クラシック ギター 名曲。 Online Courses

Online Courses

クラシック ギター 名曲

量産品 ・3万~15万位までのギター。 表板は単板で、横、裏板は合板。 初心者、学生のギタークラブの方におすすめです。 ・表の板が「松」か「杉」で出てくる音色に違いが生じます。 「松」は明るい、はっきりとした音色が特徴です。 「杉」は甘い音色で松のギターと比べると比較的大きな音量を得ることができます。 ・ギター選びの際に材料の次に必ず確認することは、「ご自分の手にあうギター」を探すことです。 ご自分の手のサイズの計り方は「左手の手のひらを自分に向けて、できる限り拡げてください。 人差し指の左上から小指の右上までの長さを測ってください。 15センチあれば標準スケール(650ミリ)のギターで演奏可能です。 14センチの場合は640ミリショートスケールという具合に、1センチづつ短くなります。 また、今度は手のひらを自分に向けて指をそろえてみてみてください。 薬指の第一関節に対して、小指の長さを見てください。 小指が薬指の第一関節より短い場合は、先ほどの測り方に短い分をマイナスして、ご自分にあうギターを探してください。 国産手工品 ・3万~15万位までのギター。 個人の製作家が工房もしくは工場で製作しているギターで、表、横、裏板すべて「単板」で製作されております。 プロギタリストが使用するギターもおおよそこの構造になっております。 ・製作家の考え方、技術により作品の内容は異なります。 現在表板の構造は、伝統的な扇方の構造と格子状に力木を並べたもの(ラティス構造)と、板を2枚重ねてサンドイッチ上にした、「ダブルトップ構造」の3種類に大きく分かれます。 ・海外の有名プロギタリストではジョン・ウイリアムスがダブルトップのギターを使用したり、アナ・ビドビッチがラティス構造のギターを使用したりするため、日本のアマチュアギタリストも、同様の音を求めて購入されるケースも多く見られます。 ・国産手工品の場合多くは伝統的な構造で製作されております。

