デュエプレ アルカディア ス。 ボルコンを殺せ。【デュエプレ】

【デュエプレ】【話題】プラチナ帯が地獄過ぎる件、〇〇大会になってるじゃねえか!!

デュエプレ アルカディア ス

デッキの概要 コントロールキラー!アルカディアスデッキ 白緑青アルカディアスはの早期着地を狙ったデッキです。 呪文中心のコントロールデッキに強いことが特徴です。 カラーリングが優秀 自然のマナ加速と水のドローは出張性能が高く、このデッキの目的であるの早期着地にもマッチしています。 弱点である除去クリーチャーにも水のリソース面の優秀さで対応したカラーリングとなっています。 デッキレシピ マナカーブ カード レア マナ 枚数 B 2 4 B 2 4 B 3 4 R 4 4 B 4 3 R 4 1 VR 4 1 R 5 1 SR 5 2 SR 6 2 VR 6 3 VR 6 4 SR 6 2 VR 6 2 SR 7 3 キーカード解説 聖霊王アルカディアス このデッキの象徴となるクリーチャーです。 自分と相手が光以外の呪文を唱えることができなくなる効果を持っています。 呪文中心のコントロールデッキに強く、1枚で勝ててしまうことも多いです。 6マナ11500Wブレイカーとステータスも強力です。 ニ角の超人 Wブレイカーなので詰めで役立つクリーチャーです。 リソースを増やすことができる大型クリーチャーです。 入れ替え候補 候補 理由 手札は減ってしまうがマナ加速のできるクリーチャー。 ドローソースとなるクリーチャーカード。 呪文が多く、クリーチャーが少ないのでトリプルブレイン等と変更しても良い。 序盤に召喚して睨みを利かせながら、パワー7000ラインのクリーチャーを一方的に倒すことができる。 立ち回り解説 序盤 序盤はマナブースト 、でマナブーストを行っていきます。 中盤を支える白のカードを早くプレイできるようになるので、積極的にブーストしたいです。 ブロッカーで戦線維持 、を召喚してまでゲームを繋ぎます。 攻めるのはが出てからで良いので、ゆっくりしたゲームを目指します。 中盤 エンジェル・コマンドの用意 の進化元であるエンジェル・コマンドを召喚しておきます。 はドローできる優秀なカードなので自然な流れで召喚しておくことができます。 ナチュラル・トラップを使っておく 無理に使う必要はありませんが、着地後に使うことができなくなってしまうので温存せずに使っておきたいです。 相手の場に除去したいクリーチャーがいない場合はマナチャージに使いましょう。 終盤 アルカディアスを召喚 進化元を用意できたらに進化させていきましょう。 光以外の呪文がお互いに使えなくなるので、S・トリガーもケアすることができます。 のようなクリーチャーには弱いので気をつけたいです。 デュエル・マスターズ プレイス関連記事 デッキ まず最初に読みたい記事.

