ヨークシャーテリア 値段。 ヨークシャーテリアの販売価格と値段の差は?失敗しない子犬の選び方

ヨークシャーテリアの販売価格と値段の差は?失敗しない子犬の選び方

ヨークシャーテリア 値段

ヨークシャーテリアの毛色について ヨークシャーテリアといえば、ブラックのカラーにブルーかかった独特の被毛を思い出すでしょうが、実はヨークシャーテリアは一生のうちで7回もカラーが変化をする犬種なのです。 さらには赤っぽいゴールドだと答える人もいれば、シルバーがかった輝く毛色だと印象を持っている人もいます。 これは、普段目にしているヨークシャーテリアがどの段階だったかによって異なるためです。 ヨークシャーテリアのような、一生のうちに毛色が変化する犬種は珍しく、毛色の変化を楽しみたいという理由で、ヨークシャーテリアを家族に迎えることを決断する人もいるくらいです。 見た目も優雅で、顔も可愛い、性格も穏やかだというだけでも魅力的なのに、毛色が7回も変化するというのですから、国内外で人気の高い犬種であるのも頷けます。 ヨークシャーテリアの毛色の変化 ヨークシャーテリアの毛色の変化は年齢によって進んでいきます。 このとき、タンではなくシルバーに変わる子やブラウンに変わる子もいるようです。 逆に中には生後1年経っても漆黒のままだったというヨークシャーテリアもいます。 さらに歳を重ねると、今度はタンが濃くなっていき赤みのある毛色になります。 このようにヨークシャーテリアは生涯のうちで7回もカラーが変化していきます。 この毛色が変化する仕組みについては解明はされておらず、なぜこのような特徴を持っているのかは誰にもわからないのだとか。 ただ、ヨークシャーテリアが人気なのは、この7変化をする特徴も手伝っているというのは間違いなさそうです。 ヨークシャーテリアの毛色の変化する時期 ヨークシャーテリアは生涯で7回も毛色が変わると言われていますが、その時期やタイミングは成犬になる時や、シニア期に入るときなど、ある程度の節目でおこる傾向にあります。 特に子犬時代の毛色の変化は激しく生後半年までに3〜4回ほど変わると言われています。 そして生後半年ほどである程度、ヨークシャーテリアっぽくなります。 ここから2年間ほどかけて、ゆっくりとブルーやスチールといった美しい独特の毛色になっていくのです。 少しずつ少しずつ変化していく毛色を見るのはとても楽しいですね。 その後、高齢になるにつれて全体的にゴールドっぽいカラーに変わる子もいます。 一生を通して変化を楽しめる犬種、それがヨークシャーテリアの最大の魅力なのかもしれませんね。 ヨークシャテリアはあの可愛い顔からはあまり想像できないのですが、自己主張が強く負けん気が強い、 社交的、非常に活発的という特徴があるそうです。 そのため室内で飼うことができる、メリハリを持った態度で接することができる、ブラッシングやラッピングのケアがマメにできる飼い主さんに合うといわれています。 また気をつけたい点として、運動量はたくさん必要ないのですが定期的な散歩は必要です。 そ して冬には 保温対策をしてあげることを忘れずに。 犬はヨークシャテリアに 限らず歯のケアはしてあげたいものですが、顎が小さい小型犬は、歯石がたまりやすいといわれています。 小型犬は歯が過密状態で生えていることもあり、食べ物のカスが歯の間に詰まりやすいことも影響しているそうです。 なお歯垢は溜まってから1週間ほどで歯石に変化してしまうので、歯石予防のためにも歯磨きはしたいものですね。 わたしの愛犬はパピーのときから、口を開けさせるという状態に慣れさせることも考えて毎日歯みがきをしています。 4年経った今でもあまり好きそうではありませんが、以前よりは慣れた感じです。 歯ブラシを嫌がる子にはこすり磨きで指にガーゼを巻き付ける方法や歯磨きシートがいいと思います。 ヨークシャーテリアとは異なりますが、テリア犬種を飼っているせいもあり、ヨークシャーテリアのお友達は愛犬も、飼い主同士でも比較的多いなと思います。 ヨークシャーテリアといえば「テリア気質」が取り上げられることが多いですが 小型犬として愛玩犬として育てられている環境が浸透しているせいでしょうか 実際に、多くのヨークシャーテリアと出会った感想でいえば、かなり個体差がありますね。 大人しい子、フレンドリーな子、頑固な子、臆病故よく吠える子、etcetc、同じテリアの中でも、ここまで個体(性格)差にバラエティがあるのは、ヨーキーが一番じゃないかなと思います。 持って生まれた性質、個体差、生育環境が関係していますから、一概に語れるものではありませんが、どのタイプの子も可愛いものです。 そして、今まで出会った子に共通して言えるのは、とても利口であることです。 よいこと、悪いこと、飼い主さんの言葉を理解しようという気持ちも強いように思います。 個人的な見解で恐縮ですが、日本で人気の小型犬、チワワ、ミニチュア・ダックスフンドよりも、初心者の飼い主さんには飼いやすい犬種ではないかな?と思っているぐらいです。 (みんなそれぞれに可愛いですが) ヨークシャーテリアを昔2匹飼っていました。 とてもかわいくて、頑固な犬です。 2匹とも女の子で1年違いで我が家にやってきたのですが、とても仲が悪くて大変でした。 ヨーキーは頑固で気が強い性格です。 他の犬種をその後飼っているので、それは本当に痛感しています。 さらに女の子は気が強いので、1年違いできた2匹のヨーキーはケンカをすれば流血こそしないものの、あの愛らしい容姿からは想像できないような激しい格闘が繰り広げられました。 晩年まで仲は悪かったです。 なので、多頭飼いを検討されている方で、特に先住犬がヨーキーの場合は注意した方が良いと思いますよ。 個体にもよると思いますが、流血ケンカになったり、先住犬がずっとストレスで苦しむのもかわいそうです。 うちの先住犬ヨーキーは多頭飼いになってかわいそうなことをしたなと今でも思っています。

