肩こり 手 の 痺れ。 手のしびれが治らない。理学療法士が対処方法を提案する。

ジンジン、ビリビリと気になる嫌な感覚 その「しびれ」、大丈夫?|すこやかネット|NIPRO-ニプロ株式会社- 「その技術は、人のために。」

肩こり 手 の 痺れ

肩こりって肩や首に痛みや不快感を伴うものが多いのですが、中には手のしびれが出てくる場合があります。 すぐにしびれが消えればいいのですが、消えずにずっと残っているようなら注意が必要です。 手を動かすことは問題なくできるけれど、しびれが消えないなら病院にいって診てもらうことは大切です。 しかし、手のしびれは病院などの検査では原因がわからないものが多く、改善法がなくて 困っている方が多くおられます。 そこで今回は肩こりがあり、それに加えて手のしびれがある場合の原因とどのように対処していけばいいのかに ついて解説していきたいと思います。 手のしびれに悩まされている方はこの記事を参考にしてくださいね。 手のしびれが起こる原因 手がしびれる原因となる疾患にはさまざまなものがあります。 原因を調べる時に1つの判断基準になるのが、安静にしている時にしびれがあるのか 身体を動かした時のみにしびれがあるのかということです。 大きく2つに分類されるので、それぞれどんな疾患があるのかみていきましょう。 安静にしている時に手が痺れる 安静にしていても手がしびれる場合は、神経や脳の異常を疑うべきです。 代表的なものには次のような疾患があります。 ・脊髄腫瘍 ・脊髄空洞症 ・ギランバレー症候群 ・多発性硬化症 ・糖尿病 ・脳卒中 これらの疾患の中には命に関わるものもあるので、安静にしている時に手にしびれがある場合は 病院での検査を受けましょう。 病院の詳しい検査ですぐにわかるものから、難病に指定されているものまで 幅広くあります。 しびれを放置することは絶対にやめてください。 身体を動かした時にだけ手がしびれる 身体を動かした時に手がしびれる場合ですが、主に首や腕、手首などをあらゆる方向に動かした時に 出る場合がほとんどです。 考えられる疾患には次のようなものがあります。 ・頚椎椎間板ヘルニア ・胸郭出口症候群 ・後縦靭帯骨化症 ・手根管症候群 身体を動かした時のみ手がしびれるということですから、原因は骨や筋肉になります。 骨が変形していたり、筋肉が硬くなっていたりすることでしびれが出ます。 これらの疾患は即、命にかかわることはありませんが、早めの治療をすることが大事になります。 病院でレントゲンなどの検査を受けても原因がわからないものもありますが、一度受けてみる事をおすすめします。 この他には、身体の血行が悪い事によって手にしびれが出る場合がありますので、 そちらの対処について解説していきます。 肩こりからくる手のしびれの改善法 肩こりも血行が悪くなり、筋肉が硬くなることで起こる事から、肩こりからくる手のしびれも 身体の血行不良からきていることが多いです。 そのような時には次にご紹介する方法を試してみてください。 1.肩甲骨の運動 肩こりに関係する筋肉は肩甲骨に付着していることが多いですので、肩甲骨を意識的に動かしていきましょう。 そうすることで肩周りの筋肉がほぐれて柔らかくなります。 1つ簡単にできる肩甲骨の運動を紹介します。 まずは手を身体の後ろで組んだ状態にします。 その状態から写真のように床と水平になるのを目標に 腕を挙げていきます。 この時に注意するポイントとしては、腕を挙げていくときに上半身が前のめりになってしまいがちなので、 上半身はなるべく真っすぐにした状態で行ってください。 こうすることによって、肩甲骨の周りの筋肉がほぐれていきます。 このような運動を行う事によって、手のしびれが軽減する場合はそれを根気よく続けるようにしてください。 でも、手のしびれが全く変わらないようなら次の方法をおすすめします。 2.整体を受けて手のしびれを改善する その方の手のしびれが血行不良の肩こりからきているものだとしても、身体のどこの筋肉が原因でしびれが 出ているかなどは人によってさまざまです。 ですので、肩こりと手のしびれが起こっている原因がどこなのかを調べて、そのための治療を受けられる整体が おすすめです。 血行不良からきている手のしびれの場合は整体が最も効果的です。 当院に来られる患者さんも肩こりがあって、手がしびれ始めたが、最初は消えるだろうと思って放置することが多く、 その後いつまでもしびれが残るので来院される方がとても多いです。 手がしびれるぐらいの血行不良はかなり悪い状態なので、早めに対処しましょう。 【早めの対処を!】肩こりからくる手のしびれの改善法 まとめ 肩こりからくる手のしびれの多くは、不良姿勢や日常生活などの身体の使い方が原因で起こるものばかりです。 肩こりやしびれはそういった間違った身体の使い方にサインを送ってくれているのです。 なので、まずはその手のしびれを改善して、その後は再発しないように普段の身体の使い方を変えていくことが 必要となります。 しかし、どのような動きや姿勢が身体に悪いのかを知らない方も多いので、そのあたりも 当院ではしっかりと指導させていただきます。 お困りのことがあれば当院までお気軽にご連絡ください。 最後までお読みいただきありがとうございました。 著者:手技による施術のみで改善させる腰痛・肩こり治療のスペシャリスト 所持資格:柔道整復師、鍼灸師 自身がなにをやってもよくならない腰痛に5年以上悩まされた経験から治療家の道へ。 臨床経験を積むうちに何をしてもよくならない腰痛や肩こりで悩む人の共通点が骨盤の歪みからくると気づき骨盤を中心とした身体の研究を始める。 その後32000人以上の施術経験を積み、大阪府茨木市に3年以上よくならない腰痛・肩こりの専門院として茨木はなおか整骨院を開業。 機械を一切使わない手技による施術のみで、腰痛・肩こりの痛みをなくす大阪で唯一の腰痛・肩こりの専門家。 長きにわたって腰や肩の辛い症状で悩んでいる方の治療にあたる。 治療に来られた患者さんのうち90%がリピートし、症状改善率は91. 7%の実績を誇る。

