限界突破wifi 電波。 気をつけて!「限界突破WiFi」のデメリットと評判を調査!料金の比較も有り

限界突破WiFi

限界突破wifi 電波

この記事でわかること• 話題の「限界突破WiFi」と「めっちゃWiFi」を比較する• ともに無制限にギガが使える優秀なポケットWi-Fiである• めっちゃWiFi(公式): 読みたいところだけどうぞ• 事務手数料が無料になる限界突破WiFiの方が初期費用は安い ポケットWi-Fiを申し込むと、ほとんどの場合に事務手数料が3,000円ほど必要になります。 めっちゃWiFiも例に漏れず事務手数料は3,000円です。 ところが、限界突破WiFiは事務手数料が0円(無料)になります。 どちらも初月の月額料金は日割りになるため、結果として初期費用は限界突破WiFiの方が安くなります。 2年間の合計費用も限界突破WiFiの方が少しだけ安い 月額料金はめっちゃWiFiの方が20円だけ安いです。 ところが、限界突破WiFiは事務手数料が無料になるため、2年間の合計費用で比べた場合、限界突破WiFiの方が少しだけ安くなります。 2年間の合計費用 限界突破WiFi めっちゃWiFi 84,000円 86,520円 「限界突破WiFiの方が安いんだ!」と喜ぶのはまだ早いです。 めっちゃWiFiは端末補償がない 限界突破WiFiは月額500円で端末補償に入れますが、めっちゃWiFiはそもそも端末補償がありません。 よく持ち歩く方、ついつい落としがちな方は万が一に備えて端末補償に加入することをおすすめするのですが、そもそもめっちゃWiFiには端末補償がないのです。 めっちゃWiFiは弁済金が安い ところが、実は めっちゃWiFiは端末を壊した場合の弁済金がわずか5,000円という非常に良心的な料金設定になっているのです。 故障、水没、盗難、紛失など、兎にも角にもルーターをダメにしてしまった場合、5,000円払えばOKなのは非常に安いと言えるでしょう。 これなら端末補償がなくても安心と言えます。 限界突破WiFiは月額500円だが故障と水没のみ 端末補償がある限界突破WiFiですが、月額500円払っても補償対象となるのは故障と水没のみです。 盗難や紛失の場合は18,000円の弁済金が必要になります。 めっちゃWiFiの弁済金は5,000円なので、限界突破WiFiの端末補償10ヶ月分と同額。 端末補償の観点から考えれば、めっちゃWiFiの方がオトクになることがわかるでしょう。 2年使って端末を壊してしまった場合の合計費用 限界突破WiFi めっちゃWiFi 96,000円 (端末補償代込) 91,520円 (弁済金込) 2年使って端末を紛失してしまった場合の合計費用 限界突破WiFi めっちゃWiFi 114,000円 (端末補償代+弁済金込) 91,520円 (弁済金込)• スマホと両手持ちになる• アプリやバッテリー機能を使えば使った分だけルーターの充電がなくなる おそらく多くの方が、スマホをよく手に持っているでしょう。 もしくは、すぐに取り出せるような場所(ポケットやカバンの上部)にしまってあると思います。 であれば、わざわざルーターでGoogleMap使ったり、翻訳アプリを使うメリットはほぼありません。 なぜならそのままスマホで行った方が手慣れている上に、最悪両手持ちになってしまうからです。 そんな不便な話はありません。 また、アプリはともかくモバイルバッテリー機能は一見すると便利に見えますが、そんなことはありません。 結果としてルーターの充電がなくなってしまっては元も子もないからです。 別途モバイルバッテリーを持った方が間違いないでしょう。 そもそも端末としての品質評価が低く、速度遅延やネットの切断も多い そして何よりも、この「 jetfon P6」という機種は非常に評価が悪いです。 より引用 見てわかる通り、ルーターとしての評価は最悪と言ってよいでしょう。 実際に使って確認していますが、速度があまり速くないのはともかく、 ネットの切断が非常に多かったです。 確かにというシステム上、多少の通信切断は起きます。 