委細 類語。 間違いも多い「差し支えない」の意味と使い方、敬語表現、類語「差し障り」との違いを解説!

「ご了承ください」の意味は?目上の人にもOK?使い方を徹底解説

委細 類語

「承知しました」の意味と類語 「内容を理解する」「引き受ける」という意味 「承知しました」には「内容を理解する」と「お引き受けする」の2つの意味があります。 かしこまったシーンでも使われる「承知」という単語に、丁寧語の「しました」を付け加えた単語である「承知しました」は、ビジネスシーンで多く使われる言葉です。 例えば、目上の相手から会議の内容が変更になったという連絡に対して「承知しました」と返事をした場合、「変更されたことを理解した」という意味で「承知しました」が使われています。 「お引き受けする」という意味で使われる場合は、「会議の内容をまとめておいてくれ」という上司の依頼に対し、「承知しました」となります。 「内容を理解する」と「お引き受けする」どちらの意味でもビジネスシーンでは使われるため、状況に応じて使ってください。 類語「了解しました」への言い換え 「承知しました」の類語となる言葉が「了解しました」です。 「承知すること」を意味する「了解」に丁寧語の「しました」を加えた敬語表現で、「承知しました」と同じく内容を理解した場面や依頼を受けるシーンで使われます。 類語「了解しました」は失礼ではない 目上に「了解しました」を使うことは失礼であり、「承知しました」の方が丁寧でビジネスシーンに適しているという意見がありますが、「了解しました」は目上の人へ使える言葉です。 「了解しました」を失礼と捉える側の意見としては、「了解」という言葉がくだけた物言いであり敬意を感じられないということが挙げられます。 しかし、「了解」という単語自体に「承知」という意味が含まれていることを考えると、丁寧語に変換された「了解しました」は目上に使える丁寧な言葉といえるでしょう。 ただ、注意が必要なのは言葉としては失礼ではないのですが、捉え方によっては失礼と感じる人がいるということです。 敬意を示しているつもりでも、相手に伝わってなければ意味がありません。 「了解しました」を使うことで失礼と捉えられる危険性があるのであれば、「承知しました」を使用することが無難だといえるでしょう。 「承知しました」の使い方 「承知しました」は上司へ使える 丁寧語の「しました」が付けられている「承知しました」は、上司や取引先の担当者など目上の相手へ使う言葉として適しています。 目上への敬意が感じられる「承知しました」を目下や同僚などに使用すると違和感がある場合もあるため、誰にでも使うのではなく状況に応じて「わかりました」などの柔らかい表現に言い換えることも大切です。 「承知いたしました」は二重敬語でない 「承知しました」を更に丁寧に表現した言葉が「承知いたしました」です。 「承知いたしました」は二重敬語だという意見もありますが、二重敬語には当てはまりません。 「承知」という言葉自体、「承る」の謙譲語であるため「いたす」と謙譲表現が重なってしまっているという意見がありますが、「承知」は1つの単語であり謙譲語は「いたす」のみです。 目上の相手へ使用できる「承知いたしました」ですが、親しい上司など距離の近い相手へ使うと、「堅苦しい」や「仰々しい」と感じられてしまうため状況に応じて使用してください。 「承知しました」はメールでも使える 「承知しました」はビジネスメールでも多く使われる言葉です。 話し言葉と違い、書き言葉は相手の声色や表情が分からない分、さらに丁寧な必要があります。 場合によっては「承知いたしました」と使い分けて丁寧なメールを心掛けましょう。 簡単に「承知しました」を使わない 簡単に「承知しました」と、何にでも返事をすることは避けた方がいいと言えます。 「承知しました」には「理解した」という意味の他に、「お引き受けする」という意味が含まれていることを説明しました。 話の内容をしっかり聞かず「承知しました」と答えてしまうと、相手は「引き受けてくれた」と解釈してしまう恐れがあります。 相手の話をしっかりと聞き、引き受けられる状況で「承知しました」を使ってください。 違和感がある場合は類語に言い換える 相手に「承知しました」を使うことに違和感がある場合は、類語に言い換えましょう。 相手との距離や密度によっては「承知しました」が堅苦しく感じられる場合や、フランクに感じられる場合があります。 丁寧な言葉だからといって、いつ誰にでも使えることにはなりません。 相手とコミュニケーションを取ることに、「これが絶対!」は無いため、相手や状況に応じてその場に合った適切な言葉を選びましょう。 1日の予定でしたが、15日に変更となりました」と、納期変更のメールが届いたとしましょう。 上記の例文の場合「納期変更の件、承知しました」と、「理解した」という意味で使われます。 相手との距離感によっては、「承知いたしました」と言い換えることも大切です。 上記の例文の場合「10個追加納品、承知いたしました」となり、「お引き受けします」という意味で「承知いたしました」が使われます。 まとめ 「承知しました」は「理解する」と「お引き受けする」の2つの意味が込められている言葉で、両方の意味がビジネスシーンで使われます。 「承知いたしました」は二重敬語に当てはまらないため、より丁寧にしたい場合は言い換えてください。 また、相手との距離感によっては類語と使い分けましょう。

