リーグパワー。 スーパーマンとバットマンらがパワーレンジャーとまさかの合流!『ジャスティス・リーグ/パワーレンジャー』2017年より始動

Bリーグでも屈指の好選手が揃うパワーフォワードは誰がいる!?|【SPAIA】スパイア

リーグパワー

共に2017年の映画公開を控える、DCの『 』とサバン・ブランドの『 』。 2017年1月11日発売の 1より、2大ヒーローチームが奇跡の合流を果たす。 今作のライターは、『 Injustice: Gods Among Us』のトム・テイラー。 アートワークは『グリーンアロー』シリーズのステファン・バーンだ。 ストーリーはそれぞれの映画との直接の関連性はなく、パワーレンジャーは90年代にアメリカで放映されたシリーズをベースにするという。 ジャスティス・リーグとパワーレンジャーのクロスオーバーはもちろん今回がはじめて。 、 、 にグリーン・ランタン(ジョン・スチュワート)、 と といったDCファンにはお馴染みのスーパーヒーローたちが、日本のスーパー戦隊シリーズをオリジナルとするヒーローチーム、パワーレンジャーとまさかのコラボ。 今シリーズは2017年1月から6月にかけて、毎月1冊ずつのリーフが発売される。 ブラックレンジャーは異次元に飛ばされてしまう。 果たして、レッドレンジャー、イエローレンジャー、ピンクレンジャー、ブルーレンジャーにグリーンレンジャーは、ブラックレンジャーをバットマンから救えるのか?というのがストーリーのようだ。 既にカバーアートが公開されており、日本の恐竜戦隊ジュウレンジャーを由来としたパワーレンジャーがジャスティス・リーグの面々と画面を分かつという、とんでもないインパクトを放っている。 日本のスーパー戦隊シリーズがベースとなっていながらも、国内ではあまり知られていない『パワーレンジャー』。 スーパーマンやバットマンといったアメリカン・コミックの神々とコラボレーションを果たすとは、アメリカでのパワーレンジャーの人気度がいかに高いかを思い知らされる。 レジェンダリー製作の映画パワーレンジャーも今のところ日本ではいまひとつ盛り上がっていないが、日本人の我々こそパワーレンジャーの猛進を応援すべきではないだろうか。 日本語翻訳版の詳細はまだ不明だ。 映画『パワーレンジャー』は2017年3月24日全米公開で、『ジャスティス・リーグ』は2017年11月15日全米公開。 どちらも日本公開日は未定で、パワーレンジャーは日本配給についての情報も未確認。