が、限界突破WiFiはあからさまにその頻度が多く、非常に気になるレベルだったのです。 こうなってくると 原因はルーター端末そのものにあるのではないか?と思ってもしょうがないと言えるでしょう。 めっちゃWiFiも時折ネットが切断されることはありましたが、限界突破WiFiほどではありませんでした。 正直言うと、この差はかなり大きいと考えています。 めっちゃWiFiで使われている「U2S」というルーターは、多くのクラウドWi-Fiで使用されている非常にベターな端末です。 モバイルWi-Fiとしての機能しかありませんが、それで十分だと個人的には思っています。 どちらのルーターも実効速度は10~40Mbps程度。 ドコモ、au、ソフトバンクのLTE回線を使うので、劇的に速度が変わるということはありませんでした。 限界突破WiFiに比べて、めっちゃWiFiは非常に良心的な設定となっています。 2年以内の違約金が10,000円ほど差がある 更新月以外の違約金 限界突破WiFi めっちゃWiFi 1年目 18,000円 9,800円 2年目 18,000円 9,800円 3年目~ 5,000円 無料 ご覧のとおり、 限界突破WiFiは2年以内に解約すると18,000円も取られますが、めっちゃWiFiは9,800円だけで済みます。 1年目の18,000円はまだしも、2年目も18,000円もするのは他と比べても高い部類ですね。 めっちゃWiFiは自動更新がないので3年目以降はいつ解約しても無料 また、 めっちゃWiFiは自動更新がないので3年目以降はいつ解約しても違約金が取られません。 どちらとも更新月で解約すれば違約金は0円ですが、必ず更新月のタイミングで解約できるわけではありません。 長く使うことを考えるのあれば、解約するときのことまで考えて契約をするべきでしょう。 総合評価:めっちゃWiFiの勝利 総合評価としては、めっちゃWiFiの方が優れていることがわかりました。 逆を言えば「地図アプリが欲しい」「モバイルバッテリー機能が欲しい」人だけが、限界突破WiFiを選ぶべきと言えるでしょう。

次の

wimaxがダメダメなので限界突破wifiを使ってみたら…デメリットも

限界突破wifi 電波

限界突破WiFiの速度は遅い? 限界突破WiFiを利用するときに気になるのが通信速度です。 通信速度が遅いと、ゲームのプレイや動画視聴などがスムーズに行えません。 最大通信速度は不明 一般にどのサービスも最大通信速度が公式サイトに掲載されているのですが、エックスモバイルの限界突破WiFiはルーターの説明がなく最大通信速度が掲載されていません。 公式サイトには記載されていませんが、限界突破WiFiの取り扱い端末はjetfon p6です。 取扱端末「jetfon P6」の速度は150Mbps 限界突破WiFiのルーター端末のjetfon p6は、SIMカードを入れる必要のないクラウドSIMの端末です。 jetfon p6には、クラウドSIM対応のスマホ端末も販売されています。 従来の端末には1台にSIMカードを1枚挿入することで通信ができましたが、クラウドSIMは端末ではなくクラウドサーバー上で管理する新しい技術です。 クラウドSIMだとサーバー上にある複数のSIMと1台の端末をつなげられます。 そのため世界のクラウドSIMが対応する国であればどこでもその国のクラウドSIMとつながるので非常に広い範囲での利用が可能です。 限界突破WiFiは3大キャリアであるソフトバンク・au・ドコモのクラウドSIMの電波で一番つながりやすい電波をキャッチします。 通信速度の受信 下り 速度150Mbpsとは、動画視聴やゲームのプレイがサクサクできる通信速度です。 ただしこれは理論値で実際の速度は場所によって異なります。 他社と大きく異なるところは「どんなときもWiFi」や「めっちゃWiFi」のルーターには液晶画面がありませんが、jetphone p6は大きな液晶画面があることです。 