ご無沙汰しています。 ビジネスでの「ご無沙汰しております」の最適な使い方〜「お世話になっております」との併用の仕方

「ご無沙汰」の意味を知り、ご無沙汰の手紙の書き方とその文例

ご無沙汰しています

「ご無沙汰」の意味 「ご無沙汰」の「沙汰」とは「便り・知らせ」を意味する言葉です。 よって 「無沙汰」は「便りや知らせがない」という意味になります。 さらに「ご無沙汰」と、頭に「ご」をつけることで相手に対する敬いの気持ちを表しています。 挨拶として「ご無沙汰」を使う場合は、相手に対して長く相手に連絡をしなかった・顔を出さなかった「無沙汰」を申し訳ないと詫びる意味になります。 ビジネスシーンでは目上の相手や上司、クライアントに対しても使うことができます。 会話や電話をはじめビジネスメールや手紙などにも幅広く使えるため、覚えておくと非常に便利なフレーズです。 「ご無沙汰」の使い方 「ご無沙汰」は久しく会っていない・連絡していない相手に使う言葉です。 ですが久しくといっても、どの程度期間が開くと「ご無沙汰」していることになるかは人それぞれです。 またいくら「ご」がついていても「ご無沙汰」や「ご無沙汰です」では、目上の人に挨拶として使うのは失礼にあたるのでNGです。 「ご無沙汰」を実際に会話やビジネスメールで使うには、どのような言い回しや注意点があるのでしょうか。 ここからは、例文をご紹介しながら解説していくのでチェックしてみましょう。 相手「 ご無沙汰しております」 自分「こちらこそ ご無沙汰しております」 基本的に「ご無沙汰しております」といわれた場合は、メール・会話のどちらでも 「こちらこそご無沙汰しております」と返すのが最もスタンダードな返事の仕方です。 そのまま返すのが気になるという場合は「こちらこそご無沙汰しており申し訳ありません」「こちらこそご無沙汰してしまい失礼いたしました」など、語尾に変化を付けてもよいでしょう。 状況に応じて「お変わりありませんか」と相手の近況を気遣ったり、「その説はお世話になりありががとうございました」などお礼の言葉を添えると、より丁寧な印象を与えられるでしょう。 「ご無沙汰」の類語 「ご無沙汰」以外にも、似た意味の言葉はいくつかあります。 シチュエーションや相手に応じて言い換えられるよう、チェックしてみましょう。

次の

「お久しぶりです」と「ご無沙汰しております」の違いと使い分け

ご無沙汰しています

話し言葉でも書き言葉でも頻繁に使われており、目上の相手に対しても使うことができます。 「ご無沙汰しています」と言った後は、「お変わりありませんか?」「どうお過ごしですか?」など、連絡をとっていない期間への配慮の言葉を続けるといいでしょう。 話し方や前後の言葉で相手への伝わり方が変わってくる言葉だといえます。 私生活においては、長らく会っていなかった相手と久しぶりの再会をしたときや、しばらく連絡が途絶えていた相手に連絡をするときなどに使います。 (1)「お久しぶりです」 前回、会ったり連絡をとってから長い時間が経過しているときに使います。 【例文】 ・ お久しぶりです。 たまには一緒にご飯でもいかがかと思い連絡いたしました。 【例文】 ・ずいぶんと 久方ぶりです。 義理と人付き合いの道理から考えれば、連絡をとるべきだったのにそうしてこなかったというお詫びの気持ちを全面に押し出すときに使うことがあります。 【例文】 ・ずいぶん前にご連絡を頂いたにもかかわらず、 不義理をしてしまい申し訳ございませんでした。

次の

「手持ち無沙汰」とは?意味や使い方を解説!

