焦げ 落とす。 鍋の焦げ付きを落とす方法はこれ!簡単な10の取り方を徹底紹介!! | 高齢者のための役立ち情報ブログ〜3歩進んで2歩下がる〜

住まい・暮らし情報のLIMIA(リミア)|100均DIY事例や節約収納術が満載

焦げ 落とす

強力な焦げ落とし能力 なんといっても焦げ落とし能力が超強力。 ガッチガチにこびり付いた焦げ汚れが簡単に落ちていきます。 「焦げ汚れ専用クリーナー」の名は伊達じゃない! 強力なのに金属を傷めない そしてコレがまたソコフの凄いところです。 強力だけど焦げ汚れだけを綺麗に落として、器具を傷めません。 勿論全てのものに使用できるわけではないので、注意書きを良く読んで使用できるかどうかを見極めて使用しましょう。 実際にソコフを使ってみた 焦げ付いた鍋にソコフを実際につかって見ました。 もともと私がソコフを知ったのは中華鍋のコゲがどうしても取れなくて、なにか良いアイデアは無いものかとネットで検索してみたらこのソコフに行き着いたのです。 恥ずかしながらこんな商品があることも、テレビで話題になったのも知らなかったんですよねー。 ということで今回ソコフでコゲ汚れを落とすのはコチラの中華鍋。 一見するとそんなに酷くないように見えますが、ひっくり返して底を見ると……。 このように長年にわたって幾層にも重なりこびり付いてる焦げ汚れが!? 歴史を感じます……。 うーん、これは酷いですね。 これでも重曹とかで表面の焦げを多少は落としたんですけどねぇ……。 さて、本当にこの激しい焦げ付きが落ちるのかどうか期待はしつつも半信半疑のまま、いよいよ噂のソコフの威力を試してみます。 用意する物と下準備 匂いがかなりキツイとの事なので、今回は室内ではなくベランダにタオルを敷いてやってみます。 用意したのはゴム手袋とタオル、そしてソコフ 付属の刷毛 のみ! sokoffを投下 とりあえず焦げ付きも酷いし、ケチっても仕方が無いのでダバダバーっと贅沢にソコフを掛けながらハケで伸ばしていきます。 割とドロッとしてますね。 ペタペタヌリヌリと全体に満遍なく塗り広げたらあとは待つだけです。 ちなみに匂いは我慢できないほどではないですが、ベランダでやって良かったと思う程度にはキツイ刺激臭でした。 今回は鍋のコゲ汚れが凄いので商品説明に記載してあるとおりにこのまま一晩寝かせておくことにします。 sokoff塗布後の結果発表!! 一晩明けて、こちらがソコフを塗って一晩ベランダに放置した中華鍋です。 見た目はなんかギラギラとしてウエット感があります。 とりあえず金タワシで擦ってみることにしました。 さてどうなることやら……。 この鍋の底にこんな模様があったとは知らなかったよ! こちらが水洗い後の姿です。 ちょっと感動です。 まとめ ソコフの凄さが少しは解って頂けましたでしょうか? お値段は 500mlで約2000円~3000円と重曹などと比べるとちょっとお高く感じるかもしれませんが、コゲ汚れの洗浄能力は抜群です。 どうしても落ちないコゲ汚れや、一発で確実にコゲを落としたいとお考えの方は是非一度お試しください。

次の

鍋の焦げの落とし方!スルッと落とせる方法は4通り!