もともとjetfone p6はiPhoneなので、翻訳アプリや地図アプリを利用できる機能があり、海外に行っても地図で場所を確かめることができ、言葉がわからなくても翻訳アプリで話せます。 カメラ機能が搭載されているので写真を撮ることも可能です。 jetfon p6のスペック内容の詳細は次の通りです。 5mm 連続使用可能時間 最大15時間 バッテリー容量 3,400mAh アプリ 地図、翻訳 画面サイズ 5. 7インチ 速度制限はなし WiMAXは3日で10GBを越えると通信制限がかかります。 通信制限がかかると、LINEで写真をアップロードするなどの容量が多い通信はできません。 また、スマホや携帯の通信容量が決まっているプランでは、容量を超えると128Kbpsという非常に遅い通信速度に落ちてしまいます。 一方、 限界突破WiFiでは、通信を無制限に利用しても通信制限がかからないので、容量を気にすることなく何時間でも利用できます。 速度制限がなく、いつも速い速度で通信ができることは普段からゲームをしたり、動画をみる人にはとくにおすすめです。 ただし容量を著しく超えて他のユーザーに影響を与えるほどの大容量の通信を行った場合や違法ダウンロード、不正な利用があった場合のみ、通信制限が課されることがあります。 速度の安定感は高い 限界突破WiFiは、ソフトバンク、ドコモ、auの3大キャリア回線からつながりやすい回線をキャッチしてつなげます。 トリプルキャリアは回線が安定しており、広いエリアでの利用が可能です。 その回線を利用している限界突破WiFiなので、通信も安定しています。 口コミの中には通信が途切れるとかつながらない、通信速度が遅くてアップロードができないという投稿も見られますが、多くの口コミには通信速度がいつも安定していて速いという投稿が多いです。 今後も通信速度はさらに改善されると期待できるので、更新するたびにもっと速くなると予想できます。 限界突破WiFiと他社速度を比較 通信速度は契約する上において重要なポイントです。 他社のモバイルWiFiサービスの通信速度をみて、限界突破WiFiと比べてみましょう。 限界突破WiFi WiMAX どんなときもWiFi めっちゃWiFi 下り 最大150Mbps 最大1237Mbps 最大150Mbps 最大150Mbps 上り 最大50Mbps 最大75Mbps 最大50Mbps 最大50Mbps WiMAXと速度比較 出典: WiMAXは、モバイルWi-Fiの中では通信速度が最速で下り最大1237Mbps、上り最大75Mbpsです。 限界突破WiFiが下り最大150Mbps、上り最大50Mbpsと比べると、 WiMAXの方が相当通信速度が速いです。 現在の回線には3G回線、4GLTE回線、WIMAX回線の3種類の回線があり、WIMAXはUQコミュニケーションズが提供するWiMAX規格の無線ネットワークの名前です。 3G回線と4GLTE回線は3大キャリアが持つ回線で、3G回線より4GLTE回線の方が通信速度が速いです。 ただし WiMAXには3日間で10GBの通信制限があり、それを越えると翌日の18時から翌々日の2時頃まで1Mbpsほどに通信制限がかかります。 またWiMAXは、都市部ではほぼ利用できますが、山間部ではつながらないことが多いです。 反面限界突破WiFiは通信制限がなく、三大キャリアがつながる場所なら全国どこでも利用できます。 ので、ぜひご一読ください。 どんなときもWiFiは、株式会社グッドラックが運営しているインターネット接続サービスです。 どんなときもWiFiは、限界突破WiFiと同じフリーSIMのルーター「D1」で、3大キャリアの電波をキャッチします。 ルーターD1の通信速度は下り最大150Mbps、上り50Mbpsで 限界突破WiFiと同じ通信速度です。 通信制限がなく広範囲で電波がつながることも、限界突破WiFiと同じです。 月額基本使用料は「どんなときもWiFi」が24ヶ月までは3,480円 税抜 、25ヶ月以降は3,980円 税抜 ですが、限界突破WiFiはずっと定額の3,500円 税抜 です。 