次の

クラシックギターのお話

クラシック ギター 名曲

自分の爪を用いる場合は、 演奏用に爪を削る必要があります。 市販の鉄の爪やすり、なめらかに爪を削るためのガラスの爪やすり、目が細かい紙やすり等を使用して爪を削ります。 ちなみに爪の長さは個人の感覚によりますが、大体手のひらの方から指を見て 1~ 2ミリ程度出ているのが良いとされています。 クラシックギターでの演奏は、一人で伴奏もメロディーも演奏することのできる「 ソロギター」が有名です。 基本的にはイスに座って左足を足台に置き、足の間にギターを固定して弾きます。 ギターのイメージとしては立って演奏するバンドや弾き語りのほうが強いと思いますが、どちらかといえば オーケストラで座って演奏する形のほうが近いでしょう。 指で一本の弦をはじいて弾くのが基本の奏法ですが、指をなめらかに交互に入れ替えて弾く「 アルペジオ」や、弦を何本も一度に弾く「 和音」という奏法もあります。 「 音色の追求」「 奏法の多様さ」等、上達すればするほど 深みが増し、技術を追求し始めると止まらない点が クラシックギターの面白さといえます。 決して大きく目立つ音ではありませんが、自分できれいな音色を奏でられた時は本当に感動してクラシックギターの虜になることは間違いありません。 ここからは、そんな繊細で綺麗な表現が可能なクラシックギターの名曲をご紹介していきます。 ぜひ、綺麗な音色にうっとりしてみてください! また、楽譜も曲説明の最後にご紹介しておりますので、弾いてみたい!という方はぜひ実践してみて下さい! クラシックギターを知っている人なら誰しも一度はこの曲名を聞いたことがあるのではないでしょうか。 元々「 禁じられた遊び」という映画に使用されたことからこの名称が有名になりましたが、正しくは「 愛のロマンス」という曲名です。 3つの音が怪しく繰り返されていく 独特なメロディーが特徴的で、聞いているとその曲調に引き込まれていきます。 この曲のおすすめな点はとにかく押さえるコードが簡単なところ。 最初の部分は 指一本押さえるだけで弾くことができます。 多くの初心者の方は演奏する際のコードを押さえてもうまく押さえられなくて音が鳴らず、演奏を進めることにつまずいてしまいます。 弦を押さえるのが苦手な方、コードを押さえるのが苦手な方にはこの曲がおすすめです。 作曲者のタレガは多くのクラシックギターのための曲を残しており、有名な曲では「 アルハンブラの思い出」や「 アラビア風奇想曲」があります。 特に「 アルハンブラの思い出」は演奏されている方も多い人気の曲なので、知っている方は多いのではないでしょうか。 今回こちらで紹介する「ラグリマ」とは 涙という意味で、作曲者のタレガが 娘を亡くしたことをきっかけに作られた曲だと言われています。 切ないメロディーと 激しいメロディーが 繰り返される美しい曲です。 この曲はとにかく楽譜の覚える箇所が少ないです。 2パターンのメロディーを繰り返す曲になっていますので曲の半分を覚えてしまえば全て弾くことができます。 初心者の方で楽譜を覚えるのが苦手な方でも この曲なら最後まで弾ききることができると思います。 この曲を作曲したコストはソルから指導を受けた方です。 この方もクラシックギターのための曲を多く作られています。 舟歌は ベネチアのゴンドラ漕ぎの歌とのことで、 ゆったりとゴンドラに揺られているような優しいメロディーに引き込まれる曲となっています。 また、この曲は多くのクラシックギターの教則本や曲集に載っているので、比較的楽譜は見つけやすいです。 この曲は なんとなく弾くだけで曲としてきれいに弾くことができる点がおすすめです。 と言いますのも、ソロギターでは柔らかい音や固めの音の弾き分けが可能な分、 演奏のメリハリをつけないとのっぺりとした面白みのない演奏になってしまうことがあります。 なので初心者の方はソロギターの表現方法がわからず、どのように演奏したらよいか苦労する方もいらっしゃると思います。 この曲ならそのような方でも 曲の完成度は上げやすいので、とにかく完成度高く曲を弾きたい方におすすめの曲です。 リストでさえ天才的なピアニストと言われているのに、そのリストがひどく感激を受けたというのがもはやすごいよね... そんなパガニーニもクラシックギターのための曲を残しており、この曲はそのうちの一曲です。 前半は 明るい曲調、後半は 暗く怪しい、けれども美しいという曲調となっております。 クラシックギターの曲調は大人向けの怪しげな曲、美しい曲が多いイメージがありますが、前半の明るい曲調部分は小さな子どもが歌っているような かわいいメロディーで、弾いていても 明るい気分になることができます。 この曲は 左手で弦を押さえる手の形があまり変わらない点がおすすめです。 ソロギターでは様々なコードを使用するので、弦を弾く右手だけでなく弦を押さえる左手の形も変わるので、覚えるのが大変だと感じる初心者の方も多いと思います。 この曲では押さえる手の形は大部分が「 Cコード」や「 Fコード」といった2パターンの形なので、左手の押さえ方を覚えるのが苦手な方や間違えやすい方でも弾きやすい曲だと思います。 こちらも「 月光」と同じ作曲者のソルの作品です。 この曲は リズミカルなフレーズが特徴的で、練習していても楽しい気持ちになれると思います。 リズミカルな中にも明るく元気な部分、暗く怪しい部分があるメリハリのある曲となっています。 この曲のおすすめな部分はソロギターでは珍しい、リズミカルな曲調です。 ソロギターの曲は全体的に大人っぽい暗く怪しげな曲や落ち着いた曲が多いです。 そのような曲よりも明るめな曲調を好まれる方には曲選びという点で悩まれる方が多いのではないでしょうか。 自分の好みの曲のほうが練習のやる気は上がり、技術の上達の近道となりますので、曲選びで悩まれている方はまずはこの曲を選んでみてはいかがでしょうか。 初心者にもオススメできるクラシックギターの名曲7選|まとめ 今回は初心者におすすめのクラシック名曲を紹介させていただきました。 ソロギターの上達のコツはまずはゆっくりでいいので最後まで曲を弾ききることです。 楽譜を見てよくわからない部分があれば、演奏動画を楽譜を見ながら確認してみたら弾く時のイメージが沸きやすくなると思います。 また、曲を始める際に自分の好きな曲を選ぶと、練習の時のやる気が一層増し、演奏技術をより早く向上させることができます。 自分が頑張って最後まで弾きたくなるような、お気に入りの一曲をぜひ探してみてください。 もちろん演奏ではなく、聴く専門な方も多くの魅力的なクラシックギターの名曲に触れて酔いしれてみて下さい!.