次の

手のしびれが治らない。理学療法士が対処方法を提案する。

肩こり 手 の 痺れ

しびれの種類 「しびれ」という言葉にはいろいろな意味が含まれていますが、おおまかには次の3つの異なった種類があります。 (1)感覚低下 痛みや冷たい感覚、触った感覚が鈍くなったり、全く感じなくなったりすること。 (2)運動麻痺 自分の意思で手足が動かしにくかったり、手足に力が入らない。 (筋肉の力が弱くなったり、全く力が入らなくなったりすること) (3)異常感覚 感覚が鈍くなったり、感じなくなったりするのではなく、安静にしていても、例えば手や足にジリジリとかチクチクとか普通ではない感覚が出現することで、安静にしている時だけでなく、動いた時に起ることもあれば、皮膚を触ったり叩かれたりした時に出現することもあります。 しびれを引き起こす原因 しびれを引き起こす原因としては、脳の病気、脊髄の病気、手足の末梢神経の病気などが挙げられます。 同じしびれでも正座をすると足がしびれるような場合は誰もが経験していますが、このような場合は時間が経つとしびれは治ります。 問題なのは病気が原因で生じるしびれ。 例えば脳の血管が詰まったり、破れたり、腫瘍などの脳の病気が原因でしびれが生じます。 また脊椎に異常があったり、首(頚椎)や腰(腰椎)などの異常で神経が圧迫されたりして、しびれが生じる場合も多くあります。 さらに糖尿病の症状として、末梢神経の障害を生じてしびれを起こす場合や、ウイルスの感染や更年期障害、ストレスなどによってもしびれが生じる場合もあります。 起きてしばらくすれば治る。 その作業や動作をやめ、体操などをすれば治る。 症状が続くようなら、整形外科で受診を 腕が肩より上に上がらない。 肩関節の老化によるもの。 中年の、特に手を使う仕事の女性に多く起こる。 急いで内科医へ受診を。 レイノー病とは発作的に四肢の末端に血行障害を起こす病気で、寒冷や精神的緊張があると手の指先が左右対称に蒼白になり、冷感・痛みを伴う。 ひどくなると充血・発赤・拍動性のうずきが出てくる。 左右対照的に末梢神経が冒される病気で、化学物質や薬物、栄養障害、妊娠などが原因でも起こるが、最も多いのは糖尿病によるもの。