また契約時の事務手数料は「どんなときもWiFi」が3,000円 税抜 かかりますが、限界突破WiFiは0円です。 端末は「どんなときもWiFi」はレンタルで、レンタル料はかかりませんが端末の返却が必要です。 一方限界突破WiFiは端末代が0円で、レンタルではいので端末の返却が不要です。 めっちゃWiFiと速度比較 出典: 「めっちゃWiFi」は、スマートモバイルコミュニケーションズが運営するインターネットサービスです。 「めっちゃWiFi」のモバイルルーターは「U2s」で、 限界突破WiFiと同じ下り最大150Mbps、上り最大50Mbpsの通信速度です。 「めっちゃWiFi」も限界突破WiFiも速度制限がなく、3大キャリア回線を利用して国内外で使えるという点で共通しています。 月額料金は両者ともずっと定額で、「めっちゃWiFi」が20円安い3,480円 税抜 です。 事務手数料は「めっちゃWiFi」が3,000円 税抜 で限界突破WiFiが0円です。 また「めっちゃWiFi」はWebでクレジット払いのみですが、限界突破WiFiはWebからはクレジット払いですが全国の80店舗では口座振替もできます。 限界突破WiFiの速度に関する良い口コミ WiMAXや他社のフリーWi-Fi会社と比較して、限界突破WiFiの方がメリットが高いですが、限界突破WiFiを利用している人の良い口コミをみてみましょう。 満足できる速度が出ている 限界突破Wi-Fi届きました。 ですから下り23. 73Mbpsは、ゲームプレイや動画視聴するには十分な通信速度だといえます。 ソフトバンクで十分な速度が出る 限界突破Wi-Fi スピードテスト 検査場内でテストです。 ソフトバンクでスピード十分です。 — おいちゃん 8781Jr auの電波でも速い auの電波をキャッチして通信速度を測定したツイッターには以下の投稿があります。 9Mbps、上り32. 2Mbpsと高速通信ができる速さです。 「どんなときもWiFi」は、ほぼソフトバンク回線をつかみますが、限界突破WiFiはソフトバンク回線とau回線の電波をキャッチするようです。 フリーSIMの端末では3大キャリアの電波をキャッチするとありますが、ドコモ回線をキャッチしているという口コミは見られませんでした。 限界突破WiFiの速度に関する悪い口コミ 限界突破WiFiを利用している人で、通信速度に関して悪い口コミもみられました。 3人のSNSの投稿から、デメリットもあることを知っておきましょう。 電波障害や山や厚い壁などで電波が遮られて遅くなることもあります。 しかし、限界突破WiFiはまだ売り出されて間もないサービスなので、売り出し当初はアップロードに難があったり、途中で急に途切れたりということもあったようです。 ただ、最新のアップデートでは、高画質の4K動画もスマホで見られるほど通信速度が改善されています。 場所によって速度が遅い 限界突破Wi-Fiは、場所によっては凄く速いけど、我が家の環境には合わなかった。 結局元のWiMAXに戻った。 多少高くても速度重視。 -Fi — ツバメ管理人 TsubameMG 建物などの電波障害がある場合や電波塔から遠い場合など、場所によって通信速度が変わります。 速度重視でWiMAXが入る環境なら、WIMAXの方が高速通信が可能です。 再起動の手間がかかる 通信速度が遅い場合、再起動すると改善されることがあります。 今日も… 再起動の前と後。 再起動するといいんだけど、この手間は…回線はソフトバンク — てるまっくす! terumax1971 度々、再起動するのも面倒ですが、再起動することで再度クラウドSIMシステムで回線を拾うため、違う回線に接続して通信速度が改善する場合があります。 限界突破WiFiをおすすめできる人 限界突破WiFiは、安定した速度、データ容量が無制限、実店舗があるというメリットがあります。 それらのことを求めている方には限界突破WiFiがおすすめです。 