安倍昭恵 桜。 安倍昭恵夫人、台東区会員制レストランの店名は?桜花見写真の場所はどこ?|あわづニュース情報流行ネタ

安倍昭恵の若い頃、家系・経歴は?電通縁故で学歴後付け?バカ過ぎると話題に|static.datasciencetoolkit.org

安倍昭恵 桜

ジャニーズ事務所を退所した元「NEWS」のさんが2020年6月23日、東京都内で記者会見し、退所の経緯と今後の活動方針を明かした。 報道陣の質問に答える中で、安倍晋三首相の妻・昭恵夫人との関係も語られた。 手越さんと昭恵氏をめぐっては3月下旬、大人数で私的な花見をしていたことが、満開の桜をバックにした集合写真とともに週刊誌に報じられた。 新型コロナウイルス感染拡大防止のため花見が自粛要請されていた中での報道だったため、手越さんも批判にさらされていた。 「昭恵さんはプライベートでもすごく良くしてくださっていて」 手越さんは会見で昭恵氏との関係について問われ「この話が出ると思わなかったので僕もビックリなんですが」としつつ、こう明かした。 「昭恵さんはプライベートでもすごく良くしてくださっていて、昭恵さんはすごくボランティアに興味がおありになる方で、すごく明るい方です。 僕も根っから明るい性格というところでお会いしたところから、いろんな意見交換やボランティアの現状とか(を話した)。 自粛前からボランティアにはオフレコで参加していたので、将来(ボランティアを)やっていきたいと話し合いをしていました。 定期的に若手の起業家や、日本酒を世界に広めたい方、チャリティーやボランティアをしている方々とみんなで会を開いていました」 そのうえで「花見」報道についてこう語った。 「僕が昭恵さんについてどこまで話していいか分からないので線引きが難しいのですが、あれも『花見』と書いてありましたが、花見をやったわけではなく、行ったレストランの庭の桜がたまたま満開だっただけで、せっかくだからみんなで意見交換して写真撮ろうよと。 桜も満開で綺麗だったので」 昭恵氏らとのこの「会」については、「コロナウイルスは日本だけじゃなく全世界のこと。 落ち着いたらボランティアや世界に対して、ここから頑張っていこうよと話し合う会を、食事も含めて設けられたら」という趣旨で開催されたという。 そこで話された内容は「(会の)中での会話を僕が言っていいか分かりませんが、実際いろんな面で起業していたり職業をもっている方々なので、日本や世界が暗いこのコロナウイルスの現状を、どうやったら政治の面でも、僕らパフォーマンスの面でも明るくしていけるだろうという話を、ずっとしていましたね」という。 そのうえで、報道内容と比較するように、 「そういう会が、たまたまどこからか分からないですけど(メディアに)出ちゃって、桜があったのでお花見みたいになっていましたけど、至って中身は健全というか、未来へのビジョンを語り合う会でしたね」 と問題のないことを強調した。 「あのタイミングで集まることに問題は無いのか?」 手越さんをめぐるスキャンダルの1つなだけに、本人の口から多くの言葉で語られたことについてはツイッター上で「手越くんの甘さはあるけど、しっかり答えてて応援したいと思った」と好意的な声もあった。 ただ、報道で特に問題視されたのは会を開いた「時期」や「人数」であり、「理由」や「内容」ではないとする見方が多く、 「昭恵と手越らは桜を見に行ったんじゃない。 意見交換をしに食事会に行ったレストランにたまたま桜があった。 との事だけどあのタイミングで出かける事自体ダメじゃないって思うんだけど」 「安倍昭恵さんとの集まりの件も、そんな事聞いてるんじゃないっての。 桜を見る会がどうこうじゃなくて、その時期にその人数で集まるか?って言う事でしょ。 話の内容が建設的とかどうでもいいねん、手越君も昭恵さんもズレまくりやねん。 もうよく分かったわ」 「手越のビジョンを共有する会... ? 昭恵夫人と不要不急すぎる会でビジョンを語り合ったよって報告... ?」 「新ビジネスの人脈作りや、教えを乞う方との会食は手越にとっての不要不急ではない... と? 昭恵夫人との催しも、ボランティアについての会食で、たまたま桜が咲いていただけ... ってw あのタイミングで集まることに問題は無いのか?」 と疑問を呈する声も多かった。 外部サイト.

