サックス 基本。 サックスのしまい方・お手入れ方法

バンブーサックスの基本的な構造・使用方(楽しい点・難しい点などまとめ)

サックス 基本

サックス 19世紀にベルギーのアドルフサックスが考案した木管楽器で、彼の名前から「サックス」や「サクソフォーン」と呼ばれています。 金属製でできているものの木管楽器と分類されるのには諸説ありますが、マウスピースにシングルリードをリガチャーで固定し音を出す仕組みからクラリネットと同様の木管楽器とされています。 木管楽器とされながらも金管楽器のメリットを兼ね備えている近代的な楽器とも言えます。 基本的には真鍮で作られ、ラッカーやメッキなどの塗装が施されています。 管体表面に彫られた彫刻はサックスの魅力のひとつ。 楽器1本に使用されるパーツの数が多いのもサックスの特徴です。 ソロはもちろんカルテットなどのアンサンブル、吹奏楽にビッグバンドあらゆるジャンルの音楽で使われるサックスですが、唯一登場の機会が少ないのはオーケストラ。 メンバーには組み込まれず、限られた曲によって登場します。 また管楽器の中では断トツに音を出すことが簡単で、どなたでもチャレンジしやすい管楽器です。 ソプラノサックス サックスの中で唯一直管のソプラノサックス。 サックスの中では、管が細いために吹奏感に癖があるのと、音程が取りにくいとされるため、始めからソプラノサックスを吹く方は多くはありません。 吹奏楽では曲の一部分に持ち替え楽器として登場し、メインで吹くことは少ないのです。 ただ、クラシックをメインとしたカルテットですと、ソプラノ、アルト、テナー、バリトンと4種類のサックスをしっかりそろえて専門的に吹きます。 そのような場合にはソプラノサックスの中でも、ネックが外せる設計のデタッチャブルタイプのモデルを選ぶことが多いです。 主要ブランドはネック一体式とネックが外せるデタッチャブルとモデルをラインアップしています。 もう一方のネック一体式の楽器は、吹奏感のスムーズさが際立ち、ジャズ層、特にテナーサックス奏者が持ち替え楽器として選ぶことが多いです。 特有のサウンドでソプラノに憧れる方はとても多くいますよ。

次の

誰でも吹ける最新楽器でサックスの音色を奏でよう、サックスモニカ

サックス 基本

スポンサーリンク 学んだ事を記録して、日常の練習の材料としたい。 本当の基礎の基礎。 [note] (1)ロングトーンは当然の毎日行う。 (2)タンギングも必ず夫々の音で行うように勤める(今は基礎だから) (3)スケールの練習はゆっくりと吹く。 これをゆっくりと行う。 これを毎日 呪文のように唱えて憶える。 自然に口からでるまで憶える。 とにかく、ゆっくりと各スケールで半音下がる音を自然にできるには、ゆっくりと行う。 4 楽しみながら練習する。 例えば実際の曲に挑戦しながら(1)~(3)を生かす。 今日教えてもらったテナーサックスの ZOOT SIMs October 29, 1925 — March 23, 1985 渋い。 かっこいい。 これはレーザーディスクの映像しかないらしく、 YOUTUBEにアップしてもらってありがたい。 彼は、この撮影後に60歳になる前に若くして死去した。 貫禄充分、年とりすぎて見えるのは私だけか? ———— すべて削除されてしまったので別を貼り付ける。

次の

サックスの値段はどのぐらい?|5分でわかるサックスの相場や費用

サックス 基本

バンブーサックスの基本的な構造・使用方 バンブーサックスは、木管楽器のサックスとクラリネットの丁度真ん中の音なんだそうなので、竹を使って作られていることも考えると木管楽器なんだろう!とは思うのですが、どんな構造をしているのかはご存じでしょうか? 知っている人は、あまりいないのではないかと思うのですが、構造と使い方などについてご紹介しようと思いますので、是非参考にしてみていただければと思います。 1バンブーサックスの構造 構造はとっても簡単なようで、音孔と呼ばれる指で押さえる穴の開いた本体、リガチャーに分けられるそうです。 本体は竹製または樹脂製で表側に8個、裏側に1個のトーンホールがあり、左手は5本全ての指、右手は4本の指を使って押さえたり開けたりして演奏をします。 形状は円筒状で、長さは35cmほどと【ソプラノリコーダー】とほぼ同様の大きさになっています。 リードを使って演奏するのですが、テナーサックス用のリードを使います、リガチャーで本体へそのまま取り付けて演奏するようです。 押さえる穴を変えることで、音程が変わるのは他の楽器と同じです。 2バンブーサックスの吹き方 一番出しやすい音はCの音、いわゆるドの音になります。 右手の親指と人差し指だけトーンホールをふさぎ息を吹き込むと音が出ます。 吹き方、くわえ方としては、リードをある程度噛んで約2cmほど口に入れます。 その時リードやバンブーサックス本体を噛みすぎると音が出づらいため注意してください。 【音が出ないよ】なんて時はくわえ方が間違っていることがほとんどのようです。 深めにくわえているか、強すぎず弱すぎずに噛めているかをまずは、確認してみてください。 その後は、くちびるの位置によって音が出づらい場合があるため少しずつ位置をずらしてみると音が出るはずです。 3バンブーサックスの難しいと言われていること バンブーサックスの吹き口は本体と一体型で、大きいのが特徴らしいのですが【タンギング】をして演奏するのが難しいと言われています。 短音を連続で出そうなど1音ごとにはっきりした音を出そうとしてタンギングすると途中で音がぶれたりするみたいです。 4バンブーサックスの楽しい楽しめると言われているところ バンブーサックスは、そこまで大きな楽器ではないため演奏がしやすく楽しく吹くことが出来ると言われています。 サックスやクラリネットに比べると簡単に音が出すことが可能なので自分の好きな楽曲を演奏出来るため、楽しくバンブーサックスを吹くことが出来ます。 まとめ バンブーサックスの構造は、クラリネットなどに比べると、とても簡単な作りになっていることが分かりました。 吹き方やくわえ方を覚えてしまえば、簡単に自分の好きな楽曲を吹けるバンブーサックスです。 タンギングが難しいようですが、他の楽器に比べると吹くことが簡単に出来るので、少し練習を重ねることでタンギングも出来るようになると思います。 誰でも簡単に演奏をすることが出来るバンブーサックスを是非一度手にしてみませんか?.

次の