安定した速度でWiFiを利用したい人 限界突破WiFiは、クラウドSIMなので、ソフトバンクやau、ドコモのトリプル回線から1つの回線を選んでインターネットにつなぐため安定性が高いです。 ときには途切れることもあるようですが、再起動すれば改善されます。 限界突破WiFiは、安定した速度でインターネットが利用したい人におすすめです。 データ容量をたくさん使う人 限界突破WiFiは、国内の通信データ容量が無制限なので、データ容量を気にせず使えます。 最大8台のデバイスと同時にインターネットを接続してもデータ放題なので安心して利用できます。 オンラインゲームや動画視聴など、データ容量をたくさん使いたい人には、限界突破WiFiがおすすめです。 実店舗で契約したい人にもおすすめ 限界突破WiFiは、エックスモバイルの店でも契約できます。 エックスモバイルは、全国に80ヶ所の店舗があるため、説明を聞いて、手に取って試してから決めたいと思っている方は実店舗に足を運びましょう。 店舗だと面倒な初期設定はすべて対応してくれるので、端末の扱いに不慣れな方にはおすすめです。 注意したい点は、 口座振替だと初回で口座振替手数料が20,000円もかかることです。 店舗での「待ち時間が気になる。 」、「ネットで手短に契約をしたい」という人はWebからの申しこみがおすすめです。 webでの申し込みの流れ まずは公式サイトの「webで申し込み」をクリックします。 「申し込みプランの選択」、「支払い方法の選択」画面に移りますが、ここは3500円のプラン、クレジットカードにチェックをすればOKです。 次に端末補償のオプション(500円)の有無を選択し、「利用規約に同意」をチェックし、「お客様情報入力」に進みます。 情報入力が終わったら「決済情報入力」に進みます。 すべての情報を入力し、申し込みが完了するとメールが届きます。 端末が届いたら、すぐに利用可能です。 限界突破WiFiよりもおすすめのWiFi 限界突破WiFiの速度が遅いと感じている方、これからWiFiの契約を考えている方におすすめのWiFiをご紹介します。 カシモWiMAX【業界最安級】 出典:• 業界最安級の月額料金• 通信容量無制限で使用可能• 最新機種が利用可能 の特徴は、なんといっても月額料金の安さです。 1ヶ月目の 月額料金が1,380円~と設定されており、 月額料金を少しでも抑えて利用したい方に特におすすめです。 WiMAXはauを展開するKDDIの子会社であるUQコミュニケーションズが提供しているサービスで、はそのサービスの販売代理店を担っています。 これを「プロバイダ」と呼びます。 販売代理店を通すと月額料金が高くなるイメージがあると思いますが、カシモWiMAXはテレビCMではなくネット上で宣伝を強化しているため、高額な広告費を使っていません。 契約が増えると販売代理店として報酬も増えるため、契約数が多ければ多いほど1,380円という金額を維持しやすく、お得なキャンペーンも実施ができるのです。 WiMAXはどのプロバイダで契約しても品質が変わらないため、月額料金が安くて、通信速度も速いプロバイダを選ばない手はありません。 通信は安定しており、「速度が遅い・繋がらない」といった問題はあまり起こらないでしょう。 キャッシュバックキャンペーンはありませんが、月額費用が業界最安級なので WiMAXの中で最もおすすめのプロバイダです。 S BoJuSbnnxdbgPx3 やはりユーザーからは「キャッシュバックがない代わりに月額料金が抑えられている」という点が支持されているようです。 他にも契約年数やポケットWiFiならではの利便性をメリットと考えている方が多いようですね。 UQ WiMAX 出典:• キャッシュバックキャンペーンを実施• auのスマホを使っていればお得• ギガ放題プランあり! テレビCMでもお馴染みのも、auの回線を使ったWiMAXサービスです。 カシモWiMAXと同じようにギガ放題プランがありますが、料金は月々4,380円かかります。 auのスマホを契約していれば、スマホ代が月額最大1,000円安くなる「auスマートバリュー」というキャンペーンがあります。 