次の

ヨークシャーテリアの平均・最高寿命は?長生きのコツや保険も解説!

ヨークシャーテリア 値段

【目次】上品な毛並みが人気の秘密!ヨークシャーテリアの性格や値段、飼い方 ペットとして大人気の定番犬種!ヨークシャーテリアに関して知ろう! ヨークシャー・テリアと言えば上品な被毛でセレブなイメージがあると思います。 今でも世界中で人気の犬種であり、魅力たっぷりです。 でも性格はエネルギッシュで活発であったり意外な一面も? 本記事では、そんなヨークシャー・テリアの魅力について解説していきたいと思います。 ヨークシャー・テリアの歴史 ヨークシャー・テリアは19世紀にイギリスで誕生した犬です。 ブロークンヘアード・テリア、ウォーターサイド・テリア、クライデスデール・テリア、スカイ・テリア、さらには など、様々な種を交配させてつくられた種です。 その中でも、ウォーターサイド・テリアの影響が1番大きいと言われています。 当初の名前は、「ブロークン・ヘアード・スコッチ・テリア」でしたが、名前が長かったため定着しませんでした。 誕生当初は今のような愛玩犬ではなく、工場や炭鉱でネズミ捕り用として使用したり、アナグマ狩り用として飼育されていました。 現在のように愛玩犬として一般家庭で飼育されるようになったのは20世紀になってからのことです。 改良中の段階では体重が7kg程もあり、現在よりも大型でした。 愛好家たちによって小型化するように交配が進められ、現在のサイズに定着していきました。 ヨークシャー・テリアの被毛の美しさは人気を呼び、「動く宝石」として富裕層の間で人気を博しました。 超小型犬であるため、室内でも飼育しやすく、現在も人々を魅了し続けています。 ヨークシャー・テリアの特徴 ヨークシャー・テリアの大きな特徴は美しい被毛と小柄であるということです。 全身を覆う長い被毛はとても美しく、カットしたり結んだりして飼い主さによってオシャレにしている飼い主さんも多いです。 被毛は放置しておくとどんどん伸びてしまうので 定期的にカットやブラッシングをしてあげましょう。 ヨークシャー・テリアの価格 価格に関しては、どの犬に関しても言えることですが、価格は大きく幅があります。 価格の差を生む要因としては、血統、顔立ち、健康状態、毛色、毛並み、性別、購入経路など様々な要因があります。 個体によっては数万円で購入出来たり、50万円以上する個体もいます。 価格が極端に高かったり、安かったりする個体は何か理由があります。 しっかり購入する際に店員さんやブリーダーの方に聞いておきましょう。 健康上の理由(膝が元々弱いなど)であれば、注意して飼育してあげる必要があるからです。 ヨークシャー・テリアの性格 上品で穏やかそうなイメージとは裏腹に、性格は負けん気が強く、勇敢で自己主張が強いです。 ネズミ捕りとして使われていたぐらいなので、警戒心も強く活発に活動します。 さらに、自分の縄張りを守ろうとする番犬気質な面もあるので吠え癖がある場合はしつけをする必要があります。 ヨークシャー・テリアもテリア犬の一種であるため、このようにテリア気質であると言えます。 テリア気質の犬は興奮しやすく、警戒心からよく吠えます。 群れではなく単独で狩りをしていたことから独立心が強いです。 警戒心が強い一方で社交的であるため、親しくなるととても懐きます。 賢く忍耐力もあるのできちんとしつければ、良きパートナーになるでしょう。 飼い主に対して甘えん坊でもあるため、そこはペットとして魅力的な一面であると言えます。 ヨークシャー・テリアのしつけ ヨークシャー・テリアに限らず、どの犬のしつけでも言えることがあります。 それは、 その犬の性格をしっかり把握し、しつけポイントを見極め、なぜその行動が起こるのかを理解した上でしつけることです。 しつけなければならない犬の行動は、もしかしたらその個体の性格ではなく、その犬種の習性から来ているもので、その犬種全ての個体に言えるかもかもしれません。 その犬種特有の性格であれば、問題行動として見える行動も理解できます。 無駄吠えが多いように見えても番犬気質の犬なら当然のことで、責めるポイントではなくしつけでコントロールしてあげましょう。 