峽大橋建成後經營惡化而廢止• ( 日語 : )(東神戶 - 川之江 - 新居濱航線)・・・在明石海峽大橋建成後,於1998年廢止• ( 日語 : )(清水 - 下田航線)• ( 日語 : )・・・在2000年,轉讓給 ( 日語 : )• ( 日語 : )・・・在2007年航線暫時停運• ( 日語 : )・・・在2004年航線廢止• ( 日語 : )・・・2008年8月31日航線廢止• ( 日語 : )( ( 日語 : )集團)・・・2011年11月30日航線停運• ( 日語 : )・・・在伊良部大橋開通後,於2015年1月31日航路廢止• ( 日語 : )・・・在伊良部大橋開通後,於2015年1月31日航路廢止 國際航線• ( 日語 : ) 2015年12月26日航線暫停 相關條目 [ ]• ( 日語 : )• ( 日語 : ) 外部連結 [ ]• (日文)• (日文).

次の

【おすすめ】両津のおしゃれカフェ「mikawa」でスイーツを♪

津国汽船

沿革 [編集 ] 共同汽船株式会社は、(20年)にの藍商人等が共同出資して設立した海運会社 阿波国共同汽船株式会社をその前身とし、(昭和43年)に「共同汽船株式会社」に改称されたものである。 「阿波国共同汽船」を設立した当時、大阪 - 徳島間の海運は の独占状態にあったため運賃が高騰していた。 当時の徳島の特産品であったを大阪に海輸して富を築いていた徳島の藍商人等はこれを嫌い、より適正な運賃で大阪へ運搬する手段として自前で海運業を起こして設立されたのが「阿波国共同汽船」であった。 「阿波国共同汽船」が初めて投入した船舶は 太陽丸(87トン)で、徳島 - 大阪航路に就航した。 「阿波国共同汽船」の当初の設立目的は「藍の適正価格での輸送」にあったが、それが一応の収束をみた後は「阿波国共同鉄道」を起業して徳島県内を沿いに横切るのと間に鉄道を敷設(現在の徳島駅 - 間および、赤字路線として廃止された)、徳島の鉄道沿線と大阪・和歌山間を経由で結ぶ輸送経路の確立に大きく寄与した。 なお、共同出資会社の「阿波国共同鉄道」は当時の鉄道行政機関であったから敷設仮免許を受けた後、「阿波国共同汽船」に買収されている。 「阿波国共同汽船」は、この徳島 - 小松島間鉄道完成前の徳島 - 小松島航路に 第15共同丸(25トン)を就航させ、さらに徳島 - 小松島間の鉄道線開設後には 第28共同丸(1,000トン)を就航させ、大阪 - 小松島 - 徳島ルートの輸送力を確保した。 なお、徳島 - 小松島間の鉄道路線は、(2年)の開業と同時に鉄道院に借上げられ、鉄道院が運営した。 その後、(6年)付けで、鉄道路線は正式に国有化されることとなった。 その後、「阿波国共同汽船」は日本全国に航路を広げ、最盛期には北支航路および西鮮航路にも航路を有する一方、(大正12年)の 徳島繁栄組による阿摂航路開設や 徳島急行商船による食事サービス競争などで競争は激化した。 しかし戦時中には経済活動の統制を受け、他の海運業者と共同出資して を設立して航路移管したり、ライバル会社であった「徳島繁栄組」と合併するなどして航路自体が統合整理されることとなった。 終結後、「阿波国共同汽船」は戦時中に関西汽船へと運行移管していた阿摂航路の返還を要求して受諾される。 その結果、大阪 - 小松島航路は当社 あきつ丸(1,038トン)と関西汽船の太平丸(966トン)、おとわ丸(910トン)、山水丸(822トン)との共同運航、そして同航路大阪 - 徳島航路は当社 あき丸(386トン)と関西汽船の金城丸との共同運航となる。 戦後の期には鉄道の電化に伴う高速化や、自動車の一般普及による小口輸送のシェアシフトによりは利用が低迷、当社は社名を「阿波国共同汽船」から「共同汽船」に改称する。 