様々なキャッシュバックキャンペーンを時期に応じて行っているため、お得なタイミングで契約するのがよいでしょう。 UQ WiMAXの口コミ・評判 おすすめの組み合わせは電話だけのプランがあるIIJmioとWiMAXですね。 IIJmioが920円で、WiMAXはUQ WiMAXなら4369円だけど、とくとくBBとか安いところを利用すればインターネットし放題で速度も早いのに合算して5000円切るとか行けそうなんで、めちゃおすすめっすよ。 でも2つのデバイス持ち歩くのが— タオタオ taotao1974 YmobileWiFiは本当に駄目だ。 つなぎ放題のアドバンスモードの説明が足りない。 通信制限あるやん。 UQWiMAXをおすすめするよ。 本当に。 — KIYONO kiyono0108 UQ WiMAXも通信速度や月額料金といった面での評価が高いようです。 また、プラン変更が自由にできたり、月380円で盗難・紛失時の保障、端末修理サービスもつけることができる、CMを多く打っているのでユーザー認知度が高いといった「安心感」も高評価の理由といえるでしょう。 そもそも他社にも回線・端末を提供しているUQ WiMAXはドコモやY! mobileといった他社回線よりも速度が速く、料金が抑えられています。 ぜひUQ WiMAXを利用してお得にインターネットを楽しんでくださいね。 縛りなしWiFi• 縛りなしの通常プランが月3300円なのに対し、縛っちゃうプランは月2800円となっています。 長く使えば使うほどトータル金額は「縛っちゃうプラン」の方が安くなるため、長期レンタルには「縛っちゃうプラン」をおすすめします。 契約期間の縛りがないだけでなく、通信制限の縛りがないのも人気の秘密となっています。 縛りなしWiFiはデータ容量の制限がないため、 低価格でインターネットが使い放題なのです。 スマホの通信制限に悩んでいる方だけでなく、通信費を下げたい方にもおすすめのレンタルポケットWiFiといえます。

次の

【使い放題】限界突破WiFiに変えたリアルな口コミ大公開!

限界突破wifi 電波

限界突破WiFiは、新型コロナウイルスの影響により、在庫不足で入荷待ちの状況です。 4月8日よりWEB申し込みが停止となっています。 受け付けている店舗もあるようですが、それも在庫がある間だけということです。 しかも、 無制限だった通信容量は1日5GB以上で速度制限になるという規約に変わりましたので、無制限を探していた方にはオススメできないWiFiになってしまいました。 そこで、今も無制限で提供しているモバイルWiFiを紹介しておきます。 6月5日時点では 「ギガWi-Fi」がオススメです。 「ギガWi-Fi」は 月額3,250円で使えるデータ量無制限のモバイルWiFiなので、3,500円の 限界突破WiFiよりも250円安く使えます。 安さで大人気だったMugen WiFiの3,280円よりも30円安いので、今後人気になることが予想されるモバイルWiFiです。 最大速度150Mbpsは限界突破WiFiと同じなので、限界突破WiFiが制限有りになった今、圧倒的におススメのモバイルWiFiになっています。 知名度の低さから在庫がある状態でしたが、6月5日時点で3機種中2機種が在庫切れという状況になっています。 安くて使い放題のモバイルWiFiがあると知り、申し込みが殺到し始めているようなので、 申し込みが遅くなると在庫切れになる可能性が非常に高い状況です。 モバイルWiFiが必要な方は、ギガWi-Fiが今も申し込み可能なのか、急いで公式サイトを見に行きましょう。 ゆっくりしていると申し込めるWiFiがなくなっていくかも知れませんよ。 クラウドSIMを搭載していると、ドコモ、au、ソフトバンクの3キャリアの電波から最適な回線に接続します。 例えばドコモやauが不安定なエリアではソフトバンクに繋がるといった感じです。 SIMカードはクラウド上にあるので、今までのように本体にSIMカードを挿す必要がありません。 