次の

「詳細」に関連した英語シソーラスの一覧

委細 類語

「ご了承ください/ご了承下さい」とは? 「ご了承ください」にはそもそも、どういった意味があるのでしょう。 まずはその意味から詳しく解説します。 相手に理解・了解を得るための表現 「ご了承ください」は、相手に理解や了解を得るために使う表現です。 「了承」とは、相手の言い分や事情について納得し、受け入れること・招致すること、という意味があります。 この「了承」に尊敬の「ご」をつけることで、「どうかご理解いただき、受け入れてください」という意味になります。 あらかじめ納得してほしい時に使う 「ご了承ください」は、こちらの事情について納得してほしい場合に使う表現で、これから起こることに対して使うものです。 契約締結時などによく使う表現で、これから交わす契約内容について「先に理解しておいてくださいね」と言いたい場合にもよく使います。 後になって食い違いが無いようにしたい話題に使える表現です。 目上の人にはあまり使わない 「ご了承ください」はよく見聞きする表現ですが、目上の人には不適切な表現です。 「受け入れてください」という「了承」の意味に、「ください」の持つ一方的なニュアンスが加わることで、相手に強制的に承諾させるような雰囲気が生まれるためです。 不快に思う人もいるため、取引先など目上の人にそのまま使うのは避けたほうが無難です。 「ご了承ください」の最も多い誤用ですので、気をつけましょう。 「ご了承ください」の使い方と例文 「ご了承ください」は場合によっては失礼にあたることのある表現ですが、実際にはどう使えばよいのでしょう。 ビジネスシーンでの使い方を、例文を交えて紹介します。 「あらかじめご了承ください」とすることが多い 「ご了承ください」は、「あらかじめ(予め)ご了承ください」という表現をよく使用します。 「あらかじめ(予め)」とは、前もって・先だって、という意味の言葉です。 たとえば、• 当店ではクレジットカードは使用できません。 あらかじめご了承ください。 明日はお休みをいただいておりますので、対応できません。 あらかじめご了承ください。 といった使い方ができます。 「ご了承ください」という表現が、まだ始まっていないことに対して事前に承諾を得る表現ということもあり、「あらかじめ」とセットで使う例が多いようです。 「宜しくご了承ください」は丁寧さをプラス 「あらかじめ」の他に、「宜しく(よろしく)」を頭につけることもあります。 「宜しく」には、良いように・適当に・当然・ぜひとも、などの意味がありますが、この場合は特定の意味を持つというよりは、丁寧なニュアンスを出す言葉として使用されています。 たとえば、• 土日祝日は休業日です。 よろしくご了承ください。 といった具合です。 意味を当てるとするならば、「良いように」という意味になり、こちらの事情に添うように理解し受け入れてください、という意味です。 「ご了承くださいませ」も意味は同じ 「~くださいませ」という表現は、「ご了承」に限らずビジネスシーンで時折目にする表現です。 意味は「ご了承ください」と同じですが、語尾を「ませ」とすることで柔らかい表現となっています。 大変申し訳ございませんが、土曜日は17時までの営業となりますのでご了承くださいませ。 などという風に使います。 言葉の柔らかい響きから丁寧な印象を受けますが、意味は「ご了承ください」と同じですので、目上の人には使わないほうが無難です。 「~くださいませ」はやや女性的な響きを持つため、男性が使うことに違和感を覚える人もいるようです。 メールでよく使うフレーズには企業差がああるように、「~くださいませ」についても、男性は使用しない企業や全社的に使わないという企業もあります。 「ご了承ください」の類語表現 「ご了承ください」という表現はビジネスでよく見聞きしますが、類語表現もいくつかあります。 類語は「ご理解」「ご容赦」など 「ご了承ください」の類語には「ご理解ください」や「ご容赦ください」があります。 ただし、いずれも少しずつニュアンスは異なります。 「ご理解ください」は、わかってください・察してくださいという意味で、「ご了承ください」の言い換え表現としても使用可能です。 