次の

【タブ譜】ソロギターアレンジ、クラシックギター定番曲

クラシック ギター 名曲

自分の爪を用いる場合は、 演奏用に爪を削る必要があります。 市販の鉄の爪やすり、なめらかに爪を削るためのガラスの爪やすり、目が細かい紙やすり等を使用して爪を削ります。 ちなみに爪の長さは個人の感覚によりますが、大体手のひらの方から指を見て 1~ 2ミリ程度出ているのが良いとされています。 クラシックギターでの演奏は、一人で伴奏もメロディーも演奏することのできる「 ソロギター」が有名です。 基本的にはイスに座って左足を足台に置き、足の間にギターを固定して弾きます。 ギターのイメージとしては立って演奏するバンドや弾き語りのほうが強いと思いますが、どちらかといえば オーケストラで座って演奏する形のほうが近いでしょう。 指で一本の弦をはじいて弾くのが基本の奏法ですが、指をなめらかに交互に入れ替えて弾く「 アルペジオ」や、弦を何本も一度に弾く「 和音」という奏法もあります。 「 音色の追求」「 奏法の多様さ」等、上達すればするほど 深みが増し、技術を追求し始めると止まらない点が クラシックギターの面白さといえます。 決して大きく目立つ音ではありませんが、自分できれいな音色を奏でられた時は本当に感動してクラシックギターの虜になることは間違いありません。 ここからは、そんな繊細で綺麗な表現が可能なクラシックギターの名曲をご紹介していきます。 ぜひ、綺麗な音色にうっとりしてみてください! また、楽譜も曲説明の最後にご紹介しておりますので、弾いてみたい!という方はぜひ実践してみて下さい! クラシックギターを知っている人なら誰しも一度はこの曲名を聞いたことがあるのではないでしょうか。 元々「 禁じられた遊び」という映画に使用されたことからこの名称が有名になりましたが、正しくは「 愛のロマンス」という曲名です。 3つの音が怪しく繰り返されていく 独特なメロディーが特徴的で、聞いているとその曲調に引き込まれていきます。 この曲のおすすめな点はとにかく押さえるコードが簡単なところ。 最初の部分は 指一本押さえるだけで弾くことができます。 多くの初心者の方は演奏する際のコードを押さえてもうまく押さえられなくて音が鳴らず、演奏を進めることにつまずいてしまいます。 弦を押さえるのが苦手な方、コードを押さえるのが苦手な方にはこの曲がおすすめです。 作曲者のタレガは多くのクラシックギターのための曲を残しており、有名な曲では「 アルハンブラの思い出」や「 アラビア風奇想曲」があります。 特に「 アルハンブラの思い出」は演奏されている方も多い人気の曲なので、知っている方は多いのではないでしょうか。 今回こちらで紹介する「ラグリマ」とは 涙という意味で、作曲者のタレガが 娘を亡くしたことをきっかけに作られた曲だと言われています。 切ないメロディーと 激しいメロディーが 繰り返される美しい曲です。 この曲はとにかく楽譜の覚える箇所が少ないです。 2パターンのメロディーを繰り返す曲になっていますので曲の半分を覚えてしまえば全て弾くことができます。 初心者の方で楽譜を覚えるのが苦手な方でも この曲なら最後まで弾ききることができると思います。 この曲を作曲したコストはソルから指導を受けた方です。 この方もクラシックギターのための曲を多く作られています。 