岡山 アイ マスク。 婦人服企画製造販売のアパレルアイUVカット『洗えマスク』反響大きく、「接触冷感」「吸水速乾」「UVカット」の夏用素材マスクの追加販売決定!

Amazon

岡山 アイ マスク

パナソニックは2020年4月20日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策としてマスクの自社生産や医療物資の寄付などを行うと発表した。 パナソニックが行うのは「医療物資として転用可能な物資の提供」「マスクの自社生産」「次亜塩素酸空間除菌脱臭機『ジアイーノ』の医療機関への提供」「クリーンルームの提供」「移動型除菌ソリューション『HOSPI-mist』の提供」の5つである。 この内マスクの自社生産については、パナソニック コネクテッドソリューションズ社(CNS社)で業務用AV機器などを生産している岡山工場で行う。 同工場のクリーンルームにマスク生産設備を導入し、パナソニックグループ内向けのマスク生産を行う。 5月末の生産開始を目指すという。 生産能力や生産設備については「詳細を公表していない」(パナソニック 広報)。 外部調達を減らすことで「市場のマスク供給の安定化に貢献する」(同)。 今後は医療用マスクの生産についても検討するという。 「ジアイーノ」が次亜塩素酸空間除菌の仕組み(クリックで拡大)出典:パナソニック 次亜塩素酸空間除菌脱臭機「ジアイーノ」は、医療機器ではなく「新型コロナウイルス」など特定の菌やウイルスに関する予防や治療の効果については検証されていないが、新型コロナウイルス対策に効果があるとされている次亜塩素酸を用いていることから2020年2月以降に需要が急増し、現在は一般向け販売を一次的に停止している状況である。 医療機関への寄付は順次進めるが、一般向け販売にも対応するために、愛知県春日井市のパナソニックエコシステムズでの生産能力を強化し、2020年10月ごろの新規受注再開を目指すとしている。 また「HOSPI-mist」については、病院での薬剤、検体などの自律搬送ロボットとして実績のある「HOSPI」に除菌剤噴霧機能を搭載した、自律移動による空間除菌ソリューションを提供する。 その他、パナソニックグループが事業活動などで備蓄している、医療用手袋、医療用ゴーグル、防塵服、N95マスク、ゴム手袋などの医療用に転用可能な物資を寄付する。 関連記事• シャープは2020年3月24日、三重県多気郡多気町の同社工場において不織布マスクの生産を開始したと発表した。 シャープも含め、日本政府のマスク増産要請に応じた増産10社の生産増加分は月4500万枚以上になる見込みだ。 東レは2020年4月13日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策として、国内向けにマスク用不織布の供給体制を強化すると発表した。 アイリスオーヤマは2020年3月31日、不織布マスクの国内生産を開始すると発表した。 以前から行う中国での生産に加え、宮城県角田市の角田工場を改修しマスク生産を行う。 トヨタ自動車は2020年4月7日、医療現場や医療用品への支援について発表した。 政府から日本自動車工業会を通じた要請に基づき、医療機器メーカーの生産性向上に協力する他、サプライチェーンを通じて医療用マスクや防護服、体温計など衛生用品の調達支援に取り組む。 物流の第4次産業革命ともいえる「Logistics 4. 0」の動向解説に加え、製造業などで生み出される新たな事業機会について紹介する本連載。 今回は特別編として、新型コロナウイルス感染症のようなパンデミックにも対応可能な、サプライチェーンの維持・継続を図るためのリスクマネジメントの在り方を取り上げる。 関連リンク•