ヨークシャー・テリアの場合やはり1番のポイントは無駄吠えのコントロールです。 テリア気質で警戒心の強いヨークシャー・テリアならよく吠えることは当然のことと言えます。 また甘えん坊であるため、甘えたいときにも吠えます。 それぞれの状況でなぜ吠えているのかをしっかり理解してあげましょう。 叱ることも大切ですが、それ以上に褒めることも大切です。 無駄吠えをしたときに叱るだけでなく、無駄吠えをやめたときにしっかりと褒めてあげましょう。 大げさでも構いません。 吠えたときには徹底的に無視して、吠えることを止めたらしっかりと褒めてあげましょう。 ヨークシャー・テリアの運動・散歩 基本的に超小型犬は基本的に他のサイズの犬種に比べて運動量は少なめでも問題ありません。 部屋の中での運動でカバーできる種も少なくありません。 ただ、ヨークシャー・テリアの場合、元々ネズミ捕りやアナグマ狩り用の犬種であったことや、活発な性格から運動量はある程度は必要です。 また、外へ連れて行ってあげることはストレス発散になったり、普段と違う環境に行くことで社会性も身に付くため散歩は必要です。 1日15分以上を目安に散歩に連れて行きましょう。 もちろん個体差や飼育環境によっても大きく変わります。 長生きするにはやはり健康な状態を保つことです。 病気には特に気をつけましょう。 ヨークシャー・テリアがかかりやすい病気 ヨークシャー・テリアが他の犬種に比べて特にかかりやすい主な病気は「膝蓋骨脱臼」と「気管虚脱」です。 その2つについて詳しく解説していきます。 膝蓋骨脱臼 ヨークシャー・テリアは骨や関節が弱い傾向にあります。 膝蓋骨脱臼とは、膝蓋骨という膝の皿が、腱膜の緩さや骨の収まる溝の浅さから脱臼してしまう状態です。 元々小型犬は膝関節が細く、外れやすいです。 ヨークシャー・テリアは超小型犬であるため、特にその傾向が強いです。 1度脱臼すると癖になりやすいので注意が必要です。 高い所から飛び降りたりすることがないように段差を極力つくらないようにしましょう。 また、滑って脚に負荷をかけやすいフローリングなどは絨毯を敷くなどしてあげましょう。 気管虚脱 気管が変形したり、硬くなることによって発症します。 呼吸が苦しくなって、ガチョウの鳴き声のような咳をすることが特徴です。 悪化すると呼吸困難になるため放置しておくことは危険です。 要因は遺伝や栄養の偏り、肥満などが挙げられます。 遺伝など先天的な要因であれば、予防が難しく早期発見、早期治療が重要となります。 後天的な要因であれば、特別なことをしなくても栄養バランスと運動で予防できます。 皮膚病 ヨークシャー・テリアのような長毛種の場合、こまめにブラッシングやシャンプーなどの手入れをしてあげないと、皮膚炎やダニやノミによる皮膚病にかかってしまう恐れがあります。 ブラッシングは毎日、シャンプーも1、2週間に1度はしてあげましょう。 ヨークシャー・テリアの被毛でオシャレをしよう ヨークシャー・テリアの伸び続けるきれいな被毛が特徴です。 被毛を伸ばしたり、カットしたり、結んだり、オシャレをできることもペットとしての魅力の1つです。 短めの被毛でシルエットが比較的はっきりしている状態は、表情も良く見えてかわいらしいですね。 また、ブラッシングやシャンプーもしやすくて、飼育上の手間も減らすことができます。 一方、被毛を伸ばしてみるのも被毛の存在感をアピールできてオシャレです。 表情も隠れてミステリアスな雰囲気が出ます。 放置していると、被毛は写真の状態よりもさらに伸びていきます 長毛を活かしてこのようにリボンなどで結んであげるのもかわいらしいですね。 顔周りでオシャレが目立ちやすいですし、ヨークシャー・テリアの表情も良く見えます。 被毛のカット次第でこんなにも印象が変わります。 私たちのヘアースタイルのようにオシャレの幅は広いです。 このようにオシャレのしやすさと多様性もヨークシャー・テリアの大きな魅力と言えます。 ただ、先にも述べた通り、皮膚病には気をつけて手入れしてあげましょう。 ぜひとも優雅なヨークシャー・テリアをペットとして飼ってみてください!.