自動的にそのエリアで最適なSIMカードを切り替えてもらえるというイメージがわかりやすいかと思います。 ドコモもauもソフトバンクも、エリアの人口カバー率はほぼ100%なので、「クラウドSIMとか新しいサービスはエリアが狭くて嫌だ」という方にとっても、安心しておすすめできます。 参考までにエリアの地図を貼っておきますね。 口コミサイトなどでも良く見かける利用者の悩みです。 特にWiMAXが地下鉄では電波が悪いことは有名で、そのWiMAXがモバイルWiFiの代名詞的な製品であったため「モバイルWiFiは地下鉄では使い物にならない」という口コミが広がっています。 しかし、クラウドSIMである限界突破WiFiはWiMAXの回線ではなくドコモ、au、ソフトバンクの回線を利用するので、地下鉄にも強いモバイルWiFiとなっています。 当然電車などの地下鉄以外の移動中でも使えるので、通勤通学で公共機関を利用している方にとってもおすすめできるモバイルWiFiです。 田舎の中でも特にエリア外が多くなるのは山間部などの山奥のエリアです。 山奥のエリアでも人が住んでいれば、そこに電波が届くように電波塔が設置されますが、人が住んでいないエリアまではさすがに電波を届けてくれません。 こんな話をすると、「いやいや、コテージに行ったけどエリア外だったよ」と指摘する方も当然います。 ただ、コテージの場合、人が住んでいるというよりは、観光の時期にスタッフさんが運営しているという認識のところも多いので、人が住んでいるの定義から外れることが多々あります。 キャンプなどで宿泊施設などを利用する際は、事前に携帯の電波があるのかは聞いておくと安心です。 そんな山奥のエリア事情ですが、やはりモバイルWiFiの代名詞となっていたWiMAXが山間部エリアに弱いという特徴があったため、モバイルWiFiは山では使えないという印象が強いですよね。 しかし、クラウドSIMはドコモ、au、ソフトバンクの電波なので、クラウドSIMを採用している限界突破WiFiであれば、山間部のエリアでも以前よりは広く利用できるように改善されています。 例として、富士山周辺のエリアを比べてみるとこれほどの違いがあります。 左がソフトバンクのエリアで、右がWiMAXのエリアです。 説明不要なくらい、山間部となるとWiMAXのエリアは期待できないことが分かります。 逆にソフトバンクは富士山全域もエリアとなっているので、これはこれで驚きポイントです。 自宅全体がエリア外であれば、周りの建物の影響である可能性が高いので、かなり厳しい状況です。 モバイル系のサービスには期待せずに、いっそ光回線などの固定回線を契約して自宅にネット環境を作り、無線ルーターから電波を飛ばした方が無難です。 しかし、自宅自体はエリアが来ていて、リビングでは使えるのに寝室が圏外というケースもあります。 部屋によってエリア外になってしまう、電波が悪くなってしまうというケースでは、限界突破WiFiを置く位置を変えるなどして、電波状況の良い場所を探しましょう。 しかも、クラウドSIMなので特別な手続きは必要なしで、対応国で電源の再起動を行えば自動的にその国の回線と接続してくれるという便利ものです。 限界突破WiFiの対応国は以下のようになります。 ドコモ、au、ソフトバンクのエリアで使える• 地下鉄でも電波がつながりやすい回線• WiMAX時代よりも山奥や田舎のエリアが安定• 海外に持って行くと手続き不要で使える 上記の特徴があると分かりましたね。 少し前まで主流だったWiMAXのモバイルWiFiから、限界突破WiFiに乗り換え始めている方がいることにも納得です。 限界突破WiFiは氷川きよしさんをイメージキャラクターとしてCMにも力を入れ始めたので、おそらくこれからは在庫切れの発送待ちになることが予想されます。 欲しい時に手に入らずに、初期手数料の3,000円分が無料になるキャンペーン等が終わってしまってはかなりもったいないです。 キャンペーン中の今、手続きができるようなら早めに申し込んで、新時代のモバイルWiFiの快適さを体験しましょう。

次の