次の

安倍昭恵夫人私的桜を見る会開催!花見自粛要請に手越祐也や藤井リナも

安倍昭恵 桜

小学館が運営するネットメディア「 NEWSポストセブン」が26日夕方、「」と題した記事を掲載したことが、ネット上の騒ぎにとどまらず、27日午前の参議院予算委員会の野党議員の質問でも取り上げられ、安倍首相が反論する異常事態に陥った。 週刊ポスト3月30日(月)発売号で詳報する。 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、小池百合子・東京都知事が花見の宴会などの自粛を要請する中、この写真を世論はどう受け止めるだろうか。 などと、最近の安倍政権のスキャンダルやコロナ対応で緊迫する世情に結び付けて追及している。 ポストセブンが記事を配信した直後から、案の定、アンチ安倍政権の左派を中心に非難轟々。 元朝日新聞記者の 佐藤章氏は「ふざけるなよ!」「追放!」と激昂。 ふざけるなよ! 昭恵のために赤木氏が死に追いやられ手記が明らかになった。 花見自粛要請も出されて東京ロックダウン直前。 その中でタレント連中と花見繰り出しはないだろう。 安倍と昭恵の夫婦は一体何を考えてるんだ。 こんなバカ首相夫婦、一体いつまでやってるんだ。 追放! — 佐藤 章 bSM2TC2coIKWrlM 元経産省の 望月優大氏は「 赤木氏の遺書の公開直後にこれはないよ。 いくらなんでも。 」とツイートした。 赤木氏の遺書の公開直後にこれはないよ。 いくらなんでも。 — 望月優大 hirokim21 ほかにも、左派系のネット民たちが昭恵氏の振る舞いに対してファーストレディにひっかけ、「 ワーストレディ」と追及したり、あるいは安倍政権にさほどアンチでない人たちからも「 マリーアントワネット」などと失笑気味に評された。 ネット上の波紋から一夜明けたこの日、とうとう参議院予算委員会でも話題に。 立憲民主党の 杉尾秀哉氏は 花見自粛要請中の中、奥様の昭恵夫人が都内で花見をしている写真が出回っています。 来週発売の週刊誌で記事と写真が掲載されます。 総理はご覧になりましたでしょうか? と追及した。 これに対し、安倍首相は 「 都内のプライベートなスペース、レストランということでございます。 知人と会合を持った際にみんなで記念写真を撮る際に桜を背景に行ったということでございます。 公の場で花見を行っていた、また東京都で自粛を求めている公園での花見のような宴会を行っていた事実はないということでございました。 と答弁し、ネット上で非難されている内容に事実上反論した。 杉尾秀哉「昭恵夫人が花見自粛要請中に花見! 」 安倍総理「都内レストランで記念撮影とのこと」 杉「都内公園と報道! 」 安「公園ではなくレストランの敷地内」 杉「レストランならいいのか!花見自粛してるんだぞ!」 週刊誌の誤報が発覚すると、今度はレストランにも行くなと言いだす立憲 — Dappi dappi2019 それでも、おさまりがつかない左派の人たちは レストランなら花見いいんだ。 でも、総理大臣の妻が率先してレストランとはいえ、花見ね。 国民には「自粛」と言っていて自分は何やってもいいんだ。 レストランの敷地だろうが公園だろうが集団で写真を撮る行動自体に問題があると思う などと、問題視していたが、安倍政権の支持者などから もっと有益な議論しろ もっと有益な記事をかけ 週刊誌ネタのレストランでの切り取り煽り記事 もう既存野党の限界 普段、私権の制限は許されないと言ってる野党がここぞとばかりに私権を制限させようとしている。 などと、野党やメディア側の姿勢を逆に批判する声も相次いだ。 ただし、昭恵氏の奔放な言動が政局の混乱を生み出してきた経緯から、ネット右派の人たちからゲンナリする声も。 この奥さん、どれだけ国政に無駄を生じさせているか分かってんのかな。 安倍首相もよく耐えているわ。 嬉々として国会で取り上げる野党にはうんざりする。 ただ、 昭恵さんも、こういう時期に派手な動きをするとどうなるかってことは、考えてほしかったわ。 東京都の今週末の外出自粛要請を受け、隣接する他県も東京との往来を制限するなど厳戒ムードにあって、国会の質疑は与野党ともに「平常」のようだ。

