ハイドライド。 名作「ハイドライド(MSX2版・Windows10対応版)」がプロジェクトEGGで配信開始

ハイドライド3

ハイドライド

で登場した・のの。 以外のとしてにできるを持つ。 一見便利に見えるが、一般的には少なく非は多い比率になっており、代用する機会もあまり無い。 従ってこのを活かすには、の多いやのみを対象としたとの連携が必須となる。 はもちろんのこと、やはが多いほど効果的なので、組み合わせるにはうってつけである。 他にも、を大量展開するやも有力である。 で自身を大量展開するのも面白い。 この3体で出せる・・であればに大量展開してしまった後のケアも利きやすいため、狙ってみてもいいだろう。 とは相性が良く、あちらの 1 のでこのをできる。 続くにあちらの 2 のででもできるをすれば即座にが行える。 でを下げる事もできるならばこのとで4〜10のを使い分けられる。 このを以外のとして扱えるのは、あくまで 「上にで存在する場合のみ」である。 よって、のでのこのとすることはできない。 またで、上のこのを以外のとしてにすることもできない。 こののを操作しても、そもそもできない特殊なを持つを呼び出すための以外のには使用できない。 現在のところ及び、がこれに該当している。 の「Hydride(ハイドライド)」は水素とした物質のことを意味する。 された直後にと共にのとなった。 「ジャックvsレクス・ゴドウィン」戦では、と共にのとなった。 漫画版では「同士でできる」だった。 非に他のを使えるかは不明。 はとは逆で右に向けて駆けており、背景にはアニメでの時に見える輪が描かれている。

次の

ハイドロイド混成体/Hydroid Krasis

ハイドライド

ガンホー・オンライン・エンターテイメントは2019年12月13日,アクションRPG 「ハイドライドスペシャル」の配信をプレイステーションゲームアーカイブスで開始した。 対応プラットフォームはPlayStation 3,PlayStation Vita,PSPで,価格は315円(税込)となっている。 ハイドライドスペシャルは,オリジナルの「ハイドライド」にさまざまな追加要素を取り入れたファミリーコンピュータ用ソフトとして1986年にリリースされた。 今回のプレイステーションゲームアーカイブス版は,1999年にティーアンドイーソフト(当時)が発売したPlayStation用ソフト「Sonata」に収録されたものを再現しているという。 プレイステーションゲームアーカイブスにて 『ハイドライドスペシャル』を配信開始! オンラインゲームの企画・開発・運営・配信などをおこなうガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社は、PlayStation 3、PlayStation Vita、およびPlayStation Portable向けダウンロードサービス「プレイステーションゲームアーカイブス」において、本日、以下の情報を発表いたします。 アクション(アクティブ)RPG史上、不朽の名作!2019年12月で発売35周年を迎えるハイドライドシリーズ。 そのシリーズの一作「ハイドライドスペシャル」が初代PSアーカイブスで登場いたします、シンプルで奥深い面白さを凝縮したタイトルを是非お楽しみください。 なお、本作は1999年に株式会社ティーアンドイーソフト(当時)より発売されたPlayStation用ソフト「Sonata」に収録された『ハイドライドスペシャル』を再現したタイトルです。 なお、現在好評発売中の「昭和50年男」(クレタパブリッシング刊行)にて『ハイドライド』シリーズの特集が掲載されています。 ゲームとあわせてこちらもお楽しみください。 ,Ltd. その後予告なしに変更されることがあります。

次の

ハイドライドとは (ハイドライドとは) [単語記事]

ハイドライド

いっつもゲームの情報を得るためにチェックしているサイトのひとつである『』さんにムッチャクチャ気になる記事があったんですけどっ。 何いいいいぃぃぃぃ!!!『ハイドライド』の新作ぅぅぅぅぅ!?!?!?しかも内藤さんが作るって言ってるううううう!?!?!? これはかつてのマイコンゲーマーは色めき立っちゃうでしょ! 『ハイドライド』の新作とか言われると期待しちゃう Twitterでは「今作ろうと思っているゲーム」として,「ヴァーチャルハイドライドリバース(VHR)」と「ヴァーチャルハイドライドII(VH2)」という制作希望タイトルとコードネームを明らかにしている。 開発ツールはUnityで,動作対象OSは未定とのことだ。 恐らくだが,現時点ではエムツーとしてではなく,個人的に開発しているようだ。 引用元: これは遊びたい。 何がなんでも遊びたい。 持ってないハードで出たらハードごと買うのは決定。 『ハイドライド』って? その前に、大半の人は「『ハイドライド』って何やねん?」ってなってると思うので、その辺を少々。 今考えるとこれをRPGと呼んでいいものかどうか判断に迷う部分もありますが、日本ファルコムの『ドラゴンスレイヤー』とともに日本のアクションRPGというジャンルを確立させた功績は計り知れないほど大きいです。 プレイ目的は3人の妖精にされてしまったアン王女を3人とも見つけて元の姿に戻し(そんな感じ?ウロオボエです)、そしてバラリスを倒すこと(これは間違いない)。 プレイスタイルはいたってシンプルで、テンキーで移動し、スベースキーで「Attack」と「Defend」を切り替えてモンスターに体当たりして攻撃します。 基本的にコレだけ。 コレだけで縦横無尽にジム君をノーヒントで走らせ、ハチに刺されて死んだり、動く岩にぶつかって死んだりするのです。 まぁ、初めの頃はよく死ぬもんだ。 当時のゲームはみんなそうだったさ。 『ハイドライド』は、当時のマイコン少年たちはこぞってプレイしてましたよね。 発売から2年間、パソコンゲーム雑誌の売り上げランキングに居座ってそれは当時「ハイドライド・シンドローム」とか呼ばれてたりしました。 とにかく、『ハイドライド』は日本のゲーム史に燦然と輝くレジェンドなのです(今遊ぶとなかなか苦行ですが)。 制作者、内藤時浩さんの気になるツイート 今回の記事は、『ハイドライド』の制作者である内藤時浩さんのツイートがソースになっているようですね。 まずはプログラマとして復帰しないとね。 残念すぎる……。 最後に 「どうなるかはこれからのお勉強次第」ということなので、気長に待とうと思います。 他に新作も計画されてるみたいですから、それでいいじゃないですか! 「内藤さんの作る世界で、また遊びたい」、かつてフェアリーランドで大冒険したぼくたちは、それが願いなのですから! ではまた。

次の