また大阪 - 徳島航路、小松島航路を貨客船輸送から輸送に切り替えるなどフェリー輸送へとシフトし、さらに大阪 - 徳島航路()に うらら丸(2,924トン)を、また大阪 - 小松島航路()に (3,831トン)および (4,097トン)を新造投入、さらに 共正汽船と共同で和歌山 - 徳島港間にフェリー航路(徳島フェリー)を開設しフェリー航路を充実させた。 一方、には神戸 - 洲本航路を関西汽船から買収、引き継いだ在来客船はに廃止したものの、高速艇を増備・増発し、大阪航路を開設、津名港で鳴門・徳島方面とのバス連絡を強化するなど全盛期を迎えた。 しかしながらの開通により会社存続が困難になると予想されたことから、徳島阪神フェリーと阪神淡路航路の高速艇を最後に撤退、会社も解散となった。 ダイヤ編成 [編集 ]• 淡路航路ではは実施せず、をまたいで運航する便もなかった。 開通後は津名港で一部の便を除いて淡路・徳島線(・)の・特急バスと接続するダイヤを組んでいた。 発着経由の便は現在の(淡路交通・「学園都市 - 洲本線」、淡路交通・「三ノ宮 - 洲本線」、淡路交通・阪急バス「大阪 - 洲本線」、・「かけはし号」)に引き継がれた。 (11年)より発着津名港経由の便に変更し、(19年)よりかけはし号の一部便は、津名港経由ではなく経由に変更した。 寄港地(廃止時) [編集 ]• 廃止時の船舶 [編集 ]• アクアジェット(I - IV) 神戸航路に就航、航海速力30ノット。 アクアジェットスーパー(I - III) 大阪航路に就航、航海速力38ノット。 1974年竣工、福岡造船建造。 小松島フェリーのち徳島阪神フェリーに就航。 過去の船舶 [編集 ] 客船 [編集 ]• あきつ丸 11月竣工、大阪 - 神戸 - 小松島航路に就航。 の就航により引退、約1,300万円で解体業者へ売却され、解体された。 40年近くにわたって活躍し、引退までに約600万人を輸送した。 989総トン、全長60. 0m、幅10. 0m、深さ4. 9m、ディーゼル1基1軸、旅客定員708名。 すもと丸 1965年3月竣工、佐野安船渠建造。 関西汽船からの引継ぎ船。 1977年9月全便高速艇化により引退。 518. 29総トン、全長54. 47m、幅8. 6m、吃水2. 36m、航海速力15ノット、旅客定員567名。 高速船 [編集 ] 宇高連絡船に用船された「しおかぜ」• いそかぜ 1973年竣工、墨田川造船建造。 関西汽船からの引継ぎ船。 はまかぜ 1976年竣工、建造。 1977年竣工、建造。 後に(JR四国へ継承)に用船され、からまでで就航した。 さちかぜ 1978年竣工、建造。 おいかぜ 1978年竣工、建造。 あさかぜ 1978年竣工、建造。 うらかぜ 1979年竣工、建造。 緑風 1985年竣工、三保造船所建造、船舶整備公団共有。 87総トン、全長28. 1m、幅5. 9m、深さ2. 8m、喫水1. 0m、ディーゼル2基、機関出力1,500馬力、最高速力35ノット、航海速力30ノット、旅客定員150名。 1989年2月2日夜、発行きとして運航中のところ寄港地のへの入港の際、同港北側にある防波堤に高速度で衝突して消波ブロックに乗り上げる事故が発生した。 乗員3人・乗客15人の死傷者を出し、うち2人が死亡した。 犠牲となった1人は、(2015年にに統合)の3年生の女子生徒で、兵庫県内の看護専門学校への受験の帰りに事故に遭遇した。 若くして亡くなった故人を偲んで、同高等学校敷地内にブロンズ像(乙女の像)が1991年に建立されている。 光風 1985年竣工、三保造船所建造、船舶整備公団共有。 緑風の同型船。 清風 1986年竣工、建造。 順風 1986年竣工、建造。 脚注 [編集 ] [].

次の