今後 とも どうぞ よろしく お願い 申し上げ ます。 「今後とも」の意味と使い方!ビジネスで使える定型文例も紹介

「ご指導ご鞭撻」の意味・使い方と例文・言い換え表現

今後 とも どうぞ よろしく お願い 申し上げ ます

・「飼ひける犬の、暗けれど主(ぬし)を知りて、飛び付きたりけるとぞ」(『徒然草』) 意味は、飼っている犬が暗い中でも飼い主を見つけて飛びついてきた。 「ぞ」(すごい勢いで)は、ここで強調する役割を担っています。 「何事も入り立たぬさましたるぞよき」(『徒然草』) 意味は、何事も我関せずといった様子で深く立ち入ってこないこと「ぞ」がいい。 ここでも「ぞ」は強調を意味しています。 「何卒」の「卒:とぞ」は「何」を強調する役割を持ちます。 「何」(なんとなれば)(いずくんぞ)、「卒」(とぞ)、二つをあわせると「なんとなれば・とぞ」となり「なんとしても強く」という意味になります。 「何卒よろしくお願い申し上げます」の正しい使い方 「何卒」の語源と意味がわかったところで、次に「何卒よろしくお願い申し上げます」の正しい使い方について解説していきます。 メールで何かをお願いする場合の「何卒よろしくお願い申し上げます」の使い方 ビジネスメールのあいさつでは文末に「よろしくお願い申し上げます」としめくくるだけで十分です。 しかし、お願いをする場合や、相手に注意喚起をうながすような場合には「お願いする」ことを強調する意味合いで「何卒」を前に付けます。 また、目上の方やクライアントなど上にある立場の人に向けて丁寧にあいさつする場合には文頭に「何卒」をつけて「何卒よろしくお願い申し上げます」を使用します。 「今後とも何卒よろしくお願い申し上げます」の使い方 メールの文末に社交辞令として付けるあいさつの言葉です。 継続して仕事の依頼を行う場合や、仕事を引き受ける場合に、「今後とも」を付けるとより丁寧なあいさつ文になります。 「ご検討のほど、何卒よろしくお願い申し上げます」は、検討を強くお願いする意味合いを持ちます。 「ご査収のほど、何卒よろしくお願い申し上げます」の場合は、送信したデータなどの中身をよく確認してくださいという意味です。 「ご了承のほど、何卒よろしくお願い申し上げます」であれば、「どうか了承してください」という気持ちを強くお願いする意味合いを持ちます。 また「ご理解のほど、何卒よろしくお願い申し上げます」は「どうかご理解ください」を強くお願いする文面です。 例えば、 「ご検討いただきますよう、何卒よろしくお願い申し上げます」 「ご配慮いただきますよう、何卒よろしくお願い申し上げます」 「お取り計らいいただきますよう、何卒よろしくお願い申し上げます」 などの使い方があります。 「何卒よろしくお願い申し上げます」と「何卒よろしくお願いいたします」違い 「申し上げます」は「言う」の謙譲語であるのに対して、「いたします」は「する」の謙譲語になります。 意味としての違いはないので、どちらを使用してもかまいません。 しかし、「何卒よろしくお願い申し上げます」の方がより丁寧な印象になります。 まとめ 今回は、メールなどでよく使う「何卒よろしくお願い申し上げます」について詳しく解説してきました。 ちなみに、「何卒よろしくお願い申し上げます」はメールの文章ではよく使用しますが、会話をする際に使用すると不自然になります。 おそらく古文に由来していることが原因だと思われます。 対面してあいさつする場合には「どうぞ、よろしくお願いいたします」の方が自然です。 ・執筆:ヤマダ ユキマル 広告代理店を経て、求人サイトのコンテンツライター、ビジネス関連サイトのライターとして活動中。