次の

【デュエプレ】SRシークレットバージョン一覧 引くと限定スリーブ&プレイマットも獲得 (追記:SR4バージョンの違いについて) 田園補完計画 第十七次中間報告書

デュエプレ アルカディア ス

こんにちはbistです みなさんボルバルカップお疲れ様でした〜 自分はボルバルカップ振り返りでも書きましたが、シーズン最終レート 1705で念願のシーズンフィニッシュ出来て満足出来る結果に終わりました。 カチュアカップでは最終日に 1670までは行けましたが正直言って上振れていただけで、それ以外は前日に 1630程度に乗せてるだけでレジェンドにも行っていないし、惜しかったとか強がって言ってたかもしれませんが全く思ってませんでした、実力がなくて行けなかった当然の結果だったので。 そんな感じの状態からボルバルカップでなぜ 1700に乗れたのか、色々思ったことを書いていこうと思います。 日記みたいなものです。 使用デッキ 使用したのはこの丸い構築の リーフブリザードです。 リストは自分が尊敬しているフォロワーさんがツイートしていたものを拾い使わせて頂きました。 迷惑になれば申し訳ないので名前は挙げませんし、これを見ているとも思いませんが本当に感謝しています、ありがとうございます。 1700に行くまで 自分はたまにデッキの解説記事をあげていて採用枚数とか理由とか書いてますが、このリストに関しては、強いらしいし使うか〜というノリでしかなくその辺の説明を全く出来ません。 その上プレイングにおいても完全に理解しているとは言えません、完全にというとそれは敷居が高いように思えるかもしれませんがおそらく他の1700プレイヤーよりも判断能力が甘いまま1700に到達してしまったというような気がしています。 それなのになぜ1700に行けたのかというとランクマッチに潜るタイミングが良かったということに尽きます。 正直運みたいなものですね。 ですが潜る上での考えとかは持ってました。 この頃の環境は4cボルバル、青緑クワキリブリザード、4cドラゴン、赤緑速攻でした。 自分も25日までは クワキリブリザードを回し続けていて1660に乗ったりは出来ましたが1600に落ちて1650に戻して、1630からずっと動かないみたいなのを繰り返してました。 そんな中で1700に到達した人が既に何人もいたのですが、その中の数人が リーフブリザードで上げたというのを聞いたり見かけたりしました。 自分は以前もリーフブリザードをちょっと握った事があったのですが進化で手札が埋まったり互い違いの進化元と進化が手札にあったり、何かと事故が多い印象を抱いていたのですぐ使うのを辞めてしまったのですが、この機会に使い直してみようと思い使ってみました。 その使い始めがちょうど25日0時頃のレート1600です。 そこから馬鹿みたいに勝てました、プレイング分かんねーと言いながら。 それが出来た理由はリーフブリザードというデッキタイプがこの時、 環境にめちゃくちゃあってたからです。 使ってみて思ったのがとにかく リーフというカードがヤバイということ。 3000パワーラインなのでバーストショットをケアできたり即進化で簡単に打点を作りつつスライダーやブリザード等の必要パーツを探しに行けたり、クワキリ型と違い長期戦 と言っても8ターン程度ですが でもわんちゃん作れる点が明らかにヤバイ。 クワキリブリザード視点で言うとキツイのが青抜き4cボルバルで、バーストショットで一掃されるかだったりトリガーで耐え られたりして長期戦でリソースが切れて負けると言うパターンが多く勝率は4割程度。 ここで4cボルバルの構築について、キーになるのが 霊光の化身なのですが、この頃は流行っているのが比較的前寄りな クワキリブリザードでこれ対して霊光の化身なんてカードは出す暇が無かったので抜けてたいたカードだったのですが、これが長期戦でわんちゃんを作れるリーフブリザードにとっては 好都合でした。 4cボルバルより絶望的にドロマーの方が辛いですが、試合時間が長いのもあり、プレイング難易度も高いからなのかこの日にはほとんどいませんでした、これも運が良かったです。 5割 対ブリザード 6. 5〜7割 とかでした。 赤緑速攻はこの日は比較的少なくて、当たりはしましたが負け越しては無かったと思います。 そしてここには書いてないその他に当たるようなデッキにはほぼ負けてないので、運が良かったのもありますがこの日の勝率は相当高かったです。 連敗もほぼ無かったので 3-1とかしながら登り続けてました。 そんな勝率がいいと言う状況の他にもう一つ幸運だったのが1600以上のレートの人が多い日だったという事です、もちろんそれだけプレイが上手いということではありますが負けた時のマイナスが少なくて勝った時のプラスが大きいので積極的に当たりたい相手です。 自分がコントロールを使っていたらプレイでひっくり返される可能性もありますが自分が使うのは 速攻系統なので相手には運もあるし、受けサイドに回ることになるのでこちらの強い動きを押し付け続けたらいいだけであまり関係ない事だなとは思っていました。 高レートが多いかもしれないと気づいたのがレート 1650くらいの頃で、この時点で頑張れば1700目指せるかもと思い、潜り続けることは決めていました。 逆に早めに決めなかったらどんどん厳しくなっていくことは理解していました。 というのは、この時、どう考えてもクワキリブリザードよりもリーフブリザードの方が強かったのですが多くの人が気づいていないという状況でした、デッキタイプの存在自体は知っているのにです。 これは1弾環境の ドロマーアルカディアスや2弾環境初期の デアリカチュアの時に見られたような状況です。 上位勢が使って結果を出していている中で情報の伝播が遅れているがために起こることです。 そして流行り出すとメタが回って使えなくなってきます。 実際この日の回し始めではクワキリブリザードが多かったのに終盤はリーフブリザードが増えていて内心結構焦っていましたが今日行ければ関係無いという気持ちでした。 まぁそんなこんなで26日のちょうど日付が変わった頃、2回目の1700チャレンジを制して 1700に到達しました。 めーちゃくちゃ嬉しかったので静かにガッツポーズしました、興奮冷めやらぬまま寝付けなかったです 笑 自分はシーズンフィニッシュ経験がなかったのでここでこれ以上潜らないことは決めていたし、この日以降は潜ってもメタが回り始めてたいして勝てないだろうと思っていました。 実際、翌日以降徐々にリーフブリザードが勝てなくなってきたという報告をいくつか見たので正しい判断でした。 その上30日には マッチングの不具合が多数報告されたり、最終日は ドロマーが増えていたり、マジで回すのに向いてない状況だったので本当に良かったなという印象です、マッチングに関してはマジで可哀想だ… まとめ まとめると自分が1700に行けたのは環境的に合っているデッキに良いタイミングで気づけたし、躊躇わずに潜り続けることが出来たという事です。 気づくにはひたすら回して高レートの人がどんなデッキを使っているか見るとか、チームに所属して情報を集めるとか、高レートの人のTwitterを見つけるとか、上手い人の配信を見るとか、なんでも出来ることはあると思います。 そして、そのデッキが新鮮な内にひたすら使って旬を過ぎるときちんと手放すということですね。 他の上手い方々には環境に応じてコントロールや速攻を使い分けたりを出来る人がいると思いますが自分はまだそこまでデュエプレの理解が及んでいません。 ただ、タイミングさえ良ければ1つのデッキでもそこそこレートを上げることができるという話でした。 最後に 最後まで読んでいただきありがとうございました! 今季自分はシーズン明けの3日くらいはサボってましたがそれ以降はそれなりに真剣にやっていたつもりなのにマスターに到達したのが13日というなんとも恥ずかしい結果になりました。