次の

手のしびれ:医師が考える原因と対処法|症状辞典

肩こり 手 の 痺れ

そうだったのか!手のしびれは右手と左手で原因が異なる 右利きで、左手に手のしびれが出る。 左利きで、右手に手のしびれが出る。 そういう症状を持った方が、たくさんいます。 手を動かすことで手のしびれが出ると思われますが、実はそうではありません。 本当は動かさない方が、筋肉に負担がかかることが多いのです。 右利きの人が右手を動かし続けると、体は左側に傾くようになります。 結果として負担が入るのは、体の左側になります。 そのため何もしていなくても、右手もしくは左手に手のしびれが出てしまう状況です。 またデスクワークを長時間されている方は、この症状が発生することが多いです。 例えば右利きの人は、右手でマウスを長い時間使用し続けます。 そのため左手に負担がかかり、自然と左手のしびれを引き起こすことが多くなります。 自律神経失調症の身体的な症状 疲労感が続く、だるい、突然のめまい、偏頭痛、動悸、熱っぽい、眠れない。 下痢、耳鳴り、手のしびれ、足のしびれ、口やのどが乾く、頻尿、残尿感。 自律神経失調症の精神的な症状 イライラする、突然不安になる、疎外感をもつ、落ち込みやすくなる、やる気がない。 憂鬱になる、感情のコントロールが不安定、あせりやすくなる。 自律神経失調症の主な原因はストレスです。 手のしびれの直接的な原因ではありませんが、ストレスが溜まるとホルモンバランスが崩れます。 ホルモンバランスが崩れると自律神経が乱れ、血行を悪くします。 その結果、手のしびれを引き起こします。 ストレスは手のしびれ以外にも様々な病気を引き起こし、お肌など美容にもよくありません。 なるべく早くストレスを発散できるように心がけましょう。 あなたのストレスはどのくらい?簡単ストレスチェック 以下の項目にあなたはいくつ当てはまりますか? 寝不足からくる手のしびれ。 寝不足とストレスの関係を徹底分析 寝不足とストレスは大きな関係があります。 つまり寝不足により体に疲労がたまり、集中力が欠けます。 そして私生活や職場、学校でミスを起こしやすくなり、その失敗で落ち込みストレスをためていきます。 脳の機能低下 寝不足が続くと脳が十分な休養をとれなくなり疲労がたまっていきます。 疲労がたまると記憶力・思考力・集中力の低下を引き起こします。 脳に疲労がたまると、簡単なことでもミスをしたり、自転車や車の事故を起こしたりする危険性が高まります。 活動時間に突然起こる激しい睡魔 寝不足だと脳が十分な休憩をとれていないため、その分睡眠をとろうと睡魔が襲ってきます。 仕事でミスが増えることで怒られる機会が増え、ストレスがかかります。 情緒不安定である 脳の働きでは肉体と精神を安定させる役割があります。 そのため寝不足だと怒りやすくなったり、ストレスをためやすくなったりします。 手のしびれなど身体への影響 脳は体を動かすように指示をしています。 寝不足で脳の機能が低下すると、体がうまく働かなくなります。 体がうまく動かなくなると手のしびれはもちろん、頭痛、吐き気、目まいを起こすことがあります。

次の