次の

全面 シルク アイマスク 安眠 天然シルク ぐっすり 究極 極上 高品質 柔らか 肌に優しい 快眠グッズ 眼精疲労 目 疲れ :eye

岡山 アイ マスク

シャープが自社サイトを通じて個人向けに販売するマスク(同社提供) は20日、新型コロナウイルスの影響で品薄が続くマスクの生産に乗り出すと発表した。 当初、グループ従業員と感染拡大が懸念される医療機関向けの供給を目指す。 21日にはが自社サイトを通じてマスクの個人向け販売を開始。 ほこりの少ない状態に保たれた衛生環境を生かす異業種のマスク生産が広がってきた。 パナは5月末、「クリーンルーム」を備え音響・映像機器などを手掛ける岡山県の工場で生産を始める計画。 日産10万枚規模とみられる。 医療機関向けでは、パナの空間除菌脱臭機「ジアイーノ」を寄贈。 医療機器生産用にクリーンルームの提供など可能な支援に取り組む方針だ。 自社製家電も扱う生活用品大手アイリスオーヤマ(仙台市)は、宮城県の工場で月産約6000万枚を目指したマスクの当初計画について、2.5倍の1億5000万枚に増やすと表明した。 設備導入を急いでおり、アイリスの大山健太郎会長は20日、西村康稔経済再生担当相とのテレビ会議で「7、8月には到達できる」と語った。 中国で生産しているマスクの輸入が、同国輸出規制の対象になったといい、国内生産強化に転じる。

次の

Amazon

岡山 アイ マスク

パナソニックは2020年4月20日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策としてマスクの自社生産や医療物資の寄付などを行うと発表した。 パナソニックが行うのは「医療物資として転用可能な物資の提供」「マスクの自社生産」「次亜塩素酸空間除菌脱臭機『ジアイーノ』の医療機関への提供」「クリーンルームの提供」「移動型除菌ソリューション『HOSPI-mist』の提供」の5つである。 この内マスクの自社生産については、パナソニック コネクテッドソリューションズ社(CNS社)で業務用AV機器などを生産している岡山工場で行う。 同工場のクリーンルームにマスク生産設備を導入し、パナソニックグループ内向けのマスク生産を行う。 5月末の生産開始を目指すという。 生産能力や生産設備については「詳細を公表していない」(パナソニック 広報)。 外部調達を減らすことで「市場のマスク供給の安定化に貢献する」(同)。 今後は医療用マスクの生産についても検討するという。 「ジアイーノ」が次亜塩素酸空間除菌の仕組み(クリックで拡大)出典:パナソニック 次亜塩素酸空間除菌脱臭機「ジアイーノ」は、医療機器ではなく「新型コロナウイルス」など特定の菌やウイルスに関する予防や治療の効果については検証されていないが、新型コロナウイルス対策に効果があるとされている次亜塩素酸を用いていることから2020年2月以降に需要が急増し、現在は一般向け販売を一次的に停止している状況である。 医療機関への寄付は順次進めるが、一般向け販売にも対応するために、愛知県春日井市のパナソニックエコシステムズでの生産能力を強化し、2020年10月ごろの新規受注再開を目指すとしている。 また「HOSPI-mist」については、病院での薬剤、検体などの自律搬送ロボットとして実績のある「HOSPI」に除菌剤噴霧機能を搭載した、自律移動による空間除菌ソリューションを提供する。 その他、パナソニックグループが事業活動などで備蓄している、医療用手袋、医療用ゴーグル、防塵服、N95マスク、ゴム手袋などの医療用に転用可能な物資を寄付する。 関連記事• シャープは2020年3月24日、三重県多気郡多気町の同社工場において不織布マスクの生産を開始したと発表した。 シャープも含め、日本政府のマスク増産要請に応じた増産10社の生産増加分は月4500万枚以上になる見込みだ。 東レは2020年4月13日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策として、国内向けにマスク用不織布の供給体制を強化すると発表した。 アイリスオーヤマは2020年3月31日、不織布マスクの国内生産を開始すると発表した。 以前から行う中国での生産に加え、宮城県角田市の角田工場を改修しマスク生産を行う。 トヨタ自動車は2020年4月7日、医療現場や医療用品への支援について発表した。 政府から日本自動車工業会を通じた要請に基づき、医療機器メーカーの生産性向上に協力する他、サプライチェーンを通じて医療用マスクや防護服、体温計など衛生用品の調達支援に取り組む。 物流の第4次産業革命ともいえる「Logistics 4. 0」の動向解説に加え、製造業などで生み出される新たな事業機会について紹介する本連載。 今回は特別編として、新型コロナウイルス感染症のようなパンデミックにも対応可能な、サプライチェーンの維持・継続を図るためのリスクマネジメントの在り方を取り上げる。 関連リンク•

次の