舟歌は ベネチアのゴンドラ漕ぎの歌とのことで、 ゆったりとゴンドラに揺られているような優しいメロディーに引き込まれる曲となっています。 また、この曲は多くのクラシックギターの教則本や曲集に載っているので、比較的楽譜は見つけやすいです。 この曲は なんとなく弾くだけで曲としてきれいに弾くことができる点がおすすめです。 と言いますのも、ソロギターでは柔らかい音や固めの音の弾き分けが可能な分、 演奏のメリハリをつけないとのっぺりとした面白みのない演奏になってしまうことがあります。 なので初心者の方はソロギターの表現方法がわからず、どのように演奏したらよいか苦労する方もいらっしゃると思います。 この曲ならそのような方でも 曲の完成度は上げやすいので、とにかく完成度高く曲を弾きたい方におすすめの曲です。 リストでさえ天才的なピアニストと言われているのに、そのリストがひどく感激を受けたというのがもはやすごいよね... そんなパガニーニもクラシックギターのための曲を残しており、この曲はそのうちの一曲です。 前半は 明るい曲調、後半は 暗く怪しい、けれども美しいという曲調となっております。 クラシックギターの曲調は大人向けの怪しげな曲、美しい曲が多いイメージがありますが、前半の明るい曲調部分は小さな子どもが歌っているような かわいいメロディーで、弾いていても 明るい気分になることができます。 この曲は 左手で弦を押さえる手の形があまり変わらない点がおすすめです。 ソロギターでは様々なコードを使用するので、弦を弾く右手だけでなく弦を押さえる左手の形も変わるので、覚えるのが大変だと感じる初心者の方も多いと思います。 この曲では押さえる手の形は大部分が「 Cコード」や「 Fコード」といった2パターンの形なので、左手の押さえ方を覚えるのが苦手な方や間違えやすい方でも弾きやすい曲だと思います。 こちらも「 月光」と同じ作曲者のソルの作品です。 この曲は リズミカルなフレーズが特徴的で、練習していても楽しい気持ちになれると思います。 リズミカルな中にも明るく元気な部分、暗く怪しい部分があるメリハリのある曲となっています。 この曲のおすすめな部分はソロギターでは珍しい、リズミカルな曲調です。 ソロギターの曲は全体的に大人っぽい暗く怪しげな曲や落ち着いた曲が多いです。 そのような曲よりも明るめな曲調を好まれる方には曲選びという点で悩まれる方が多いのではないでしょうか。 自分の好みの曲のほうが練習のやる気は上がり、技術の上達の近道となりますので、曲選びで悩まれている方はまずはこの曲を選んでみてはいかがでしょうか。 初心者にもオススメできるクラシックギターの名曲7選|まとめ 今回は初心者におすすめのクラシック名曲を紹介させていただきました。 ソロギターの上達のコツはまずはゆっくりでいいので最後まで曲を弾ききることです。 楽譜を見てよくわからない部分があれば、演奏動画を楽譜を見ながら確認してみたら弾く時のイメージが沸きやすくなると思います。 また、曲を始める際に自分の好きな曲を選ぶと、練習の時のやる気が一層増し、演奏技術をより早く向上させることができます。 自分が頑張って最後まで弾きたくなるような、お気に入りの一曲をぜひ探してみてください。 もちろん演奏ではなく、聴く専門な方も多くの魅力的なクラシックギターの名曲に触れて酔いしれてみて下さい!.

次の