焦げ 落とす

鍋ごとにおすすめの焦げ落とし方を発表 さっそくですが、まとめてみました。 キレイにしたい鍋の種類によって、焦げの落とし方はけっこう変わってくるのです。 今回ご紹介するのは、 ・ステンレス ・アルミ ・テフロン ・ホーロー ・鉄 ・銅 ・ガラス ・土鍋 の8種類。 けっこう多いですね。 この順に紹介するので、見ていきましょう。 ステンレスの鍋は、重曹で焦げ落とし とても一般的な、ステンレスの鍋。 サビにくいけどちょっと焦げつきやすい鍋なのです。 ステンレス鍋におすすめなのは、 重曹での焦げ落とし。 重曹で落ちなかったら、お酢を試してみましょう。 本当にしつこい焦げには、ちょっと面倒ですが、天日干しがおすすめです。 サビにくい、けれどアルカリに弱い、という特徴もあります。 そんなアルミ鍋の焦げには、 お酢を使うのがおすすめ。 重曹は使ったらだめですよ。 落ちなかったら、天日干ししてみましょう。 お酢を使った落とし方へはから飛べます! テフロン鍋は、水でぐつぐつ アルミやステンレスのベースに、テフロンというフッ素のベースを塗った鍋。 焦げ付きが少なく水もはじく、という性質があります。 ただ、テフロンのコートが剥がれないように、注意が必要なのです。 最近出てきた「セラミック」の鍋も、テフロン鍋と同じ方法で大丈夫です。 傷つきやすいテフロン鍋は、 水を入れて沸騰させて焦げを落としましょう。 テフロンでコートされているので、ものすごく焦げがつくわけではありません。 基本のお手入れは水のみで、落ちないときは重曹やお酢を使ってみましょう。 水を使った落とし方へはから飛べます! ホーロー鍋は、重曹かお酢で かわいらしいホーロー鍋があると、料理の時間も楽しくなりますよね。 そんなホーロー鍋は、鉄などにガラスの粉をふきつけた、表面がガラスの鍋なのです。 もちろん、とてもデリケート。 やさしいお手入れが大切です。 ホーロー鍋の焦げには、 重曹か お酢を使いましょう。 しつこい焦げ付きには、天日干しです。 重曹を使った落とし方へはから飛べます! お酢を使った落とし方へはから飛べます! 鉄鍋には、から焚きがいいのです 一家に1つあると、とても重宝する鉄鍋。 重い、油をなじませないとサビてしまう、というマイナス面もあります。 でも、から焚きも平気だったり、たわしでごしごし洗っても良かったりと、とてもタフな鍋なのです。 鉄鍋は、 から焚きして焦げを取るのが確実な方法。 金属ヘラも使えます。 なじませた油が取れてしまうので、洗剤を使うより水だけのお手入れの方がおすすめです。 から焚きを使った落とし方へはから飛べます! 銅鍋は、水だけでやさしく 使ったあとにきちんと洗わないと、変色してしまう銅鍋。 アルカリ性に弱いことに、気をつけましょう。 デリケートな銅鍋には、 水を沸騰させて焦げを取る方法がおすすめ。 水を使った落とし方へはから飛べます! ガラス鍋は、重曹かお酢で 酸やアルカリ、塩分にも強く、作った食品をそのまま保存しておくのにもいい、耐熱ガラス製の鍋。 便利だけれど、少しお手入れに気を使ってくださいね。 耐熱ガラスの鍋は、 重曹か お酢でのお手入れを。 ちょっとしつこい汚れには、天日干しがいいですね。 重曹を使った落とし方へはから飛べます! お酢を使った落とし方へはから飛べます! 土鍋には、重曹かお酢!汚れに合わせたお手入れを 寒い時期のお鍋に大活躍の、土鍋。 ちょっと強そうな感じもする土鍋ですが、注意したいことが意外とあるのです。 特に盲点なのが、洗剤でのつけおき。 小さな穴がたくさん空いているので、そこに洗剤が入り込んでしまうのです。 肉類、魚類、卵、砂糖、穀類の焦げには、 重曹。 野菜、果物、海藻、きのこ、大豆などの焦げは、 お酢が効きます。 重曹を使った落とし方へはから飛べます! お酢を使った落とし方へはから飛べます! すべての鍋に使える、天日干し 全ての鍋に使えるのが、 天日干しです。 ただし 1週間くらいかかるので、時間がかかってもいい、というときだけですが……。 じっくり待つ気持ちがカギです。 鉄鍋は、から焚きが出来るので、天日干しよりから焚きしちゃうのがおすすめですよ。 擦って、水洗いする 時間が経ったらキッチンペーパーをはがして、割り箸や木ベラなどで擦っていきます。 金属のたわし、ヘラがだめな鍋も多くありましたよね。 そんな鍋には、必ず、割り箸や木ベラを使いましょう。 焦げが落とせたら、最後に水洗いをして、完了です。 まとめ 鍋の種類ごとに、焦げの落とし方を紹介していきました。 ステンレス鍋、アルミ鍋、テフロン加工鍋、ホーロー鍋、そして鉄鍋、銅鍋、耐熱ガラス鍋、土鍋のどれかによって、お手入れの仕方が変わってきます! 鍋の種類によって、使っていいもの、おすすめなものがこんなに変わってくるのです。