次の

パワーリーグ

リーグパワー

『 パワーリーグ』( POWER LEAGUE)は、にから発売された用ゲームおよびそのシリーズ。 長らく、PCエンジンを代表する野球ゲームとしてあり続けた。 以来までに、において全13作が発売された。 パワーリーグ ジャンル 開発元 発売元 ハドソン 1作目 パワーリーグ () 最新作 パワーリーグ () からにはハドソンの部門子会社より「POWER LEAGUE〜夢のスタジアム〜」をリリースした。 に版を配信開始。 にはインターネットポータルサイトにおいて初期の三作品がインターネットで配信開始。 からパワーリーグ4がので配信され、にはにも配信された。 発売の『』()にも収録されている。 においても、に『 World Class Baseball』、に『 Sporting News Baseball』が発売された()。 続編がPCエンジン版では5作品、スーパーファミコン版では3作品出ている。 そのタイトルに振られるナンバー表記(年号が振られたPCエンジン版最終作を除く)については、PCエンジン版の2作目・3作目のみであり、それ以外は全てである(ただし、タイトル画面については、PCエンジン版は一貫してローマ数字だった)。 概要 に、から発売された『』とともに、俗にリアル系野球ゲームといわれる野球ゲームの先駆け。 打席に入っているバッターが皆のような構えをしているのが特徴。 第1作目は守備・走塁画面が真上から見下ろしたような視点であった(この視点を採用した野球ゲームには、いずれもセガ(後の)の「」や「」がある)が、II以降は他の野球ゲームの多くと同じ俯瞰視点になった。 また、リアルな野球をさらに楽しめるように、エディット機能が搭載されていた。 初期は、打順変更と先発野手、一軍登録の変更のみだったが、IIからはオールスターチーム編成・IIIからは選手データ変更もできるようになり、スーパーパワーリーグ3からはオリジナルチーム作成ができるまでに進化した。 そして、スーパーパワーリーグ3と4ではそのオリジナルチームをペナントレースに参加できるようになるなど、意欲的に機能を拡充して行った。 この他、II以降はが、III以降は最大4人までの協力プレイモードが追加されている(スーパーパワーリーグでもを用いた同様のモードが搭載された)。 シリーズを通して、隠し要素があるのも特徴。 隠しチームとしての選手をモチーフにした「ヒュービーズ」(名称はハドソンの野球チーム「Hu Bees」から )やをモデルにした「GUNDAN」(では「軍団チーム」と表記、パワーリーグ2のみ登場)、 戦国武将がモチーフの「戦国武将隊」(スーパーパワーリーグ2〜4)、RPGの怪物で構成された「モンスターズ」(パワーリーグ64) などが、隠し球場としてセンターが128mと非常に広いトイスタジアム(のちヒュースタジアム に改称)や、アイランドスタジアム(周りを海に囲まれた、ホームベース型の島そのものが球場)等がある。 放送局とのタイアップ 現在では当たり前のようになっている、テレビやラジオのアナウンサーとのタイアップを行ったスポーツゲームの先駆けがこのシリーズである。 にで発売された「スーパーパワーリーグ」に、試合終了後の結果報告に、のとのタイアップで当時所属アナウンサーだったを実写取り込み映像と合成音声で登場させた。 発売の「スーパーパワーリーグ2」は、アナウンサーのを実況にすえ、試合終了後の結果報告には、「TBSプロ野球情報」というタイトル(番組は架空)で、アナを登場(いずれも音声のみ)。 タイアップの変遷 スーパーパワーリーグ• フジテレビ• スポーツワイドプロ野球ニュース• 中井美穂 スーパーパワーリーグ2• TBS• 実況担当• 松下賢次• TBSプロ野球情報(番組は架空)• 福島弓子 スーパーパワーリーグ3• フジテレビ• 実況担当• フジテレビプロ野球情報(番組名は架空)• スーパーパワーリーグ4• フジテレビ• 実況担当• 福井謙二• プロ野球ニュース• スーパーパワーリーグFX• フジテレビ• 実況担当• 福井謙二• プロ野球ニュース• 福井謙二• 八木亜希子 作品リスト PCエンジン• パワーリーグ - ハドソン全国キャラバンの対象ソフトとして製作され、最初で最後のでもあった。 パ・リーグモデルのチームにはDHが設けられているが、セ・リーグモデルのチームには無く違うリーグ同士の対戦だとセ側のチームがやや不利になる。 パワーリーグII - 守備画面が斜めアングルとなる。 このシリーズからバッター背番号がつく。 またととのタイアップであった。 パワーリーグIII - このシリーズからエディット機能が付く。 本作より、の公認により、実名の球団・選手が登場した。 パワーリーグ'93 - スーパーファミコン• スーパーパワーリーグ3 -• スーパーパワーリーグ4 - PC-FX• NINTENDO64• プレイステーション• パワーリーグ - トレーディングカードゲーム いずれも、子会社のから発売。 POWER LEAGUE〜夢のスタジアム〜 -• POWER LEAGUE UL2000 -• POWER LEAGUE 夢のスタジアム2001 シリーズ1 -• POWER LEAGUE 夢のスタジアム2001 シリーズ2 - iアプリ• i-revoゲーム いずれも、i-revoが開設されたに配信開始。 パワーリーグ• パワーリーグII• パワーリーグIII バーチャルコンソール• パワーリーグ4 - ゲームアーカイブス• パワーリーグ4 - 北米版 TurboGrafx-16• - 1988年 Super NES• Virtual Console•