次の

ビジネスメールの結び言葉としての「今後とも」の使い方と例文8個

今後 とも どうぞ よろしく お願い 申し上げ ます

相手の健康、幸福、繁栄などを祈る挨拶• 何卒お身体おいといください。 何卒ご自愛専一にてお願い申し上げます。 健康にはくれぐれもご留意ください。 末筆ながら皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。 皆々様の益々のご健勝を心よりお祈りいたしております。 皆様方のご無事息災を心よりお祈り申し上げます。 くれぐれも体調を崩されませぬようご自愛ください。 貴社の更なるご発展を心よりお祈り申し上げます。 時節柄、ご自愛専一にてご精励くださいますようお願い申し上げます。 時節柄、ご自愛専一にご活躍ください。 時節柄、どうぞご自愛くださいませ。 天候不順の折、何卒ご自愛ください。 風邪など召されませぬようご留意ください。 どうぞ穏やかにお過ごしください。 体調を崩されませぬようご留意ください。 心穏やかにお過ごしください。 今後の厚誼、鞭撻を願う挨拶• 今後ともご指導ご鞭撻の程、宜しくお願い申し上げます。 引き続きご支援ご厚情を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。 今後とも変わらぬお付き合いの程、宜しくお願い申し上げます。 今後ともご愛顧の程、宜しくお願い申し上げます。 宜しくお引き回しくださいますようお願い申し上げます。 末永いお付き合いのほど宜しくお願い申し上げます。 何卒お力添えをいただきますようお願い申し上げます。 今後ともよろしくお願いいたします。 用件をまとめる挨拶• まずは右ご連絡まで。 取り急ぎ、用件のみ。 取り急ぎ御礼まで。 略儀ながら書中をもちましてご挨拶申し上げます。 右、書中をもってご案内申し上げます。 まずは書中にて御礼申し上げます。 まずは御礼かたがたご挨拶まで。 改めましてご挨拶に伺います。 取り急ぎ、一筆ご連絡まで。 まずは用件のみにて失礼いたします。 右取り急ぎお詫び申し上げます。 まずは謹んでお悔やみ申し上げます。 略儀ながら書状にて、ご冥福をお祈りいたします。 例:「まずは右 ご連絡まで。 」 乱筆、乱文を詫びる挨拶• 乱筆乱文お許しください。 乱筆乱文お詫び申し上げます。 乱筆乱文のほど、ご容赦願います。 伝言を頼む挨拶• 末筆ながらご家族様へくれぐれも宜しくお伝え願います。 この趣、皆様にもご伝言ください。 皆様へよろしくお伝えくださいませ。 家内からもよろしく申しております。 返事を求める挨拶• 諸事ご多用のことと存じますが、ご返事賜りたくお待ちいたしております。 折り返しご一報賜りたくお願い申し上げます。 恐縮ではございますがご返事のほどお願い申し上げます。 ご多用の折、誠に恐れ入りますが、ご都合をお聞かせ願えれば幸いです。 恐縮ではございますが、何分の御回答をお願いいたします。 ご返答をお待ち申しております。 折り返しご一報ください。 スポンサーリンク.

次の

「今後ともよろしくお願いいたします」の意味と使い方|メール

今後 とも どうぞ よろしく お願い 申し上げ ます

【目次】 1.通常の結び言葉• 今後ともよろしくお願いいたします。 今後ともお引き立ての程をよろしくお願いいたします。 今後ともよろしくご愛顧のほどお願いいたします。 今後ともお引き立てくださいますようお願い申し上げます。 これまで同様お引き立てくださいますようお願い申し上げます。 引き続きよろしくお願いいたします。 2.確認や検討の依頼を含む結び言葉• ご検討の程、よろしくお願いいたします。 ご確認よろしくお願いいたします。 ご意見、ご感想をいただければ幸いです。 ご検討くださいますようお願い申し上げます。 お手数ですが、どうぞご検討よろしくお願いいたします。 ご協力いただけますよう、よろしくお願いいたします。 お忙しいところ誠に恐縮ですが、どうぞよろしくお願いいたします。 3.返信を要求する場合の結び言葉• ご返事をお待ち申し上げます。 ご連絡をお待ち申し上げます。 ご連絡いただけますと幸いです。 ご連絡いただきますようお願い申し上げます。 お手数ですが、ご返事いただければ幸いです。 ご多忙のところ恐縮ですが、ご返答いただければ幸いです。 それでは、ご回答をお待ちしております。 ご連絡を賜りますようお願いいたします。 4.返信不要の場合の結び言葉• まずは、お礼申し上げます。 なお、ご返信は不要です。 ご確認いただければ、ご返信は無用です。 特に問題がなければ、ご返信にはおよびません。 何か不都合がありましたら、お知らせくださいませ。 ぜひ一度ご覧いただきますようお願いいたします。 取り急ぎご連絡申し上げます。 取り急ぎお知らせいたします。 5.内容がお詫びや断りの場合の結び言葉• お詫び申し上げます。 ご期待に沿えず、申し訳ありませんでした。 ご理解の上ご容赦いただきますようお願い申し上げます。 深くお詫び申し上げます。 重ねてお詫び申し上げます。 まとめ いかがでしょうか。 これらの結びの言葉には挨拶の意味とこのメールはここで終わりということを知らせる効果も持ち合わせています。 もちろん、ご紹介したフレーズだけではありませんが、結び言葉には様々な種類や伝え方が存在します。 いつも「よろしくお願いします」でも間違いではありませんが、一辺倒な表現では真心が相手に伝わりにくいもの。 お礼、感謝、謝罪などの内容の場合は特に気を配りたいですよね。 メールの内容、状況に合わせて印象付ける書き方を身に付けておきましょう。

次の