ご無沙汰しています

ご無沙汰しておりますの意味 敬語の謙譲語になる 敬語は「尊敬語」「謙譲語」「丁寧語」の三つに分かれます。 「ご無沙汰しております」の「おります」とは、その中でも「謙譲語」に属する言葉です。 丁寧語である「お久しぶりです」の謙譲語が、「ご無沙汰しております」という表現になります。 ご無沙汰の意味 「ご無沙汰」の「沙汰」は、「便り」や「知らせ」という意味です。 それが「無」ということですから、連絡が長い期間無いことを意味します。 さらに、接頭語である「ご」をつけて、相手に対する敬いの気持ちを表現したものが、「ご無沙汰」となります。 ご無沙汰しておりますの使い方 長い期間連絡を取ってない時に使う 最後に会ってから、目安として2~3ヶ月期間が空いた時に使うのが、良いタイミングです。 逆に、2~3日など、短い期間で使うと不自然な印象になりますので注意しましょう。 また、半年~1年以上期間が空いた場合には、「大変ご無沙汰しております」というように、「大変」を付け加えることでより自然な表現となります。 目上の人にも使える 「ご無沙汰しております」は謙譲語であるため、自分をへりくだり、相手を敬う意味合いがあります。 そのため、特にお世話になった人や上司など、目上の人に使うのに適した表現として、問題なく使用することができます。 目上の人から言われたときの返事 「ご無沙汰しております」と言われた場合、「こちらこそご無沙汰しております」と返します。 また、自分より目上の人から言われた場合でも、同じように返して問題ありません。 その際、「こちらこそご無沙汰して申し訳ありません」と、お詫びの言葉を添えるとより自然な表現となり、印象が良くなります。 目上の人から「お久しぶり」と言われた時の返答も、「ご無沙汰しております」と返すのが適切です。 英語での使い方 英語には、日本語のように丁寧語や謙譲語などの使い分けがありません。 日本語ほど礼節を厳しく言うことはありませんが、挨拶の大切さは同じです。 英語で「ご無沙汰しております」と伝える場合、実際に使われている表現はシーンによっていろいろありますが、代表的なパターンは以下となります。 使うときの注意点 お世話になっておりますとの併用 ビジネスシーンで定番の挨拶である「お世話になっております」ですが、「ご無沙汰しております」との併用は避けるようにします。 「ご無沙汰」という長らく連絡を取っていないことを意味する言葉と共に、「お世話になる」という何らかのコンタクトがあるのが前提の言葉を使うのは、矛盾していて不自然な表現であるためです。 場合により、「お世話になっております」と併用することもあるかと思います。 その際は「お世話になっております。 ご無沙汰いたしまして失礼いたしました。 」などと付け加えると、自然な表現になります。 メールや手紙での文章例 ご無沙汰して申し訳ありません。 「ご無沙汰」には、挨拶だけでなく、お詫びの意味合いも含まれています。 そのため、「ご無沙汰して申し訳ありません」と謝罪の言葉をひと言付け加えても不自然ではありません。 例 「久しくご連絡をしておらず、ご無沙汰して申し訳ありません。 」 大変ご無沙汰をいたしました。 最後に会ってから、または前回連絡を取ってから半年から1年以上の期間が空いている場合には、「大変ご無沙汰~」と表現します。 例 「大変ご無沙汰をいたしました。 」 ご無沙汰しております。 お元気ですか 「ご無沙汰しております」だけでも十分丁寧ですので失礼にはなりませんが、相手の近況を気遣う言葉を一言付け加えると、気持ちの良い文章になります。 例 「ご無沙汰しております。 お変わりありませんか?」 ご無沙汰しておりますの類似表現 お久しぶりです 「ご無沙汰しております」と似た表現で、「お久しぶりです」があります。 「ご無沙汰」にはお詫びの意味合いが含まれている一方で、「お久しぶり」にはその意味合いは含まれません。 また、「ご無沙汰しております」よりもカジュアルな表現のため、取引先や目上の人に使うのにはあまり一般的ではないので注意が必要です。 ビジネスシーンでは、「ご無沙汰しております」を用いるようにします。 まとめ 適切な表現で「ご無沙汰しております」と挨拶できれば、空いてしまった時間を埋め、その後のやり取りもスムーズになります。 さらに、相手を気遣う言葉や、時候の挨拶を付け加えることで、気持ちの良い印象を与えることができるでしょう。

次の