次の

【デュエプレ】【話題】プラチナ帯が地獄過ぎる件、〇〇大会になってるじゃねえか!!

デュエプレ アルカディア ス

デッキの概要 コントロールキラー!アルカディアスデッキ 白緑青アルカディアスはの早期着地を狙ったデッキです。 呪文中心のコントロールデッキに強いことが特徴です。 カラーリングが優秀 自然のマナ加速と水のドローは出張性能が高く、このデッキの目的であるの早期着地にもマッチしています。 弱点である除去クリーチャーにも水のリソース面の優秀さで対応したカラーリングとなっています。 デッキレシピ マナカーブ カード レア マナ 枚数 B 2 4 B 2 4 B 3 4 R 4 4 B 4 3 R 4 1 VR 4 1 R 5 1 SR 5 2 SR 6 2 VR 6 3 VR 6 4 SR 6 2 VR 6 2 SR 7 3 キーカード解説 聖霊王アルカディアス このデッキの象徴となるクリーチャーです。 自分と相手が光以外の呪文を唱えることができなくなる効果を持っています。 呪文中心のコントロールデッキに強く、1枚で勝ててしまうことも多いです。 6マナ11500Wブレイカーとステータスも強力です。 ニ角の超人 Wブレイカーなので詰めで役立つクリーチャーです。 リソースを増やすことができる大型クリーチャーです。 入れ替え候補 候補 理由 手札は減ってしまうがマナ加速のできるクリーチャー。 ドローソースとなるクリーチャーカード。 呪文が多く、クリーチャーが少ないのでトリプルブレイン等と変更しても良い。 序盤に召喚して睨みを利かせながら、パワー7000ラインのクリーチャーを一方的に倒すことができる。 立ち回り解説 序盤 序盤はマナブースト 、でマナブーストを行っていきます。 中盤を支える白のカードを早くプレイできるようになるので、積極的にブーストしたいです。 ブロッカーで戦線維持 、を召喚してまでゲームを繋ぎます。 攻めるのはが出てからで良いので、ゆっくりしたゲームを目指します。 中盤 エンジェル・コマンドの用意 の進化元であるエンジェル・コマンドを召喚しておきます。 はドローできる優秀なカードなので自然な流れで召喚しておくことができます。 ナチュラル・トラップを使っておく 無理に使う必要はありませんが、着地後に使うことができなくなってしまうので温存せずに使っておきたいです。 相手の場に除去したいクリーチャーがいない場合はマナチャージに使いましょう。 終盤 アルカディアスを召喚 進化元を用意できたらに進化させていきましょう。 光以外の呪文がお互いに使えなくなるので、S・トリガーもケアすることができます。 のようなクリーチャーには弱いので気をつけたいです。 デュエル・マスターズ プレイス関連記事 デッキ まず最初に読みたい記事.

次の