次の

ヨークシャーテリア【ヨーキー】子犬でお探しの方はこちらへ ペットショップワンラブ

ヨークシャーテリア 値段

7回毛色が変わり「動く宝石」とも呼ばれるヨークシャーテリア。 爆発的なブームは無いものの、JKC犬種別登録頭数の5~6位を長年キープしています。 チワワに次ぐ小ささの小型犬のヨークシャーテリアは、室内飼いに最適です。 ロングコートもショートカットも愛らしく、短い尾もヨークシャーテリアの特徴の一つです。 特徴や性格、膝蓋骨脱臼、気管虚脱などのヨークシャーテリアによくみられる病気、またヨークシャーテリアの平均的な値段など、根強い人気のヨークシャーテリアについて、詳しく見ていきましょう。 ヨークシャーテリアの特徴 年齢と共に7回も毛色が変わるという特徴を持つヨークシャーテリア。 愛犬家の方の中には毛色を見て、およそ何歳くらいか言い当てる人もいる犬種です。 マンチェスターテリア、スカイテリア、クライズデール・テリア ペイズリーテリア 、マルチーズなどを掛け合わせて作られたと言われています。 1862年「ブロークン・ヘアード・スコッチ・オア・ヨークシャー・テリア」と命名されましたが、名称が長かった為にヨークシャー・テリアと呼ばれるようになりました。 ザ・ケネルクラブ(イギリスのケネルクラブ:略KC)での公認は1886年と比較的最近です。 産まれた時の ブラック&タンが段々と ダーク・スチールブルー、ゴールド、シルバーと変化していく犬種です。 色の変化の仕方は生まれつきや、個体による差が大きいです。 しかしながら、JKCに定められているヨークシャーテリアのスタンダード(犬種標準)はダーク・スチールブルー&タンの一色のみです。 そのため、子犬のころから毛色が変わっていなかったり、茶やシルバーが強い・ゴールドやブルーが混ざっているなどのヨークシャーテリアはスタンダードからは外れます。 犬種標準から外れている場合、飼育には問題ありませんがドッグショーなどでは不利となります。 ヨークシャーテリアは シングルコートと呼ばれる下毛の無い被毛です。 そのため抜け毛が殆ど無く、飼育しやすい犬種といえます。 被毛はシルクの様ななめらかなツヤと肌触りのため、ヨークシャーテリアは 「動く宝石」と称されています。 また、ヨークシャーテリアのスタンダードは地面まで伸ばしたフルコートですが、被毛の擦れ、切れ毛、もつれを防ぐ為薄い紙を使ってまとめあげるラッピングをすることが基本です。 ですがフルコートは手入れの大変さから、現在ではドッグショー犬以外では少数になっています。 一般的に飼育されているヨークシャーテリアは、短くカットされた犬が多いです。 またヨークシャーテリアの尾は、3センチほどと極端に短く「断尾犬種」であることも特徴の一つです。 これは狩猟の際に邪魔だったことから人為的に切断していた流れが、今でも続いているからです。 犬種の歴史が浅く、血統が不安定なため、7キロ程度の大きなヨークシャーテリアが生まれる事もあります。 これはヨークシャーテリアの持つ 「テリアキャラクター」という独特の性格資質から来ています。 テリアキャラクターとは、ヨークシャーテリア以外にもウエスト・ハイランド・ホワイト・テリアやワイアー・フォックス・テリアなど30種類ほどの犬が持っている性格のことです。 テリアとは、ラテン語で「土を掘る」という意味です。 テリアは土を掘り、ネズミなどの狩りに使われる犬が多いです。 