一方、「ご容赦ください」は何らかの過失に対して大目にみてください・許してください、という表現です。 相手に理解を求めるだけでなく、反省・謝罪の念が入る点が大きなポイントです。 「ご承知おきください」も類語 「ご了承ください」の類語には、「ご承知おきください」もあります。 「ご承知おきください」は、あらかじめ知っておいてください・理解しておいてください、という意味です。 「ご了承ください」の言い換え表現としても使うことができます。 ただし、厳密に言うと、「了承」には「納得している」というニュアンスが入るのが相違点です。 「承知」は、納得しているかどうかは問わず、単に「知っている」という意味で使うこともできます。 目上の人にも使える「ご了承ください」の敬語表現 「ご了承ください」が目上の人には好ましくない表現であることは先述した通りです。 では、目上の人にはどういった表現が正しいのでしょう。 「ご了承の程お願い申し上げます」が丁寧 「ご了承ください」を敬語にすると、「ご了承の程お願い申し上げます」となります。 「ください」ではなく、「お願い申し上げます」とすることで敬意を表することができます。 また、単に「ご了承願います」という表現も使用可能です。 上司などには「ご了承願います」でも十分ですが、取引先などより丁寧な表現にしたい場合は、「ご了承の程お願い申し上げます」がおすすめです。 「ご了承くださいますようお願い申し上げます」 「ご了承の程」という表現の他にも、「ご了承くださいますよう」としてもOKです。 「~くださいますよう」とすると、柔らかい雰囲気がプラスされます。 他にも「ご了承いただきますよう、よろしくお願いいたします」といった表現もあります。 「ご了承いただけますでしょうか」は二重敬語 「ご了承ください」という場合に、相手に確認するように疑問形にすることがあります。 この場合、よくある間違いが「ご了承いただけますでしょうか」という表現です。 丁寧な言い回しに聞こえますが、「~いただけますでしょうか」という表現は、「ます」と「です」が重複する二重敬語になっています。 正しくは、「ご了承いただけますか」となりますので、注意しましょう。 「ご了承ください」を英語でいうと? 最後に、「ご了承ください」を英語で表現した場合のフレーズについても紹介します。 英語では「understanding」を使う 英語で「ご了承ください」という場合には、どういえばよいのでしょう。 英語では「understanding(理解)」を使い、日本語の意味をもう少しかみ砕いて表現します。 Thank you for your understanding in advance. (事前にご理解頂き感謝します)• We appreciate your understanding. (ご理解に感謝申し上げます) また、「どうか~ください」という意味のkindlyを使い、• We kindly ask for your understanding. (何卒ご理解の程お願い申し上げます) という表現をすることもあります。 まとめ 「ご了承ください」はビジネスシーンで広く使用されていますが、一方的・強制的なニュアンスもあることから、「ご了承願います」や「ご了承の程お願いいたします」といった表現がベターです。 「ご理解ください」や「ご承知おきください」など言い換えに使える表現もありますので、ぜひ参考にしてみてください。

次の

委細構わず(進める)の類語・関連語・連想語: 連想類語辞典

委細 類語

「委細」の意味とは? 「委細」の使い方• 「委細」を使った言葉と意味を解釈• 「委細」の類語や類義表現• 「委細」を使った例文 「委細」の意味とは? 「委細」という言葉を聞いた事があるでしょうか。 若い世代の方は、あまり 「委細」という言葉に触れる機会がないかもしれません。 ただしバイトを探した経験がある人や、就活をした経験がある人なら、 「委細」という言葉の意味をよく知っているかもしれません。 また 「委細」という言葉を目にするものの、意味が分からないという人もいるでしょう。 そこで 「委細」という言葉の読み方と意味を紹介します。 次回、 「委細」という言葉を見た時には、すぐに意味が通じるようになるでしょう。

次の