次の

安倍昭恵夫人、コロナ自粛下で手越祐也らとお花見…反社勢力と関係深い人物も出席か

安倍昭恵 桜

安倍昭恵総理夫人 お花見 ここ数日、首都圏では桜も見頃を迎えている。 しかしながら、各地で新型コロナウイルス感染予防のため、お花見は自粛要請があり、立ち入り制限がされている公園もある。 そのようななか、安倍昭恵総理夫人が仲間たちとお花見を敢行していた様子が報道されている。 3月下旬の都内某所、ライトアップされた桜をバックに肩を寄せ合う13人。 その中心に写っているのが昭恵夫人だ。 写真を見た、参加者の知人はこう話す。 「この日の参加者は、昭恵さんと以前から交流があった人が中心だそうです。 写真で昭恵夫人の隣にいるのは人気モデルの藤井リナさん。 藤井さんは2014年にYouTubeで昭恵さんと対談するなど、もともと交友があったようです。 他にもアイドルグループ・NEWSの手越祐也さんや音楽プロデューサーなど芸能関係者の姿もありました」 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、小池百合子・東京都知事が花見の宴会などの自粛を要請する中、この写真を世論はどう受け止めるだろうか。 出典: お花見は春の日本文化であり、文化を愛する総理夫人としては絶対に行わなければならないイベントだったのかもしれない。 内閣総理大臣夫人とは 内閣総理大臣夫人は、内閣総理大臣の配偶者であり妻を指す。 総理大臣が外遊する場合の随行や、公的活動への参加、来賓の歓迎行事・晩餐会への参加などをおこなう。 時として、総理大臣の代役、名代として行事へ参加することさえある。 私人、 私的な人物だと言っても、周囲や世間はそう見ないし、大きな影響力を有する人物となる。 総理大臣は言うまでもなく、行政府の長であるから、政策や予算編成まで絶大な権力を有する立場だ。 その総理大臣に取り次いだり、要望をするために総理夫人を政治利用したい人々も当然ながら周囲に集まってくる。 だから、海外ではファーストレディと表現され、公人として一定の役割や機能が与えられている公的な職業でもある。 いわば、 社会が注目する象徴的な人物であると言ってもいい。 国民生活が疲弊し外出自粛要請のなか「お花見」をする必然性は何か さて、総理夫人は今の日本社会がどのような状況か、ご存知ではないのだろうか。 私は以下に配信したとおり、3月25日に始まった生活福祉資金の特例貸付の相談対応に追われていた。 「」 この制度は新型コロナウイルスの影響で仕事や収入が減った人たちに緊急で貸付をおこない、一時的に所得補償をしていくものだ。 本日も多数の方から相談があり、1日中、その対応に時間を費やしていた。 実施機関である市区町村社会福祉協議会の現場も多忙を極めており、相談数も多い。 その職員と一緒に、連絡・調整をおこない、なるべく円滑に休業者、失業者などへ支援資金が行き渡るように取り組んでいた。 つまり、生活困窮者支援現場は日夜、労働相談、生活相談で溢れ、明日の生活に希望を見出せないでいる人々が大勢いる。 ある相談者の40代女性は「毎年恒例で職場の人とお花見をしていたけれど、今年はその職場がなくなってしまった」と涙ながらに語っていた。 別の40代男性も「桜が綺麗ですけれど、演奏公演の仕事が全てキャンセルなので、今はお花見をしようと言う気にはなれないですね」と語っていたばかりだった。 疲弊する経済状況なので、悠長に お花見をしている場合ではない国民が増えている事実がある。 少しまとめてみたい。 今の日本社会の状況は2つである。 1「生活困窮に苦しむ人々が大勢いる」 2「お花見など外出が自粛要請されている」 そのようななか、日本を象徴する一人である安倍昭恵総理夫人が花見を仲間と敢行することで、どのような意味があるのだろうか。 ご本人や周囲のお仲間はストレス発散したり、優越感に浸れる時間になるかもしれない。 「下々の国民は苦しんでいるけれど、私たちには関係ないことですわ」とでも言うだろうか。 上級国民の宴は確かに下級国民の生活に関係ないし、実施して何ら問題はないというかもしれない。 ただ、それを見た人々は何を感じるだろう。 読者の方もどう思われるだろう。 もう多くは語りたくないし、語ること自体バカバカしいので、少しご自身で考えてもらいたいのである。 国民生活が苦しさを増すなか、国民に希望や元気を与える言動をしてくれるなら歓迎する。 そうでないなら、お屋敷で静かにお茶でも飲みながらお過ごしいただけないだろうか。 ニュースからの転載.

次の