そのためテリアキャラクターを持つ犬は、 活発で、気が強く、頑固な狩猟犬らしい性格と俊敏な動きを合わせ持ちます。 テリアキャラクターを持つヨークシャーテリアは、頑固で気が強い性格の為しつけに時間がかかるという特徴があります。 しかし賢いので、リーダーと認めた飼い主さんにはとても従順な相棒となるでしょう。 また堂々とし、自信に満ち溢れている性格のため、とても気高く、高貴に見えます。 ヨークシャーテリアの飼い方 <お友達のエランちゃんと夕んぽしました。 by> シルクの様な被毛と、テリアキャラクターという独特の性格を持つヨークシャーテリア。 特にしつけは一筋縄ではいきません。 長年愛されているヨークシャーテリアの飼い方を確認してみましょう。 また狩猟犬であることから、元来リーダーと認めた飼い主の指示には従順に従います。 そのため、自分がリーダーであると明確に理解させることがしつけのポイントです。 散歩や遊んでいる時の主導権は必ず飼い主が持つ、など日々の生活の中で、ヨークシャーテリアに理解させる方法が有効です。 興奮しやすい面もあるので、そういう場合は低い声で「ダメ」「NO」などの声掛けをしてください。 「自分は怒っている」「自分はその行動を許さない」ということをしっかり伝えましょう。 声色を変える、低くするという方法は犬のしつけの基本です。 基本的にラッピングをほどき、気品高くフルコートをなびかせる姿はドッグショーで披露するのが基本です。 日常はラッピング姿で過ごします。 ラッピングの時にはもつれ防止のスプレーなどを利用し、ピンブラシやコームで丁寧に被毛に負担がかからない形でブラッシングすることが望ましいです。 気付いていないだけでもしかするとお家の子もなっているかもしれません。 今回はその発見方法や治療方法などについてお話したいと思います。 ヨークシャーテリア以外でもトイ・プードルやチワワなど小型犬によく見られます。 遺伝性も大きい病気です。 肥満による病気の誘発も多いので、健康管理には注意が必要です。 先天的なものと、主要やくも膜下出血などから併発される後天的なものとに分かれます。 ヨークシャーテリアの場合、先天性水頭症が多く、遺伝病の一つと言われています。 脳圧を下げる内服などで対処となりますが、完治は難しく、死に至ることも多いです。 ヨークシャーテリアの値段 ヨークシャーテリアに限らず、犬の値段は同じ血統種でも数十万以上の差が出ます。 これはペットショップやブリーダーの違いや、血統の違い(チャンピオン犬の血統など)も関与しています。 また性別による値段の差もあり、一般的にメスの方が値段が高く人気といわれています。 ヨークシャーテリアは母体が小さい事から難産になりやすく、帝王切開など高額医療が必要な分娩となる場合が多いため比較的値段は高価になっています。 値段の相場は、10万円から25万円ほどです。 定められた指針などが無い為、定価という値段は存在しません。 値段が高いから良いという訳では無いですが、管理状態や血統など「値段が高い理由」が存在しますので、こだわりのある方は重視すると良いですね。 まとめ 根強い人気のヨークシャーテリア。 小型犬のため、室内犬としても最適です。 愛らしい見た目に反して、強気なテリアキャラクターで活発な性格はお子さんのいる家庭にもピッタリ。 魅力たっぷりのヨークシャーテリアとの生活を、是非検討してみてくださいね。 — おすすめ記事 —.

次の