次の

Bリーグでも屈指の好選手が揃うパワーフォワードは誰がいる!?|【SPAIA】スパイア

リーグパワー

『 パワーリーグ』( POWER LEAGUE)は、にから発売された用ゲームおよびそのシリーズ。 長らく、PCエンジンを代表する野球ゲームとしてあり続けた。 以来までに、において全13作が発売された。 パワーリーグ ジャンル 開発元 発売元 ハドソン 1作目 パワーリーグ () 最新作 パワーリーグ () からにはハドソンの部門子会社より「POWER LEAGUE〜夢のスタジアム〜」をリリースした。 に版を配信開始。 にはインターネットポータルサイトにおいて初期の三作品がインターネットで配信開始。 からパワーリーグ4がので配信され、にはにも配信された。 発売の『』()にも収録されている。 においても、に『 World Class Baseball』、に『 Sporting News Baseball』が発売された()。 続編がPCエンジン版では5作品、スーパーファミコン版では3作品出ている。 そのタイトルに振られるナンバー表記(年号が振られたPCエンジン版最終作を除く)については、PCエンジン版の2作目・3作目のみであり、それ以外は全てである(ただし、タイトル画面については、PCエンジン版は一貫してローマ数字だった)。 概要 に、から発売された『』とともに、俗にリアル系野球ゲームといわれる野球ゲームの先駆け。 打席に入っているバッターが皆のような構えをしているのが特徴。 第1作目は守備・走塁画面が真上から見下ろしたような視点であった(この視点を採用した野球ゲームには、いずれもセガ(後の)の「」や「」がある)が、II以降は他の野球ゲームの多くと同じ俯瞰視点になった。 また、リアルな野球をさらに楽しめるように、エディット機能が搭載されていた。 初期は、打順変更と先発野手、一軍登録の変更のみだったが、IIからはオールスターチーム編成・IIIからは選手データ変更もできるようになり、スーパーパワーリーグ3からはオリジナルチーム作成ができるまでに進化した。 そして、スーパーパワーリーグ3と4ではそのオリジナルチームをペナントレースに参加できるようになるなど、意欲的に機能を拡充して行った。 この他、II以降はが、III以降は最大4人までの協力プレイモードが追加されている(スーパーパワーリーグでもを用いた同様のモードが搭載された)。 シリーズを通して、隠し要素があるのも特徴。 隠しチームとしての選手をモチーフにした「ヒュービーズ」(名称はハドソンの野球チーム「Hu Bees」から )やをモデルにした「GUNDAN」(では「軍団チーム」と表記、パワーリーグ2のみ登場)、 戦国武将がモチーフの「戦国武将隊」(スーパーパワーリーグ2〜4)、RPGの怪物で構成された「モンスターズ」(パワーリーグ64) などが、隠し球場としてセンターが128mと非常に広いトイスタジアム(のちヒュースタジアム に改称)や、アイランドスタジアム(周りを海に囲まれた、ホームベース型の島そのものが球場)等がある。 放送局とのタイアップ 現在では当たり前のようになっている、テレビやラジオのアナウンサーとのタイアップを行ったスポーツゲームの先駆けがこのシリーズである。 にで発売された「スーパーパワーリーグ」に、試合終了後の結果報告に、のとのタイアップで当時所属アナウンサーだったを実写取り込み映像と合成音声で登場させた。 発売の「スーパーパワーリーグ2」は、アナウンサーのを実況にすえ、試合終了後の結果報告には、「TBSプロ野球情報」というタイトル(番組は架空)で、アナを登場(いずれも音声のみ)。 タイアップの変遷 スーパーパワーリーグ• フジテレビ• スポーツワイドプロ野球ニュース• 中井美穂 スーパーパワーリーグ2• TBS• 実況担当• 松下賢次• TBSプロ野球情報(番組は架空)• 福島弓子 スーパーパワーリーグ3• フジテレビ• 実況担当• フジテレビプロ野球情報(番組名は架空)• スーパーパワーリーグ4• フジテレビ• 実況担当• 福井謙二• プロ野球ニュース• スーパーパワーリーグFX• フジテレビ• 実況担当• 福井謙二• プロ野球ニュース• 福井謙二• 八木亜希子 作品リスト PCエンジン• パワーリーグ - ハドソン全国キャラバンの対象ソフトとして製作され、最初で最後のでもあった。 パ・リーグモデルのチームにはDHが設けられているが、セ・リーグモデルのチームには無く違うリーグ同士の対戦だとセ側のチームがやや不利になる。 パワーリーグII - 守備画面が斜めアングルとなる。 このシリーズからバッター背番号がつく。 またととのタイアップであった。 パワーリーグIII - このシリーズからエディット機能が付く。 本作より、の公認により、実名の球団・選手が登場した。 パワーリーグ'93 - スーパーファミコン• スーパーパワーリーグ3 -• スーパーパワーリーグ4 - PC-FX• NINTENDO64• プレイステーション• パワーリーグ - トレーディングカードゲーム いずれも、子会社のから発売。 POWER LEAGUE〜夢のスタジアム〜 -• POWER LEAGUE UL2000 -• POWER LEAGUE 夢のスタジアム2001 シリーズ1 -• POWER LEAGUE 夢のスタジアム2001 シリーズ2 - iアプリ• i-revoゲーム いずれも、i-revoが開設されたに配信開始。 パワーリーグ• パワーリーグII• パワーリーグIII バーチャルコンソール• パワーリーグ4 - ゲームアーカイブス• パワーリーグ4 - 北米版 TurboGrafx-16• - 1988年 Super NES• Virtual Console•

次の