次の

魚焼きグリルの庫内や網の焦げや臭いを簡単に落とせる掃除方法を紹介|YOURMYSTAR STYLE by ユアマイスター

焦げ 落とす

鍋ごとにおすすめの焦げ落とし方を発表 さっそくですが、まとめてみました。 キレイにしたい鍋の種類によって、焦げの落とし方はけっこう変わってくるのです。 今回ご紹介するのは、 ・ステンレス ・アルミ ・テフロン ・ホーロー ・鉄 ・銅 ・ガラス ・土鍋 の8種類。 けっこう多いですね。 この順に紹介するので、見ていきましょう。 ステンレスの鍋は、重曹で焦げ落とし とても一般的な、ステンレスの鍋。 サビにくいけどちょっと焦げつきやすい鍋なのです。 ステンレス鍋におすすめなのは、 重曹での焦げ落とし。 重曹で落ちなかったら、お酢を試してみましょう。 本当にしつこい焦げには、ちょっと面倒ですが、天日干しがおすすめです。 サビにくい、けれどアルカリに弱い、という特徴もあります。 そんなアルミ鍋の焦げには、 お酢を使うのがおすすめ。 重曹は使ったらだめですよ。 落ちなかったら、天日干ししてみましょう。 お酢を使った落とし方へはから飛べます! テフロン鍋は、水でぐつぐつ アルミやステンレスのベースに、テフロンというフッ素のベースを塗った鍋。 焦げ付きが少なく水もはじく、という性質があります。 ただ、テフロンのコートが剥がれないように、注意が必要なのです。 最近出てきた「セラミック」の鍋も、テフロン鍋と同じ方法で大丈夫です。 傷つきやすいテフロン鍋は、 水を入れて沸騰させて焦げを落としましょう。 テフロンでコートされているので、ものすごく焦げがつくわけではありません。 基本のお手入れは水のみで、落ちないときは重曹やお酢を使ってみましょう。 水を使った落とし方へはから飛べます! ホーロー鍋は、重曹かお酢で かわいらしいホーロー鍋があると、料理の時間も楽しくなりますよね。 そんなホーロー鍋は、鉄などにガラスの粉をふきつけた、表面がガラスの鍋なのです。 もちろん、とてもデリケート。 やさしいお手入れが大切です。 ホーロー鍋の焦げには、 重曹か お酢を使いましょう。 しつこい焦げ付きには、天日干しです。 重曹を使った落とし方へはから飛べます! お酢を使った落とし方へはから飛べます! 鉄鍋には、から焚きがいいのです 一家に1つあると、とても重宝する鉄鍋。 重い、油をなじませないとサビてしまう、というマイナス面もあります。 でも、から焚きも平気だったり、たわしでごしごし洗っても良かったりと、とてもタフな鍋なのです。 鉄鍋は、 から焚きして焦げを取るのが確実な方法。 金属ヘラも使えます。 なじませた油が取れてしまうので、洗剤を使うより水だけのお手入れの方がおすすめです。 から焚きを使った落とし方へはから飛べます! 銅鍋は、水だけでやさしく 使ったあとにきちんと洗わないと、変色してしまう銅鍋。 アルカリ性に弱いことに、気をつけましょう。 デリケートな銅鍋には、 水を沸騰させて焦げを取る方法がおすすめ。 水を使った落とし方へはから飛べます! ガラス鍋は、重曹かお酢で 酸やアルカリ、塩分にも強く、作った食品をそのまま保存しておくのにもいい、耐熱ガラス製の鍋。 便利だけれど、少しお手入れに気を使ってくださいね。 耐熱ガラスの鍋は、 重曹か お酢でのお手入れを。 ちょっとしつこい汚れには、天日干しがいいですね。 重曹を使った落とし方へはから飛べます! お酢を使った落とし方へはから飛べます! 土鍋には、重曹かお酢!汚れに合わせたお手入れを 寒い時期のお鍋に大活躍の、土鍋。 ちょっと強そうな感じもする土鍋ですが、注意したいことが意外とあるのです。 特に盲点なのが、洗剤でのつけおき。 小さな穴がたくさん空いているので、そこに洗剤が入り込んでしまうのです。 肉類、魚類、卵、砂糖、穀類の焦げには、 重曹。 野菜、果物、海藻、きのこ、大豆などの焦げは、 お酢が効きます。 重曹を使った落とし方へはから飛べます! お酢を使った落とし方へはから飛べます! すべての鍋に使える、天日干し 全ての鍋に使えるのが、 天日干しです。 ただし 1週間くらいかかるので、時間がかかってもいい、というときだけですが……。 じっくり待つ気持ちがカギです。 鉄鍋は、から焚きが出来るので、天日干しよりから焚きしちゃうのがおすすめですよ。 擦って、水洗いする 時間が経ったらキッチンペーパーをはがして、割り箸や木ベラなどで擦っていきます。 金属のたわし、ヘラがだめな鍋も多くありましたよね。 そんな鍋には、必ず、割り箸や木ベラを使いましょう。 焦げが落とせたら、最後に水洗いをして、完了です。 まとめ 鍋の種類ごとに、焦げの落とし方を紹介していきました。 ステンレス鍋、アルミ鍋、テフロン加工鍋、ホーロー鍋、そして鉄鍋、銅鍋、耐熱ガラス鍋、土鍋のどれかによって、お手入れの仕方が変わってきます! 鍋の種類によって、使っていいもの、おすすめなものがこんなに変わってくるのです。

次の